ファイターズの「ショートスターター」は限界ではないか?

ファイターズの「ショートスターター」は限界ではないか?

7月31日の「ハム肉薄」。筆者はその超うす切りっほ?いハム感に酔いしれた。 ©えのきどいちろう

 それはお盆休みを過ぎた8月21日のことである。秋の気配が近づいている。ファイターズはメットライフドームで対西武20回戦を戦い、6対11で敗れた。勝ち投手榎田、負け投手加藤。不調と聞かされていた山川穂高に36号、37号を食らっている。ファイターズで良かったことを探すと、中田欠場の穴を埋めるべく4番に据えられた清宮幸太郎に4号ソロが飛び出したことだ。待望の「4番初ホームラン」だった。

 といって同じ日、ヤクルト村上宗隆は29号ソロを放ち、高卒2年以内の記録で清原和博を超える単独2位の84打点をマークしている。同期の和製大砲は大きく差がついてしまった。僕は「村上すげぇ〜」などとつぶやきながらネットの野球記事を眺めていた。ヤクルトは順位的には苦しんでいるけど、村上が本格化したシーズンだもんなぁ、夢がふくらむよと、つい順位表を見たのだ。

■僕らが迎えた次の「ハム肉薄」

 ギョッとした。

 パ・リーグの順位表まで目に入ってしまったのだ。考えてみたら8月の途中からまったく順位表を見なくなっていた。ていうか記事もあんまり見なくなっていた。理由は簡単だ。人間だもの。つらいことは避ける。傷つくことからは逃げる。見たら凹むとわかっていて、わざわざ見て凹む必要あるだろうか? 

1、ソフトバンク 63勝48敗4分 
2、西武     59勝53敗1分 4.5
3、楽天     55勝54敗4分 2.5
4、ロッテ    54勝57敗3分 2 
5、日本ハム   53勝56敗5分 0
6、オリックス  52勝56敗5分 0.5
(2019年8月21日22時17分更新)

 凹むとか凹まないとかじゃなかった。うほー。うっほー。全身に血がめぐる。最下位オリックスに0.5差。うっほー。

 これはアレだ、例のやつだ。「ハム肉薄」。つい先月31日、首位ソフトバンクに0.5差に迫り、「肉薄」という語感がハムっぽくて大好きだと君に打ち明けたっけ。君は「ハム肉薄」の字面に大笑いしてくれた。その「ハム肉薄」から21日たって、僕らは次の「ハム肉薄」を迎えていたってわけなんだ。

 「ハム肉薄」から「ハム肉薄」へ。ちょっとファイターズの8月の成績を見える化してみよう。

 ●●●〇 ●●● ●●●●●● 〇△ ●●

 ↑別にここで段落を区切ったわけじゃない。そう見えても仕方ないが星取表だ。2勝14敗1分だ。お盆の9連敗が痛かった。ちなみに8月13日は僕の60歳の誕生日だったが、まさに9連敗の真っ只中であり、東京ドームで1対6の負けを見つめている。

「首位に肉薄」から「最下位に肉薄」へ。こんなことってあるだろうか。

■パのすべての順位に「肉薄」するという離れ業

 90年代、ファイターズは2度ほど夏場の大失速で首位から転落し、リーグ優勝を逃したことがある。あの頃は毎夏、都市対抗の時期に東京ドームが使えず、「死のロード」を余儀なくされた。長い遠征から帰ると選手が皆、ぐったりしていたものだ。あのときも大概だった。夏は大失速と相場が決まっていた。が、これほど順位は落とさなかった気がする。

 ひとつ考えたことがある。もしかすると僕が気づいていないだけで、2位3位4位5位にも「肉薄」していたのではあるまいな。だとすれば「ハム肉薄イヤー2019」である。パのすべての順位に「肉薄」し、ハムっぽさを強烈にアピールするという離れ業をやってのけ、2位3位4位5位は地味なのでスルーされてるのではあるまいな。

 だいたい「最下位に肉薄」って、フツーは下から迫ってくるから「肉薄」なのだ。上から迫るやつがあるか。猛烈な勢いで順位を下げたもんだから、つい向きが逆の「最下位に肉薄」になってしまった。

 こうなると難しいのはチーム目標をどこに置くかだ。あらためてソフトバンクを追いかけるのか、Aクラス浮上なのか5割復帰なのか、はたまた最下位だけは回避なのか。ちょっと前までけっこう本気で「首位奪取」と思ってただけに困るのだ。振り上げた拳のもって行き場がないというか、その手で頭でもかくしかない状態だ。

 〇○○○〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇

 これは段落を区切った。せっかくだから白丸で区切った。この間に1日が経過し、甲子園で履正社が初優勝し、ファイターズは渡邉諒、清宮の効果的なホームランで勝利した。何と「8月ナイター初勝利」だ。そんなバカなと思うが本当だ。ありがたいことに4位浮上である。5位ロッテに1差、最下位オリックスまでは1.5差。まぁ、ダンゴレースだ。2位も見える。最下位も見える。

■オープナー、ショートスターターの難しさ

 僕は今季、ファイターズが採用してきたオープナー、ショートスターターの難しさを思う。話をわかりやすくするため甲子園を振り返ろう。現在の高校野球はピッチャーの消耗度に配慮する意味でも、相手打線を幻惑する意味でも継投策が基本だと思うのだ。主戦級のピッチャーを何枚か持ってるチームに優位性がある。

 が、奥川恭伸(星稜)を見てるほうが気持ちが入る。これは僕の頭が古いのかもしれない。が、現にそうなのだ。今大会は智辯和歌山戦がすごかった。本格派のピッチャーが回を追うごとに迫力を増し、ズバズバ行ってるときの快感ったらない。あれは観客も入り込む。たぶん選手らも入り込む。頭が古いということなら皆、古いんじゃないかと思う。奥川君が智辯和歌山戦に登板して、初回を3者連続三振に切って取り、堂々と降板したとして同じようにしびれただろうか。

 ファイターズの加藤貴之、堀瑞輝は本当にいいピッチャーだ。研鑽次第で長くプロの第一線でやれる力を持っている。が、現状、予告先発が加藤、堀と発表されるとファンはテンションが下がっている。あぁ、またか、あれか。結果がともなっていればいいのだろうが、8月の惨状だ。頭が古いのだろうが、皆、気持ちがつくれない。

 皆、有原航平に期待するのだ。有原のエンジンがかかってるときの「ピッチャーらしさ」にしびれる。有原で負けると連敗が止まらない。これは「投手分業制」の過渡期の産物なのかもしれないが、小刻みな継投を低く見てしまう。入り込めない。しまいには(頭ではわかっていても)加藤や堀を「二線級のピッチャー」とうっかり勘違いしてしまう。起用が成功したとしてもつい「先発が早くつぶれた負け試合」のように錯覚してしまう。

 これまで書いたものをご覧になってる方はわかると思うが、僕は典型的な「出されたものをおいしくいただく」タイプだ。滅多なことじゃ店側にクレームはつけない。だから今シーズンも出されたオープナー、ショートスターターをおいしくいただきたいと思う。が、次第にやってる側も、見てる側もテンションが落ちている。たぶん僕が言わなきゃ誰もメディアで指摘しないだろう。チームの元気、球場の雰囲気は野球そのものを形づくる。どんよりしてちゃ勝てるものも勝てないと思う。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13168 でHITボタンを押してください。

(えのきど いちろう)

関連記事(外部サイト)