“城所バイト中?” ヤフオクドームのパブで目撃情報あり!

元福岡ソフトバンクホークス・城所龍磨さん、ヤフオクドームのパブで“バイト”目撃?

記事まとめ

  • ソフトバンクの城所龍磨さんが昨シーズン限りで15年間の現役生活にピリオドをうった
  • 城所さんは、HUBヤフオクドーム店でドリンクカウンターの中でビールを注いでいた
  • 城所さんと一緒に見るパブリックビューイングイベント中に突発的に発生した余興だった

“城所バイト中?” ヤフオクドームのパブで目撃情報あり!

“城所バイト中?” ヤフオクドームのパブで目撃情報あり!

昨シーズン限りで15年間の現役生活にピリオドをうった城所龍磨 ©文藝春秋

 2016年のセ・パ交流戦で打率.451、5本塁打、12打点、6盗塁でMVPに輝いた男と言えば、まだ記憶に新しいと思う。そんなホークスの城所龍磨さんが昨シーズン限りで15年間の現役生活にピリオドをうった。ホークス球団から引退セレモニーの場まで用意されたというのは絶対的レギュラー選手ではないにしても成功者&功労者に違いなく、何よりホークスファンから愛されすぎた職人野球選手だからだ。

 試合終盤になるとコールされてグランドに颯爽と出てくる起用のされ方は、流れを変える役割&守り勝ちの為の職人として守備走塁のスペシャリストと言われるようになり、『キドコロ待機中』というあまりにも有名な言葉を生み出した。本人の引退セレモニーのスピーチでも『待機ばかりしていた15年間でしたが……』としみじみ語る場面があったほどだ。

 待機をし続けて15年間プロ野球選手が出来るというのは並外れた身体能力とセンスが光るからこそで、城所選手はホークスファンの誇りでもあった。

 そんな城所さんが引退後の現在、“ホークスジュニアアカデミー”という所でジュニアの育成をしているというセカンドキャリアの話は聞いていた。しかし、普段は子供達も学校に行っているため具体的に平日業務で何をしているのかを聞いたことがない。

 8月19日の月曜日、ヤフオクドームの中にある“英国風パブHUBヤフオクドーム店”という飲食店に城所さんがいらっしゃるという事なので会いに行ってみた。城所さんが来るというのを知っていたファンの方も多く、城所さんのレプリカユニホームを着て待ち構えている人もたくさんいた。

■HUBで「キドコロバイト中」

 京セラドーム大阪でのホークスVSライオンズの試合が10台ほどあるビジョンで生中継される店内ではパブリックビューイングイベントが開催されていて、店内はホークスファンで溢れていた。

 沢山のドリンクメニューと食事を楽しみながらオシャレな空間で野球観戦はあまりにも贅沢な時間と言えるだろう。集まったお客さんにとって共通の話題である“ホークス”をつまみにどんどん知り合いが増えていく手応えも最高だ。

 そんなイベントのドリンクカウンターの中に城所龍磨さんがいた。

 お客さんの注文に応えてビールサーバーを扱うその手つきは、守備走塁のスペシャリストの頃の豪快なスピードではなく、小さな動きでむしろ繊細な作業のように見えた。それを見たお客さんからは“キドコロ注ぎ中”とか“キドコロバイト中”などと声が上がっていた。

 なにせホークスの生え抜きの人気者が注ぐビールとあって、サーバーを操る城所さんをファンが一斉に写真で収めるというのも微笑ましい光景だった。

 実はこれ、城所龍磨さんと一緒に見る“鷹の祭典in大阪”のパブリックビューイングイベントの最中に突発的に発生した余興だったのだ。

「僕、野球しかしてこなかったからバイト経験も無いし、今日はHUBの中で初体験をいっぱいしたいと思って来たんですよ(笑)」

 そう笑顔で話す城所さん。なんて好奇心旺盛な方なんだろう。お客さんからはカクテルの注文も入り、その分量をHUBのドリンク担当スタッフに聞きながら手際よく混ぜていた。

■野球選手でやり残したことは?

 ひと通りドリンクを出し終わった後はマイクを握り、試合をみんなで観ながら城所さんがファンの質問に答えるシーンがあった。その答え一つ一つが誠実で引退した後もファンの心を“鷹掴み”していた。

――城所さんが上手いと思う外野手は誰ですか?

「ロッテマリーンズの岡田選手ですね。彼と僕は同じ考え方なんです。バットに当たる前に打球の方向に走るんですよ。あのコースでこのバッターならここに飛ぶってわかるんです。だから一歩目が岡田選手は速いですし、そこからのレーザービームが一歩目が速かった分アウトになったりするんですよね」

 バットに当たる前に打球に向かって走る? 凄い話である。書きあがる前に原稿を読む感じか? 箸をつける前に舌鼓をうつ感じか? とにかくイメージを膨らませてないと出来ない技だ。

――柳田選手が怪我から復帰したニュースを見てどう思いましたか?

「あれは僕もヤバかったですよ。ネットがザワツイテるから何かなぁって思って調べたんですよね。そしたらギータが泣いたって出てて。あのギータが2軍戦に出られた時点で涙を流すとかよっぽどですよ。あれだけ底抜けに明るい男が苦しくて仕方なかったんだろうなぁって僕もグッときました。やっぱりリハビリとかって不安になるんですよね。僕も本当に気持ちが分かるし、頑張って欲しいなぁって思います」

 城所さんの優しい言葉に涙目になるファンもいた。

 パブリックビューイングも終盤に差し掛かった頃に、城所さんから「さっきドリンクを作ったんで今度はレジ打ちがしたいんですけど、やらせてもらっても良いですか?」という希望が出た。どこまでも経験値を上げたい愛すべき男だ。

 HUBの店長がすかさずレジ清算の指導にあたって公開社会体験が始まった。電子マネー支払いも現金払いも習得した城所さんは“キドコロ見習い中”といったところか(笑)。

 無論、この城所さんの姿を見てお客さんが物凄く喜ぶのだからエンターテインメントとしても素晴らしい。こんなイベントは野球選手のセカンドキャリアの中で率先して企画してほしいと素直に思えた。

――城所さん、野球選手でやり残したことはなんですか?

「もう叶う事はないですけど、やっぱりプロ野球選手になる時に憧れた1億円プレイヤーになりたかったなぁというのがありますねぇ。これは控え選手じゃなれない高い壁だからですね。今の若い子にもよく言うんです。便利屋も大事だけど、レギュラーになって稼ぐ方が良いからなって(笑)」

 そう気さくに答えてくた。

 もしも城所さんが現役の時にリプレー検証制度があったとしたら、あといくつ盗塁が増えていただろう? そしてあといくつのファインプレーが成立していただろう? 紙一重で魅了してくれていた城所選手だからこそ、今の制度がもう少し前から出来ていたらと悔やんでしまうホークスファンはきっと多いはずだ。

 そしてホークス球団のスタッフとして、ホークスジュニアアカデミーで守備走塁のスペシャリストを育成し、“待機中”でも夢を持てる後世を輩出してほしいと願うばかりだ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13172 でHITボタンを押してください。

(加藤 淳也)

関連記事(外部サイト)