文春野球「コミッショナーだより」8月号

文春野球「コミッショナーだより」8月号

©文藝春秋

 こんにちは、文春野球のコミッショナー村瀬です。今月もコミッショナーだよりのお時間がやって参りました。さっそく参りましょう。今月のおしながきです。

1、「文春野球甲子園2019」の結果
2、7月終了時の順位
3、7月期の個人タイトル
4、おしえて監督10問10答

■1、「文春野球甲子園2019」の結果

 8月7日に行われました「文春野球甲子園2019」。「予選」という公募から勝ち上がってきた森杉駿太郎さん(秋田)、兵頭豆腐店さん(愛媛)の2名を含む、8名の参加者による第1回大会は以下の結果となりました。

優勝 上杉あずさ(大分)
「我が母校、大分・藤蔭高校率いる監督1年目の26歳“竹下君”の手腕」
準優勝 市川いずみ(京都)
「『最高の場所でした!』 2013年夏、おんぶされて整列した岩国商業・吉本君の記憶」
3位 森杉駿太郎(秋田)
「2018年夏、あのとき秋田の僕たちに起こったこと」
4位 菊地選手(東京)
「愛と憎しみの甲子園――日本人はなぜ、これほどまでに高校野球が好きなのか」

兵頭豆腐店(愛媛)、田澤健一郎(山形)、かみじょうたけし(兵庫)、井上幸太(島根)

 本家の甲子園も第1回は10校ではじまったので、今回は47都道府県の代表がいなくてもいいかと試験的にはじまった第1回文春野球甲子園。トーナメントではなく24時間でのHIT数一発勝負となりましたが、大接戦の末に大分県代表の上杉あずささんが逆転で勝利を飾り、記念すべき第1回大会の覇者となりました。また来年も行うかもしれません。参加して頂いた高校野球ライターの方々、予選大会にご応募くださった皆様、ありがとうございました。

■2、7月終了時の順位

▼セ・リーグ順位表
1位― 東京ヤクルト 32924HIT
2位― 横浜DeNA   30268 HIT
3位↑ 阪神     24537 HIT
4位↓ 広島     23698 HIT
5位― 中日     21363 HIT
6位― 巨人     12424 HIT
(8月1日0時 時点)

 セ・リーグは首位ヤクルトと2位横浜の熾烈な争いが続いています。3位には阪神が上がってきましたが広島・中日との三つ巴の争いは以前として続いています。そして最下位は巨人。宮崎瑠依さんが久々の2000HIT越え原稿で一矢を報いました。続けてがんばっていきましょう!

▼パ・リーグ順位表
1位― 北海道日本ハム 30929HIT
2位― 埼玉西武    28032HIT
3位↑ ソフトバンク  23816HIT
4位↓ オリックス   22388 HIT
5位― 千葉ロッテ   18016 HIT
6位― 東北楽天    12622 HIT
(8月1日0時 時点)

 パ・リーグもセと同じような展開です。首位は日本ハムで安泰。2位埼玉西武が約3000HIT差で追い掛けます。3位をソフトバンクとオリックスで争います。5位千葉ロッテはついに奥の手である現役選手の代打を起用。シーズン後半に向けたブースターでマクリます。東北楽天も大きな展開が欲しいところ。

■3、7月期 個人タイトル

◆7月期 最優秀コラム賞
7月3日 「ファンも心配、西武・平井克典投げすぎ問題 “昭和の男”小野投手コーチを直撃」
埼玉西武ライオンズ 中島大輔

 7月1日時点でリーグ最多の39試合登板、804球を投げてきた、埼玉西武の中継ぎ「平井プロ」こと平井投手の起用法について、「誰も聞かないならば文春野球が聞く」と、小野投手コーチを直撃。回跨ぎも厭わない酷使とも言われる“昭和的”な中継ぎ投手マネジメントについて深く斬りこみました。えのきどいちろうさんの 「鍵谷陽平への感謝の言葉 クレインズ存続のためにやってくれたこと」 (7/3)も最優秀候補でしたが惜しくも次点でした。

◆7月期 ベストゲーム賞

7月9日 埼玉西武(代打・コウタ) 2587 ― 928 ソフトバンク(代打・ノボせもん)

 グラウンドとは離れた野球関係者の代打対決。西武黄金時代の元通訳であるコウタさんによる 「カミングアウトしたデストラーデの元通訳が語る、あの頃のライオンズと私」 と2回目の代打登場ノボせもんによる 「40歳、ニート、独身、603試合連続応援……ホークスに人生を捧げた男の生き様」 対決。九州鷹狂会代表の吉原秀貴さんを書いたノボせもんは、ホークス漫才のおまけつきで1000近いHITを取りましたが、コウタさんが圧倒的支持を得て勝利。点差こそ離れましたが内容的には見応えのある勝負でした。

 続いて個人タイトル三部門の5傑です。

◆7月期 首位打者

セ・リーグ打率5傑
1位 .236 西田直斗(阪神)
2位 .215 長谷川晶一(ヤクルト)
3位 .210 若狭敬一(中日)
4位 .198 チャリコ遠藤(阪神)
5位 .161 西澤千央 (横浜DeNA)

パ・リーグ打率5傑
1位 .330 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 .260 フモフモ編集長(埼玉西武)
3位 .233 青空百景(日本ハム)
4位 .229 上岡真里江(埼玉西武)
5位 .220 えのきどいちろう(日本ハム)

7月期の月間首位打者は
セ・リーグ 西田直斗(阪神)
パ・リーグ 斉藤こずゑ(日本ハム)

◆通算打率(規定打席4)

セ・リーグ打率5傑(7月31日現在)
1位 .279 長谷川晶一(ヤクルト)
2位 .238 西澤千央 (横浜DeNA)
3位 .236 坂上俊次(広島)
4位 .216 チャリコ遠藤(阪神)
5位 .180 黒田創(横浜DeNA)

パ・リーグ打率5傑(7月31日現在)
1位 .298 斉藤こずゑ(日本ハム)
2位 .257 上杉あずさ(ソフトバンク)
3位 .250 青空百景(日本ハム)
4位 .225 えのきどいちろう(日本ハム)
5位 .214 フモフモ編集長(埼玉西武)

◆7月期 本塁打王

【セ・リーグ】
1 2744 宮崎瑠依(巨人) 「メキシコに夫(荒波翔)の応援に行ったら、魔術師になったオビスポと再会した話」 (7/6)
2 2743 高森勇旗(横浜DeNA) 「プロ野球選手でいられるのはほんの一瞬……ベイスターズ“青星寮”で過ごした青春の日々」 (7/19)
3 2257 長谷川晶一(ヤクルト) 「プロ17年目、35歳の雄平はなぜ『#雄平かわいい』と言われるのか」 (7/31)
4 1766 長谷川晶一(ヤクルト) 「ハフとマクガフがいなかったら、今年のヤクルトは一体どうなっていただろう」 (7/25)
5 1559 黒田 創(横浜DeNA) 「首位を追いかけるベイスターズを見て思い出す、1997年の“世界でいちばん熱い夏”」 (7/31)

【パ・リーグ】
1 3618 コウタ(埼玉西武) 「カミングアウトしたデストラーデの元通訳が語る、あの頃のライオンズと私」 (7/9)
2 3333 鈴木大地(千葉ロッテ) 「開幕ベンチスタートからオールスター出場 ロッテ・鈴木大地が明かす『思い出深いあの試合』」 (7/17)
3 2998 えのきどいちろう(日本ハム) 「鍵谷陽平への感謝の言葉 クレインズ存続のためにやってくれたこと」 (7/3)
4 2706 フモフモ編集長(埼玉西武) 「【駅近】【新築】西武狭山線・西武球場前駅徒歩4分『ニュー若獅子レジデンス』物件ご案内」 (7/17)
5 1754 斉藤こずゑ(日本ハム) 「“タイミング”も才能のひとつ ファイターズ復帰の吉川光夫投手に期待したいこと」 (7/10)

通算本塁打セ・リーグ
1 3892 西澤千央(横浜DeNA) 「『昇太、元気にしてますか。お母さん、最近思うんです』――ベイスターズ・今永昇太選手への手紙」 (3/29)
2 3165 ガル憎(広島) 「4月が来ると思い出す、一生懸命に生きた木村拓也の物語」 (4/11)
3 2781 長谷川晶一(ヤクルト) 「スワローズ公式ダンスチーム『Passion』の元リーダー・彩友さんが語る“背番号1”への思い」 (4/18)
4 2744 宮崎瑠依(巨人) 「メキシコに夫(荒波翔)の応援に行ったら、魔術師になったオビスポと再会した話」 (7/6)
5 2743 高森勇旗(横浜DeNA) 「プロ野球選手でいられるのはほんの一瞬……ベイスターズ“青星寮”で過ごした青春の日々」 (7/19)

通算本塁打パ・リーグ
1 4491 木村幹(オリックス) 「関西人は全員阪神ファンだと決めつけられるなか、オリックスファンはどう生きるか問題」 (6/15)
2 3618 コウタ(埼玉西武) 「カミングアウトしたデストラーデの元通訳が語る、あの頃のライオンズと私」 (7/9)
3 3516 えのきどいちろう(日本ハム) 「『ヨシオカ、あの試合最高だったな』……大事なファイターズ応援仲間へ、別れの言葉」 (6/11)
4 3360 フモフモ編集長(埼玉西武) 「ライオンズファンを二分する『1番・金子侑司を我慢できるか問題』について」 (5/10)
5 3333 鈴木大地(千葉ロッテ) 「開幕ベンチスタートからオールスター出場 ロッテ・鈴木大地が明かす『思い出深いあの試合』」 (7/17)

7月期の本塁打王は
セ・リーグ 宮崎瑠依(巨人)
パ・リーグ コウタ(埼玉西武)

◆7月期 勝利数セ・リーグ

1位 4勝0敗  長谷川晶一(東京ヤクルト)

◆7月期 勝利数パ・リーグ

1位 2勝0敗 えのきどいちろう(日本ハム)

◆通算勝利数セ・リーグ

1位 15勝3敗  長谷川晶一(東京ヤクルト)
2位 4勝2敗 若狭敬一(中日ドラゴンズ) 
3位 3勝1敗 桝本壮志(広島)
       ガル憎(広島)
   3勝2敗 オギリマサホ(広島)
       西田直斗(阪神)
       西澤千央(横浜DeNA)

◆通算勝利数パ・リーグ

1位 6勝0敗 えのきどいちろう(日本ハム)
   6勝2敗 木村幹(オリックス)
3位 5勝0敗 加藤淳也(ソフトバンク)
4位 4勝0敗 上杉あずさ(ソフトバンク)
  4勝1敗 斉藤こずゑ(日本ハム)
      中島大輔(埼玉西武)
  4勝9敗 梶原紀章(千葉ロッテ)

 受賞された皆さまおめでとうございます。

■4、おしえて監督10問10答 第4回 横浜DeNA・西澤千央監督

 各チームの監督さんの戦略・考え方をより読者の方に知ってもらうためのひととき。“10問10答”のコーナーです。第4回は文春野球の風船爆弾、横浜DeNAベイスターズ監督の西澤千央さんにお聞きします。

 以下、10問の質問です。

Q1 今年の文春ベイスターズはどんなチーム?
 去年と同じメンバーですが、文春野球ベイスターズは良くも悪くもスタンドアローン。詳しくは「攻殻機動隊」をご覧ください。

Q2 チームスローガン「ベイスターズ原理主義」について
 ベイスターズの前に道はない、ベイスターズの後にも道はない。我々はベイスターズという概念の中にのみ存在を許された塵、いわば“ベッチリ”です。

Q3 現在の順位について
 ひとえに皆様のおかげです。しかしまだ我々はリーサルウェポン、ベイスターズおじさんを起動してはいない、ということだけお伝えしておきます。

Q4 原稿を書く時に意識していることは?
 犬、ラーメン、はじめてのおつかい。視聴率三種の神器です。

Q5 気になるチーム・人は?
 たじなかじに決まってるでしょ!!

Q6 今年、試してみたいこと
 チアの衣装を着て動画。

Q7 代打で狙っている人
 今井翼。

Q8 今季の目標
 98年の再来。

Q9 HITとは◯◯◯◯である
 賽の河原で石を積む。

Q10 読者の方へ
 いつも大変お世話になっております。文春野球ベイスターズは気づけばLINEグループがはるか地底に埋まってしまうくらいお互いに干渉しないチームですが、いざというときの助け合い精神はここだけFOR REALで取り上げてほしいくらいなもんです。まじで。今年こそ石川雄洋に勝利の美酒を味わってほしい。わたしも飲みたい。アイラブぅぅぅ??  よこはま〜〜(花火ドーン)

 以上、文春野球コラムペナントレースコミッショナーだより8月号でした。引き続き文春野球をよろしくお願い致します。

(村瀬 秀信)

関連記事(外部サイト)