”全裸監督”村西とおるを襲った「女房を寝取られた男にしかわからない恥辱」

”全裸監督”村西とおるを襲った「女房を寝取られた男にしかわからない恥辱」

©文藝春秋

「お待たせいたしました。お待たせしすぎたかもしれません。昭和最後のエロ事師、村西とおるでございます」

 甲高い声でそう語るのは、“アダルトビデオの帝王”と呼ばれたAV監督・村西とおる氏(70)だ。

 村西とおる氏の破天荒な半生をモデルにしたドラマ「全裸監督」がNetflixオリジナルドラマとして公開され、シーズン2の制作も決定。インターネット・ムービー・データベース(Amazon提供)の人気テレビ番組ランキングで、一時期世界中のあらゆる番組を差し置いてトップ50にもランクインしていた。

 ドラマ人気と相まって、村西とおる氏本人にも注目が集まっている。ドラマでは描ききれなかった“帝王”の過去と現在を取材した。

■過去の記憶が蘇る、リアルなドラマ「全裸監督」

――Netflixのドラマ「全裸監督」(全8話)はご覧になりましたか?

村西 観ました。私は個人事務所を持っているんですけど、私の別に社長がいるんです。社長から「あんたおしゃべりだから、まだ観てない人にも全部喋っちゃうでしょ」と、なかなか観せてもらえなかったんです(笑)。でもこれ、私の物語なんでしょうけど、我ながら面白いですよね!

――お気に入りのシーンはありましたか?

村西 自分自身が涙したのは、第1話の親父とのシーンですね。父親から暴力を振るわれる母親を守ろうと父親に刃物を向けたら、母親から「父ちゃんに何すんだ!」と怒鳴られた。あのあとね、親父が家を出て行ったのですが、後から親戚に聞いたら「息子を親殺しにするわけにはいかない」という理由だったと。その記憶がまざまざと蘇ってまいりました。

 当時はどこの家もそんなものだったんです。あの時代の諸悪の根源は貧乏。でも、あの世にいったらね、親父に泣いて謝りたい、たった一つの出来事ですね。

■山田孝之の演技で自らの不気味さを再発見した

――山田孝之さんの演技はいかがでしたか? 村西さんにそっくりだと評判ですが。

村西 いや〜ナイスでしたね! 例えば女房に浮気されたシーン。あのね、浮気された男には、浮気されないとわからない衝撃、ショックがあるわけですよ。葛藤とか苦しみとか、言葉にできない恥辱をものの見事に演じていたんですね。「ああ、俺はあのとき本当にこんな顔をしてただろう」って再発見しましたね。

 彼の表情での演技は抜群ですよ。3〜4秒なんだけど、得体の知れない表情するところあったでしょ?

――営業マン時代に商品を巧みに売りつけるシーンや、AV作品を撮るシーンで目付きが変わる瞬間がありました。

村西 あの目を見てね、あ、これなんだなと思ったんですねぇ。あの時代、多くの人が私に対して「何をやらかすかわからない」「この人は何者なのだろう」という不気味さを抱いていたんです。でも私には自分が不気味だなんていう感覚はなくて、ただ情熱に駆られていただけ。だから周囲の人が見る私と、私自身が思っている私には隔たりがあったんです。あの目を見て、ようやく周囲の人が私に感じていた不気味さがよくわかりましたよ。

■人生で一番辛かった懲役370年

――ハワイでAV撮影をするシーンには度肝を抜かれました。セックスをしながらセスナで真珠湾に突入するAVを撮影して(実話)、米司法当局から懲役370年を求刑されていますよね。あのシーンでの山田さんの表情も鬼気迫るものがありました。

村西 あの狂気じみた顔がまた、私のバックボーンをよく汲み取ってくれているんですよ。戦後すぐの貧乏のなかでね、ガキ同士でみかんの皮を奪い合って食べたことがあったんです。それを蔑んで見るGI(アメリカ兵)の目が忘れられなかった。だからドラマでは描かれなかったけど、私は復讐の意味を込めて、みかんの皮を真珠湾の上空で剥いてやったんですよ(笑)。

 その後1年以上、アメリカから出国できなかったのですが、本当に、人生で一番辛い時間でした。唯一の救いが“テレフォンセックス”でしたね……。

■黒木香と300万円の“太平洋横断”

――電話でイタす、ということですか。

村西 そうですよ、よくご存知ですね〜。当時は(AV女優の)黒木香さんと恋愛関係にありましたから、毎日のように電話して、「もう少し激しくしてごらん」と私が優しく濃厚に囁くと、「監督さんはどんな風になさっているんですか」なんて聞かれたりしてね。電話代は月に200万円とか300万円。太平洋をまたいでテレフォンセックスした回数で言えば、私は日本の記録保持者じゃないかな。辛い刑務所生活でそれが唯一の救いでしたよ。

――エロスに救われたわけですね。

村西 そりゃあそうですよ。エロティシズムを皆さんどうお考えかわかりませんけれど、人間に与えられた唯一の救いです。エロスの根本は生と死です。生(性)の希望と死の絶望、この心の揺らぎがエロスなんです。性愛の世界の興奮、感動、エクスタシーをエロティシズムと言いますけれども、それは死の絶望、無の世界があってこそ存在します。だから米国での辛い環境だからこそ、燃え滾るものがあったのです。

――他にも何回か警察沙汰になったエピソードが紹介されています。

村西 なんせ私は前科7犯でございますからね。「横浜ベイブリッジの女」という作品がありましてね。横浜ベイブリッジを“駅弁”しながら横断したんですよ。そうしたらすぐ神奈川県議会で「神奈川県名物を汚すとは何事か!」と糾弾されて、県警の本部長から呼び出しをくらいました。結局発売中止になりましたけれども。だから何をやるかわからないんですよね。

■白ブリーフ姿が定着したきっかけ

――白ブリーフ姿も村西監督の“得体の知れなさ”に一役かっていたように思います。

村西 うちの親父がいつも白いふんどしをしていましてね。なぜかというと、交通事故に遭って救急車で病院に運ばれても恥ずかしくないように、真っ白なふんどしを毎日替えていると言うんです。私にも「お前も下着だけはきちっとしておけよ」と常々言っていまして、それで白ブリーフをはくようになったんですよ。

――何枚くらい持っていたのですか?

村西 仕事だけでなくプライベートでもはいていたので、何枚も持っておりました。現場にも必ず2、3枚は持っていっていましたね。実は私、いぼ痔でね、すぐに汚してしまうんですよ。

――それは大変ですね。

村西 そう。だから結構な枚数を持っていないといけないわけです。今は黒とか紺とか、みなさんと同じようなものを穿いております。ようやく落ち着きました。でも、いざそういうご要望があれば、穿いていきますよ!

 私の作品では白ブリーフを脱ぐシーンがひとつの山場になっていましたけれど、私の前の世代、日活ロマンポルノの時代には考えられなかったのです。

■村西作品は日活ロマンポルノへのアンチテーゼだった

――と、いいますと?

村西 日活ロマンポルノではリアルな性が描かれなかったんです。出演者は局部が見えないように前貼りをしていましたからね。その頃の監督には芸術家気取りが多かったから、女優と男優が泣いたり喚いたりするような、演劇業界好きするようなシーンばかり丁寧に描いていた。でも人間の真実を描くには、性愛のシーンこそが大事なんです。視聴者もそれを求めている。布団のなかでガソゴソやってたらそれで終わりなんて、格好つけちゃいかん。白ブリーフにね、そんな挑戦者としての姿勢が象徴されているのでございます。

――村西監督の作品は日活ロマンポルノへのアンチテーゼでもあった。

村西 死んでも日活ロマンポルノの二番煎じにはならない。私はね「かつて人類が相見えなかった映像を撮らなければ、明日はない」という強迫観念に駆られていたんです。それがリアルなセックスの追究だったんです。

――反対意見もたくさんあったんですよね?

村西 それはすごかったですよ! AV業界草創期のメーカーの社長たちから、「本番セックスなんてとんでもない。そんなことしたら業界が潰される」「僕たちはこれで飯を食っていかないといけないんだ。あんたに当局から狙われるようなことされたら傍迷惑なんだよ」って、くだらない批判をたくさん受けた。

 でも私は会社を潰したあとの無一文の状態で、崖っぷちでAV業界に突入したから失敗するわけにはいかない。周りは私のことをチャレンジャーだとか、革命家だとか言いますが、食べるためにやらざるを得なかったんです。

「私たちを撮ってくれませんか?」 ”AVの帝王”村西とおる事務所を訪れた禁断の親子 へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)