東京マラソン棄権で得た教訓とは?――日本記録保持者・大迫傑の“悩み”と“変化”

東京マラソン棄権で得た教訓とは?――日本記録保持者・大迫傑の“悩み”と“変化”

シカゴマラソンで日本記録を更新 ©松本昇大

 大迫傑が変わった――。そう感じたのは、本の締め切りが迫った今年6月のことだった。何気ない話のなかで、突然、棄権をした東京マラソンの後で、悩み続けていたことを話し始めたのだ。

 幼少期から現在まで、走り続ける日々の中で大迫が気づいた様々な思いを綴った初の書籍 「走って、悩んで、見つけたこと。」 の制作のため、この1年、私たちは何度も話し合いを重ねてきた。

■決して感情的にはならないランナー

 初めての打ち合わせは、2018年8月。まだ日本記録を出す前だった。

 早稲田大学のエースだった頃から、彼は自分の意見を持った選手だった。

 走ることは何よりも自分自身との戦いであり、ライバルやレース展開、他人からの評価など、自分の想像の産物でしかないものに捉われることは無駄、というスタンスはこの1年ずっとぶれることがなかった。

 そして本人は否定するかもしれないが、彼には少し人見知りなところがあった。だから、何度も話をしても、どこかに越えてはいけない一線を感じ、ときには真正面から「それについては答えたくない」と言うこともあった。自分の考えについては話はしても、感情を深く掘り下げて語ることはない、それが大迫の印象だった。

 3度目のマラソンであるシカゴマラソンを控えていた時もそうだ。世界の名ランナーと走ることについて尋ねると「モハメド・ファラー(五輪で4つの金メダルを獲得)やゲーレン・ラップ(リオ五輪のマラソン銅メダリスト)と走れるのは光栄で、勝とうという思いよりは、挑戦していきたいなという気持ちです」と淡々と話をするだけだった。

 だが、いざレースが始まるとゲーレン・ラップにも先着する好走で、日本人初となる2時間5分台でゴール。日本記録を更新し、多くのメディアが彼の元に殺到した。

 もちろん、うれしい気持ちはあったと思う。けれども「おめでとう」と沸き立つ周囲に対して、彼は淡々と対応をしていた。ゲーレン・ラップに勝てたことについて話を向けても「そこは謙虚であるべきで、実際、実力はまだまだ彼のほうが上だと思っています」と冷静で、そこには流されてはいけないという彼の思いが感じられた。

 以前、大迫は「世の中は川の流れと一緒。その中に僕が立っていて、流れがどう変わろうとも自分の立ち位置を変えてはいけないと思っています。レースが良かったときってみんなが褒めてくれるじゃないですか。逆に悪かったときはたくさんの人が非難をする。だから僕は逆に考える。良かったレースではその中で見つけた課題を反省し、悪かったときは良かったところを探す。そうやってバランスを取っているんです」と語っていた。そういう姿勢が彼を冷静に見せていたのだろう。

■「東京マラソン棄権」でも淡々と

 2019年3月に行われた東京マラソンは、東京五輪の代表選考レースであるMGCの出場資格を得る、ほぼラストチャンスだった。そのため、多くの日本人選手が大会に集結した。

 人々の注目の的となっていたのは、やはり日本記録保持者の大迫傑だった。2度目の日本記録更新もあるのではないか。そんな期待がいやが上にも高まっていた。

 だが、冷たい雨の降りしきる中で行われたレースは過酷だった。ゴールはしたものの低体温症で搬送される選手もいた状況下、大迫は30km手前で棄権を選択。寒さに体を震わせ、沿道を歩く姿はこれまで見たことのないものだった。

 翌日大迫はツイッターで「言い訳はありません、強くなって9月帰ってきます!!」と発信。それでも、体調はどうなのか、気落ちをしているのではないか――。そんな心配を抱きながら、レース2日後に本人に会うと、思ったよりも淡々と結果を受け止めていたようだった。

「マラソンでは初めての棄権でしたが、トラックで棄権したことは今までもあったし、僕にとっては目的を果たせないなら、早く止めて次に向かったほうがいいと思っただけです。友人たちにも僕らしい決断だったと言ってもらえましたし、すごく落ち込んでいるんじゃないかと想像していると思うけど、むしろトラックの時よりも気持ちの切り替えは早かったし、次に進んでいくしかないと思っています」

■レースについては多くを語らない

 もともと大迫は、レースを振り返ることがほとんどない。他の選手だと10km、15km、20kmとその時々の体の状態や、レースの展開について色々と語るものだが、大迫は振り返っても仕方がないし、ほとんど覚えていないから、とレースについて多くを語ることがなかった。

 マラソンにおいては過程が大切で、厳しい練習に打ち勝ち、スタートラインに立てたことがひとつの勝利だという彼の理念もあった。そして東京マラソンでは棄権をしたけれど、そのスタートラインに立てたことへの達成感が霞むことはなかったという。

 一方で注目をされることに対しては疲れをにじませていた。

「レースを盛り上げるために必要なことだと理解はしているんです。ただ、記者会見でタイムを書かされたりする雰囲気だったり、自分の言いたいことを言っただけのインタビューも、変なフィルターを通して報道されたりして。ああいう状況に長くいるのは少し疲れるなと感じました。次回はもしかしたらレース直前に帰国してもいいのかもしれない」

 そう語り、大迫は日本を離れた。

 だが、それから3ヶ月が経った6月のあの日、大迫は突然語り始めたのだ。

■「僕はもともと色々なことを気にしてしまうタイプなんです」

 再び来日し、本の細部を詰めていく話し合いでのこと、大迫は東京マラソンから悩み続けていたことを告白した。

「僕はもともと色々なことを気にしてしまうタイプなんです。だから目の前で誰が勝つのかとマウンティングされる煩わしさから離れて、ゆっくりと競技に向き合いたくて、アメリカに行ったところもありました。アメリカで生活していくうちに自分をコントロールできるようになったと思っていたのに、東京に戻って色々な雰囲気に飲まれて、素の自分に戻ってしまったんです。プレッシャーとまではいかなくても、その影響は想像以上に大きかったんだと今は思っています」

 この1年、常に確信を持って語っていた大迫が、その裏で悩んでいたことをさらけ出したことに驚いた。今までの彼ならば、ここまで自分の弱みを正直に話してくれることはなかっただろう。これまでとは違う面を見せることに対しての勇気も必要だったと思う。だからこそ、大迫が東京マラソンが終わってからも数ヶ月、悩み続けていたことが伝わってきた。その悩みを大迫は真っ先にコーチであるピート・ジュリアンらに相談したという。

「今回は練習のプロセスの中ですごく大変な思いをしてきて、棄権はしましたが、レース直後はすごく満足していたんです。けれども、時間が経つうちにリタイアしたことは合理的な判断だったのか、それとも日本記録を持っていることで努力やモチベーションが足りていなかったんじゃないか、止めたことは僕の弱さではないか、それとも単純についていく力がなかったんじゃないか、と色々な疑問が出てきてしまって……。そういう全ての悩みをピートに話しました」

■「MGC前にこういう経験ができてよかった」

 ピートらはスタートラインに立つまでに努力し続けてきたこと、レースを止められる強さについてを大迫に説いた。そして数ヶ月をかけ、彼はようやく自らが納得する答えを導き出した。

「まだ全部を理解しているとは思えませんが、ずっと自問をしていくなかで、結局良くも悪くも練習を積んでいかないと自信は戻ってこないんだと気づきました。今はいい状態で走れているし、MGC前にこういう経験ができてよかったと思えるようにはなりましたね」

 レースから3ヶ月。レースを見つめ直し、納得して、ようやく大迫傑にとっての東京マラソンは終わりを迎えた。自分の弱さに向き合い、乗り越えただけでなく、それをためらわずに伝えられるように変化した大迫は、あのリタイアから多くのことを学んだのだと思う。MGCではどんな状況下でも自分をコントロールする術を見つけていることだろう。そして、彼の思いを受けて、本には多々の加筆がなされた。

 多くの経験をしたこの1年を経て、2019年9月15日、進化した彼が東京でどんな走りを見せてくれるのか。楽しみは募るばかりだ。

(林田 順子)

関連記事(外部サイト)