八村塁、渡邊雄太が抱いた「自信」 バスケW杯日本代表が「ベスト16」を狙える理由

八村塁、渡邊雄太が抱いた「自信」 バスケW杯日本代表が「ベスト16」を狙える理由

今年のNBAドラフト1巡目(全体9位)でワシントン・ウィザーズより指名を受けた八村塁 ©文藝春秋

 世界という山に登りたくても高さが分からない。世界に本気で挑戦する機会もほとんどない。それが長く続いた男子バスケの現実だった。

 しかし今は違う。我々の代表は正確な地形図を持って、FIBAバスケットボール・ワールドカップ(W杯)に挑戦しようとしている。世界ランク48位の日本は9月1日にトルコ(17位)、3日にチェコ(24位)、そして5日には究極の難敵・アメリカ(1位)と対戦する。

 急成長を見せている日本が世界の高さを知る貴重な機会――。それが8月12日のニュージーランド戦を皮切りに行われた5度の国際試合だった。特に22日からさいたまスーパーアリーナで開催された3試合は、来年の東京オリンピックに備えたプレ大会。相手もアルゼンチン、ドイツ、チュニジアと有力国が揃っていた。結果こそ1勝2敗だったが、収穫は多かった。

■「勝ちは勝ち」八村塁の力強い言葉

 ドイツは世界ランクこそ22位だが、本大会ではベスト8以上を視野に入れる強敵。しかし日本は24日の対戦で八村塁(ワシントン・ウィザーズ)が31得点を挙げ、86-83でそんな相手を倒してみせた。

「ドイツが100%だったか分からない」と謙虚なコメントを出す選手が相次ぐ中で、八村は力強くこう語っていた。

「僕らも100%の力を出したかと言われたらそうではない。修正点もあった中でも勝ちは勝ち。相手も『日本なんかには負けたくない』という気持ちで来ていて、それでも勝った。そこは大きいことですし、しっかり自信につなげたい」

■「自信につながった3戦だった」

 25日のチュニジア戦は八村とキャプテンの篠山竜青 (川崎ブレイブサンダース) が欠場。3クォーター終了時点で11点のビハインドを追う苦しい展開だった。だが日本は食い下がり、18377名の観客を沸かせる粘りを見せる。残り0.2秒で勝ち越されて76-78と敗れたが、内容は及第点だった。

 どの試合もリバウンドは課題として露呈したが、大型チームとのマッチアップで「慣れ」は進んだ。

 昨季はNBAを15試合経験している渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)が、こう述べていた。

「自信につながった3戦だったと改めて思います。ドイツに勝てましたし、アルゼンチンとチュニジアには前半離された中で、粘って後半に追いつく場面があった」

■個で見劣りしなくなった日本代表

 日本人初のNBAプレイヤーは2004年の田臥勇太(宇都宮ブレックス)で、長らく2人目が現れていなかった。しかし昨年から渡邊、八村と立て続けに世界の最高峰でプレーする選手が現れている。

 W杯の出場国ならばNBA選手は当たり前にいるが、この国にもようやくそう言う陣容が揃った。チームには元NBA選手で昨年4月に日本国籍を取得したニック・ファジーカス (川崎ブレイブサンダース) もおり、個で大きく見劣りすることはなくなった。八村、渡邊、ファジーカスは身長2メートルを超す大型選手で、タイプやポジションが重複しない。今の日本はどんなローテーションでも、平均2メートル前後の組み合わせをコートに立たせられる。

 特に八村は日本のエースで、相手へのアドバンテージだ。205センチ・102キロの彼はスーパーアスリートで、何よりシュートが上手い。ドイツ戦は3Pも含めたシュートの成功率が60%を優に超えて、決定力が際立っていた。守備でも豪快なブロックショットで、相手のドライブに対する抑止力となる。

■2006年と今の代表を比較すると……

 今の代表はどういうレベルなのか? 日本は自国開催だった2006年の世界選手権(当時)にも出場しているが、今の八村と同じ21歳で大舞台を経験した竹内譲次(アルバルク東京)はこう述べる。

「当時は上には上がいると感じました。(日本が敗れたドイツの)ノビツキー、(スペインの)パウ・ガソルが全盛期でしたし、雲の上の存在という感覚がありました。でも今は手の届く相手になってきている」

 06年の日本は1勝4敗で大会を終えている。そして2006年から16年のBリーグ開始まで、バスケ界には様々な混乱があった。

 竹内も素晴らしいビッグマンだが、いつ話を聞いても「先輩風」は全く吹かせない。彼は代表と世界の距離感をこう語る。

「正直なところ(世界に)離されていっているなという実感がありました。今は若い素晴らしい選手が出てきて、一気にその差が縮まった。でも、まだ始まったばかりかなと思います」

■ベスト16は現実的な目標

 23歳の馬場雄大(アルバルク東京)はこの7月にNBAサマーリーグに挑戦し、八村や渡邊の次を期待できる存在。198センチと“小柄”だが、高速ドライブは各国に通用していた。馬場はW杯を前にした手応えをこう述べる。

「今までは『ユーロがどういう世界か?』が全く分かっていなかった。今回この3カ国とやらせてもらって自分たちのやれること、やれないことが明確になった。『ヨーロッパを倒す』という漠然とした夢が目標になった」

 アメリカは今なお「雲の上」だが、ヨーロッパの2チームには勝つチャンスがある。ベスト16は現実的な目標として挑戦していい。

 一方で竹内が「始まったばかり」と強調するように、今回のW杯はゴールでなくスタートだ。八村、馬場、渡邊はいずれも20歳代前半と若く、来年は東京オリンピックもある。八村と渡邊は合流して1ヶ月足らずで、戦術的な伸びしろも大きい。あとはもう、この道を力強く上がっていくだけだ。

(大島 和人)

関連記事(外部サイト)