大泉洋を主人公に当て書きした小説が誕生 塩田武士氏の最新作『騙し絵の牙』 

記事まとめ

  • 塩田武士氏待望の新刊『騙し絵の牙』は大泉洋を主人公に当て書きした小説だという
  • 構想開始は2013年で、大泉洋のエッセイを担当した村井有紀子さんが提案したそう
  • 塩田氏は大泉について「人と人の間の壁を一瞬にして溶かす才能がある」と話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております