「光石研さんをまねしています。全然できていないけど(笑)」――俳優・岡山天音が語る「仕事論」

「光石研さんをまねしています。全然できていないけど(笑)」――俳優・岡山天音が語る「仕事論」

岡山天音さん

 2019年1月〜4月にテレビ東京で放送されたドラマ「デザイナー渋井直人の休日」。原作は渋谷直角の同名漫画。センスがよく、おしゃれな店や美味しい店に詳しく、優しいのに、悲しいかなモテない中年デザイナー・渋井直人(光石研)の悲哀をユーモラスに描き、好評を博した。なかでも、多くのファンの心を鷲掴みにしたのは、渋井とアシスタント・杉浦ヒロシとの掛け合いだ。現代っ子らしい飄々とした杉浦を好演したのが岡山天音さんである。最近、主演作も続き、人気急上昇の岡山さんにお話を聞いた。(原作の続編 『続 デザイナー渋井直人の休日』 も発売中)

■「デザイナー渋井直人の休日」の思い出

――「デザイナー渋井直人の休日」、毎週楽しく拝見していました。アシスタントの杉浦ヒロシくん役、ぴったりでしたね。

岡山 ありがとうございます。「ぴったり」って、喜んでいいんですかね?(笑)
でも、杉浦くんは本当にいいキャラクターでした。あの役をできる同年代の上手な俳優は、ほかにたくさんいたと思うんですけど、巡り合わせで僕を選んでいただけたことは恵まれたなと思います。

――原作では、杉浦くんは坊主でしたが、岡山さんが演じられて、おしゃれな感じが強まった気がします。

岡山 本当ですか? ありがとうございます。劇中、ヒップホップのPUNPEEさんのTシャツを、衣装さんが用意してくださったんです。もう販売していないレアもので、ネットオークションで落としてくださったみたいで。僕もPUNPEEさんがすごく好きだったので、本物を着させていただいたのには、テンションあがりましたね。

――そのTシャツは撮影後にもらえたんですか?

岡山 いやいや(笑)。ちゃんとお返ししました。

■「光石さんは本当にかっこいい大先輩です」

――残念(笑)。渋井直人役の光石研さんとの共演はいかがでしたか?

岡山 光石さんは本当にかっこいい大先輩です。主役で、一番疲れているはずなのに、常にスタッフさんや、ゲストで登場されるヒロインの方々に気を配っていらっしゃいました。主演としての現場の居方は、すごく勉強になりましたね。僕も最近、主演をやらせていただく機会が増えたので、光石さんをまねしています。全然できていないんですけど(笑)。

――たとえば、どういうことを?

岡山 後輩の子にがんばって話しかけて、和ませようとしたりしています。もともとコミュニケーションが上手くないので、「絡まってんなー自分」と内心反省しながら。

――9月に最新主演映画の『王様になれ』が公開になります。カメラマンをめざす青年・祐介役。仕事や恋愛にももがき、焦る姿がリアルで、胸に迫りました。

岡山 台本を初めて読んだとき、性別や年代に関係なく、誰もが通過してきた苦しい時期を描いているんじゃないかなとまず思いました。恋愛や夢に向かって突き進みたいけれど、そこには苦悩や葛藤がある。演じているときは苦しかったですね。撮影が進むに連れて、口数が減っていった記憶があります(笑)。

■「仕事がないとやっぱり不安になりますね」

――撮影期間中は、家に帰っても役を引きずりますか?

岡山 いや、引きずらないほうだと思います。ただ、『王様になれ』の場合、単純に、祐介が苦悩する場面が多かったので、精神的に消耗していたんでしょうね。

――『王様になれ』はthe pillowsのデビュー30周年企画映画。リーダーの山中さわおさんが原案で、本人役で出演されています。

岡山 さわおさんは、出演シーン以外にも、よく現場に見学にいらしてくださったんですが、とても緊張しました(笑)。原案のさわおさんに、ちゃんと納得していただけるような芝居を僕はできているのか、という怖さもあって。でも、とても愛情深い方で、ちゃんと目を見て話してくださる。僕も祐介と同じようにthe pillowsにどんどん没入していったので、現場でお会いするたびにいろんな創作の質問をさせていただきました。どんな質問にもちゃんと優しく答えてくださいました。

――印象深かった答えはありますか?

岡山 どういう順序で曲は完成していくのか気になって質問したら、「曲はたくさんストックがある。どんどんできてしまう」とおっしゃって、すごいなあ。やっぱり違う星のもとに生まれた方なんだなと思いました(笑)。

――作らずにはいられないのかもしれないですね。

 そうかもしれません。

――岡山さんはどうですか? 役を演じずにはいられない?

 そうですね……やっぱり、仕事がないとやっぱり不安になりますね。

■「気にしなくてよいことを気にして」

――岡山さんは、子どものころからNHKの「中学生日記」が好きで、15歳のときに応募して「中学生日記」に出演されたのが芸能界デビュー。その後、ご自分で事務所を探して「ユマニテ」に入られた。そのころから仕事という意識でいたのですか?

岡山 当時はまだ、よくわかってなかったと思います。

――部活みたいなイメージ?

岡山 部活も入ってなかったので、よくわからないんですけど(笑)。「中学生日記」で、自分はアマチュアのまま、プロの現場に入れていただくという、俳優業でも特殊な始まり方だったと思います。ただ、責任はものすごく感じていました。背負いきれない量の責任を勝手にしょっていた感じがあります(笑)。よく知らなかったのですが、事務所に入ってから、「ユマニテはいい事務所だね」と現場で大人の方々に言われたんです。そんなところに泥を塗るわけにはいかない。でも、実力が伴わなくて自分を責める……というようなことが続いていました。

――10代から大人びていたんですね。

岡山 どうなんですかね。不器用なんだと思います。気にしなくてよいことを気にして自分の首を締めちゃう (笑)。もっと自由にやったほうが結果よかったりするかもしれないのですが、そういう癖(へき)はありますね。

■「周りの人が喜んでくれることのほうが、僕は好き」

――最近ではWOWOWの「連続ドラマW そして、生きる」に出演(9月27日に映画版が公開)。脚本はNHK連続テレビ小説「ひよっこ」と同じ、岡田惠和さん。ヒロインの瞳子(有村架純)の高校の後輩の久保真二役で、ずっと憧れていたという設定です。

岡山 いろんな側面をみせる機会のある役だったので、チャレンジングなこともできた気がします。岡田惠和さんの脚本は器が大きいといいますか、セリフ一つとっても、喜怒哀楽どの成分をどのくらい注ぐか、選択に幅があります。演じる人によって、その塩梅が変わると全然違うものになる。そこが難しくもあり、面白いです。

――自分の演じ方によって、相手役もまた違う反応になるので、場面が膨らんでいきそうですね。

岡山 そうですね。基本的にドラマは、1つのシーンを、こちらの人の顔、相手の顔と割って撮るのですが、「そして、生きる」では、監督の月川翔さんが長回しで、まるまる1カットで撮るというのをけっこうやっているんです。だから、その瞬間でしか起こり得ないものが映し出されているかもしれません。

――俳優をやっていて、一番嬉しいのはどういうときですか? ?

岡山 周りの人、監督さんやスタッフさんが喜んでくれることが一番嬉しいです。ご一緒させていただいた監督が、自分が参加した作品がきっかけで新しい評価をもらうとか、そういう機会に恵まれる瞬間をみると、すごく幸せな気持ちになります。

――自分が賞を獲ることよりも?

岡山 もちろんそれもすごく嬉しいですけど、周りの人が喜んでくれることのほうが、僕は好きかもしれないですね。

 (インタビュー#2は近日公開)

写真/鈴木七絵 スタイリスト/岡村春輝 ヘアメイク/山田久美子

衣装:パンツ¥25,500/ラウンダバウト、シャツ、ソックス、シューズ/スタイリスト私物

岡山天音
おかやま・あまね◎1994年生まれ、東京都出身。2009年「中学生日記 シリーズ・転校生(1)少年は天の音を聴く〜」で俳優デビュー。2017年の主演映画『ポエトリーエンジェル』で、高崎映画祭最優秀新進男優賞を受賞。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)の漫画家新田啓輔役、「デザイナー渋井直人の休日」(19)の杉浦ヒロシ役で全国的な人気に。最近の主な出演映画に『帝一の國』(17)、『おじいちゃん、死んじゃったって。』『空飛ぶタイヤ』『銃』『テロルンとルンルン』(18)、『きばいやんせ!私』『新聞記者』(19)など。今年は、ドラマ「I”s」(スカパー!)、「ゆうべはお楽しみでしたね」(MBS)、「週休4日でお願いします」(NHK)、「ヴィレヴァン!」(名古屋テレビ)で主演を務めた。10月スタートのドラマ「同期のサクラ」(NTV)に出演。映画『そして、生きる』が9/27に公開、主演映画『踊ってミタ』が来春公開予定。映画『王様になれ!』は9月13日よりシネマート新宿ほかにて、全国順次公開。 https://ousamaninare.com

(黒瀬 朋子)

関連記事(外部サイト)