『高校生クイズ』構成作家・矢野了平が語る「優勝できなかった僕が、『99人の壁』の問題を作るまで」

『高校生クイズ』構成作家・矢野了平が語る「優勝できなかった僕が、『99人の壁』の問題を作るまで」

©石川啓次/文藝春秋

『ミラクル9』『今夜はナゾトレ』などのクイズ番組を担当する構成作家・矢野了平さん。クイズプレーヤーとして、学生時代には『高校生クイズ』に出場し、『アタック25』などの番組やクイズ大会では優勝経験を持つクイズ王でもあります。そんな矢野さんの手掛ける番組は一口に「クイズ番組」とは言い表せない『99人の壁』や『水曜日のダウンタウン』のようなバラエティ番組も。異色の肩書を持つ矢野さんに「放送作家から見たクイズ番組」、「クイズ王・構成作家」の誕生秘話をお聞きします。

◆◆◆

■『パネルクイズアタック25』で優勝した「クイズ王」で「構成作家」

――「構成作家から見たクイズ番組」というテーマでお話をお聞きしたいと思うんですが、矢野さんは構成作家でありクイズ作家であり、「クイズ王」です。

矢野 もともとはクイズとの付き合いは、プレーヤーからです。

――大学生の時に『パネルクイズアタック25』でも優勝されています。優勝したらヨーロッパ旅行とか行けるんですよね?

矢野 時代によって行き先は変わっています。僕が出た時は獲得パネル1枚つき1万円の賞金と、最後のフィルムクイズに正解したらフロリダディズニークルーズの旅でした。だけど、それは外しちゃったんですよね。

――『アタック25』は出演チャンス1回だけなんですか?

矢野 そうではないんですけど、1度スタジオ収録まで行くと成績が良くても悪くても5年間出られないルールがあるんです。……悔しい!(笑)

■「早押し問題です。次のイントロを聴いてお答えください……」

――そんな矢野さんが構成を担当されているクイズ番組は少し変わっていますよね。『99人の壁』は各ジャンルに精通したマニアックな挑戦者と出されるクイズが斬新です。

矢野 『99人の壁』が他のクイズ番組と決定的に違うのがとにかく“一つのことへの愛情がすごい人たち”が挑戦者として登場するところなんです。例えば「フライドポテトが大好きで大好きで、その愛を伝えたくてやってきました」みたいな。参加者の熱が『99人の壁』の最大の魅力だと思っています。

――その中でも印象に残っているジャンルはありますか?

矢野 個人的に良い問題を出せた! と印象的なのは、ジャンル「略語」ですね。

――どんな問題でしょう?

矢野 「早押し問題です。次のイントロを聴いてお答えください……というときの『イントロ』とは何という言葉の略?」という問題です。

――思わず音楽を待ってしまいますね。

矢野 はい。全員反射的に構えるんですよ。でも「『イントロ』とは何という言葉の略でしょう」というあくまで「略語」を問うクイズ。この問題は僕が中学の頃から大ファンで、当日の観覧ゲストにいらしていた伊集院光さんに「自分のクイズ史の5本の指に入る問題だった」と褒めていただいて。めちゃくちゃ嬉しかったなあ(笑)。ちなみに答えは、「イントロダクション」です。

■「発表後にどれだけ新元号を知らずに過ごせるか」から始まった企画

――クイズ番組以外では『水曜日のダウンタウン』も担当されています。

矢野 『クイズ☆タレント名鑑』からご一緒しているTBSの藤井健太郎さんは番組内でクイズを行う時に、クイズの部分にしっかりとこだわる方なんです。そこが中途半端だとバラエティとしても面白くなくなってしまう。『水曜日のダウンタウン』でもクイズ企画のときは既存のクイズ番組以上にルールや問題を練ることがあります。

――芸人コンビ・ななまがりが挑戦した『新元号当てるまで脱出できない生活』も話題でした。

矢野 たまたま僕が「発表後にどれだけ新元号を知らずに過ごせるか」という思いつきを話したところから、会議で話し合い「元号発表の前日に突然隔離された2人が新元号を当てるまで部屋から出られない」という形に落ち着きました。当時よく予想に挙がっていた安心の「安」が採用されていたら早めに正解できてしまって、5日間、100時間目にして「令和」にたどりつくという、ドラマのような展開にはならなかったと思います(笑)。あの企画はクイズマニアや謎解きマニアの方々からも「挑戦してみたかった」という声が多かったです。

――他にも『水曜日のダウンタウン』では、映画『スラムドッグ$ミリオネア』をベースとした『リアル・スラムドッグ$ミリオネア』の問題作りもされているとか?

矢野 そうですね。あれは1週間で起こったことがそのままクイズになる形だったんですが、特に第1弾に参加いただいたノブさん(千鳥)、矢口真里さん、小宮浩信さん(三四郎)を見て驚いたのはすごく記憶力が良いこと。もっと苦戦するかと思ったのに驚くほど正解率が高かったですね。解答者が出題者の予想を裏切ることはクイズ番組でもよくあります。

■「自転車欲しいな」っていう時にハガキを書いて応募

――そもそも矢野さんのクイズとの出会いはどんなものだったんですか?

矢野 テレビ好きからですね。僕が子どもの頃はゴールデンタイムと言えばクイズ番組の時代で。『アメリカ横断ウルトラクイズ』とか……。とにかく毎日見ていた記憶があります。あとは中学生の時、ラジオのクイズコーナーにお小遣い欲しさに参加し始めたこともきっかけかも。ハガキを出して電話で正解すると最大で4万5000円もらえることもあったんですよ。

――すごい! 中学生で4万円もらえたら。

矢野 ラジオに予算があった時代ですよね。でも中学1年の時に初めて選ばれたときは答えられなかったんです。その悔しさが忘れられなくて、賞金欲しさに勉強してハガキを送って、を繰り返していました。

 うちは母子家庭で、金銭的に苦労していた面があったんです。なので、目が悪くなってきて「眼鏡欲しいな」って時とか、「自転車欲しいな」っていう時にハガキを書いて応募していました。

■「期末試験、3人合わせて赤点12個」64万円獲得した高校時代

――すごいですね。クイズでお小遣い稼ぎをしていたんですか?

矢野 はい(笑)。どこか「稼ぎたい」という思考がベースにあったんですよね。クイズに答えてクイズ王として強くなることよりも、クイズを作成してお金になるならそっちに興味が出る。大学受験の費用もクイズで勝ったお金で払ってます。

――え? 大学受けるのって結構お金かかりますよね?

矢野 高校3年生の時にTBSラジオの、とあるクイズ番組に出たんです。1チーム3人で参加するんですけど、みんな電話でつながっていて。1問1000円の問題を1人5問ずつ答えて、3人で全15問最大1万5000円の基本賞金があるんです。さらにそこから難問に挑戦していくと金額が倍になっていく。で、間違えたら持ち金が半額になって、その賞金が手に入るという番組だったんです。

――それがいくらになっちゃうんですか?

矢野 結局は3人で答え続けて、64万まで行きました。

――ちょっとすごい金額ですね。

矢野 平均は大体2万から4万円くらいだったんで、向こうも相当困っていたと思います。しかも僕らは「期末試験、3人合わせて赤点12個」というキャッチフレーズで応募していたので、さらに計算外だったんじゃないかな。

――スタッフさんの困惑ぶりが想像できます。

矢野 番組はその次の週で終わってしまいましたね。

――それは……。

矢野 (苦笑)

■答えるのと同じくらい好きだった、「問題を作ること」

――そんな矢野さんがクイズプレーヤーではなく、放送作家になられた経緯はどういうものだったんですか?

矢野 大学生の時にやっていたクイズ番組の問題を作るアルバイトがきっかけなんです。『高校生クイズ』だったり、『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!!』のクイズコーナー問題を定期的に作っていて。

 そうした流れの中で、今の事務所に「大学卒業したらうちに来ないか?」と声をかけていただきました。

――学生時代からテレビのクイズ問題を作られていたんですね。

矢野 答えるのと同じくらい作るのも好きでした。アルバイトでは、問題と答えだけ書けばいいところを解説もしっかり書いて、裏面には、資料の新聞記事のコピーとかそういうものまでちゃんと貼って。そもそもクイズの問題文も、作家さんがテコ入れしなくて済むぐらいの完成度を心がけていました。1週間にこれを30枚提出して5000円。実際に採用されるとさらに1000円もらえるんですけど、○×クイズは採用されると少し高くて3000円。ひたすら作っては提出していました。

■“『高校生クイズ』を経験している構成作家”として

――構成作家としてクイズ番組に携わるようになって、プレーヤーとしての経験が生かされたことはありますか?

矢野 大いにあります。それこそ『高校生クイズ』はプレーヤーとして、第13回大会から3年連続で出場して優勝はできず……。でもそれが今では構成作家として携わらせてもらっています。僕のようにプレーヤーとして『高校生クイズ』を経験している構成作家って全然いなくて。クイズ強豪校を相手に問題を作成する上で「開成、灘、ラ・サールならこのレベルは答えてくる」だとか「ここの時点でもう解答してくる」を感覚として持っていたのは大きかったです。

――『高校生クイズ』と言えば、第28回大会から知力重視な路線に変更され、“知の甲子園”として生まれ変わった時期が印象的です。ただ当時は「難問過ぎて視聴者がついていけない」などの批判もありました。

矢野 それまでは3人1組のチームをそれぞれ「知力」「体力」「運」の各担当に振り分けて競わせる形式や、冠婚葬祭マナーなどの常識を問う形式など知力以外の要素も取り入れた大会でした。

 しかしそれが第28回大会以降、「宇宙の年齢を計算しなさい」など、難問クイズへと移行する“知の甲子園”へと変わっていったんです。当時、スタッフの中でも意見は割れました。「そんなの『高校生クイズ』じゃない。頭がいいやつが勝つのは当たり前じゃないか」と。

――視聴者とスタッフの反対意見もある中で、当時の矢野さんは“知力重視”への変革についてどう考えていらっしゃいましたか?

矢野 僕自身も『高校生クイズ』にプレーヤーとして参加しているときに「クイズが好きで出場しているんだから、実力で勝ちたい」って願っていたことを思い出しました。そう感じていたプレーヤーとしての経験があったからこそ『高校生クイズ』の革新のお手伝いが出来たんだなと思っています。当時は反対意見もありましたが、結果的に好印象の反響の方が大きく、現在の「東大王」人気も源流は“知の甲子園”ですから大成功だったと感じています。高校生クイズは今年で39回目を迎えて“知の甲子園”から「地頭力」を競う内容に進化していますが、時代によって大改革をしていく番組だというスタンスは“知の甲子園”の成功あってこそかと。

■『笑っていいとも!』はクイズ企画の宝庫だった

――他にも構成を担当されているクイズ番組『今夜はナゾトレ』では「年齢不詳さん」など、クイズの中に遊び心を感じることも多いです。

矢野 登場いただいた一般人の方の年齢を当てるという「年齢不詳さん」は『笑っていいとも!』のテイストを感じさせる、誰しもが持っている好奇心をくすぐる企画ですよね。

――『笑っていいとも!』にクイズコーナーがありましたね。

矢野 実は『笑っていいとも!』ってすごいクイズ企画の宝庫で、そこからヒントをいただいてるものも多いんです。しかも生放送でもできる優秀な企画ばかり。ただ「年齢不詳さん」を見つけてくるディレクターさんはいつも大変そうでした(笑)。

■『オールスター感謝祭』の選択肢を4つから3つに変更したワケ

――工夫されながらリメイクされていくクイズのお話を伺うと、様々なクイズ番組が生まれ、変遷してきた「クイズ史」も興味深いですよね。

矢野 クイズは本当に環境が目まぐるしく変わるんです。『ヘキサゴンU』でのおバカブーム、『平成教育委員会』での教科書クイズブームなど。様々なブームを経る中で、どうしたら視聴者の皆さんがもっと参加しやすいクイズになるか、参加しやすい画面構成になるか、という部分が求められてきた。研究と工夫の連続ですね。

――そういう中で今人気のクイズの形式みたいなものはあるんですか?

矢野 画面に複数題出せるというのも強みです。

――たしかに最近は画面いっぱいにパズルだとか問題が並んでいるクイズ番組を目にしますね。

矢野 視聴者の皆さんが「これ分かる、これ何だっけ……」を自分のリズムで楽しめるんです。あと「1文字だけ見えている」というのも考えてみようと思える大きなキッカケになるんです。

 考えやすくするという意味では『オールスター感謝祭』でも並べ替え問題の選択肢を4つから3つに減らしました。例えば、「(安室奈美恵のCD)売上枚数が多い順に並べて」という問題だったら

 A:CAN YOU CELEBRATE?

 B:Body Feels EXIT

 C:Chase the Chance

 これまでならあと1つ選択肢があったんです。

――選択肢を減らすことで、視聴者の参加率が上がるということですか?

矢野 クイズ番組ってご飯を食べたり、リビングでのんびりしながら見るものですよね。最近はスマホをいじりながら、とか。そんな状況で4択の並び替えだと答えが24通りもあって考えるのが億劫になってしまう。でも3択の並び替えなら答えは6通りしかありませんから、片手間でも楽しめると思うんです。これも時代とともに変わってきたクイズの在り方かもしれません。

■「毎月22日はショートケーキの日」

――時代によって視聴者の「知識の求められ方」が変わっていくという点で、今は「クイズ番組」がさらに教養番組化しつつありますよね。

矢野 最近はクイズ1問1問についての解説やプチ情報も充実していて、より多くの情報が得られる工夫がされるようになりました。ひと昔前はみんな知らなかったであろう雑学を多くの人が知っていますよ。僕が参加させていただいている『マツコ&有吉 かりそめ天国』という番組で、視聴者の方から「いちご狩りの季節になると、『イチゴは先端の方が甘い』という雑学を必ず聞くんですけど、もう知っています」っていうお便りが来ていたのが印象的です。

――確かに何度も何度も聞く雑学は反応に困りますよね。矢野さんなんてもっとたくさんあるでしょう。

矢野 そのさじ加減が非常に難しくて……。例えば「毎月22日を洋菓子協会がショートケーキの日に定めています。なぜ22日がショートケーキの日なんでしょう?」雑学としては有名なんですが、出してみると意外とみんな知らない。

――え? なんですか……思いつきません……(笑)。

矢野 カレンダーを見ると、22日の上は?

――15……あ、イチゴだ! すごい!

矢野 クイズ作家の苦悩はここに詰まっていたりするんです。雑学クイズとしては手垢がついているけど、情報としてとても面白いネタを、いかに堂々と出せるか。経験を生かして、新たな工夫や演出、新たな切り口を見つけることができるか。それがクイズ番組の放送作家としての大事な仕事の武器かもしれないです。

写真=石川啓次/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)