『いだてん』号泣回「#前畑がんばれ」 上白石萌歌演じる前畑秀子「金メダル後の長い人生」

『いだてん』号泣回「#前畑がんばれ」 上白石萌歌演じる前畑秀子「金メダル後の長い人生」

『いだてん』で前畑秀子を演じる上白石萌歌 ©共同通信社

 NHKの大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』のきょう9月22日放送の第36回は「前畑がんばれ」と題し、1936年のベルリンオリンピックの女子200メートル平泳ぎで優勝した前畑秀子にスポットが当てられる。秀子を演じる上白石萌歌は、体格のよかった本人に似せるべく、体重を7キロ増やし、日焼けサロンにも通ったという(※1)。

■ロス五輪銀メダル後「結婚か、水泳続行か」

 前畑秀子は1914年、和歌山県橋本町(現・橋本市)に生まれた。幼いころから地元の紀ノ川で泳ぎに親しんでいた彼女は、橋本尋常高等小学校の尋常科3年になって水泳指導を受け始めると、めきめきと頭角を現した。5年生のときには、大阪で開かれた関西水泳連盟主催の学童水泳大会に出場し、50メートル平泳ぎで当時の学童女子の日本記録をつくる。

 秀子の生家は貧しい豆腐屋で、本来なら尋常科を卒業後は進学する余裕などなかった。それが小学校の高等科に進んで水泳を続けられたのは、校長の西中武吉が両親を強く説得してくれたからだった。高等科の3年生だった1929年6月には、汎太平洋女子オリンピック大会の選手選考会(東京)で200メートル平泳ぎに初出場し、当時の日本記録保持者だった飯村昌子を破る。こうして出場権を得た同年8月のハワイでの汎太平洋大会では、100メートル平泳ぎで優勝、200メートル平泳ぎでも2位となる。帰国してまもなく、名古屋の椙山高等第二高等女学校に招かれ、同校の室内プールで模範水泳を行なった。このとき、校長の椙山正弌(まさかず)から「私の学校へ来て、水泳の力を伸ばしてみる気はないかね?」と誘われたのを機に、椙山第二高等女学校3年に編入学する。ハワイ遠征の体験から、できればオリンピックに出てみたいとひそかに思うようになっていた秀子は、思いがけず、夢をかなえる道を開かれたのである。

 女学校在学中、両親をあいついで亡くし、一時は退学も考えたが、椙山の説得でとどまった。こうして女学校のプールで練習を重ねた末、1932年のロサンゼルスオリンピックに出場し、200メートル平泳ぎで銀メダルを獲得する。だが、『いだてん』でも描かれていたように、帰国後の祝賀会で、当時の東京市長・永田秀次郎は秀子と対面すると、銀メダルという結果をしきりに残念がり、次のベルリンオリンピックではぜひ優勝してほしいと懇願した。恩師の椙山校長からも、ベルリン大会をめざすよう勧められる。しかし4年後には秀子は22歳になり、当時の女性の結婚適齢期をすぎてしまう。それでもオリンピックを目指して水泳を続けるべきか、悩む彼女を後押ししたのは、夢に出てきた亡き母親の一言だった。「やりかけたことは、最後までやり通しなさい」。この言葉に彼女は水泳を続行することを決める。

 オリンピックで優勝するため、秀子は毎日2万メートル泳ぐことを自分に課してトレーニングを積んだ。こうしてのぞんだベルリンオリンピックでは、8月8日の予選で最初から全力で泳ぎ、世界新記録を出して1位通過する。翌9日の準決勝でもタイムこそ落としたものの1位となり、無事に決勝に進出した。

■「前畑がんばれ」伝説の実況はどうして生まれた?

 8月11日の決勝当日、極度のプレッシャーから秀子は宿舎を出る直前に、自分でもわけのわからないまま、お守りを水と一緒に飲みこんだ(『いだてん』ではロサンゼルスオリンピックでのエピソードとして描かれていたが)。号砲が鳴ったのは、日本では午前0時に近い深夜だった。

 スタート前、秀子は、ともに優勝候補と目された地元ドイツのマルタ・ゲネンゲルにくっついていくつもりでいた。だが、プールに飛びこんだ瞬間に忘れてしまう。そこから最初の折り返しまでは2番手グループにいたものの、100メートルの手前でトップに立つと、あとは予想どおりゲネンゲルとの一騎打ちとなった。しかし本人は無我夢中だった。最後のターンをしたとき「あと50メートルだ」と思ったが、自分がどの位置にいるのかまったくわからないまま、ゴールインする。監督に助けられてプールから上がった彼女は、スタンドで日章旗が振られ、「ばんざい」の声が上がる様子から、初めて勝ったのかもしれないと思ったという。

 放送席では、河西三省アナウンサーが日本に向けての実況生中継で「前畑がんばれ」と連呼していた。それが秀子がゲネンゲルとのデッドヒートを制した瞬間、「前畑勝った!」に変わり、最後は「前畑さん、ありがとう! ありがとう! 優勝しました。女子競泳で初めての大日章旗が揚がるのです」と締めくくられた。じつは河西はこの日、朝から調子が悪かった。そのため、そばにいた山本照アナウンサーと現地雇いのアルバイトから「河西さんがんばれ」「がんばれ、がんばれ」と、放送直前まで励まされていたという。「前畑がんばれ」の名実況は、河西が自分に言われた言葉が伝染して生まれたものだったのだ(※2)。

■結婚、戦争、そして夫との突然の死別

 秀子はベルリンから凱旋すると、全国から殺到した模範水泳を見せてほしいとの要望に応じて、しばらく各地をまわることになる。その年、1936年11月には、椙山校長の世話により医師の兵藤正彦と見合いをし、翌年3月、名古屋の熱田神宮で結婚式を挙げた。オリンピックで一躍ときの人となった秀子の結婚は、日本国内ばかりではなく、外電で各国に報じられた。

 新居は名古屋に構えたが、結婚して5ヵ月目には、日中戦争の勃発にともない夫は軍医として召集される。それから夫が復員するまで、伊豆の熱川に住む夫の兄夫婦のもとに身を寄せ、毛皮用に飼育していたタヌキの世話をしながら待った。夫は3年後に帰ってきたが、すぐに再召集され、日米開戦を挟んで2年間、満州(現・中国東北部)に赴任。帰国後は静岡の清水港の司令部に勤務する。この間、名古屋の家で秀子は2人の男児を儲けた。

 終戦後、復員した夫は、1946年に岐阜市で医院を開業する。秀子は子供の面倒を見ながら、看護師代わりに夫を手伝うようになった。それからというもの毎朝5時から日曜も働き通しの日々が続くが、1959年10月、夫が急逝する。秀子45歳のときだった。彼女はそれからほぼ1年間、お経を読みながら泣き暮らしたという。

■日本の水泳を再び強くするため「水泳教室を開きたい」

 翌1960年、母校の椙山女学園から声をかけられ、医務室勤務兼水泳コーチとなる。コーチといっても専業ではなかったため、当初は医務室勤務のほうにウェイトがかかった。だが、プールで元気に泳ぐ後輩たちを見ているうち、水泳への情熱が再び沸き起こる。すでに選手たちの体格はよくなり、技術も向上していた。それなのに世界水準を上回る記録が出ないのはなぜなのか、秀子は疑問だった。そこで彼女は指導にあたって技術よりも精神面の強化に重点を置く。それが奏功して、やがて母校からは高校新記録を出したり、オリンピックの代表候補にあがる選手も出てきた。

 そのうちに、秀子のもとには全国各地から講演依頼やプール開きへの招待が舞い込み、時間がとられることが増えていく。しかし、外出のたびに、医務室の仕事を他人に任せねばならず、しだいに彼女をねたむ声も聞こえてきた。いつしか秀子は、誰にも文句を言われず、自由に動き回れたらと強く望むようになる。

 ちょうどそのころ、名古屋市では、瑞穂に市営の温水プールの建設が始まっていた。話を聞きつけた秀子は、毎日のように工事現場に出かけた。並行して市役所の体育課に日参して、水泳教室を始めるための許可をとるべく陳情する。しかし若い職員たちは、まさか彼女がオリンピックの金メダリストだとはつゆ知らず、最初のうちはまったく相手にしなかった。

 秀子がそんな行動に出たのは、当時の日本の水泳陣がオリンピックで成績が振るわなかったためである。日本の水泳を再び強くするには、水泳人口の底辺層をもっと厚くしなければならない。そのためにはまず母親、さらに子供たちに水泳を教える必要があると、彼女は水泳教室の開設を思い立ったのだ。

■脳溢血で倒れても、再びプールへ

 市役所に通ううち、しだいに話を聞いてもらえるようになった。そこで「市民の健康のため」と訴えた彼女の言葉が職員たちの心を動かしたのか、ついに水泳教室の許可が下りる。こうして1967年、瑞穂プールに母親を対象とした「ママさん教室」が開設される。生徒は着実に増え、意を強くした秀子は、このあと「幼児教室」「子ども教室」と水泳指導の輪を広げていった。さらに優秀な児童を対象とする「スイミングクラブ」もつくり、精鋭の育成にあたった。

 1982年には、名古屋市鳴海のプールに、母親や子供の教室のほか、高齢化社会を見据えて中高年を対象にした「シルバー教室」も開設する。秀子自身、このときには60代になっていた。翌1983年、鳴海プールで指導中、脳溢血に倒れ、一時は生死の境をさまよう。意識が戻っても右半身に麻痺が残る状態だったが、1日も早くプールに戻りたいとの一心でリハビリに励み、無事、復帰を果たす。その後も、1995年に80歳で亡くなるまで、日本の水泳の向上に尽力した。1990年には文化功労者にも選ばれている。

■水泳でオリンピックを目指した次男

 秀子には2人の息子がおり、長男の正臣は高校まで水泳に打ち込み、長じて歯科医となった。次男の正時は小学生のときから野球を始め、プロ野球選手を夢見たが、中学3年になってまもなくして見切りをつける。ある日試合に負けて落胆する正時に、秀子は「悔しかったら、お母ちゃんのように一人で自分の力を発揮できるスポーツで選手になったらどうや」と助言したという。彼は考えた末、水泳に転じることを決めた。そこで彼女はコーチを買って出る。その夏、家の近所の小学校にできたばかりのプールを借りて、朝5時からマンツーマンの特訓を始めた。正時はみるみる才能を開花させ、その年のうちに200メートル平泳ぎで全国7位の記録を出す。

 正時は高校に進学すると水泳部に所属し、母の手を離れて練習を重ねた。1961年、高校2年のときには3年後の東京オリンピックの強化選手のメンバーに選ばれる。大学に入ってからの合宿では、200メートル平泳ぎの日本記録を破るまでになった。だが、本番のオリンピック代表選考会では体調不良もあり、惜しくも入賞を逃した。

 それでも彼は大学を卒業すると、指導者として水泳にかかわる道を選ぶ。東京・代々木のオリンピックプールの子供向けの水泳教室でコーチを務めたのち、アメリカに2年間留学する。帰国後は、秀子に請われて瑞穂プールの水泳教室のコーチとなり、実績を積んだ。やがて母のもとから独立して、スイミングスクールのコーチを養成し、派遣する会社を設立した。スポーツマックスというその会社は現在、秀子の孫の兵藤大二郎が社長となり、水泳にとどまらずフィットネスなどにも業務を広げている。同社は企業理念として、秀子の生前の意思を受け継ぎ、「スポーツを通した豊かな社会づくり」を掲げる。

■「スポーツをするに当って、勝利のみに熱中してはならない」

 秀子はベルリンオリンピックから16年後、少女時代を振り返った文章のなかで次のように書いていた。

《ただ、かえりみて、私が心から叫びたいことは、ひとはスポーツをするに当って、決して勝利を目的とし、そのことにのみ熱中してはならないということである。
 私の青春時代が、一つの良い見本である。(中略)
 いや、私は、やっぱりスポーツも、もっと民主化されて欲しい。
「オリンピックに出場して、勝利すること!」
 というスポーツに対する考え方から、
「オリンピックに参加しよう!」
 と云う、スポーツ精神のおおらかさに変って行きたいと思う。
 すべての人々が、心から楽しみ、若さをとりもどす健康のためのスポーツ――が、これからの理想でもあると考える》(※3)

 彼女はまさにここに記された理想を追求するため、後半生を捧げたのである。

※1 大根仁「中春スケッチブック〜あるいはポップカルチャーレコメンドダイアリー〜 『いだてん』前畑秀子とヒトラーのこと」(『テレビブロス』2019年10月号)
※2 沢木耕太郎『オリンピア ナチスの森で』(集英社e文庫、2016年)
※3 杉野芳子ほか『娘の頃 女性いかに生きるべきか』(寶文館、1952年)
このほか、記事執筆にあたっては、橋本一夫『日本スポーツ放送史』(大修館書店、1992年)、兵藤秀子『前畑ガンバレ』(金の星社、1981年)および『勇気、涙、そして愛 前畑は二度がんばりました』(ごま書房、1990年)のほか、各種ウェブサイトを参照しました

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)