最後の試合を前に……ロッテ・福浦和也が思い出す恩師・山本功児の言葉

最後の試合を前に……ロッテ・福浦和也が思い出す恩師・山本功児の言葉

9月23日に引退試合に臨む福浦和也 ©千葉ロッテマリーンズ

 2019年9月23日の北海道日本ハム戦。本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われるこの試合をもって千葉ロッテマリーンズのレジェンド・福浦和也内野手は惜しまれながらもバットを置く。

 福浦には原点とも言える忘れられない光景がある。デビューは1997年7月5日のオリックス戦。デビューもまた本拠地での試合だった。初めての一軍昇格が決まったのは前夜7月4日。二軍の遠征先の秋田から朝一番の飛行機で羽田空港に移動する事になった。ホテルのチェックアウトを済ませ荷物を抱え、出発をしようとすると、ロビーに二軍監督の姿があった。「頑張ってこいよ」。力強く肩を叩かれ、若者はタクシーに乗った。車中から振り返ると二軍監督は手を振り、姿が見えなくなるまで見送ってくれた。当時、二軍監督を務めていたのは山本功児氏。初の一軍に、ほとんど寝る事も出来ずに出発した福浦和也内野手は、あの日から2000本のヒットを放った。プロ生活は26年に及んだ。

■「打撃の才能がある。野手をしないか」

「初めて一軍に行く時にわざわざ朝早くからロビーで待って、見送ってくれた。よく怒られたし、打撃でも守備でもいろいろと指導をしてもらった。なによりも投手から野手への転向を勧めてくれたのが山本さん。今の自分があるのはあの人のおかげ。恩人だよね。思い出はありすぎるなあ」

 引退試合まで1週間を切った福浦はそう言って遠い昔を振り返った。1年目の事。二軍キャンプが終わり、浦和球場に戻った時、当時は二軍打撃コーチをしていた山本氏に声をかけられた。「打撃の才能がある。野手をしないか」。最初は冗談だと想い、愛想笑いでごまかした。だが、その後も目が合うたびに声を掛けられ、本気だと知った。「オレはピッチャーをやりたかったから、断り続けていたよ」。しかし、最後は熱意に押された。練習の合間の休憩時間に声を掛けられ、試しにと打撃ケージ内で打った。さく越えの一撃を放った。それをじっと観察をしていた二軍首脳陣は決断を下した。福浦和也は投手から内野手となった。プロ1年目のオールスター休み明けから野手としての日々が始まった。

「とにかく練習をした。山本さんに、させられたというのが正しいけどね。あの時は本当にバットを振った」

 プロ野球は二軍とはいえ、投手から転向した打者がすぐに通用するほど甘くはない。本人が振り返るように練習の日々が始まった。チーム全体練習前に朝練の特打。試合後も特打。寮に戻ってもバットを振った。遠征先での試合を終えヘトヘトに疲れて寮に戻ってきた際も室内で特打を命じられた。野手としての遅れは歴然。少しでも一人前になるべく、とにかくバットを振った。側にはいつも山本氏の姿があった。

 迎えた4年目の97年7月4日の夜。秋田遠征中の宿舎で二軍監督になっていた山本氏から「明日から一軍だ」と言われた。急な招集に驚いた。寝ることができないほど緊張した。いったんは布団に入ったが、ダメだった。だから起きてバットを握った。二人部屋だったため、部屋の明かりはつけずに真っ暗の中、バットを振り続けた。山本氏の教えを思い出すように打撃のポイントを確認し、深夜にようやく眠りについた。

「同部屋の選手はたぶん目を覚ましていたと思う。でも緊張している自分のためになにも言わず、そっとしてくれた」と福浦は苦笑いを浮かべながら当時を振り返る。

 翌7月5日、マリンのデーゲームに間に合わせるため、早朝に身支度をし、ロビーに向うと、山本氏がいた。野手への道を作り、毎日、指導をしてくれた人がこんなに早い時間にわざわざ見送りに来てくれたことが身に染みた。活躍を誓い空港へ向かった。羽田からタクシーに飛び乗り、マリンに到着したのはチームの全体練習が終わる寸前だった。バタバタと練習を済ませると、この日のオリックス戦、7番一塁でスタメン出場を言い渡された。4回にフレイザーから初ヒット。インコースのスライダーに詰まった当たりはポトリとセンター前に落ちた。記念すべき一軍でのプロ初ヒットだった。2000本安打を放つ男の伝説はここから始まった。

■今でも大事にしている山本氏からのアドバイス

 99年からは山本氏が一軍監督に就任した。一軍で結果を出し始めた00年。試合に敗れると「ちょっと、来い」と一塁側ブルペンに呼ばれて「ルーティンだけはしっかりとやれよ」とアドバイスされた。いつもこの場所で練習後に特打ちを行っていたこともあり、打撃指導をされるかと思ったが、強い口調で説かれたのは技術論ではなく「ルーティンの大事さ」だった。

「自分が慌てて打席に入っているように見えたのだろうね。まだ若かったから回の先頭打者の時とかは急がないといけないという感じもあった。監督の目からは準備不足に映っていたのだと思う。それから約束は守っている。毎回、どんな打席でも必ずルーティンを大事にしている。引退する今年までね」

 ネクストバッターズサークルでバットにスプレーをかけ、2度、屈伸をする。席に入る際も再度2度、屈伸をする。それらのルーティンは月日が流れた今でも必ず行っている。

「絶対に打席に入る際に屈伸を2回する。それはもう絶対。あれはずっとやっている。やっぱり一定の流れで打席に入る事でリズムが生まれる。いつも同じ気持ちで落ち着いて打席に入れるようになった。1打席を大事にする心構えにもなっている。あの言葉は忘れない」

■「オマエが打つようにならないとマリーンズは勝てないんだよ」

 山本氏は2016年4月23日、64歳で永眠した。福浦は年齢を重ねてもアドバイスを忘れることなく毎打席、ルーティンを繰り返しながら2000本のヒットを積み重ねた。投手から野手転向を進めてくれた恩師。二軍監督時代には二人三脚で特打を繰り返し今の土台を作った。そして忘れることのない数々のアドバイスをくれた。

「電話では何度かお話をしたけど最後にお会いしたのは山本さんが巨人のヘッドコーチを務められていた時の交流戦かな。現役最後の姿を見て欲しかったという想いはある。寂しいよね」

 強烈に残る山本氏の記憶が福浦にはある。一軍監督退任が決まった03年10月12日のシーズン最終戦。本拠地マリンでの試合には3万人の観衆が詰めかけた。オリックスに5―1で勝利。試合後、「山本マリン」の地鳴りのようなコールが響き渡った。選手たちは当初の申し合わせ通りベンチ前で山本氏を胴上げしようとした。しかし指揮官は固辞した。強く断った。そして選手たちの輪の真ん中で「胴上げは優勝をして、次の監督にやってあげてくれ。ありがとう!」と涙ながらに選手たちに頭を下げた。監督室に引き上げていくその背中はなんとも男らしく、今も記憶に残っている。

 ルーティンの大切さなど様々な教えが福浦の記憶に残っているが、山本氏に言われたことでもう一つ胸に刻み続けた言葉がある。

「オマエが打つようにならないとマリーンズは勝てないんだよ」

 嘘でも嬉しかった。その言葉を励みに、チームの勝利に貢献するための打撃を磨いてきた。山本氏が監督を退任した2年後の05年。マリーンズは日本一になり、ボビー・バレンタイン監督が宙に舞った。その中心に背番号「9」がいた。10年にも日本一。18年には史上52人目、球団では3人目の2000本安打を達成した。紆余曲折ありながらもひたすら突っ走ってきた26年。その胸の内にはいつも山本氏から頂戴した数々の言葉と思い出があった。山本功児氏の熱さがいつも背番号「9」を優しく包み込んでいた。福浦和也は多くのファンに愛され惜しまれながら9月23日、ZOZOマリンスタジアムでの引退試合に臨む。それは恩師に捧げる感動のフィナーレでもある。

梶原紀章(千葉ロッテマリーンズ広報)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13714 でHITボタンを押してください。

(梶原 紀章)

関連記事(外部サイト)