来年いるのかいないのか……秋山翔吾が西武と日本球界に残したいもの

来年いるのかいないのか……秋山翔吾が西武と日本球界に残したいもの

海外 ©文藝春秋

 ソフトバンクとの優勝争いが激化するなか、西武の番記者たちには片時も忘れられない問題がある。今年海外FA権を取得した、秋山翔吾の去就だ。

 来季のメジャーリーグ挑戦が濃厚と見られてきたが、ここに来て「ブラフ説」も浮上している。筆者も「向上心の高い秋山だけにメジャーへの道を求めるだろう」と思いつつ、西武残留もあるかもしれないという考えが頭の隅にある。度々、チームの長期的強化について語ることがあったからだ。

■「引き継ぎたい」という“意味深な”発言の真意は?

 それだけに9月15日のロッテ戦で「ひとり親家庭の親子」をメットライフドームに招待して交流会を実施した後、報道陣への囲み取材で連発した“意味深な”言葉には驚かされた。

「残り10試合、気持ちも入っている試合になると思うので、それを楽しんで見ていってくださいと話しました。“最後の勇姿”を」

「招待したみなさんの喜んでいる姿を見ると、この会をやっているかいがあると思います。それが“最後”になってしまうのは、ちょっと寂しいなと思いますけど」

「本当は(8月8日に)大宮で行なったときに金子(侑司)とやるつもりでした(金子は8月2日に登録抹消)。今日くらい金子を巻き込もうと思ったら、まったく間の悪いヤツで、うまく“引き継ぎ”ができなかったですけどね(苦笑)」

 今年最後の機会という意味か、あるいは今季限りで西武を去るのか――。

 優勝マジック9を点灯させた9月15日のロッテ戦後、チャンスでの凡退、守備での後逸など招待したファンの前でいいところを見せられず、厳しい顔でメットライフドームの駐車場に現れた秋山を呼び止めた。「引き継ぎたい」という言葉の真意は? 

 すると、ニヤリと笑みを見せた。

「引き継ぐというより、一緒にやりたいというか。僕が(来年チームに)いる、いないは別にして、こういう取り組みをやる選手の人数が増えていくのは、球団にとってもいいことだと思うんですよ。僕がやらない日に金子がやってくれてもいいし、最初は一緒にやって、バラしていくのもありだと思う。いきなり一人でやるのは、勝手がわからないと難しいので。こういう活動はレギュラーになっていく選手でないとなかなかできないので、いろんな選手ができればいいと思います」

 メディアを通じて秋山の個性的なキャラクターはよく知られるが、もちろん異なる一面もある。その一つが「かまってちゃん」だ。だからこそ“意味深な”発言を頻繁にするのだろう。同時に「金子と一緒にやりたい」という言葉から、寂しがり屋、面倒見の良さも垣間見られた。

■「ひとり親家庭の親子」の招待を始めたきっかけ

 小学6年時に父親を胃ガンで亡くした秋山は、2015年から「ひとり親家庭の親子」を球場に招待してきた。きっかけは、球団からの提案だった。

「選手から『ひとり親の家庭を招待したいです』と言い出すのは、なかなか難しいところもあります。僕以外というか、何も障害がなかった選手はなかなかできないじゃないですか。できないことはないけど、そういう団体を見つけるのが大変。気持ちのわかる人がやるのが、本当はいいと思います」

 人は背中を押されて一歩踏み出すと、自ら二歩、三歩と進んでいくものだ。

 秋山は2015年にシーズン最多安打記録を樹立した後のオフ(2016年1月)、日本サッカー協会が日本プロ野球選手会と取り組みを始めた「夢の教室」で埼玉県坂戸市の上谷小学校を訪れた。いわゆる「ユメセン」として知られ、秋山は23人の小学5 年生に簡単な野球教室、そして夢を持つ大切さについて授業を行なった。

 上谷小ではサッカーが盛んで、秋山の担当したクラスで野球をしている子は一人もいなかった。子どもの野球離れは確実に進んでおり、秋山は何とか歯止めをかけたいと考えている。

「ひとり親家庭の招待で来てくれた中にも、『秋山選手が企画してくださったおかげで野球を始めました』という子がいました。極論を言えば、そうなってくれれば一番いいと思います」

 子どもの野球離れには様々な理由があるが、大きな要因の一つとして「野球はカネがかかる」が挙げられる。用具代や遠征費などだ。

 日本全国でひとり親世帯が増えるなか、母子世帯や父子世帯の平均年収は一般世帯より少ない。こうした事情を踏まえ、秋山は「ひとり親の子たちに対し、野球をやってもらうための支援の一環という考え方はちょっと難しいところもある」と語る(子どもの野球離れについて詳しく知りたい人は、拙著 『野球消滅』 を参照ください)。

 テレビの地上波中継というタッチポイントがほぼ失われ、同時に公園でボール遊びをするのが難しくなり、子どもが野球を始めるのはなかなかハードルが高い。対してファンのコア化、高齢化が同時に進んでおり、数十年後、野球ファンの空洞化が起きるという懸念もある。

■球団は選手をもっと利用すればいい

 クラスに野球少年が一人もいないという厳しい現実を目の当たりにした秋山は、自ら行動に出た。夢先生を担当した上谷小学校のクラス全員に、「チケットを用意するのでメットライフドームに見に来ませんか」と自費で招待したのだ。

「野球少年に野球教室をやるより裾野が広がると思います。『チケットがあるなら行ってみようか』ってなるじゃないですか。そこで楽しめたら、先生が『授業でやってみようか』となるかもしれない。何でもゼロからイチにするのが難しいので、まずはきっかけを渡せたらと思っています」

 2007年から2016年にかけて、小・中学生の野球人口は66万3560人から48万9648人と26.2%減少(出典:全日本野球協会)。対して同期間のサッカー少年は51万8808人から54万9962人と6%の増加だった(出典:日本サッカー協会)。少子化の6倍のペースで野球少年は減少している。

 西武をはじめ、多くの球団が子どもの野球離れに危機感を抱き、野球の普及振興活動を実施しているなか、最たる“看板”になるのは選手だ。秋山はそう自覚するからこそ、球団は選手をもっと利用すればいいと言う。

「例えば小学5年生に対してユメセンを行なった選手に、『あの子たちは今年6年生で卒業するので、思い出づくりで球場に行きたいという話が先生から出ています。招待しませんか』と球団が聞けば、選手は『もう1回会いたいですね』と言うかもしれない。そうやって球団がある程度理由を固めてくれれば、選手はやりやすくなります。例えば『秋山選手はこういうことをやりました』と写真を引っ張り出してきたら、『僕もやろうかな』となるかもしれない」

■空席をなんとか埋めるため……秋山のアイディアとは

 今季の主催試合で観客動員の新記録を達成した西武だが、平日には空席もたくさんある。そんな日、例えば所沢や狭山、川越など近隣の小・中学生に対し、「チケットは球団が用意するから、見にきませんか。交通費はかかってしまいますが、それでもよければ」と誘えば、スタンドの空席が減ることはもちろん、来場した少年・少女は西武ファン、野球ファンになっていくかもしれない。

 実は、これは秋山のアイディアだ。こうした発想を持っている選手が他にもいるが、球団はしっかりコミュニケーションを取れているだろうか。

 チームが優勝争いを繰り広げる9月13日(金)、ロッテ戦の観衆は2万3314人だった。満員まで1万人近く余裕があるメットライフドームでヒーローインタビューに呼ばれた秋山は、ファンへのメッセージを求められるとこう話している。

「明日からの3連戦は客席が埋まると思いますけど、今日はまだ空席がありましたので、寂しさを感じています」

 来場したファンは秋山流のシニカルな物言いに失笑したかもしれないが、観衆を見据える視線の先には、球団があったのではないだろうか。今季の西武はチームが奮闘し、ファンの熱い応援に支えられて観客動員は増えたが、ソフトバンクやセ・リーグには遠く及ばない。まだまだやれることがたくさんある。

 自らの去就について「(来年チームに)いる、いないは別にして」など“意味深な”発言を繰り返す秋山には、西武、そして日本球界に残したいものが確かにある――。

 その真意が、少しでも多くの人に届くことを願うばかりだ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/13718 でHITボタンを押してください。

(中島 大輔)

関連記事(外部サイト)