【ラグビーW杯】アイルランド戦勝利の立役者、韓国出身・具智元が抱いていた日本代表への憧れ

【ラグビーW杯】アイルランド戦勝利の立役者、韓国出身・具智元が抱いていた日本代表への憧れ

アイルランド戦の後半、突進する日本代表の具智元選手(右から2人目) ©時事通信社

「グーくん! グーくん!」

 かつて最前列でスクラムを組んでいたであろう、ビヤ樽のような体格の初老男性が泣きながら叫んでいる。

 巨大スクリーンには、いままさにスクラムを組まんとする日本代表の3番具智元が映し出されていた。

 9月28日夕方、埼玉県熊谷市のコミュニティひろばには、たくさんのラグビーファンが詰めかけていた。

 W杯開幕時点で世界ランキング1位のアイルランドと日本代表の一戦。ポイントの1つが、世界屈指とも称されるアイルランドのスクラムに、日本がどう対処するか。その意味でも、プロップの具に注目していた。

■身体の小さい日本代表が、どうやって相手のスクラムを分断するか

 支柱を意味するプロップは、その言葉通りスクラムを支える柱となるポジションだ。

 具のサイズは183センチ、122キロ。太い眉毛が印象的で素朴な雰囲気の青年である。彼はかつておっとりした語り口で「ぼくは、独走トライよりも、スクラムを押し込んで相手からボールを奪うことに快感を覚えるんですよね」と語ってくれた。

「海外のスクラムは個々のパワーにまかせてバラバラに押してくる。身体が小さい日本代表がパワーに対抗するには、スクラムを組む8人が結束するしかない。1つの塊になって、全員の意志と力を1点に集中させて、相手のスクラムを分断していく。そんなイメージのスクラムが理想です」

■スクラムで奪い取ったペナルティを反撃の糸口に

 具の理想が結実したのが、6対12のアイルランドリードで迎えた前半35分のスクラムではなかったか。自陣22メートルで相手ボールスクラムのピンチ。今振り返ると、勝負を左右する重要な局面だった。

 レフリーの合図でスクラムが組まれる。アイルランドのプレッシャーに日本が一塊になって耐える。いや、耐えるだけでなく、逆に押し返した。日本のプレッシャーに、アイルランドスクラムは分断される。日本代表はスクラムで奪い取ったペナルティを反撃の糸口とした。

 その後、ペナルティキックで9対12として前半を折り返した日本代表は、後半18分に逆転のトライを決めると、さらにペナルティキックでアイルランドを突き放し、19対12で下した。前回W杯の南アフリカ戦を彷彿とさせるジャイアントキリングに日本中がわいた。

■高校時代からの目標だった「日本代表」

 4年前、拓殖大学3年生だった具は、まだ日本代表に招集されていない。彼は南アフリカ戦の勝利を知り、驚きや喜びと同時に別の思いがよぎって、緊張したと振り返る。「これから日本代表はレベルがもっと上がるはず。自分も早くこのレベルに達する選手にならなければ」と。

 ラグビー日本代表は若い海外出身選手たちにとっても、憧れの存在となったのである。

 韓国出身の具は、アジア最強のプロップと呼ばれた元韓国代表の具東春を父に持つ。息子たちにいい環境でラグビーをさせてあげたいと考えていた父の意向で、ニュージーランド留学を経て、中学時代に日本に移り住む。

 ラグビーは3年継続して居住などの条件を満たせば、国籍の異なる国の代表としてプレーできる。

 前回W杯の躍進は、具にとって高校時代からの目標だった日本代表への憧れをさらに募らせた。

 国際ラグビーの統轄組織であるワールドラグビーは、ラグビーが持つ価値を守るために、「品位」「情熱」「結束」「規律」「尊重」の5つの理念からなるラグビー憲章を掲げている。

 アイルランドからペナルティを奪ったスクラムに「結束」を見た。

■ノーサイドのホイッスルが響いたあとの光景に、胸があつくなった

 韓国出身の具、ニュージーランド出身のトンプソンルーク、リーチマイケル、オーストラリア出身のジェームス・ムーア、南アフリカ出身のピーター・ラブスカフニ、そして稲垣啓太、堀江翔太、姫野和樹が組んだスクラムが、ルーツや文化の壁をこえた「結束」の象徴のように思えたのである。

 勝利だけが心を打ったのではない。ノーサイドのホイッスルが響いたあとのシーンだ。アイルランドの選手たちは客席にあいさつすると2列に並んで、ピッチを去ろうとする日本代表を賞賛の拍手で送り出したのだ。「尊重」を体現する光景に、胸があつくなった。

 アイルランド代表の姿によみがえったのが、元日本代表キャプテンの廣瀬俊朗の言葉である。やはり前回W杯の南アフリカ戦でも南アフリカの選手たちは、日本の勝利を祝福してくれたという。

「彼らも悔しかったはずです。でも、悔しがる前に笑顔でぼくらを『おめでとう』とたたえて、握手を求めてくれた。こんなにすばらしいスポーツはないな、と思ったんです」

 熱戦はまだまだ続く。ラグビーの魅力は、プレーだけではない。W杯を機に、ラグビーというスポーツが培ってきた文化をたくさんの人に知ってほしい。

(山川 徹)

関連記事(外部サイト)