「フランス人ならそんな発想は出ないよ」是枝裕和監督が『真実』で母ドヌーヴと娘ビノシュを描くまで

「フランス人ならそんな発想は出ないよ」是枝裕和監督が『真実』で母ドヌーヴと娘ビノシュを描くまで

是枝裕和監督 photo L. Champoussin ©3B-分福-Mi Movies-FR3

 是枝裕和監督の新作映画『 真実 』。フランスでの撮影の記録とともに、是枝監督自身が映画についての想いを綴った『 こんな雨の日に 映画「真実」をめぐるいくつかのこと 』から、樹木希林さんへ宛てた手紙や、主演のカトリーヌ・ドヌーヴさん、その娘を演じたジュリエット・ビノシュさんら錚々たるキャストとの交流について記した冒頭部分を公開します。

2018/8/23

 入院中の希林さんの状態がよくないということで『真実』の制作準備を中断して、急遽帰国することにした。機内で書いた手紙をご自宅のポストに投函。一泊だけしてパリへとんぼ返り。21時半にシャルル・ド・ゴール空港に戻る。メールをチェックすると留守にした2日の間に、カトリーヌさん演じる主人公の老女優の自宅に予定していた家から撮影を断られたので、ロケハンをやり直したいという連絡が入っていた。3月のロケハン時に訪れて、中庭に面した円型のテラスのようなスペースに一目ぼれをし、ここをオープニングのシーンにするつもりで先週脚本の決定稿を書き上げたばかりだった。クランクインの10月4日まで7週間を切ったこのタイミングで、撮影の7割近くを行う家が白紙になるというのは「ありえない」ピンチである。

 前年の2017年の9月だから、クランクインの1年以上前にシナハンを兼ねてパリ郊外の家を見てまわった。僕の最初のイメージは『サンセット大通り』でグロリア・スワンソン演じる元大女優、ノーマ・デズモンドが暮らしているあの邸宅だった。

 パリの郊外まで足を延ばし、いくつかの候補を挙げたのだけれど、カトリーヌさんに提案したら「そこはパリじゃない」と一蹴された。「私はパリから出たくない」と。

「この主人公がパリを出てそんな田舎で暮らしているとは思えないわ。だってまだ引退せずに映画にも出演しているでしょ」と、もっともらしい理由を、しかし説得力を持って話す。「移動がめんどうくさいだけじゃないんですか?」とはとても言い出せない状況だ。「そんな遠いところ、朝は渋滞で道が混むから1時間以上かかるし、私は午前中は動けないから、そうなると到着が1時を過ぎるわよ」

 そう、たたみかけられるとこちらもなかなか強引に押しきる勇気がない。もしそんなことになると、いくらなんでも日に日に日照時間の短くなっていく晩秋のパリでデイシーンを撮影することは不可能だ。これは考え方を変えないといけない。しかし問題は、彼女がパリだと考えている範囲が著しく狭いということだった。「撮影所はパリのエピネに決めました」「古い撮影所ね。私も何本かあそこで撮ったけど、あそこはパリじゃないわよ」

 彼女が考えるパリとはおそらくご自身が住んでいる6区の自宅から愛犬のジャック(柴犬)の散歩で歩く半径50メートルくらいなのではないかと思うのだが、そんな狭い地域のなかに、撮影で2カ月近く留守にしてくれる大きなお屋敷が今から見つかるとは到底思えない。

■内田也哉子さんから届いたメール

(さあどうしたものか?)

 とスーツケースが出て来るのを待っていたら内田也哉子さんからメールが届いた。

 入院中の希林さんはしゃべることができず筆談だったらしいのだけれど、僕が病室にやってきた夢を見たそうで。それがお見舞いというよりもドヌーヴと彼女のシーンを撮るためのロケハンでこの病院が使えないかということだったらしく、病室に入ってくるとソファに横になって寝てしまったらしい。直接は会えなかったけれど、こうして夢で会えたのなら、やはり無理して帰国してよかったのだろう。僕が投函した手紙は希林さんが「読んでほしい」と言うので枕元で也哉子さんが読んでくれた。本人だけに伝えようと思っていたお別れの手紙だったので、ご家族の目に触れてしまうのは申し訳ないという気持ちと、それでも病室のその2人の様子を想像して、少し涙が出た。

 ホテルに戻り風呂に入る。久しぶりにバスタブにつかる。風呂上がりに冷やしておいたレモネード。これがビールならサマになるのだが。ホテルから歩いて1分のところにあるBIOのスーパーで買った。美味しい。明日まとめ買いしておこう。この夜、シーズン1のラストがあまりに尻切れトンボだったのが気になって『プリズン・ブレイク2』の1話を観る。今回のイーサン・ホークはアメリカの脱獄モノのテレビドラマの「穴掘りスタン」役で人気の出始めた遅咲きの役者という設定。もう少し掘り下げていく必要がある役。

 5月のカンヌ映画祭への参加を終えて(最高の結果であった)、すぐに帰国はせずにニューヨークへ飛んだ。イーサン・ホークに出演を直談判するためだった。エージェントを間に挟んでの交渉だと、いったい彼がこの映画に、この役に前向きなのかどうなのかもわからない。アメリカから役者を呼ぶことに最初から乗り気ではなかったプロデューサーのミュリエルは、「ほんとうに彼がいいのか? ヨーロッパの役者じゃ駄目なのか? 娘が暮らしているのはなぜイギリスでは駄目なのか?」と繰り返す。経費等を考えたら、プロデューサーとしては妥当な言葉だと思うがスルーした。

「イギリスだと主人公のファビエンヌ(カトリーヌ)が馬鹿にしにくいじゃないですか。それに近すぎて結婚式以来久しぶりに会うという設定に説得力が無くなります」

 そう押しきった手前、この渡米でなんとか前向きな返事をもらって帰りたかった。

■「このタイミングのオファーは断りにくいなぁ……」

2018/5/21

 約束の時間より少し遅れてイーサン・ホークはレストランにやって来た。立ち上がって握手をする。

「子ども達に晩ご飯を食べさせて寝かせてから来たので少し遅れてしまってごめんなさい。それとコングラチュレーション。このタイミングのオファーは断りにくいなぁ……」

 この時、ずっと現実感の無かったパルムドールという賞の重みみたいなものを初めて感じた。

 イーサンは晩ご飯はすませてきたということで、オイスターを少しとウィスキーを飲みながら、『ビフォア』シリーズや『6才のボクが、大人になるまで。』の撮影時の話など、楽しそうにしてくれた。まだ出演を正式に受けてはいないのだが、秋にひとつ友人の監督の小さな映画の撮影があり、12月には舞台の仕事が決まっている。友人の映画を舞台の後に時期をずらせるかどうか聞いてみよう、と「前向きな」返事を引き出すことには成功した。イーサンの携帯が鳴る。「どうやら子どもが目を覚まして眠れないと言っているから帰るね」そう言い残して彼はお店を出ていった。素敵な夜だった。

 数日後、正式に出演の承諾の連絡がパリに届けられた。これで作品の「世界」から一気に霧が晴れた。

■夜。ビノシュさんの自宅へ

8/24

 朝8時起床。9時にクリーニングを出し、宿泊しているホテルメゾン・ブレゲの1階のレストランで朝食。今日のオムレツは美味しかった。作っている人が変わったか? 10時半、同じ場所で今回音楽をお願いする、アレクセイ・アイギさんと打ち合わせ。少女が動物園に迷い込んだような賑やかな感じを出したい。あの空間が祝福されるような曲を、と話す。

 今日は20時半からジュリエット・ビノシュさんと打ち合わせ。そこへ向けて午後ハネケの『隠された記憶』とキェシロフスキの『トリコロール/青の愛』を観なおす。

 夜。ビノシュさんの自宅へ。

『青の愛』の時は音楽はクランクインの前にすべて出来ていた。撮影現場でその音楽を流し、聴きながら演じ、撮った。プールで泳いで、水中から上半身を出す瞬間に頭の中で音楽が鳴るが、あそこもそうか?と聞いたら「そうだ」と。作曲家としての楽譜の持ち方や、音符を目で追う動作とか姿勢はどういった役作りをしたのか?

「サントラを作ってくれた作曲家のところへ行って取材をした」

 彼女が抱えている哀しみについては?

「哀しみは考えない。喪失感をここ(胸)に抱える感じ。それは2年前に夫を亡くした女性に脚本を読んでもらった」

 ラストシーン。音楽を聴きながら一筋の涙を流す。その後少し微笑むが、脚本には何て書いてあったか覚えているか?

「このシーンは唯一泣くことを許可された」

「笑っているテイクも撮ってほしいというのは、私から提案した」

「その時の役の感情と自分の感情がつながっていれば泣ける……」「役者は役をいろんな側面から分析することが必要」「メソッドも時と場合によっては有効なアプローチの方法だと思う」

「リュミールという人間は人間としてふところで何を必要(need)としているか?」

「それは愛なのか? 富なのか? 本音、建前、環境……何が物語を進めていくのかを考える」

 その人間が表面的に何を求めていて(want)、実際は何が必要(need)か、この2つを分けて考えることが演じるうえではとても重要になるという。これは演出するうえでもとても役立つ考え方だ。

■「ドヌーヴさんを乗せるお皿を一緒に作って欲しい」

 一般的な質問もいくつかさせてもらった。

「高校の時に、タニヤ・バラショバという演技の先生に出会い、身体の重要性について教えられた」

「仏の女優は頭で考えすぎている」

 好きな女優を3人挙げてくれという質問には、フランスならシモーヌ・シニョレ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャンヌ・モロー、仏以外ならアンナ・マニャーニ、ジーナ・ローランズ、リヴ・ウルマン。今回のリュミールという役のこの映画における役割について……。

「ドヌーヴさんを乗せるお皿を一緒に作って欲しい」と伝えた。

 2人は今までなぜか共演していなかった。チャリティなどでは同席したことがあったようだが、芝居はしていない。

 フランス映画関係者にそれとなく確認すると、共演NGというわけではないらしい(そのような組み合わせがいくつかあるらしい)。「なぜ実現してないのだろう」と聞くと、

「たいへんだからじゃない?」「フランス人ならそんな発想は出ないよ」と笑われたが……。

◆本章の続きは、『 こんな雨の日に 映画「真実」をめぐるいくつかのこと 』でお読みください。

?

(是枝 裕和)

関連記事(外部サイト)