神田沙也加33歳に 「19歳でバイトしてた2世」を救った大女優とは

神田沙也加33歳に 「19歳でバイトしてた2世」を救った大女優とは

33歳の誕生日を迎えた神田沙也加 ©AFLO

 きょう10月1日は、歌手・女優・声優と幅広く活躍する神田沙也加の誕生日である。33年前のこの日、歌手の松田聖子と俳優の神田正輝というビッグカップルのあいだに生まれた彼女は、そのときからマスコミに追われることになる。父・正輝によれば、彼女が最初に話した言葉は、パパでもママでもなく「マチュコミ」だった。父は、《意味も分からず話した言葉がそれじゃ、あまりにも不憫だと思ってね。だから、父親としてできることは少ないけど、沙也加のために100%できることをしようって決め》、運動会やバザーなど、仕事よりも娘とすごす行事を優先するようにしたという(※1)。

■高校卒業後に芸能活動を休止した理由とは?

 沙也加は2001年、14歳で菓子メーカーのCMに出演し、SAYAKAの芸名で芸能界にデビューする。同年のカンヌ国際映画祭では、その2年前、米国留学中にオーディションを受けて出演した短編映画『Bean Cake(おはぎ)』(デビッド・グリーンスパン監督)が短編パルムドールを受賞している。翌2002年にはシングル「ever since」をリリースし、歌手デビューも果たす。

 その後、ドラマや映画に出演し、女優としても活動するようになった。2004年にはミュージカル『INTO THE WOODS』で初舞台を踏む。舞台との出会いは大きかったと、のちに沙也加は語っている。

《自分でオーディションを受けに行き、選ばれて、お稽古をして、努力を重ねてキャストと一緒に舞台を作っていく。それは自立を意味します。『INTO THE WOODS』に出演したとき、うまく自分を解放できずにいた私に向かって、演出家の宮本亜門さんは「あなたはあなたでいいんだ」とおっしゃった。その言葉が心に響きました》(※2)

 舞台出演は新鮮で、その「生」感に緊張と喜びを感じてすっかり魅せられる。それと同時に、《ここできちんと自己形成をしないと何をやっても中途半端になる、先に進めない》と切実に感じるようになった(※3)。2005年、高校卒業を機に芸能活動を1年半休止したのは、そうした危機感からだった。自分を見つめ直すべく、研修旅行と称してニューヨークやロンドンへ舞台を観に行ったほか、ある店でアルバイトも始めた。このとき、《毎日同じ時間に起きて失礼じゃないメイクをして、奇抜じゃない格好をして制服に着替えて働く》という普通の人にとっては当たり前であろうことを、《19歳で初めてやった自分にぞっと》したという。それでも続けるうちにその仕事が楽しくなってきて、このまま就職しようかとまで考えた(※1)。

■「もったいない!」大女優からのオファー

 だが、彼女を心配して店に来てくれた女優の大地真央にその考えを話したところ、「もったいない!」と言われてしまう。後日、あらためて連絡があり、大地主演の舞台『紫式部ものがたり』への出演をオファーされ、芸能活動の再開を決める。復帰にあたっては、名義も本名(当時)の神田沙也加に改めている。

 復帰後も順調なときばかりではなかった。2013年には、体調不良のため決まっていた舞台をすべて降板せざるをえなくなり、仕事が激減する。そこで生活費を稼ぐため、こっそりダイニングバーでアルバイトを始め、《平日は終電、土日はラストまでいて、ファーストフード店で100円のドリンクを飲んで始発を待ち、明け方帰宅する日々》をすごすうち、《これで芸能界から身を引いていくんだな》とぼんやり思うようになっていたという(※1)。米アニメ映画『アナと雪の女王』の日本語吹替版の声優オーディションを受け、合格したのはそんな時期だった。

■『アナ雪』で母から自立

 2014年に公開された『アナと雪の女王』は大ヒットし、吹替版でヒロイン・アナを演じた沙也加は、その演技と歌声で一躍話題を呼ぶ。同年にはギタリストのBillyとのユニット・TRUSTRICKを結成し、アルバム『Eternity』をリリース、女優としてもドラマや舞台にあいついで出演した。さらには大晦日のNHK紅白歌合戦にも出場する。紅白では、ニューヨークからの中継で『アナ雪』本国版でアナの姉・エルサを演じたイディナ・メンゼルと同作の挿入歌「生まれてはじめて」をデュエット。さらに主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」を2人と一緒にNHKホールにいる歌手全員で合唱した。そのなかには、同年の紅白で初めて大トリを務めた母・松田聖子が涙する姿もあった。沙也加が紅白に初出場したのはその3年前だが、このときは母と一緒に「上を向いて歩こう」を歌った。だが、『アナ雪』への出演を機に、沙也加は名実ともに母からの自立を果たしたといえる。それでも本人にとっては、『アナ雪』はようやく到達した出発点にすぎないという。

《自分がやりたいと思う一つのことを続けていたらどうなるか……という試みが引き寄せた『アナと雪の女王』。この仕事を経て、やっと地に足がついたというか、自分が目指していた出発地点に到達することができたと感じています。いよいよこれからが本番です》(※2)

 以来、沙也加は精力的に仕事をこなし、とりわけミュージカル女優として著しい成長を遂げる。昨年2月に刊行した著書ではこんなことを語っていた。

《私には一つだけ欲しいものがあって、それは演劇界での何かの賞。それを取れたら「よくできました印」が[引用者注:自分の]選んだ道筋に押される気がするんです。誰にも強制されず何の影響下にもおかれない、自分で探したジャンルだから、そこで評価されたら「これで良かったんだよ」って証明が自分にも周りにもできる気がして。それが今一番欲しいものですね》(※1)

 この直後、彼女は菊田一夫演劇賞を受賞する。それは、前年の2017年に出演したミュージカル『キューティ・ブロンド』の主人公、エル・ウッズの演技が評価されてのことだった。同作の稽古中、彼女が演出の上田一豪に《なぜ私を?》と訊ねたところ、《僕はこの作品を神田沙也加の当たり役にして、神田沙也加のキャリアの中でも代表作にしようと思っています》との答えが返ってきたという(※4)。その言葉どおり、沙也加は同作で大きな賞を手にし、今年2月から3月にかけて再演も実現した。昨年には、ミュージカルの不朽の名作『マイ・フェア・レディ』で、恩人・大地真央の当たり役でもあった主人公のイライザを初めて演じている。来月22日には日本語吹替版で再びアナ役を演じた『アナと雪の女王2』の公開も控える。

■母が選んだ道を歩む?

 仕事での活躍の一方、私生活では2017年、俳優の村田充と結婚した。先述の著書のなかでは、《女性としてのプライベートとお仕事の良い配分を知りたくて、いろんな職業、年齢の方にお話を聞いているところ。どこかで勇気を持って仕事をストップして、親になるっていう経験を私はしたいから。その目標に向かって、自分の中でベストのタイミングを探し中です》とも語っている(※1)。思えば、1980年代、山口百恵をはじめ結婚を機に引退する女性歌手が目立つなかで、当時トップアイドルであった松田聖子が結婚・出産後も子育てをしながら芸能活動を継続したことは注目を集めた。母がかつて選んだ道を、娘の沙也加も自分なりのスタイルを模索しながらまた歩もうとしているのが興味深い。

※1 神田沙也加『Saya Little Player』(マガジンハウス、2018年)
※2 『婦人公論』2014年7月22日号
※3 『婦人公論』2006年9月22日号
※4 「SPICE」2019年2月13日配信

(近藤 正高)

関連記事(外部サイト)