「あの人がいたから...」上白石萌歌が内なる思いを明かしたイケメン俳優とは? 「いだてん」興奮の打ち上げ《スクープ撮》

「あの人がいたから...」上白石萌歌が内なる思いを明かしたイケメン俳優とは? 「いだてん」興奮の打ち上げ《スクープ撮》

ビートたけし、神木隆之介 ©文藝春秋

 10月4日、NHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」の打ち上げが、東京・港区のホテル宴会場で行われた。

 日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年のストックホルムオリンピックから、1964年の東京オリンピック開催までの52年間を描く「いだてん」は、10月1日に全撮影が終了。4日の打ち上げには出演者や制作スタッフなど、500人以上の関係者が参加した。

■超高級外車で乗りつけたビートたけしの貫禄

「消費増税の影響か、会費は7000円で、これまでの大河の打ち上げの会費よりも1000円高かった。でも、集まった人数はここ最近の大河で一番多かったと思います」(NHK関係者)

 18時半頃から続々とホテルに集まった出演者たち。ひときわ目立っていたのは、語り部・古今亭志ん生役のビートたけし(72)。超高級外車でホテル前に乗りつけ、「アウトレイジ」の大物ヤクザを彷彿とさせる佇まいで現れた。一方、弟子の五りん役を務めた神木隆之介(26)はメガネ姿でスタッフに頭を下げながら、そそくさと会場へ入っていった。

 第一部の主人公、”日本マラソン界の父”金栗四三(かなくり・しそう)を演じた中村勘九郎(37)が姿を現したのは19時頃。黒のジャケット姿で決めた勘九郎は、登壇して披露したスピーチで、妻で女優の前田愛(36)を気づかった。この日は前田の誕生日だった。

■「妻の愛ちゃんに支えられました」

「初めての経験で大変でしたが、1年間、本当に皆さんと家族に支えられました。おかげさまで金栗四三を演じきる事が出来ました。体調が悪い中でも妻の愛ちゃんに支えられました。今日はそんな愛ちゃんの誕生日です。おめでとうと伝えたいです!」(中村勘九郎のスピーチより)

 四三の妻、スヤ役の綾瀬はるか(34)は黒のロングドレスで颯爽と登場。四三の恩師・嘉納治五郎役の役所広司(63)や、義母・池部幾江役の大竹しのぶ(62)、盟友・三島弥彦役の生田斗真(34)、シマ役の杉咲花(22)らも続々会場入り。

「生田と共に話題となっていた天狗倶楽部の吉岡信敬役、満島真之介(30)も出席していました。満島はほろ酔いで上機嫌。天狗倶楽部名物の応援『TNG』を披露し、周囲を沸かせていました」(前出・NHK関係者)

■「ジュンがいたから、がんばれた」

 1次会は21時までの予定だったが、”スピーチ渋滞”で45分延長。スピーチのトリを務めたのは、第二部の主人公でオリンピック招致活動のキーマン、「まーちゃん」こと田畑政治役の阿部サダヲ(49)だった。

「僕の挨拶より2次会にかけている人がいるから、早く移動しましょう。なんか大河の打ち上げって、いつも押すよなー。では、五本締めで終わりましょう!」

 次々と会場を出る出演者。阿部が会場を後にすると、青年期の田畑役を務めた原勇弥(29)が続く。

 9月22日に放送された感動の第36回「前畑がんばれ」で、ベルリンオリンピックで金メダルを獲得した水泳選手・前畑秀子を熱演した上白石萌歌(19)は、赤い柄のワンピース姿。役作りのために7キロも体重を増やした上白石は、スタッフに「『いだてん』は、ジュンがいたから、がんばれました」と少し興奮した様子で話していた。「ジュン」とは上白石と同じく7キロ増量で役に挑んだ水泳選手役の西山潤(21)のこと。イケメン若手俳優の西山はセクシーな黒シャツの着こなしで会場でも目立っていた。

■桐谷健太は「海の声」を弾き語り

「2次会は300人ほどが参加しました。簡易ステージの上でスタッフが男女ペアをつくり、創作ダンスを披露したり、いだてんに関するクイズ大会などが行われました。一番の盛り上がりを見せたのは、桐谷健太さんがギターの弾き語りで自身の曲である『海の声』を披露したときでした。

 中村勘九郎さんは会場が盛り上がってるのを見て、楽しんでいる様子でした。生田斗真さんと綾瀬はるかさんは同じテーブルに座り、仲良く談笑していました。締めの挨拶はここでも阿部サダヲさん。それまで阿部さんはお酒を相当飲んでハイテンションでしたが、締めの挨拶では落ち着いたトーンでスタッフに感謝の言葉を述べていた。最後はここでも五本締めでお開きとなりました」(前出・NHK関係者)

 白金のイタリアンカフェで行われた2次会は深夜まで続いた。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)