ナイツ・塙が読み解いた「好きな芸人」「嫌いな芸人」ランキング2019

ナイツ・塙が読み解いた「好きな芸人」「嫌いな芸人」ランキング2019

「ナイツ」塙宣之氏 ©杉山秀樹/文藝春秋

 サンドウィッチマンのV2、和牛の躍進などが話題となった 2019年の「好きな芸人」「嫌いな芸人」ランキング 。果たして芸人本人たちは、このランキングをどのようにみているのか。M-1グランプリの審査員を務め、芸人たちを徹底解剖した著書『 言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか 』(集英社新書)がベストセラーになっている人気漫才コンビ「ナイツ」の塙宣之氏に聞いた。

■サンドウィッチマンは全部持っている芸人

――今年の「 好きな芸人 」ランキングで、ナイツは順位を2つ上げて8位でした。

 善戦していますよね。だって、サンドウィッチマンさんが上位なのは東北の組織票ですよね? それに“お笑いビッグ3”、ダウンタウンさんはもはや殿堂入りでしょう。和牛は女性票、有吉(弘行)さんは広島票。そう考えると……ナイツは、千鳥に次いで実質2位ですね(笑)。ランキングは、気にしないようにはしていますけど、そうは言ってもやはり気になりますよ。こうやって気にしながら一生が終わるんでしょうね。

 でも、このくらいの順位が一番良いと思っています。横綱になってしまうと一発やられたら引退でしょう。僕は、小結、関脇を長いことやっていた嘉風のように、名力士のポジションで給料を安定させていきたい。で、年寄株が空いたときに引退して、寄席芸人として終わるみたいな。永遠に優勝せずに、上位キラーとして生きたいです。

――「好きな芸人」部門では、サンドウィッチマンがV2を達成しました。

 やはりすごいですね。彼らはネタが面白いだけでなく、それを超えて圧倒的な人気がある。それは、芸人としての「強さ」と「弱さ」を兼ね備えているからではないでしょうか。

「強さ」でいえば、東日本大震災で被災した地元・宮城の復興に向けてリーダーシップを取ってくれているイメージ。さらに漫才の中の話でいえば、伊達(みきお)さんの言葉の圧力、ツッコミの鋭さにはパワーを感じます。そういうところは男臭いし、当然ながら男受けもする。一方で、「弱さ」というか、かわい気があるところに女性が惹かれる。丸々としたフォルムもそうですが、性格が優しいところ、ぬいぐるみ好きのキャラクターも定着していますよね。それでいて、見た目は厳ついのも、またいい。

 さらに、出川(哲朗)さんが10位に入っていることにも繋がりますが、サンドウィッチマンさんも「偉そう」じゃない。昔と違って、ちょっとでも偉そうだとダメなんですよ。僕の勝手な印象ですが、芸人にも「こいつ馬鹿だなあ」って上から見られたい感覚があると思うんですよね。芸人だけでなく、YouTuberなんかもそうですが、「こいつ馬鹿だな」「こいつダメだな」というところが人気の原点になっている。それでお客さんと芸人が一つになって生まれる、ある種の共感がある。自分の弱点をさらけ出している人の方が強い時代なんです。

 僕個人としては、サンドウィッチマンさんの「好感度を下げようキャンペーン」をやってるんです。彼らのスキャンダルを待ってます(笑)。できるだけ嫌われる話を広めようと思っているんです。あ! そういえばこの前、(サンドウィッチマンのレギュラー番組である)NHK「サンドのお風呂いただきます」のロケで、NHKが予約してくれたホテルが狭すぎると文句を言ってました(笑)。ずっと好感度が下がるネタを探しているんですが、それくらいしかないんですよ。

■霜降り明星のここが好き

――「好きな芸人」部門では、若手の中でも和牛が、昨年の16位から4位まで順位を上げました。

 M-1で3年連続決勝2位の若手が評価されたのは、審査員としても嬉しいことは嬉しいですけど、ネタの評価に加えて、やっぱり女性受けがよさそうな川西(賢志郎)君の票があるんじゃないですかね(笑)。

 え、和牛は女性票が8割もあるんですか? やっぱりそうですか。女性のみのランキングでは2位ですもんね。川西君のツッコミは品があって爽やか。「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など情報番組にも出てるから、主婦にも刺さっている。漫才の面白い人たちだと定着したんでしょうね。

 若手の中でも、霜降り明星(13位)、EXIT(18位)が昨年のランク外から上位に入ったのは納得できます。どちらも「いい人」ですから。特に、僕は霜降り明星の人柄が好きなんですよ。それでいて、2人とも個性が強い。そもそも名前が覚えやすいじゃないですか、せいやと粗品って(笑)。

 霜降り明星には、サンドウィッチマンさんと同じような「強さ」を感じます。若いけど、いろいろ経験値がある顔をしていて、若手なのにレベルが高いんですよ。高校生の時からお笑いをやっていて、ピンでも活躍していた。だから舞台に立っても、地肩が強いというか、物怖じしないのが見ていて分かる。言葉の強さもある。

 芸人には、その強さが生む“圧力”って結構大事だと思うんです。舞台に立っていると、お客さんは気候と同じで、毎日調子が違うんですよ。晴れているときもあれば、ドンヨリしている日もある。晴れているときは何をやっても受けるから、こっちの気圧とお客さんの気圧のバランスが大事。ドンヨリしているときは、芸人がワーッと前に出ると、さらにドンヨリすることもある。

 以前、M-1本番前のトイレで、鉢合わせした島田紳助さんに「漫才は三角形が理想」と言われたことがありますが、漫才って、ボケとツッコミという舞台側だけでなく、お客さんの空気も大事で、その三角形のバランスが難しいんですよ。でも、霜降り明星は圧力が強いので、例えば昨年のM-1の舞台でも、ちょっと空気が重かったのに吹き飛んだじゃないですか。あの「強さ」はすごいと思いましたね。

――霜降り明星は、今後も伸びていくでしょうか。

 伸びないでしょうね(笑)。別に後輩を潰そうとしているわけじゃないですよ。少なくとも漫才はもう頭打ちです。今あれだけ面白いのに、これ以上のパターンを作るのって大変なんですよ。だから、昨年でM-1を取らなくてはいけなかったし、優勝したんです。

■さんまさんの話芸は「現代の立体的な落語」

――明石家さんまさんは、「好きな芸人」では総合2位ですが、なぜか10代からの「好き」票はゼロでした。

 さんまさんのすごさが分からないんでしょうね。司会者のように感じている若者もいるのかもしれません。でも、さんまさんがひな壇に回ったら、ずっとボケ倒して、今でも誰も勝てないと思うんです。「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の最終回(2014年3月31日)も、さんまさんは途中で口にガムテープを貼られていたじゃないですか。ずっとしゃべっていて(笑)。

 さんまさんがテレビでやられているのは、女優やアイドルの、言ってみればそこまで面白くない話を全て拾って落としていく「話芸」だと思います。落語家さんの中には、さんまさんが「落語をしていない」って言う人がいるけど、「話芸」という意味では、さんまさんが誰よりもレベルが高い。どんなことでも、どこかに落とす。現代の立体的な落語を毎日見せてもらっている感じがします。

――今年のランキングでは、ベテランの中川家が昨年の22位から12位まで、大きく順位をあげました。

 中川家さんは、力士でいえば遠藤。相撲の番付と同じで、地力がある人たちは結局上に来るんですよ。今までが、何でこんなに順位が低かったのかが分からないですね。中川家さんは、僕らは今でも参考にしています。ネタの内容というよりは、自分たちが楽しそうにやることや、手綱の引き方、引かれ方が勉強になるんです。

 たとえば、僕らは仮に20分の時間を与えられたら、20分のネタを考えないといけないと思っていた。それをアドリブで崩したりはしなかったし、よくないことだと思っていた。でも、中川家さんの漫才をみていると、15分のネタを20分にできる。楽しそうに会話をしながらアドリブで調整するのですが、ネタとしてアドリブっぽく見せることもあるから、お客さんはどっちとも分からず、ただ絶対にウケている。「ナイツにこれから求められるのは、これだ」と思って、実際にアドリブを入れるようになった。そうやって芸人が楽しんでないと、お客さんも楽しめないわけです。

 僕らが所属している漫才協会の師匠って、ある意味すごいんですけど、アドリブをやり始めて漫才が訳分かんなくなっちゃう人と、逆にアドリブを全くやらないのでロボットみたいに漫才をやる人がいて(笑)、ちょうど良い教材がなかった。漫才協会のおぼん・こぼん師匠なんて、ネタ合わせをしなさすぎて、アドリブばかりで最後はケンカして、2人で不機嫌になって終わるパターン(笑)。そこに現れたのが中川家さんなんです。

 中川家さんって、台本は箇条書き10行程度なんです。練習しすぎはあまりよくないというか、用意した台詞よりも面白い言葉がでてくるかもしれないのに、覚えすぎるとつい元の台詞を追っかけてしまうんですよ。

 たとえば、U字工事は生真面目なんで、一緒に営業行って15分のネタの時間もらうと、舞台袖で益子(卓郎)君が全部のネタに、秒数まで割り当てたメモを作っている。

「益子君が〜:1分」

「ごめんねごめんね〜:0.5分」

 と。だから、僕がそのメモに「ち○こ:5分」とか書き込んであげている(笑)。あそこまでできるのはすごいけど、やり過ぎるとシーンがぶつ切りになる。

「警視庁・捜査一課長」(テレビ朝日系)という連続ドラマに出演するようになってからは、余計にそう思いますね。ドラマに関しては素人ですから、怒られないように完璧に覚えて現場に行くんですが、そうすると棒読みになるんですよ。主演の内藤剛志さんに相談すると、「流れが分かっていて、気持ちさえあれば、別にセリフ通り言わなくても、そう聞こえる」と。漫才も同じだと思います。

――女性芸人がランキングでは弱い印象があります。

 女性といえば、清水ミチコさんがどうして入らないのかと思うんですよ。そのあたりは「好きな芸人」と「好きな女性芸人」は、別だと思われているのかも知れません。人気のガンバレルーヤなどは、ネタも面白かったですよ。それなのに、ネタの評価をしないで、2人のキャラクターだけをテレビで取り上げて消費されているというか。彼女たちをM-1で見たいと思いますよ。タレント化してしまうのはもったいない。ほかの女性芸人でもハリセンボンのネタも面白かったし、本人たちの意向もあるにせよ、もうちょっとネタをみせてもらいたいですね。

■期待の「ニューフェイス」は、どぶろっく?

――来年以降にランキングに入ってきそうな、気になる芸人はいますか。

 りんごちゃん(ものまねタレント)以外ですか?(笑) それなら、今年の「キングオブコント」で優勝した、どぶろっく。「 嫌いな芸人 」の方ですが(笑)。あの芸風は、「子供に悪影響を与える」ってPTAから批判される。下ネタは難しいですよね。優勝が決まって、泣いているのをツッコまれた江口(直人)君が「涙じゃなくて我慢汁です」って言ったのはマズかったですけど(笑)。

 あとは、どうしてうちの内海桂子師匠は入っていないのでしょうか。97歳で現役ですよ。生きてるだけで面白いのに。来年は、80代以上の人のランキングだけでも1位になってもらいたいです。

◆ ◆ ◆

 3年目となる今回の「『好きな芸人』『嫌いな芸人』ランキング」は総合順位の発表だけにとどまらず、一歩踏み込んで投票データを分析した「《男女別、地域別、世代別…》12図解でデータ徹底分析『好きな芸人』『嫌いな芸人』2019【超深掘り8千字版】」を公開。

 世代別、地域別の詳細な分析に加え、大躍進を遂げた和牛を支えたファン層の秘密、男女別ランキングでは大きく順位を変えた芸人の分析、さらには、“不倫芸人”のランキング変動の調査まで、12の図解と8000字を超える原稿で紹介している。全文は「 週刊文春デジタル 」ほかで公開している。

写真=杉山秀樹/文藝春秋

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)