【ヤクルト】来季コーチ就任? 宮本慎也が引退会見で「未来は明るくない」と語ったワケ

【ヤクルト】来季コーチ就任? 宮本慎也が引退会見で「未来は明るくない」と語ったワケ

©文藝春秋

■類まれなキャプテンシーを持つ男

 少年時代から若松勉ファンとして生きてきて、彼の引退後も「若松さんが在籍したチームだから」「若松さんの教え子が活躍しているから」「背番号《1》が、脈々と受け継がれているから」という理由でヤクルトの応援を続けてきた。そんな僕にとって、若松さんとはまったく異なる意味で応援し、思い入れの強い選手がいる。

 宮本慎也――。

 1970(昭和45)年11月5日生まれ、大阪府出身。PL学園高校、同志社大学、プリンスホテルという超エリートコースを歩み、94年ドラフト2位でヤクルト入り。入団後すぐに台頭し、不動のショートとして、90年代後半以降のリーダーとしてヤクルトを引っ張った。さらに、彼のキャプテンシーはチーム内のみにとどまらず、04年のアテネオリンピック、08年の北京オリンピックでは日本代表チームのキャプテンを任され、プロ野球選手会の会長まで務めた。

 入団当初は、まったく打撃面で期待されておらず、当時の野村克也監督から「専守防衛の自衛隊」と揶揄されていたにもかかわらず、プロ18年目の12年5月4日に2000安打を達成。大卒、社会人経由でプロ入りした選手で2000本以上放ったのは、同じくヤクルトの古田敦也以来の快挙だった。

 どうして、僕が彼に惹かれるかというと、「同い年だから」ということはもちろん、彼のリーダーシップ、キャプテンシーに敬意を抱いているからだ。現役時代に何度か宮本さんにインタビューをした。その際にしばしば、「みんなをまとめるのは大変だ」というニュアンスの言葉を聞いた。

 拙著『いつも、気づけば神宮に 東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」』(集英社)において僕は「ヤクルトらしさとは何か?」を探った。本書の取材を通じて、ときおり垣間見える「ぬるま湯体質」と言うべき、チーム内の緩さを感じることがあった。

 でも、宮本慎也のキャプテンシーの偉大な点は、決して迎合せずに若手に対してきちんと「ノー」と言えることだと思っていた。その宮本さんが「来季からヘッドコーチに就任するのでは?」とウワサされている。僕はかつて宮本さんに、「ヤクルトとはどんなチームなのか?」という質問を投げかけ、「どうやって、緩みがちな雰囲気を締めたのか?」を尋ねたことがある。ここでの発言には宮本さんの「厳しさ」、そして理想とする「指導者像」のヒントが隠されていた。拙著で紹介できなかったエピソードを改めてご紹介したい。

■引退会見で「ヤクルトの未来は明るくない」と言った理由

 最初に宮本さんに尋ねたのは、彼が「引退発表会見」で放ったひと言だった。僕は新聞記者ではないので、普段なら記者会見に出ることなどないのに、このときだけは宮本慎也がどんな表情で何を語るのかが聞きたくて、僕も現場に駆けつけていた。

――13年8月26日の引退記者会見で、ヤクルトに対して「決して明るい未来ではない」と発言しました。これは、どういう意味だったのですか?

「ハッキリ言うと、いい選手がいないということですね(笑)。あの当時、川端(慎吾)は故障がちで1年間満足に働けない。山田(哲人)はまだ出始めたばかり、(中村)悠平はレギュラーポジションを奪いきれない。みんなが同じ失敗を繰り返しているように、僕には見えました。うまく成長すれば15年のように優勝できる力はあったけれど、もしもうまくいかなければ、“あのままではまずい”という思いがあったし、チーム内に甘えがあったので、あえて“未来は明るくない”と言いました」

――若松勉監督の後、06〜07年は古田敦也監督になり、さらに08年からは高田繁監督となりました。90年代の黄金時代を支えたメンバーたちが海を渡ったり、引退したり、かつての「野村野球」が少しずつ薄れ、メンバーも大幅に若返る中で、08年の宮本さんは相当しんどそうに見えました。この年のことを振り返っていただけますか?

 宮本さんは小さくうなずいた後に、口を開いた。

「古田さんが辞められた後は、完全にチームが入れ替えの時期でした。ベテランがいなくなって、高田監督も積極的に若手を起用しようとしていました。だからこの年は、なあなあな部分が多くなったら、基礎がおろそかになると思ったので、あえて若手には厳しく接していました。チームが変わろうという時期は難しいんですよね。実績のあるベテランが僕しかいなかったので、本当に難しかったです。同世代の真中(満)もいましたけど、彼はファームにいることが多かったし、その前年に古田さんの退団とともに高津(臣吾)さん、(石井)一久がいなくなったので、僕一人しかいないという状況でした」

 宮本さんの言う「なあなあな部分」こそ、「負けグセ」の源泉なのだろう。

――そんな状況下でFA権も取得し、自らチームを出ることもできましたよね。移籍は考えなかったのですか?

「考えました。実際にお話もありましたし……」

――それでもヤクルトに残留した理由は何ですか?

「古田監督2年目の07年は最下位に終わって監督が代わったことで、08年は若手に厳しく接していたのに結局5位に終わってしまった。それなのに、自分は若手に言うだけ言って、そのままチームからいなくなるのはどうなのかと考えました。あと、この年僕はサードにコンバートされました。それは決して本意ではなかったけど、自分なりに頑張りました。その年のオフに球団はサードに新外国人の獲得を考えているという報道もありました。ここでチームを去ると、“あいつは人には厳しいことだけ言っておいて、ライバルが入団するから他球団に移籍するんだ”と思われるのもイヤだった。このとき、親しい新聞記者に、“勝負して負けたら、引退すればいい”と言われて、残ることにしました」

――その時点で、「ヤクルト残留」はスムーズに決めることができたのですか?

「できましたね。この時点ですでに、“引退まではヤクルトにいるぞ”と決めたし、球団から“もういらない”と言われるまでヤクルトのために頑張るつもりでした」

 宮本さんの言葉にあるように、08年シーズンにショートからサードへコンバート。さらに、この年は8月に北京オリンピックがあり、メダルを獲得できず、「キャプテンとして責任を感じる」と発言もしていた。同い年でありながら、背負うものがあまりにも違い過ぎて、器の小さい自分が恥ずかしくなってくる。

――08年はいろいろなことがありすぎましたね。

「そう言えばそうですね。こうして取材をしてもらって初めて、“あぁ、あの年がいちばんしんどかったんだ”と思いますね(笑)」

 淡々と宮本さんは語り続けていた。

※後編に続く

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/4295 でHITボタンを押してください。

(長谷川 晶一)

関連記事(外部サイト)