俳優・小手伸也がファンと“独身偽装不倫”疑惑

小手伸也が独身であると偽り男女関係を持ったと報道 「コンフィデンスマンJP」出演

記事まとめ

  • 小手伸也がSNSで知り合ったファンに独身であると偽り、男女関係を持っていたと報道
  • 週刊文春によるとTwitterを通じ女性を誘い、複数回にわたりホテルで関係を持ったそう
  • 小手は関係を否定した5日後に「完全に僕の認識の甘さ」とホテルで会ったことを認めた

俳優・小手伸也がファンと“独身偽装不倫”疑惑

俳優・小手伸也がファンと“独身偽装不倫”疑惑

映画撮影で訪れたマレーシアの屋台で名物料理に舌鼓 ©文藝春秋

「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)などでブレイク中の人気俳優、小手伸也(45)が、SNSで知り合ったファンに独身であると偽り、男女関係を持っていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

 早稲田大学演劇サークル出身の小手は、2018年4月クールの連ドラ「コンフィデンスマンJP」でアクが強い詐欺師を演じ、“遅咲きのシンデレラおじさん”として一躍ブレイク。テレビのバラエティ番組などで、2011年に結婚し子供がいることを明かしていた。

 関東近郊在住の遠藤裕美さん(仮名)によれば、小手は2017年1月、ツイッターを通じ遠藤さんを食事に誘い、「彼女も奥さんもいない」と語った上で、複数回にわたりホテルで関係を持った。翌年5月、小手は、「そばに大切な人が出来ました」などと遠藤さんにメッセージを送り、一方的に別れを告げたという。

 遠藤さんは「週刊文春」の取材に、「当時は、二股をかけられていたのか、結婚するような彼女でも出来たのかと思い、悲しかったけど、諦めました。彼が出演したバラエティ番組で嘘に初めて気付き、騙されていたことを知りました」などと答えた。

 10月1日、「週刊文春」取材班が小手を直撃すると、男女関係を完全否定。だが、5日後に改めて取材すると、次のように回答した。

「自分は交際をしていたという認識はなく、あくまで(ファン)交流の一環です。(ホテルで会ったことは)完全に僕の認識の甘さ。下北的なノリを捨て切れなかった。彼女のプライドを傷つけてしまい、彼女に申し訳ないことをしました」

 10月10日(木)発売の「週刊文春」では、遠藤さんの証言に加え、マレーシア・ランカウイ島での直撃取材の様子および東京でのインタビュー取材について詳報している。また、「 週刊文春デジタル 」では、動画の詳細を含む《完全版》動画を同日午前5時より公開する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年10月17日号)

関連記事(外部サイト)