映画「ダンケルク」が100倍おもしろくなる「スピットファイアのうんちく話」

映画「ダンケルク」が100倍おもしろくなる「スピットファイアのうんちく話」

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

「ダンケルク」は、ハリウッドでは珍しい「負け戦」を描いた映画だ。

 第二次大戦中の1940年5月、欧州大陸で本格的な侵攻を開始したドイツ軍は、わずか2週間でフランス軍と大陸駐留のイギリス軍を包囲し、フランス北端のダンケルクに追い詰めた。英国本土のイギリス軍はどうやって40万もの将兵を救い出し、ドーバー海峡を越えて英国に連れ帰るのか――。

 クリストファー・ノーラン監督はこの映画で、「将軍」や「作戦司令部」という俯瞰的な視点を一切排除し、あくまでも「一兵卒」や「現場にいた民間人」の視点から、「奇蹟の撤退」と呼ばれたダンケルクでの戦いを描こうとする。

 その成否には後ほど触れるとして、とりあえず映画を見終わった直後の感想は……

「スピットファイア、かっちょいいー!」

「早く家に帰ってプラモデル作るぞー!」

 に尽きました(笑)。

 私(小石)はあえて断言する。クリストファー・ノーラン監督がこの映画を作った理由の相当部分は、「とにかく、かっこいいスピットファイアの映画を撮りたかったから」に違いない、と。

「スピットファイア」は、第二次大戦で 英国空軍 の主力となった1人乗りの戦闘機。「英国人にとってのスピットファイア」は、「日本人にとっての零戦」に匹敵するぐらい、先の戦争のアイコン的存在だ。現在も英国空軍には、スピットファイアなどの大戦機を現役当時のまま維持管理し、航空ショーなどの際にデモ飛行を行う専門部隊があるぐらいなのだ。(自衛隊が零戦を飛ばしているようなもの、と言ったら叱られますかね?)。

 ノーラン監督は生粋のロンドンっ子。イギリス人の男の子なら、エアフィックス社(日本のタミヤに相当する模型メーカーです)製スピットファイアのプラモデルを作って大きくなるのが当たり前。しかも、ノーラン監督の祖父は第二次大戦当時、スピットファイアと共に戦った爆撃機 「ランカスター」 に乗り、戦死している。

 映画の中でも、イギリス人の船乗りのじいさんが上空を通り過ぎるスピットファイアを見送り、「ロールスロイス製エンジンの至高の調べ」とかつぶやいて陶然とするシーンがあるが、あれは監督の本音に違いない。当然、今回の撮影も実機を使用している。

 この映画のスピットファイアは、なぜそんなにもかっこいいのか。

 その大きな理由は、逆説的ながら、スピットファイアの「弱点」を作り手がよく知り、劇中の前半では、それを巧みに生かした「リアリズムに基づく演出」を徹底しているからだ。

 映画の冒頭近く、トム・ハーディー演じるファリアの操縦するスピットファイアが銃撃を受け、燃料計が故障する。ファリアは共に飛ぶ僚機のコリンズに無線で「燃料の残量を定期的に知らせてくれ」と頼み、チョークで計器板に記入し続ける。こんな面倒くさいことをするのは、スピットファイアの飛べる距離が非常に短く、常にガス欠のリスクがあるからだ。

 零戦の航続距離が最長3000キロを超えるのに対し、スピットファイアの初期型はわずか900キロ。戦闘中にガス欠になれば敵地か海上に不時着するしかないのに、燃料の残量が分からない。この追い込まれた状況で戦うことが、緊迫感を否応もなく盛り上げている。

 劇中、コリンズのスピットファイアは海上で敵からの銃撃を受け、飛行不能になる。コリンズは機体を不時着水させるが、窓ガラス(風防)が開かず、沈みゆく機体と共に溺れそうになってしまう。

 これも実際によくあったことで、極限まで軽量化されて華奢なスピットファイアの機体が、銃弾の衝撃で歪み、後方にスライドするはずの風防が動かなくなってしまうのだ。初期型に続き製造されたスピットファイアは、そうした事態に備え、風防をたたき壊すためのバールを標準装備していたぐらいだ。

 私はこの夏に英国を訪れた際、ロンドン郊外の 「空軍博物館」 で、スピットファイアの実機の操縦席に座ってみたが、操縦桿やフットペダルを動かす以外には、ほとんど身動きが取れないぐらい窮屈で、乗り降りも大変だった。

 こんな所に押し込められ、時速600キロにも達する機体を操って戦うのがどんなに不自由で恐ろしいことだったか。劇中ではそれが余すところなく再現されている。戦争中も、出撃直前に操縦席で突然パニック状態になるパイロットが相当数いたという。

 そして 、ロンドン市内の「帝国戦争博物館」を訪れた際に印象的だったのが、館内の高い吹き抜けの中間部あたりに、スピットファイアの実機が吊り下げられ、その上部には1982年のフォークランド紛争で活躍したジェット戦闘機が、そして地上部分には、バグダッドで自爆テロにより原形をとどめないまで破壊された 乗用車の残骸 が展示されていたことだった。

 英国人にとっての「戦争の記憶」はスピットファイアが活躍した第二次大戦で終わるものではなく、その後も連綿と地層のように積み重なっていることを、象徴するような展示だった。今、「過去の戦争であるダンケルク」を語ることは、好むと好まざるに関わらず「現在進行中の対テロ戦争」とも接点を持たざるを得ないのだ。

■無差別テロを想起させる戦場描写

 映画では、ダンケルクの海岸を埋め尽くした英仏両軍の兵士たちの頭上に、突然ドイツ機が急降下してきては爆弾を落とし、そのたびに何人もの兵士が殺されていく。

「抗うすべがなく、ただ一方的に攻撃されるしかない」という「脅威の質」において、ダンケルクの兵士たちの体験は、現在のロンドンやパリで続発する無差別テロに遭遇した市民の体験と重なり合う。欧州の観客がこの映画を観て感じる「リアルさ」「生々しさ」のレベルは、日本人の我々とはまったく異なるのではないか(ちなみにこの映画はイギリス、フランス、オランダ、アメリカの合作)。

 ノーラン監督が対テロ戦争を明確に意識していたどうかは分からないが、「このような形で戦争を描くことが現代の人々の共感を得るのでは」と直観していたことは確かだろう。ヒット作を連発するクリエーターは、「時代の気分・精神」を深い所で読み取る才能を必ず備えているのだ。

 だが、監督は映画人の本能として「現実に即した描写だけでは、娯楽映画としての魅力が不足している」と考えたのだろうか。それとも「スピットファイアを、もっともっとかっこよく撮りたい!」という誘惑に抗いかねたのだろうか。

 劇中の後半におけるスピットファイアは、前半のリアルさとはうって変わって、「無敵のスーパーヒーロー」へと変身するのだ!

 特に、燃料が完全に切れてグライダーのように滑空している状態で敵機を撃墜してしまう描写にいたっては「漫画」としかいいようがない。「1時間半にわたって執拗に描いてきた『戦場のリアリズム』は一体何だったの?」と、突っ込みたくなってしまう。

 これは、「負け戦をリアリズムで描くことの限界」と言えるだろう。負け戦に人間の英雄はいないし、英雄を描こうとしてもウソくさくなるだけ。そこで、本来は「戦争の道具」に過ぎない兵器が、「英雄の代替物」としてクローズアップされ、その活躍ぶりが誇張して伝えられるのだ。先の戦争を舞台とする日本の娯楽映画が、やたらと「零戦」と「戦艦大和」を題材に取り上げるのも同じ理由だろう。

 正直、「娯楽映画にそこまでリアリズムを求める必要があるか?」という気もするし、私的には「スピットファイアがかっこよかったから大満足」という結論を変えるつもりもない。

 だけど、「ぐっと我慢の子」を貫き、地味でリアルな戦争描写に徹していたら、もう一段深みがあり、時代との接点も明確な「傑作」が生まれていたのではないだろうか。興行的にはこけていたかもしれないけど。

 そして最後に一言。この映画を観てスピットファイアを作りたくなった人には、 エアフィックス社の塗装済みキット をお勧めします。これならプラモ初心者にも簡単に完成させられますよ!

INFORMATION

「ダンケルク」
9月9日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー
http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

(小石 輝)

関連記事(外部サイト)