【巨人】菅野・マイコラス・田口……巨人の命運を握る「新・三本柱」の驚異の安定感

【巨人】菅野・マイコラス・田口……巨人の命運を握る「新・三本柱」の驚異の安定感

©文藝春秋

■最後まで長打力不足に悩まされた2017年の巨人

「過去と闘って何が悪い! 昔を超えようとして何が悪い!」

 現WWE所属のプロレスラー中邑真輔はかつてリング上でそう叫んでみせた。すべてのエンターテインメントはそれぞれのジャンルが持つ、美しき過去の記憶との闘いだ。これがフ?ロ野球の場合なら、記憶だけじゃなく昔の記録との比較も追加されるだろう。例えば、巨人の場合は2年前のペナント終盤にある数字が大きな話題となった。「チームに20本塁打以上0名は1960年以来55年ぶり」という不名誉なレコードである。

 長嶋茂雄、王貞治、原辰徳、松井秀喜、高橋由伸、阿部慎之助と各時代に球界を代表する長距離砲がいた球団。04年には“史上最強打線”と呼ばれたメンバーがチーム本塁打259本のシーズン日本記録を樹立。それが今季はわずか107本塁打、またもや気が付けば静かに「20本塁打以上の選手0名」である。チーム最多はケーシー・マギーの17本、ちなみに20本塁打以上の打者が不在なのはセ・リーグで巨人だけだ。何事も騒がれている内が花。もはや、長打力不足という現状を当たり前のこととして、ほとんど突っ込まれなくなったジャイアンツ打線には寂しさを覚えてしまう。

 そうか9月だけで6度の完封負けか……ってシビアな話題はシーズンオフの総括コラムでしよう。今は泣いても笑っても残り3試合、3位DeNAとはゲーム差0。目の前の熾烈なCS争いに酔いしれたい。この時期、球場に行くと妙な寂しさがある。まるで長年勤めた会社から転職する間際のような気分だ。ここに出勤するのもあと数日。「あれだけ上司に怒って由伸采配に文句を言っていたのに、いざ終わるとなると寂しいもんだな。馬場ふみか似のビールの売り子とはあと何回会えるだろうか」なんつって感傷に浸るあの感じ。今週前半、東京ドームでそんなセンチメンタルな気分を吹き飛ばしてくれたのは、菅野智之とマイルズ・マイコラスの快投だった。

■チームを救った、94年三本柱クラスの菅野・マイコラス・田口

 26日のヤクルト戦は菅野が6回2安打無失点で危なげなく12球団トップの17勝目を挙げ、翌27日の中日戦では中4日にもかかわらずマイコラスが9回途中まで139球1失点の熱投で自己最多の14勝目、187奪三振はこちらもリーグトップを独走。さらに4年目サウスポー田口麗斗は勝率.813と先輩菅野を抑え、最多勝率のタイトルを広島勢と競っている。なんでこの3人がいて優勝争いできなかったんだ……なあ山口俊よ……というヘビーな問題は置いといて、チームに13勝トリオが誕生したのは1990年以来27年ぶり。もはや、この3人の安定感はあの1994年に長嶋巨人を日本一へ導いた伝説の三本柱を彷彿とさせると言っても過言ではないだろう。さっそく過去と今を比較してみよう。

1994年
斎藤雅樹 30試合(206.1回)14勝8敗 防御率2.53 144三振
桑田真澄 28試合(207.1回)14勝11敗 防御率2.52 185三振
槙原寛己 29試合(185回) 12勝8敗 防御率2.82 153三振

2017年
菅野智之  25試合(187.1回)17勝5敗 防御率1.59 171三振
マイコラス 27試合(188回) 14勝8敗 防御率2.25 187三振
田口麗斗  25試合(166.2回)13勝3敗 防御率2.92 119三振

 ちなみに94年はこの3人がリーグ防御率2位〜4位にランクインし、キャリアの絶頂期を迎えていた当時26歳の桑田が最多奪三振と最優秀選手賞に輝いた。ペナントでは終盤まで中日との激しいデッドヒートを繰り広げ、ミスターは127試合目の先発に平成の大エース斎藤、128試合目はMVP右腕桑田、129試合目はミスターパーフェクト槙原を当然のように起用。すべては三本柱とともに。そして130試合目、ナゴヤ球場での勝った方が優勝の“10.8決戦”も槙原、斎藤、桑田のリレーで制したのは今でも語り草だ。

■「新・三本柱」をリアルタイムで見られる喜び

 あれから23年後の2017年、菅野がチーム日本人右腕ではあの上原浩治以来の17勝、防御率は斎藤が20勝を挙げた89年の1.62すら上回る驚異の1.59(両リーグ唯一の1点台)と沢村賞最有力候補の絶対的エースとして君臨。マイコラスはほぼタイトルを確定させている奪三振だけでなく、12球団トップの188イニングを投げるタフさも武器だ。WBCに参加した菅野に代わり、今季開幕投手を務めたのはこの頼れる助っ人だった。これにより背番号19は開幕3連戦ではなく、4戦目で初登板。昨シーズンは最優秀防御率を獲得するも、常に相手エースと投げ合い中々勝利数が伸びなかった男が今季は順調に勝ち星を積み重ねられたのは、重圧をワリカンできるマイコラスの存在も大きかったはずだ。さらに22歳の田口も躍進。夏場以降、やや息切れした感はあるが、負けない投手としてひとりで貯金10を稼いでみせた。

 このまま行けば菅野、マイコラス、田口の全員が何らかの投手タイトルを獲得の可能性も。新日本プロレスの懐かしの「新・闘魂三銃士」風に言うと、ある意味94年を上回る「新・三本柱」である。3位になれば、ポストシーズンで3人を惜しみなく投入できる巨人の存在は他球団にとって不気味だろう。その前に残り3試合の鍵を握るのも彼らの起用法なのは間違いのないところだ。ローテを崩して先発マウンドを託すのか、それとも誰かをブルペン待機させるのか。2017年の巨人の象徴は「新・三本柱」だった。だから、もう最後までこの男たちに懸けるしかない。

 数年前のV3時代、内海哲也と杉内俊哉のダブルエースがローテを支えていた。だが時は流れ、今季35歳の内海はわずか2勝に終わり、36歳の杉内は1軍登板なし。五冠達成した2012年の2人の安定感は凄まじいものがあった。あの頃は良かった……その通りかもしれない。いつの時代も過去の栄光は偉大だ。ONのV9時代をともに追えた、怪物江川卓の快投をテレビで見た、ゴジラ松井の特大ホームランを球場で目撃した。あぁ羨ましいな、と思う。けど、その代わりに今を生きる俺らは菅野、マイコラス、田口の新・三本柱をリアルタイムで体験できている。

 何十年後かに、2020年生まれの若い巨人ファンにウザがられながら「17年シーズン? あの13連敗と最強の先発三本柱を知ってるか?」って自慢してやろうと思うよ。

 See you baseball freak……

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/4343 でHITボタンを押してください。

(プロ野球死亡遊戯)

関連記事(外部サイト)