初タイトル奪取の木村一基王位、帰宅しての一言目は「泣かされちゃったよ」

初タイトル奪取の木村一基王位、帰宅しての一言目は「泣かされちゃったよ」

木村一基王位

「ちょっとそこのおじさん! 早く中に入ってくださいよ!」

 司会の声を受けて会場を埋め尽くしたおよそ150人の観客が振り返ると、そこには「将棋の強いおじさん」こと、木村一基王位が少し照れ臭そうに立っている。大きな拍手と歓声を受けながらプロレスラーの登場シーンのように登壇した木村王位が、「王位になってこのイベントに出られてよかった」と話すと、フロアには万雷の拍手が響き渡った――。

■木村王位が、タイトル獲得後初めて登場

 10月6日の日曜日。渋谷のイベントスペース「LOFT9」で行われた「観る将ナイト2019」は、観る将ファン向けに企画された異色の将棋イベント。この直前の9月26日には、木村九段が豊島将之王位から初めてとなるタイトル「王位」を奪取。観る将ファンの間でも絶大な人気を誇る木村王位が、タイトル獲得後初めてイベントに登場するとあって事前から大きな注目を集めていた。

 第1部では、「観戦記者のおしごと」「“棋譜コメ”ソムリエ選手権」などの企画が行われた。このレポートでは、木村一基王位、遠山雄亮六段、漫画『将棋めし』の作者である松本渚さんが登壇して大いに盛り上がった、第2部トークショーの模様をお届けしよう。

 木村王位は、冒頭で乾杯を促されると「お茶じゃないだろうね」と軽いジャブ。ビールジョッキを片手に、遠山六段と集まったファンの「おめでとう」コールで乾杯した。

■王位獲得後の記者会見で泣いたこと

木村 王位になってこれだけ多くの人の前で話すイベント初めてなんですが、やはり王位戦の最終局のことを思い出しますね。あのときはファンの方が多かったんですよ。終局後の大盤解説会でも、何局も来ていただいた方がたくさんいて、そういった人を見ると泣きそうになるから見ないようにしていたんです。けれども、記者会見のときに泣いちゃって……。その泣いちゃった姿を撮っているシャッター音がいちばん大きかった。

(会場笑い)

遠山 記者のみなさんも、泣くのを待っていたんでしょうね。

松本 あれ、もらい泣きした人もたくさんいたでしょう。ねえ、みなさん。

(会場から拍手)

木村 決して泣くまいと歯を食いしばっていたんですがダメでしたね。歯を食いしばっても、泣くときは泣きますね。

遠山 でも、こうしてタイトルも取られて、あとは何で泣くんだろう??

木村 (タイトルを)失ったときに泣くんじゃない。

(会場爆笑)

木村 今回はほんとうに応援してもらったのを感じていて、本当にありがたかったですね。ただそれは、今までタイトルを取ったことがないというのが理由なんですよ。だから来年の今頃は「木村はそろそろいいんでねーの?」って半分くらいの人はなるでしょう。

松本 いやいや、そんなことは(笑)。

■何のために棋譜を見るのか?

 いまやすっかりお馴染みになった「観る将」という言葉。木村王位はご存じだろうか。「言葉はよく知っていますが、その正体はわからない」と語って笑いを誘ったが、会場を埋め尽くした「観る将」ファンは、素早いテンポで繰り広げられる木村王位の噺家のようなトークに夢中になっていた。

 そして、解説をするときに心がけていることや、ネットでの対局視聴などの話題を経て、「対局のときになぜ棋譜を見るのか」という話に至る。

木村 対局のとき「棋譜を見せてください」というのは、持ち時間を確認するという意味もあるんですが、その時点で何を読んでいたのかを思い出す意味があるんですね。一手に2時間くらい使われると、1時間前とか3時間前に考えていたことを忘れちゃうんです。そこで棋譜を見せてもらうと、そのときの急所なんかを思い出すんですね。

遠山 それは驚きました。そういう使い方があるんですね。

木村 忘れっぽいんで。違いました?

遠山 それは初めて聞きました。指し手の流れを追うという人は多いですよね。

松本 ペース配分を見るというのは、聞いたことがあります。

――持ち時間の差がつくと焦ったりしますか?

木村 持ち時間の差で焦るってことはないですが、ちょっと別のことで時間が気になりました。王位戦の第1局の大盤解説会が2日目の午後2時から始まるのを知って、あまりペースが早くて、その前に負けたらみじめだなと思っていたら、1局目2時半に負けたんですよ。

(会場笑い)

木村 で、これはいかんなと思っていたんですが、2局目は大盤解説が午後4時スタートになってるの。なんでハードル上がってるの?

(会場爆笑)

 大熱戦が繰り広げられた今回の王位戦七番勝負。とりわけ4局目は、互いの王将が相手陣地に入る「相入玉」となり、点数勝負での決着も視野に入った末に285手で豊島王位が投了する長手数の対局となった。

 この対局を振り返り、「大変なのは、記録の方なんですよ。トイレとかね。あのときの彼は行かなかったんですよ。でも、あとから聞いたら、くしゃみをしたら終わりだと思っていたみたいでね」と木村王位が“秘話”を明かすと、会場は笑い声に包まれた。

■王位戦の振り駒と飯島七段の本

――王位戦の最終局、運命の振り駒がいつもより念入りに振られていたように思いましたが、あのときはどういう気持ちでご覧になっていたのでしょうか。

木村 どちらになってもいい。どちらかといえば先手ですが、運命と思ってあまり気にしないようにして見ていなかった。それで歩が4枚で後手。やっぱりそうかと思いました。

松本 先手だったらどうしていましたか?

木村 先手なら相掛かりでした。

松本 やっぱりそうでしたか。

木村 相掛かりといえばね、飯島栄治(七段)っていうのが、相掛かりの本を出しましてね( 『相掛かり▲6八玉型 徹底ガイド』 (マイナビ将棋BOOKS))。あれがけっこう丁寧な本でね。ところがあれ読んだ次の日に、あの本に出ていることをやったら負けちゃったんですよ。竜王戦の挑戦者決定戦の第1局のとき、早く負けたでしょ。あのとき(本と)違う手を指されたときはびっくりしましたよ。俺、本読んできたのに……うまく行ってないような気がするよ。

遠山 飯島先生はツイッターで「夢でもみてるのかもしれない」と喜んでましたよ。

木村 こっちはたまらない現実でしたよ。

(会場爆笑)

木村 ただ、彼の本は丁寧なところまで書いているいい本ですから、ぜひご一読いただきたいと思います。

■対局前日の夕飯は決めていますか?

 ここからは「将棋めし」の話になる。漫画『将棋めし』の作者である松本渚さんからは、「今期の王位戦で海鮮系の丼物を注文した時はすべて負けている」という鋭い指摘が飛び出し、会場は大いに盛り上がった。そして、対局前日の食事の話になる。

遠山 前の日の夕飯は決めていますか?

木村 私が好きなものをカミさんが作りますね。唐揚げかトンカツか、餃子みたいなものか。同じものを食べたいんだけど、験担ぎをするんですよ。前のときに負けたものは出さないってね。

松本 いい奥さんですね。

木村 ま、ご飯のことに関しては、好きなようにしてくれますね。今、娘が学校で弁当なので、一緒に弁当を作ってくれますね。

遠山 愛妻弁当ですよね。

木村 王位戦のインタビューで家族のことを聞かれて泣いちゃったのは、この弁当を作ってくれている姿を思い出したからなんですよ。私を置いて行ったトルコ旅行のことを思い出せば、泣かずに済んだのに。このへんが、まだまだ私の未熟なところで。

遠山 木村さん、トルコ旅行を楽しみにしていたのに対局が入って行けなかったんですよね。

木村 しかも、宅急便が届くというので、家で待っていたんですよ。今度、家族のことを聞かれたら、この旅行のことを思い出して、泣かないようにしたいと思います。

――記者会見では、ご家族への感謝について「帰ってから言います」と答えていましたが、実際にはどのように伝えたのでしょうか。

木村 第一声は「泣いちゃったよ」と言いました。そして今と同じ話をしました。トルコ旅行のことを思いだせば泣かずにすんだのではないかと。そしたら「そうだよね」と。そして、すぐに関西で順位戦の対局があったので「明日、朝早いから寝るわ」と寝ました。特にありがとうとか、感謝の言葉は言いませんでしたね。

■感想戦のとき食べようかなと思っていたケーキが……

 この後、たびたび「食が細い」と口にした木村王位が、先日の王位戦の対局時には、ケーキも含めてすべて完食したという話に及ぶ。

――今までに残したことはありますか?

木村 負けそうだったので、ケーキを食べる余裕がないときがありましてね。感想戦のとき食べようかなと思っていたのですが、気がついたら下げられていた。

(会場笑い)

遠山 終わったら片付けられるんですかね。

木村 対局場によって違うんですよね。ただ「俺のチョコレートケーキどこ行った!」とか言えない。負けたのにみっともないでしょ。

松本 じゃあ投了前に食べれば良かったんですかね。

木村 でも「投了前に一口水を飲んだ」のところ「投了前にケーキを食べた」って、ねえ。投了前に水を飲むのは、声がかすれてはいけないから投了をしっかりと告げられるようにと定着していますが、そこでケーキを食べたらどうですか。定着しますかね。「投了するから、あなたも食べない?」とか言えないでしょ。

松本 佐々木勇気先生なら、食べてくれるかもしれない。

(会場爆笑)

■サプライズゲストで広瀬竜王が登場

 イベントがそろそろ終盤を迎えるかという雰囲気になったとき、司会から「実は、ある棋士の方が木村先生のお祝いに来てくださいました」と告げられる。観客が舞台横に目を向けると、そこにはカジュアルな装いに身を包んだ広瀬章人竜王の姿があった。思わぬサプライズに場内からは拍手喝采が沸き起こった。

広瀬 こんばんは広瀬です。

木村 まあ、私はあなたから竜王を取ろうと思っていたんですけどね。

広瀬 今日は木村さんが王位を奪取されたので、お祝いをしたいのもありますが、真の目的としては「どうやったら豊島さんに勝てるのか」を聞きにきました。

(会場爆笑)

■「推し」という方がいたら全力で応援してあげてください

 ふらりと現れた広瀬竜王からは、タイトル戦での時間配分や体力維持の秘訣など、いろんな話題が飛び出し、あっという間に「お開き」の時間。

 最後に登壇された3人の棋士の方から挨拶があった。木村王位は、ファンに向けてのメッセージをしみじみと語ってくれた。

「みなさん今日は本当にありがとうございます。けっこうふざけた話が多かったですが、真面目に取り組んでおります。できれば来年も防衛したい。何より今回はファンの方に推されたというのは、よく感じましたし、力になりました。

 みなさんには『推し』という方がいるかもしれませんが、そういう人が舞台に立ったときは、全力で応援してあげてください。棋士がシリーズを続けていくと、迷いとか不安が必ず出てくる。そういったものを払拭できるように、お声がけください。私もこれからも一生懸命がんばります。今日はありがとうございました」

 続いて、これから防衛戦を迎える広瀬竜王がマイクを持った。

「どうやったら豊島さんに勝てるのかというのが、今日、ここに来たテーマでもあったのですが、やっぱり木村さんの将棋を見ていると、自分らしさを失わないことが大切だと感じました。みなさんの声援が励みになるので、お願いします。竜王戦は、豊島『推し』の方もいるかと思いますが、応援していただければ嬉しいです。木村さんには、来年の防衛を楽しみにしています」

 最後に、このイベントの1部、2部を通して盛り上げた遠山六段が、締めの挨拶を行った。

「私がモバイル編集長をやっていたときは、将棋ファンの方に、いかに将棋を楽しんでもらえるかをずっと考えてきました。そして今は記事を書くことで楽しんでもらえたらと思っています。今回も、イベントも楽しかったし、喜んでいただけたと思うので、第2回にもつなげられたらと思います」

 この後、写真撮影とプレゼントの抽選を経て「観る将ナイト2019」は終幕した。食事メニューやお土産など、細部にも「遊び」が感じられるイベントだった。早くも第2回が楽しみだ。

写真=野澤亘伸

(岡部 敬史)

関連記事(外部サイト)