ヤクルト・高津臣吾監督就任は“野村野球復活”ののろしだ

ヤクルト・高津臣吾監督就任は“野村野球復活”ののろしだ

「野球好き」を自任する男・高津臣吾の現役時代 ©文藝春秋

■「負けねーよ、野球好きさは」と高津は叫んだ

 2010(平成22)年12月、年の瀬も押し迫ったある日のこと。窓から差し込む柔らかな冬の日差し、暖房の利いた部屋。東京・新宿の古い小学校をリノベーションして作られた吉本興業の会議室の長机に座っていたのは、当時42歳を迎えていた高津臣吾だった。

 つい数週間前に台湾・興農ブルズからの契約解除を告げられたばかりだった。翌11年の去就が定まらぬ中で行われたロングインタビュー。編集部からは、「高津の野球人生を振り返る」というざっくりとしたテーマを与えられていた。聞くべきことを整理した上で臨んだこの日のインタビューは、広島で過ごした幼少時代。当時カープのリリーフエースだった江夏豊に憧れ、初めて彼と対面したときの思い出話から始まり、2番手投手だった広島工業高校時代、小池秀郎という絶対的エースの陰に隠れた亜細亜大学時代について話を聞いた。

 そして、野村克也監督率いるヤクルト時代を経て、シカゴ・ホワイトソックス、ニューヨーク・メッツに在籍しメジャーリーガーとして過ごした日々。06年のヤクルト復帰、そして07年オフの突然の退団。その後の韓国、台湾時代について、駆け足に振り返ってもらった。高津はこの1カ月後に独立リーグの新潟アルビレックスBCに入団することになるのだが、取材時点ではまだ去就は決定していなかった。

 長きにわたったインタビューが終わって、雑談が始まる。編集者が持参していた見本誌を手に取る高津。すると彼はしばらくの間、それを熱心に読み耽っていた。そして、他球団の選手がどのように評価されているのか、ライバルチームの翌シーズンの展望について、編集者や僕に意見を求めたのだった。ふと、編集者がこんなひと言を口にした。

「ここまで熱心に読んでいただけたのは、阪神の藤川球児選手以来です」

 すると、高津はおどけた調子で叫んだ。

「負けねーよ、野球好きさは(笑)」

 以来、僕は「高津臣吾」という名前を見るたびに、聞くたびに、この日の彼の言葉を思い出し、「高津臣吾=野球好き」という等式が頭を駆け巡るようになった。そして、2020年シーズン、ついに「野球好き」を自任する男がヤクルトを率いることになった。二軍監督を経て、満を持しての一軍監督就任だった。

■高津監督就任は「野村野球復活」ののろしなのか?

 先にも述べたように、アマチュア時代は「不動のエース」の地位を得ていたわけではなかった。「エースで四番」ばかりが集うプロ野球選手の中にあって、「控え選手のメンタリティー」を、身をもって体感しているのは強みになるだろう。また、日本のNPBだけではなく、アメリカ・MLB、韓国・KBO、台湾・CPBL、さらに独立リーグ・BCLと、各国、各地域、さまざまなレベルの野球を体験しているのは誰にも負けない、彼ならではの強力な武器でもある。

 僕の手元には3冊の本がある。いずれも著者は「高津臣吾」自身だ。1冊は『ナンバー2の男』(ぴあ)、2冊目は『必殺シンカー 変幻自在の投球術』(ベースボール・マガジン社)、そして3冊目が昨年発売されたばかりの『二軍監督の仕事 育てるためなら負けてもいい』(光文社新書)だ。

 この3冊はカラーが異なっていて、いずれも面白く読んだ。1冊目は彼の生い立ちが丁寧に描かれている。2冊目は代名詞となった「シンカー」を中心に技術論が詳細に解説されている。そして3冊目は彼の指導者としての資質、哲学が余すところなく述べられている。特に、『二軍監督の仕事』は、「高津監督」の今後を占う意味で重要な示唆に富んでいる。例えば、こんな一節がある。

〈日本・アメリカ・韓国・台湾でプレーしたが、戦略・戦術的な発想という意味では、「野村野球」が根っこにある。ヤクルトのスタッフの中にも、野村イズムに触れた指導者が多いので、話が通じるのが早いし、他球団で経験を積んだ指導者と話すと、考え方の違いが際立って面白い〉

 さらに、「僕は『野村野球』がすごく好きだ」と宣言した後に、次のような文章が続く。

〈なぜなら、野村監督は野球の奥深さをとことん追求していたからである。「そこまで考えなくても、ええんちゃう?」と思うようなことも中にはあったが、あらゆる要素を考えて野球をするのが、僕には楽しかった〉

 そして、「あまりにいい加減なミーティング」だったアメリカ時代のエピソードを披露した後に、こう言っている。

〈こうした経験を通じて、僕は野村野球が世界に通じるものだと感じるようになった。アメリカの選手や指導者から見たら、「そこまで考えなくても、野球はシンプルでいいんじゃないか」と言われそうではあるが、日本の野球が外国に対して勝つためには、こうしたこだわりが必要なのだ〉

 当然、高津監督もまたノムさんの教えを実践することだろう。つまり、「高津監督就任」とはすなわち、「野村野球の復活」の幕開けでもあるのだ。

■高津野球=野村+若松+オジー・ギーエン+奥川恭伸

 一軍監督就任記者会見において、高津監督は自分が仕えた歴代監督の名前を挙げながら、「それぞれの監督のいいところを真似していく」という趣旨の発言を行っている。同様に、前掲書でも若松勉監督のおおらかさを指摘し、「プロの監督、特に一軍監督としての理想像だと思う。選手たちを大人として扱ってくれたのだ」と絶賛。そして、シカゴ・ホワイトソックス時代のオジー・ギーエン監督については自身が打たれた試合後のエピソードを紹介している。

〈僕が大切な試合で打たれてしまい、試合が終わってからクラブハウスで落ち込んでいると、「どうしたシンゴ、何を落ち込んでいるんだ。まぁ、飲め」と言いながらビールを差し出してくれた。(中略)アメリカではこんな形で監督と選手の距離を縮める方法があるのかと驚いた。この時の経験を、僕はいつか生かせないかと思っている〉

 この一節からは、高津監督が目指すのは「監督と選手との距離が近い関係」を理想としていることが伝わってくる。そして、「目指すべき監督像」を次のようなフレーズで端的に表現している。

〈僕は、野村監督の下でたっぷり勉強し、若松監督の下で責任を感じながらプレーし、そしてオジーのお祭り野球を体験してきた。いまは日本にはないオジーのアプローチを、監督として実践したいという気持ちもある。しっかりと勉強をしたうえで、あとはエンジョイしておいで、と選手を送り出したいのだ〉

 つまり、「高津野球」とは、「野村の奥深さ+若松のおおらかさ+ギーエンの自由さ」をミックスした野球なのだ。二軍監督時代にはこうした手法で高橋奎二を一軍のローテーションピッチャーへと脱皮させ、村上宗隆を稀代の大砲として覚醒させた。そして、いよいよ一軍監督として、その手腕を発揮するときがやってきた。最下位に沈んだ19年。もう失うものは何もない。「野球好きなら、誰にも負けない」と豪語する男が目指す、新しいヤクルトの野球。高津監督の目指す新しい野球に期待したい。期待するしかないではないか! なぜなら、就任早々、あの奥川恭伸(星稜高)を自らの手で引き当てたのだ。幸先のいいスタート。もはや「希望」という言葉しか浮かばない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム 日本シリーズ2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/14450 でHITボタンを押してください。

(長谷川 晶一)

関連記事(外部サイト)