【日本シリーズ分析】なぜソフトバンクはあきれるほど強いのか、なぜ巨人は負けたのか

【日本シリーズ分析】なぜソフトバンクはあきれるほど強いのか、なぜ巨人は負けたのか

3年連続で日本シリーズを制覇し、喜ぶソフトバンクナイン ©時事通信社

 3年連続日本一。福岡ソフトバンクホークスが2年連続でシーズン2位からの「下剋上」を果たした。CSファーストステージの初戦で負けて以降は無傷の10連勝。巨人との日本シリーズでも4連勝と全く危なげなく勝ちきった。強すぎてハラハラするような場面も少なく、他球団のファンをしらけさせるほどに圧倒的だったソフトバンクは、なぜここまで強いのか。巨人との比較を交えてアナライジングしていきたい。

■間違いが起きないように計算された今季のソフトバンク

 どれだけ強いチームでも短期決戦は難しい。弱いチームとの対戦でも、排除できない運や偶然の要素で負けることがある。これまでも日米で、シーズンで好成績を残したチームが数多く「下剋上」にあってきたのがその証だ。ソフトバンクも00年代には毎年のようにプレーオフで苦汁をなめさせられ、「秋の風物詩」と揶揄された経緯もある。どれだけいい選手が揃っていても、相手が予想を上回る大活躍をしたり、その日に限ってエースが炎上したり、主力がブレーキになってしまったり、ミスを連発したり、勝っていても最後に抑えが打たれたり、間の抜けたヒットが出てしまったりといったリスクを完全には排除できない。

 そうした不確定要素を排除して、間違いが起きないような圧倒的な物量とスペック、データと経験、メンタルを全て兼ね備えているのが今季のソフトバンクと言えるだろう。

 まず投手陣。エースの千賀を筆頭に、常時150キロを超える速球に、落ちるスプリットやカットボール、鋭いパワーカーブを兼ね備えたバラエティ豊かな陣容が揃っている。重要な場面ではことごとく、ストライクゾーンからカクッと変化する「スラット・スプリット型」投球で千賀や森唯斗、ルーキーの甲斐野らが抑え込んでいたのがその象徴だろう。コースに決まれば空振りか、見送り。高めに抜けても意表を付かれた見逃しを繰り返した。結果として巨人打線は、日本シリーズ最多のチーム35三振、最低打率.176、最小安打タイ22安打、1試合最多タイ13三振を喫した。ここまで完全に抑え込まれては、それこそ何も起きない。「まさか」すら起こり得ないのである。坂本、丸、岡本らの打線のコアを、(4戦目にようやく少し打たれるまでは)完璧に抑え込んだ。スラット・スプリット型投球はレベルの高い相手にほど効果的なのである。

 3戦目にはルーキー戸郷が決めにいったスラットを内川に拾われてから動揺して崩れ、4戦目にはエース菅野がグラシアルにフルカウントから甘いスライダーを投じてしまい3ランを喫した巨人とは対照的だった。

■昨年までとは明らかに異なる千賀の成長した姿

 1戦ごとに振り返ってみよう。初戦の千賀は、ただ1試合を抑えるだけでなく、坂本や丸のインコースにツーシームやカットボールを連投して、強烈に意識をもたせ、翌戦以降にも影響を与える真のエースの投球を果たした。昨年までとは明らかに異なる成長した姿を見せてくれた。その上で、最速146キロの異次元のスピードを持ち、中4日で次戦の登板も可能なアンダースローの高橋礼を2戦目にぶつけ、途中までノーヒットに抑え込んだ。オーバースローの豪腕、千賀から目先が変わって対処がしにくかったはずである。

 3戦目以降は「第1先発」とも言えるバンデンハークや和田毅の後に、石川柊太やスアレスと言った「第2先発」を用意して、終盤の勝ちパターン継投に繋ぐ役割を果たした。スアレスは捕まったものの、「第2先発」で出てくる投手が159キロを計測するなど層の厚さは桁違いだった。もし5戦目があったとしても、負けが混んでいたら千賀を中4日で先発させるプランも持ちつつ、おそらく武田翔太を先発させ、6戦目に中6日で、万全の状態で千賀を持ってきただろう。個人の投球内容も、陣容も起用法もあらゆるリスク管理がなされており、完璧だった。

 このクラスの力を持つ投手は、巨人には山口俊、菅野、デラロサと澤村しかいなかった。

 そうした投手陣をリードで引っ張ったのがキャッチャーの甲斐拓也である。昨年は“甲斐キャノン”で6連続で盗塁を阻止してMVPに輝いたが、ポストシーズンの豊富な経験を生かしてシリーズ全体を考えた配球で完璧に抑え込んだ。丸や坂本へのインコース攻めの他に、岡本には徹底的にカーブを繰り返すなど意識付けが抜群だった。経験不足が見えた巨人の捕手・大城とはこれまた対照的であった。

■育成出身が活躍したソフトバンクと若手がミスを繰り返した巨人

 ソフトバンクは育成出身選手の活躍も目立った。千賀と甲斐のバッテリーに加えて、1番打者として積極的な姿勢で貢献した牧原大成、最後に走塁ミスもあったものの、その走力で巨人を追い込んだ代走の周東佑京、ロングリリーフをこなした石川柊太、リリーフで主に8回を担ったモイネロが育成出身である。巨人も3軍制を導入して若手が伸びては来ているが、その年季と質が違う。

 巨人は経験の少ない山本や若林らがミスを繰り返した。このレベルの試合では、薄いところから水が漏れて決壊していくように、穴があればそこから崩壊していく。交流戦で甲斐に2アウトからのセーフティスクイズを決められた岡本も、サードでは緩慢な守備が目立ち、シリーズでも穴を付かれた。ソフトバンクの圧倒的な圧力の前に、経験の少ない若手が萎縮しミスを繰り返したのも致し方なかったのだろう。代走要員の増田に走塁ミスが出るなど、効果的な走塁が多かったソフトバンクとは対象的だった。

 経験やメンタルでも圧倒的な差があった。

■ベテラン長谷川勇也の素晴らしい姿勢

 シーズンでは出場機会の少なかったベテランの長谷川勇也は、CSから代打で神がかり的な打撃を続けた。腐らずに準備を怠らない姿勢が素晴らしい。シーズンでは体調不良や故障に苦しんだ「2番打者」でもあり「5番打者」でもある中村晃は、貴重な場面でそのコンタクト能力を活かした打撃で貢献し、川島慶三や明石といったベテランも、出番が来れば確実に仕事を果たす。福田秀平は外野とファースト、代走や守備固めと、どこで出てきてもハイレベルなプレーを披露する。ムードメーカーでもある松田宣浩は、長打力だけでなく守備や走塁でも貢献し、CS男の内川は研ぎ澄まされた集中力で、ここぞの場面で打ちまくった。そんな彼らが8番に打順を下げられたり代打を出されたり、スタメン落ちをしても腐らずに全力でプレーする。ソフトバンクの真の強さの源はここにあるといっても過言ではない。第2捕手の高谷は毎試合、終盤の厳しい場面で起用され、抜群の観察眼と経験、信頼感でリードを守りきった。

 これほど圧倒的な差がある戦いでは、原監督のバクチが当たらないと対等には戦えない。しかし采配でも、工藤監督が上回り続けた。ただの「バクチ」ではなく、経験やデータ分析、勘による「確率の高いバクチ」で、能力と経験の豊富な選手たちがそれに応えて成功させ続けた。

 原監督の采配は、いまいち冴えがなかった。代打で陽岱鋼を使えばアウトコースのカットボールをホームランに出来る可能性があった場面でも起用することはなかったし、ミスをした山本に挽回の機会を与えようとしたのか、また起用したことで痛恨のミスに繋がってしまう場面もあった。下位打線で一発を狙えるビヤヌエバの起用も考えても良かったような気はする。

 圧倒的なデータ量と分析力、日頃からの準備を怠らない工藤監督にとっては、予告先発も吉と出た。シリーズ前の監督会議で「初戦の先発は千賀滉大」と突然発表して、予告先発制を採用せざるを得ないようにしかけたのは、豊富な戦力を誇り、様々な選択肢をとることが出来るチームあってのことだ。

 現役時代からシリーズを知り尽くし、勝ち運を持つ工藤監督が、百戦錬磨の原監督をも上回り、ソフトバンクにとっては完璧なシリーズとなった。ただ一つ問題があったとすれば、レベルの高い野球が好きな人以外には、あまり響かないシリーズとなってしまったことだ。完璧すぎる一方的な展開の野球は、一般受けしないのである。

(お股ニキ)

関連記事(外部サイト)