木村拓哉のソロデビュー 仕掛けたB'z稲葉浩志と、工藤静香との“深い関係”とは?

木村拓哉のソロデビュー 仕掛けたB'z稲葉浩志と、工藤静香との“深い関係”とは?

パリではリラックスしていたキムタク

「サラッと言っちゃおうかなと思うんですけど、2020年1月、アルバム出しまーす。はい、以上です」

 9月末、自身のラジオ番組で突如、ソロデビューすることを発表した木村拓哉(46)。さらに番組内で「バッチからは『音楽をやってる姿を見たい』というお手紙をもらった」とも明かした。“バッチ”とはB'zの稲葉浩志(55)のこと。いったい2人の関係は――。

◆◆◆

 音楽関係者が解説する。

「昨年、B'zのライブに木村がサプライズ出演したのをきっかけにソロデビューの話が浮上した。その後、木村のラジオに稲葉が出た際、『そろそろ木村拓哉の思い切り歌う姿を見たいな』とエールも送りました」

 来年1月8日に発売されるソロアルバムには稲葉をはじめ、槇原敬之や森山直太朗など豪華アーティストが楽曲を提供する。

「稲葉は木村の家でギターを弾き、『川の向こう側にいる人に聞こえるように歌って』などとアドバイスをしたこともある」(同前)

 実は、稲葉と木村の妻・工藤静香(49)は、昔から関係が深いという。

「静香さんは、元々モデルをしていた稲葉の妻と独身時代から仲が良く、そのつながりもあって稲葉とも親友になりました。稲葉の50歳の誕生日には稲葉家、木村家の家族で西麻布のイタリアンを借り切って誕生日パーティを開いたりと、今では家族ぐるみの付き合いです」(テレビ局関係者)

 ソロ活動の先輩の静香は、毎年末にディナーショーを開いているが、今年は三都市のみの開催と控えめに。

「次女でモデルのK?ki,のマネージメントが忙しいのです。K?KI,の海外の仕事には必ずついて行き、出待ちするファンへの対応もサポートしています」(同前)

■木村一家の共演はあるのか?

 木村が露出する年末年始の時期に、各局とも木村一家の共演を狙っているが、

「静香さんの許諾が必須なので実現はかなり難しい。元々、木村さんは娘の芸能界入りについて賛成ではなく、『やりたいなら反対しない』というスタンス。プロデュースはすべて静香さんに任せています」(同前)

 木村のソロ活動を巡っても、

「アルバムのレーベル会社内では当初、10月20日から始まる木村の主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS)の主題歌で使おうという計画もあった。しかし、木村本人が“ゴリ押し感”を嫌がって断ったようです。加えて、工藤さんがソロデビューの時期やスタッフの人選について、何かと口出ししているという話もある」(レコード会社関係者)

 今回のドラマでは、型破りなフランス料理のシェフを演じる木村。クランクインしたパリでは大ハッスルしていたようだ。

「制作側が用意した衣装にダメ出しをしたり、小道具などについても監督に直に交渉するほど気合が入っている。スタッフからは『キャプテン』と呼ばれ、お気に入りの白トリュフパンを100個差し入れるなど、座長らしく共演者を引っ張っています」(ドラマ関係者)

 ところが初回の放送は、運悪く裏番組にラグビーW杯の日本代表戦がぶつかった。キムタクも「ちょ、待てよ」という気分だろう。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年10月24日号)

関連記事(外部サイト)