安齋肇とみうらじゅんはビームスと20年以上もズブズブの関係だった!?

安齋肇とみうらじゅんはビームスと20年以上もズブズブの関係だった!?

ビームス永井秀二さん、みうらじゅんさん、安齋肇さん(左から)

10月29日の発売とともに、業界内外を騒がしている異色の コラボ増刊「ビームス×週刊文春」 。そのなかから「週刊文春」の連載でお馴染みのみうらじゅんさん、安齋肇さんとビームスの永井秀二さんの鼎談をご紹介します。

◆ ◆ ◆

「考えるヒット」のイラスト担当・安齋肇さんと「人生エロエロ」のみうらじゅんさんは、20年以上も前からビームスとのコラボを続けていたのです! 2人の無理難題を叶え続けてきたビームスの永井秀二さんと共に、コラボ企画の悲喜こもごもを語り尽くします!

安齋 最初にビームスとコラボしたのは、サッカーのTシャツのデザインをやったときだったかな。

みうら 釜本の時代(笑)?

安齋 そこまで古くないよ(笑)。1996年くらいかな。僕の希望で、ジョージ・ベストっていうイギリスのサッカー選手のTシャツをデザインしたんだけど、2000枚も売れたんだよ。日本人に全然知られていない選手だったのにすごいよね。

永井 安齋さんのデザインしたTシャツは売れるんですよ。

安齋 正確に言うと「売れた」でしょ(笑)。永井さんは基本的に「人がやってないことをやりたい」っていうタイプだから何でもやらせてくれる。

みうら 僕のイベントでも何かグッズを作ろうとなったとき、安齋さんは必ず「ビームスで作れるから」って言ってたもんだよ(笑)。

安齋 それが20年以上続いてる。

みうら 僕と安齋さんと久住昌之とレッドマン(和泉晴紀)で「ニール・ヤング展」をやろうってなったときも、安齋さんがビームスのBギャラリーを即、取ってきてくれたもんね。

安齋 その前に、Bギャラリーで版画展をやらせてもらったから、そのつながりでお願いしたんだよね。版画展のときは、ビームスがカタログを作るお金まで出してくれて、なんと設楽社長が版画展に参加しているんですよ。(設楽洋社長のページを出して)版画が得意だっていうから頼んだんだけど、人物が前向いてるのか後ろ向いてるのかわからなくない? 

みうら いや、きっと振り向いているんだよ(笑)。

安齋 振り向きすぎでしょ、これ!

永井 しかも泣いてますよね。

安齋 デザイン的には最高ですよ。夕日と顔が両方ともまん丸で。

■アイロンをかけると溶けちゃう伝説のアロハシャツ

みうら こんなふうに何かイベントするとき、気軽にグッズ作ってくれるところってビームス以外になかったからね。

安齋 みうら君プロデュースで大木こだま・ひびきさんの漫才イベントやったときなんかアロハ作ってくれたもんね。

みうら マイク・スミスがデザインしてくれた、ハイビスカスの中央にこだま・ひびきさんの似顔絵が入っているやつね。

永井 伝説のアイロンをかけるとプリントが溶けちゃうアロハのことですね(笑)。しかもプリント部分が汗を吸わなくてベトベトする「あせも系」のアロハになってしまって(笑)。

みうら 発注したのがギリギリでそうなっちゃったんですよね。すみませんでした。

永井 納期的な部分と製作枚数が少なかったことが原因ですね。普通は発注枚数がもっと多いので、反物から作ります。でもこのときは枚数が少なかったので、苦肉の策でシャツにプリントするという形になったもので……。

みうら 限定30枚でしたもんね。

永井 売るか売らないか、最後まで悩んだんですよ。でも早い時間から購入希望のお客さんが並んでおられて、一瞬で完売になってしまったんです。

みうら 会場で必死に「アイロンだけはかけないでくださいね!」って叫んだことよく覚えてますよ(笑)。なのにすぐ売り切れた。

安齋 今やレアものだよ。

みうら 安齋さんはその会場で、杉作J太郎と一緒にモデルとしてアロハ着て出てくれたんだよね。

永井 イベントの当日、「渋谷の公園通り劇場に来てくれない?」って安齋さんに呼ばれて行ったら、舞台上に「BEAMS特製アロハシャツ製作発表会」って大きな看板がかかっていて、ド素人の僕の席まで用意されていて(笑)。あっ、これ会社から怒られるやつだ、と。

?

みうら 記者会見風にはしたけど、記者なんて1人も来てなかったでしょ?

永井 いや、それが来てたんですよ。「週刊プレイボーイ」に記事がバーンと出ちゃって、会社にバレて事情聴取されましたよ(笑)。こだま・ひびきさんがテレビで見るより大きかったことにもひやっとしました。サイズ合わないぞ、と。

安齋 Lサイズなのにパツンパツンだった(笑)。でもこのアロハが、これまでで一番面白くできたコラボだと思うな。永井さんは、この頃から僕らの「特製部門チーム」にずっぽり入ってますね。

みうら 入ってるというか入れられちゃったんじゃないの?

永井 ほかにも色々作らせていただいて。20年程前、「ビームスじゃあなる」という社内報の編集をやっていたんですけど、その題字をお2人に描いていただいたこともありました。その題字をTシャツにプリントして、社内報に投稿してくれたスタッフにあげていたんですよ。

■架空のロックフェスのグッズを作っちゃった

みうら 僕が一番すごいなと思ったのは、映画『変態だ』(みうらじゅん原作・安齋肇監督)のときのコラボですね。ビームス 原宿の3階(トーキョー カルチャートbyビームス)で、カメラマンの三浦憲治さんが撮影したスチル写真をでっかく引き伸ばして展示して、映画に出てくる架空のロックフェスのグッズまで作って販売したでしょ。

安齋 このグッズは映画を撮り終わったあとに作っているから、映画には出てこないんだよね。

みうら 映画で主人公が着てるTシャツを売るというならわかるけど、そうじゃないのが新しかった。

安齋 まずは映画を永井さんに見てもらわないと、イベントをやらせてくれって説得できないと思ったんだよね。リアリティがないというか。

みうら 実際、映画に出てくる「スノーロッヂフェス」は客が10人ほどしかいない寒いライブだったけど、あんなフェスにビームス製のグッズが出てるってこと自体がおかしい(笑)。

安齋 架空のフェスのグッズってところが面白いんだよね。マグカップ、Tシャツ、エコバッグ、キャップ、タオル……。たくさん作ったな(笑)。

永井 映画の設定を知らず、ただ「スノーロッヂフェスのロゴがかわいいな」と思って買われた方も多かったと思います。

安齋 すごくかっこいいポスターもシルクスクリーンで作ってくれたんだよ。こういうグッズ展開のセンスの良さは、ビームスならではって感じがする。映画の顔出し看板も置いてくれたよね。これ、公開時に新宿ピカデリーにも置いてあったんだけど、いつの間にか端に追いやられて最後は倉庫に入っていたらしい(笑)。

みうら 俺ら基本的に顔出し看板が好きだからね。ニール・ヤング展のときも顔出し看板作ったし。

安齋 顔出しニール君、いたね(笑)。新宿のBギャラリーだけじゃなくて原宿のトーキョー カルチャートbyビームスでもギャラリースペースを割いてくれたことで、よりグッズも作りやすくなったよね。

みうら 安齋さんの思う壺じゃない、それ(笑)。そもそも洋服屋さんがギャラリーを作ったのって、ビームスが初めてなんじゃないですか?

永井 今はディーゼルとかもギャラリーを持っていますけどね。

みうら でもこんなバカなノリの展示はやってないでしょ?

永井 バカってわけじゃないですけど……そうですかね(笑)。

■えっ! ビームス製かと思ってたのに……

安齋 みうら君とやってるユニット「勝手に観光協会」のユニフォームもビームスに作ってもらったよね。

永井 ……すみません! 実はあのブレザーは、制服屋さんで僕が買ってきたものなんです。間に合わなくて。エンブレムはうちで作ったものですけど……。

みうら えーっ! ずっと「これはビームス製だ」って思いながら着てたのに。帽子もあったよね?

永井 帽子も買ってきたものです。

安齋 マジ? ビームスで売ってる帽子じゃないの?

永井 売ってないです。

安齋 すごくいい帽子だったよ。長年使って汚れたから別のメーカーの帽子に取り替えたんだけど、1回洗ったらすごい縮んでさ。孫悟空の頭の輪みたいにキリキリ締め付けられて(笑)。

みうら 「やっぱりビームス製の帽子はいいよね」って言ってたのに(笑)。

永井 製作が間に合わない場合は、他所で買ってくるというスタイリストみたいなこともやっていたんです。

安齋 騙されてたよ〜。

みうら まさか、僕の還暦のイベントのとき、安齋さんたちがビームスで作ってくれた真っ赤なジャケットも?

永井 あちらはちゃんとビームスで作ってます。

みうら よかった〜(笑)。

安齋 あのジャケットは、いとう(せいこう)君の発案で山田五郎と渡辺祐と計画したサプライズプレゼントだったんだよね。こっそりみうら君のサイズを調べて。

永井 最初、裏地はみうらさんの作っているエロスクラップをプリントしたオリジナルの生地にしようという話が出ていたんです。

安齋 そうしたら、「それは下品だ」と言うメンバーが現れてね。山田さんも「わし、裏地にサインしたいわ〜」って言い出して、エロスクラップ柄にしたらサインができないって、結局ヒョウ柄になった。ポケットやボタンの数からウエストの絞り方まで、メンバーの意見が生かされているジャケットなんですよ。みんなの意見がバラバラだったから、永井さんは調整するの大変だったと思うよ。

みうら 安齋さんがマネて書いたボブ・ディランのサインも入ってたよ。

安齋 ググッたんだけど、ディランのサインの画像ってなかなか出てこないんだよ。だから書くの苦労した。

みうら それに、もらっておいて難クセつけるのも悪いんだけど、腕の部分がピタピタで、下に服が着られないから、裸で着るしかない(笑)。

永井 ロッカーみたいなイメージというのを縫製屋さんに伝えたから、腕が細めになったのかもしれません。

みうら ロッカーだって痩せているとは限りませんから(笑)。

安齋 赤い帽子は、神戸の女優帽を作っているお店でオーダーしたんだよ。このときも、みうら君の還暦の誕生日当日に渡すって決まっていたから、間に合うかドキドキだった。でも永井さんは必ず間に合わせるから。

永井 いや〜、買いに走ったりもしてますけど(笑)。

■社長の好きな言葉「努力は夢中に勝てない」

みうら 安齋さんが還暦記念でやった展覧会のグッズもビームス製だったでしょ。

安齋 そう。ビームスが作品集を作ってくれて。今日着てるのもビームスで作ったTシャツだけど、この作品集に載っている僕のTシャツの6割はビームスで作ったものだからさ。この作品集といろんなグッズを詰め込んだスペシャルボックスもビームスが作ってくれて販売したんだよね。

みうら 缶バッジとか絵葉書とかお守りとかいろいろ入ってるね。アパレル系だけじゃなくて、ビームスは紙モノも作ってくれるんですね。

安齋 ここまでやってくれるのは永井さん以外にいないじゃないですか。オンリーワンですよ。

永井 いやいや〜。うちの社長もこういうノリが好きですからね。

安齋 それで暴利を貪るとか、回収しようとしないところもいいよ。

永井 回収しなくちゃいけないとは思っているんですけど……。うちの社長の好きな言葉に「努力は夢中に勝てない」というのがあるんですが、その、「夢中」のほうにばかり行ってしまって、会社には申し訳ない……。

安齋 この記事を読んだ人が永井さんを訪ねて来ちゃったらどうする? 何でも作ってくれる人だと思われて。

みうら いろんなところからオファーが来るんでしょ? 

永井 企業とか作家さんとかたくさんお話をいただいていますね。

安齋 ビームスはコラボのハシリだよね。今までで一番大きなコラボは?

永井 うーん、僕がやったわけではないですが、車とか、カップ麺とか。

■リオ五輪の安倍首相のマリオもビームス製?

みうら ひょっとして、リオ五輪閉会式の安倍首相のマリオのコスプレ服もビームス製?

永井 あれは違いますね(笑)。

みうら 大きな企業とのコラボで儲けていただいて、そのお金で僕らとのコラボをやっていただいているわけですね(笑)。若い人が僕らの展覧会を見にきてくれて「ビームスでこんなことができるんだ」って思ってもらえたら、それだけですごいことじゃん。

安齋 今の若い子は展覧会をやるとき必ずグッズ作るよね。初めての展覧会でもTシャツとかポストカードとか作って売るんだよ。

みうら それは、そもそも安齋さんが展覧会にロックコンサートのセンスを注入してきたからですよ。

永井 展覧会でTシャツ売ったりするのって安齋さんがハシリでしたよ。

安齋 僕はどちらかというと展覧会本体よりもパンフレットやグッズが作りたいんだよね。

みうら 売店のほうだね(笑)。

安齋 みうら君だって旅先で最初に土産物屋さんに入るでしょ。

みうら だって旅の目的地は土産物屋だからね。有名な観光地より土産物屋のほうにワクワクする。土産物屋を見ると大概のことはわかるしね。映画を見に行ったときも、先にパンフを買う派だから(笑)。

安齋 Tシャツまでは買わないの?

みうら 最近、映画館でTシャツはあまり売ってませんね。ロックTシャツも売ってるところが減ったでしょ。大学時代はロックなテイストのTシャツを買いに、ビームスに行ったもんです。

安齋 それまでのTシャツは下着だったよね。

みうら そうそう。でもビームスのTシャツは「見せるTシャツ」だった。

安齋 訴えることがあるだけでもすごいよね。ポリシーがあるわけで。

みうら しかも学生でも買える値段だったしね。

■ももクロのTシャツは9000枚売りました

安齋 最近はロックバンドとコラボしたTシャツは出してないの?

永井 今はロックよりアイドル系ですね。ももいろクローバーZとかリリカルスクールとか。ももクロのTシャツは9000枚売りましたから。

みうら へえ〜。

永井 ヤン富田さんやスチャダラパーとかのグッズは出してますけどね。

安齋 かせきさいだぁとか。ビームスにはサブカルチャーのニオイがする。メジャーな人しか作れなかったコラボグッズをマイナーな人とも作るというのはサブカルチャーだもんね。

みうら サブカルって「よく知られていないこと」だったから(笑)。

安齋 一部の人たちの間で盛り上がっていて、Tシャツを作れば1万枚売れるみたいな人が出てきているわけですよね。1万枚売れるってことは、もうメジャーですよ。メジャーの数が増加している今の土台を、ビームスが作ってきたんだと思うな。

みうら 今はマイナーとメジャーが合体して「マイジャー」みたいなことになってますから。

永井 あっ、ビームスでは「ビッグ・マイナー・スピリット」って呼んでいるんですよ。

みうら そこを何とか「マイジャー」に変えてもらえません? 広島弁みたいにも聞こえるし(笑)。

安齋 飯食ったときも使えるもんね「うマイジャー」(笑)。

みうら 久しぶりに安齋さんの駄洒落聞きましたよ(笑)。安齋さんは今までにビームスで何種類くらいTシャツ作っているの?

安齋 20種類くらいかな? 1年に1枚くらいだよ。

みうら もっとありそうだけどね。

永井 今回、文春とのコラボTシャツも作ろうと思っているんですよ。

みうら 胸のところに「週刊文春」が貼り付けてあって、めくって読めるのがいいな。電車で前に座っている人に読ませてあげるというTシャツにしてくださいよ。

永井 いいですねー、胸にクリアファイル状のものがついていて、入れ替えられたらいいですね。毎週違う和田誠さんの絵が楽しめる。

安齋 絶対売れなさそうだけど、それ作ってほしい!

写真=榎本麻美/文藝春秋

あんざい・はじめ 1953年東京都生まれ。主にイラストレーター、週1ソラミミスト。LINEスタンプ「ハロルド危機一髪」も大好評。

みうら・じゅん 1958年京都市生まれ。イラストレーターなど。「週刊文春」の連載をまとめた『ラブノーマル白書』(文春文庫)発売中。

ながい・しゅうじ 1963年東京都生まれ。ビームスクリエイティブディレクター。「TOKYO CULTUART by BEAMS」でキュレーションを行う。

(「週刊文春ムック」編集部/文春ムック 週刊文春が迫る、BEAMSの世界。)

関連記事(外部サイト)