バトルロイヤル形式のフェンシング!? 太田雄貴が目指す楽しそうな“第4の種目”

バトルロイヤル形式のフェンシング!? 太田雄貴が目指す楽しそうな“第4の種目”

©iStock.com

“全日本選手権チケットを2日で完売”させた太田雄貴が語るフェンシングの問題点と解決策 から続く

 2017年夏、31歳で日本フェンシング協会の会長に就任した太田雄貴さんが、マイナースポーツから脱却するために様々な施策を実行している。彼を突き動かすのはオリンピックで日本がメダルを獲得した直後の全日本フェンシング選手権での閑散とした観客席にあった。――彼と仲間たちの2年間の奮闘記『 CHANGE 僕たちは変われる 』が発売中。今回は本書の第4章「観るスポーツとして」全文を公開。

◆◆◆

■5日間で50万人以上が熱狂するFISE

 2018年5月、僕はフランス南部の人口26万人の街モンペリエを訪れていました。

 この地でバイシクルモトクロス(BMX)やパルクール、スケートボードなどのアーバンスポーツの祭典、FISE(エクストリームスポーツ国際フェスティバル)が開催されていたからです。

 僕は、この年の1月に設立された日本アーバンスポーツ支援協議会の副会長も務めています。オリンピックでも、スポーツクライミング(ボルダリング)やスケートボードなど、アーバンスポーツが正式種目となってきている今、2020年の成功のためにもこういったスポーツを盛り上げていきたいと考え、お手伝いをしています。そしてもちろん、このアーバンスポーツの要素をフェンシングにどうやって取り入れていけばいいのか、アイデア探しの場としても捉えていました。

 広島の市民球場跡地では、これまで2度、FISEが開催されています。2019年は4日間でのべ10万3000人の観客がトップ選手のスーパープレーを間近で感じ、楽しんでいました。

 それぞれの競技単体では集客が難しくても、こういった形でなら、多くの人の目に触れることができる。入場は無料ですが、観客のデータをしっかりとることで、そのデータを将来的に収益につなげていく。こういったフェス形式のスポーツイベントには大きな可能性があるのです。

 そして、FISE発祥の地でもあるモンペリエの熱狂は、広島のそれを大きく上回るものでした。5日間で50万人以上もの観客が訪れています。こちらも入場は無料。大会運営費などはスポンサーによって賄われていることもありますが、街中がFISEで賑わっている、そんな状況です。

■適当でゆるい大会運営だけど、好きなように楽しんでいた

 正直にいえば、大会の運営はかなり適当でゆるく、予定通りに競技が開始されないこともありましたし、連携がうまくとれず、ある競技団体とFISEの事務局が揉めていたりもしました。日本ならきっと、テレビなどの放映時間などにも関わってきますから、もっとキッチリやらないと問題になってくるでしょう。

 ただ、そのゆるさを観客のみなさんが許容した上で、個々人が、横並びではなく、それぞれに自立して、好きなように楽しんでいました。

 中でも感動したのは、BMXの会場で、難しい技にトライして失敗をしたライダーに観客が惜しみなく拍手を送るシーンです。勇気を振り絞ってチャレンジしたけれど、失敗して転倒、全身を擦りむき、地面に叩きつけられたまましばらく動けない。そんなときに、観客はそれぞれに、スタンディングオベーションで彼の勇気を讃えるのです。

 その自然発生的な応援の拍手、称賛の拍手を目にして、涙が出そうになりました。

 この文化は、もしかしたら東京オリンピックでアーバンスポーツがもたらしてくれるレガシーではないか、と思うのです。

■プロセスを評価してあげられる文化

 日本には、こういう文化が果たして根付いているでしょうか。

 横の人たちの動作を見て、それを真似るように拍手をしていたり。

 サッカーで、選手がシュートを外すと、溜め息をついていたり。

 テニスで、選手がミスをすると“あー”とがっかりした声を上げたり。

 そうではなくて、自分が声を上げたいときには自由に叫び、シュートを打ったことやチャレンジしたこと、勝利や成功といった結果だけでなくプロセスを評価してあげられる文化を、スポーツ界から日本全体に広げていくことができれば、どんなにいいことか、と思います。

■テクノロジーと融合した第4の種目を作りたい!

 フェンシングというスポーツ自体についていえば、勝負が一瞬で決まりますし、「成果ではなく過程を評価する」場面は少ないかもしれません。それでも、こういった文化が広がっていけば、フェンシング会場であっても、周りの目を気にせず、観客のみなさんがそれぞれに声を上げ応援するシーンが、東京五輪で見られるようになるはずです。

 ちなみに、フェンシングは、これらアーバンスポーツとは現在のところ一線を画していて、FISEにはデモンストレーションを行う程度。本格参戦というところまではいっていません。

 でも僕は、この中にフェンシングも飛び込んでいきたい、と思っています。

 テクノロジーと融合したエクストリーム版、アーバンスポーツ版のフェンシング、それも「観るスポーツ」「するスポーツ」両面を持つものを作りたい――それが、フルーレ、エペ、サーブルに続く第4の種目の開発プロジェクトです。

 実はフランスのフェンシング連盟が、スター・ウォーズの世界観に沿ったような、LED内蔵の剣で戦う「ライトセーバーデュエリング」を第四の種目として認定しています。

■円形の競技場で戦ってみたり…

 たとえば、スキーは従来の滑降、大回転といったアルペン種目だけでなく、モーグルやハーフパイプなどの新競技がオリンピックで採用されています。いずれも観るスポーツとしての面白さと競技性がしっかりあるから、成立したのでしょう。アーバンスポーツにもその要素が必要になってきます。あとは「都心で開催できる」「ルールがわかりやすい」といったところも大切でしょう。

 マスクを付けず、プロテクターは付けつつもやわらかいサーベルで戦ってみる。あるいは1対1ではなくバトルロイヤル形式で、円形の競技場で戦ってみる。チーム戦にする――今は、少数のメンバーでスクラップ&ビルドを繰り返しています。

 近い将来、あっと驚くような『第4の種目』をお披露目することができると信じ、開発を進めていきます。

(太田 雄貴)

関連記事(外部サイト)