排水溝から、朽ちた冷蔵庫から殺人ピエロが……映画『IT/イット THE END』怖いのに感動してしまう“2つの理由”

排水溝から、朽ちた冷蔵庫から殺人ピエロが……映画『IT/イット THE END』怖いのに感動してしまう“2つの理由”

©?2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 全世界で7億4000万ドル(約799億円=歴代興収記録119位)、北米で3億2000万ドル(約345億円=歴代興収記録66位)、日本では22億円もの興行収入を記録し、映画史上最もヒットしたホラーとなった『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(17)。公開中の続編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』も、既にアメリカでは初登場1位、わずか公開3日間で興行収入9106万ドル(約98億円)をマーク、改めて凄まじい人気の高さを示すこととなった。

 古くは『ローズマリーの赤ちゃん』(68)や『エクソシスト』(73)、最近では『死霊館』シリーズ(13〜16)やそのスピンオフ『アナベル』シリーズ(14〜19)、『ゲット・アウト』(17)、『へレディタリー/継承』(18)と、ホラーには社会現象となった作品やドル箱シリーズが数多いが、やはり観る人を選ぶジャンルではある。どうせ金を払って映画を観るなら怖い思いをするよりも楽しめるほうがいいと観客の多くは考えているわけで、どんなに当たっても歴代興収上位にランクインすることはない。そんななかで前作があそこまでのメガヒットとなったのはまさに異例中の異例。恐ろしい内容が受けたのは確かだが、ほかにも人々を惹きつけるものが『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』にはあったのだ。いったい、“それ”はなにか?

■罪悪感や劣等感を“絶対的恐怖”へと転化する

 原作はスティーヴン・キングが1986年に発表した「IT(イット)」。キングといえば、やはり映画にもなった「キャリー」、「シャイニング」、「ミザリー」などで知られるベストセラー作家である。“モダン・ホラーの帝王”の異名を持つ彼の代表作を映画化しただけに夢に出てきそうなゾッとする場面がベルトコンベア状態なのだが、それらを引き起こす存在がペニーワイズ。米メイン州の小さな町デリーに27年周期で出現しては、次々と子供の命を奪っていく殺人ピエロだ。

 排水溝の中からヌッと顔を覗かせ、グシャグシャに折りたたまれた状態で朽ちた冷蔵庫から這い出し、プロジェクターで投影された家族写真の母親からピエロ姿へと変貌してスクリーンから飛び出すといった具合に、時間も場所も選ばずに襲いかかってくる神出鬼没ぶり、肉体を“大小伸縮”させてあらゆるものに姿を変える変幻自在ぶりには劇中の子供たちと同じように逃げ場はないと感じてしまう。しかし、彼の恐ろしさの本質は、狙いを定めた子供が抱く“傷”と“負”を利用する狡猾さにある。

■幻覚を見せ、震わせ、怯ませ、弱くなったところで……

 一緒に遊ぶのが面倒だと大雨の外へと弟を追いやって行方不明にさせてしまったビル。学校でビッチ扱いされ、家では父親から性的虐待を受けているベバリー。不良から“オッパイ”と呼ばれていじめられ、ナイフで腹を傷つけられる肥満児のベン。過干渉な母に逆らえないうえに、極度の潔癖症で喘息のエディ。幼い頃に両親が焼け死ぬのを目にしたマイク……。

 主人公となる少年少女は誰もが罪悪感や劣等感を背負っており、ペニーワイズはそうしたものを具現した幻覚を見せ、震わせ、怯ませ、弱くなったところで命を奪おうとする。目を背けたい事柄、忘れたい事柄を、そうはさせまいとフラッシュバックさせる彼はピエロの姿をした各自の“悪夢”でもあるのだ。そして、小さくてもなにかしらの負を抱えている我々もビルらに恐怖の共感を覚えてしまう。

■怖いのに感動してしまうホラー版『スタンド・バイ・ミー』

 そうした巧みな構図と仕掛けに加え、この作品最大の魅力にしてメガヒットの要因といえるのが少年少女の友情、恋、青春、成長を描いた優れたドラマ、“ジュブナイル”である点。ほかの十代前半の子供のような明朗活発な日々を送れない彼らが自分たちを負け犬と認めてルーザーズ・クラブを結成し、ペニーワイズと戦いながらも固い絆と友情を築くさまがしっかりじっくりと描かれているのだ。

 夏休みが始まるや、学校のゴミ箱へ放り込まれる鞄の中身。嬌声を上げながら、パンツ一丁で崖から川へ向かってダイブする面々。ベバリーに惹かれるものの積極的になれず、彼女とビルの接近を黙って眺めることしかできないベン。こうしたキュンときて、ノスタルジーも誘う描写もまたベルトコンベア状態になっていて、ペニーワイズによって血まみれにされたベバリーの家のバスルームをみんなで掃除するシーンも絵的にはおぞましいはずなのにどこか和気あいあいとした雰囲気を感じてしまう。そうして育まれた絆と友情、そこから生まれる勇気を武器にしてペニーワイズに挑むことで、それぞれが抱えていた“傷”と“負”をも乗り越えていこうとする展開にグッときてしまう。

 人々を震え上がらせる名手であるスティーヴン・キングだが、こと映画の世界においては泣かせる名手としても名を馳せており、日本では『スタンド・バイ・ミー』(86)、『ショーシャンクの空に』(94)、『グリーンマイル』(99)といった非ホラーや感動に重きを置いた作品のほうが人気も知名度も高く、『グリーンマイル』は66億円もの興収を弾き出しているほど。

 なかでも、列車にはねられた男児の死体を探す旅に出た少年4人の姿を描いた“泣き系キング映画”の傑作『スタンド・バイ・ミー』は、少年たちの年齢が十代前半だったり、兄を失くしている主人公を筆頭にキャラクターの多くが悩みや苦しみを抱えていたり、不良たちと対峙したりと、なにかと『IT/イット』と重なる部分は多い。キング一流の恐怖のみならず、あの感動もまた堪能できるのではないかと期待して劇場に駆けつけ、おおいに満足したという人も多かったのではないだろうか。

■ペニーワイズの殺人鬼ぶりも友情をめぐるドラマもパワーアップ

 そんな前作から27年後を舞台に、40歳となったルーザーズ・クラブがペニーワイズとの再戦に臨む『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が放たれたわけだが、恐ろしさはまったく薄まっていない。十数メートルもの大きさになったり、風船にブラ下がって空を飛んだり、蜘蛛型モンスターとなって猛スピードで追いかけてきたりと、ペニーワイズの暴れぶりはパワーアップ。だが、それよりも大人になってもメンバーたちが“傷”と“負”を乗り越えられていなかったことに愕然としてしまう。

 故郷の町に戻って懐かしさを噛みしめると同時に、子供時代の思い出したくないあれこれもフラッシュバックしてしまう。どんなに年数が過ぎても、仕事や肩書によって自信を得ようとも、劣等感や罪悪感はトラウマと化して絶対に離れることがないというイヤ〜な真理をペニーワイズは突いてくる。だが、ルーザーズ・クラブが育んだ友情と絆の固さもまったく変わっていないのだ。そして、これが彼に立ち向かうための強大なパワーとなり、泣かせどころにもなっていく。仕事や家庭など子供の頃よりも失いたくないものが多いはずなのに、戦いから逃げないビルたちの決心と勇気には、筆者も彼らと年齢が近いこともあってか染みに染みてしかたがなかった。

“THE END”と銘打たれているだけに物語はこれで完結するが、けっして潰(つい)えることがないであろうルーザーズ・クラブの友情はぜひとも追いかけたい。なんたって人生100年時代であるのだから、彼らが67歳、94歳になった第3弾、第4弾も作ってほしいのだが……。

(平田 裕介)

関連記事(外部サイト)