野田地図「Q」で初舞台 広瀬すずが「唯一無二の女優である」理由

野田地図「Q」で初舞台 広瀬すずが「唯一無二の女優である」理由

21歳広瀬すずの初舞台は野田地図「『Q』: A Night At The Kabuki 」となった ©getty

 広瀬すずの初舞台を目撃した者は幸いである。なんたって初ものである。21歳のいま、舞台に立ったタイミングは最高なのではないか。ヒロインを演じた朝ドラ「なつぞら」で演技力問題が取りざたされたことはあったものの、初舞台作「『Q』: A Night At The Kabuki 」は広瀬すずの唯一無二のチカラを見せつけるものになった。

 バスケやキックボクシングで鍛えた広瀬すずの身体はもうそれだけで十分眼福なうえ、さらに天才・野田秀樹から新たな学びを得てぐんぐん伸びてゆく、その瞬間は尊い。とりわけ、声がよかった。ウィスパー気味で舞台向きではないのではないかという心配はなく、しなやかな身体そのもののようによく響いた。肉体の外側だけでなく内側の若い繊細に鍛えられた筋肉が作り立ての楽器のように弾く音。人間、誰しも年齢を重ねると声も変わるので、いま、この瞬間、野田秀樹の詩情あふれるセリフを発する広瀬すずの声が聞けただけで至福である。

 10月8日に初日が開けてから東京、大阪、北九州とまわって、11月9日から再び東京公演がはじまる。当日券を求めてでも見るべきだ。

■「もしもロミオとジュリエットが死ななかったら?」が舞台に

 件の野田秀樹の新作「『Q』: A Night At The Kabuki 」とはどういう演劇なのか。

 QUEENたっての希望で野田秀樹が名盤「オペラ座の夜(A Night At The Opera)」の12曲をふんだんに使用してつくった作品は、有名なシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を12世紀の日本に置き換えたもの。主人公は、平の瑯壬生(ロミオ)と源の愁里愛(ジュリエット)。そう、ロミジュリのモンタギュー家とキャピュレット家の争いを平家と源氏の争いに見立てているわけだ。瑯壬生の父は平清盛で、愁里愛には父はいないが、源義仲や源頼朝の庇護を受けている設定。神父(法皇)様も出てくるし巴御前も出てくる。ロミジュリと源平合戦の両方の要素をうまいこと盛り込みつつ、単なるロミジュリ×源平合戦ではなく、舞台上は次第に別の世界線を描き出し、第二幕になると驚くべき変容が……。

 基本は「もしもロミオとジュリエットが死ななかったら?」という世界線の物語で、平の瑯壬生と源の愁里愛の傍らには、その後の瑯壬生とその後の愁里愛が寄り添っている。広瀬すずと志尊淳が演じる若きロミオとジュリエット、松たか子と上川隆也演じる大人になったロミオとジュリエット、この4人のロミオとジュリエットが舞台上に入れ代わり立ち代わり、ときに絡み合いながら物語は進行する。その後のロミジュリは、若い情熱だけで死に急ぐロミオとジュリエットを救うべく奔走する。

■家も名前も命まで捨てる“純粋な愛”に初挑戦

 広瀬すずは、無邪気な少女・愁里愛が恋を知って変わっていく様子をキラキラと演じる。ここまでストレートな恋愛ものを映像ではやったことがなかったそうだ。

 映像だと、恋愛未満の「ちはやふる」シリーズや、教師に恋をする、ロミジュリとはまた違った禁断の恋「先生!、、、好きになってもいいですか?」などと極端に振れるし、朝ドラ「なつぞら」も幼馴染の天陽くんとはやっぱり恋愛未満で、それを超えて同志愛となり、夫(中川大志)ともストレートな恋愛結婚という感じではなかった。

 そういう意味では、一目惚れしてただただこの人が好きで、家も名前も命まで捨てても一緒にいることを選ぶという純粋過ぎる恋愛ものは貴重。王子様ふうな志尊淳と美男美女で見つめ合う姿は微笑ましくまぶしかった。

 そして後半、広瀬すずの本領ががぜん色濃くなる。「Q」の後半、死ななかったロミジュリのその後のターンになると、広瀬は「愁里愛の面影」という役割で舞台に立つ。その後の愁里愛と瑯壬生を見つめる彼女はじつに儚げだ。ボブカットの裾からのぞく細い首が少し前に傾いた横顔から伝わってくる憂い。「愁里愛」という己の名についた「愁」という運命を体現しているようだ。

■「奥深いものを描きたくさせる」広瀬すずにある“なにか”とは

 広瀬当人は美少女としてスカウトされて注目されて多くの作品に引っ張りだこの幸福な少女であるはずにもかかわらず、なぜか世界中の哀しみを湛えた像のように見える。

「なつぞら」の脚本家・大森寿美男が「なつぞら」に関するインタビューで、

“不思議な魅力のある方ですよね。前向きに元気にはつらつと爽やかな女の子もできると思うけれど、それだけじゃないものがにじみ出ちゃうというか、奥深いものを描きたくさせるなにかがある。”
「なつぞら」最終回 脚本家が明かすぎりぎりの創作秘話。「締めのナレーションには好き嫌いがあると思う」 より

 と語っていたがほんとうにそうで、李相日監督の「怒り」や先日、テレビ放送もされた是枝裕和監督「三度目の殺人」などの広瀬すずもまさにそれである。

「Q」でも徐々に単なる10代のキラキラ恋愛ではないものが立ち上ってくる。なぜ、ロミオとジュリエットは死ぬほど思い詰めることになったのか。ふたりの恋を引き裂いたものは何なのか……。その根本を野田秀樹は書く。そして、時代が変わっても場所が変わってもそこにあり続ける忌まわしき元凶に引き裂かれた多くの人たちの想いを広瀬すずが一身に引き受けるように見えてくる。

「なつぞら」で広瀬が演じた主人公なつは、東京大空襲のなか生き残り、焼け跡を子供だけで生き抜いて、命からがら北海道に生きる場所を求めてやって来て、なんとか居場所をみつけながら、それでもどうしても埋められない虚無をアニメーションに救われる。

■「引いた視線」にある、虚構に埋没しない冷静さ

 私は「なつぞら」のノベライズを書いていて、大森寿美男の脚本を最初に読んだとき、広瀬すずの怜悧でピュアな黒い瞳を思い浮かべた。彼女が演じるヒロインが戦争による虚無をその大きな黒い瞳で見つめている様を強烈に。だから最後もその瞳の描写で終わらせた。

 その話を舞台『Q』公式パンフレットの取材のとき、広瀬にしたところ、バスケでガードという司令塔的なポジションをやっていたこともあるからか「見る」行為に慣れていると、ある映画監督にも言われたことがあり、「Q」でも「見る」役割があるのだと言った。引いた視線を自然と養ってきた彼女の演技には、虚構に埋没しない冷静さがある。儚さと隣合わせに感じる強さは、スタンドアローンで世界を見つめる精神性なのだ。

「ちはやふる」で、膨大な百人一首のカルタから、読み手の第一声を空気の振動レベルでキャッチし、誰よりも先に札を獲得するシャーマン的行為もそれに近いし、その選ばれし者感は、筒井康隆の「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」のヒロインなども合いそう。「Q」では、それこそ「平家物語」に書かれた「もののあわれ」――宇宙的スケールの「無常観」まで彼女の視線は遠く広く引いていく。

■「リアルな感情ではなく音でセリフを言うように」

 世界中の愛を失った人々の哀しみが広瀬すずに幾重にも重なり胸を締め付けられる。細い弦が震えるような声は、野田秀樹の祈りのようなセリフを増幅させる。これは以前から野田の舞台に多く出演している松たか子がとても巧いのだけれど、同じジュリエット役だし、広瀬すずも松に次ぐ声のチカラをもっているように思う。

 当人は最初、声を心配したそうで、野田には、リアルな感情ではなく音でセリフを言うようにと指示されたそうだ。それは志尊淳も同じことを言われたとパンフレットに書いてあった。現代の等身大の人物を描くドラマや映画で必要とされるナチュラルな発声とはまた違う表現をこの舞台で学ぶことで、彼らはまたひとつ飛躍したことであろう。

 声だけでなく、広瀬はこれまで、作り込まずその場で感じたものを大事にするという演技の方法論に則ってきた。それ故に感受性の鋭さは人一倍だ。おそらく、現場で彼女の心が動かなかったら、その現場は失敗だろうというくらい嘘と真実をその瞳で正確にジャッジする。だからこそ、なにかを感じたとき、それをどういうふうに身体全体で表現するか、その都度、適切な表現があることを学べば最強だ。

 野田秀樹の舞台は、日常系の芝居ではなく、そこから大きく飛躍する芝居なので、その表現を学ぶことによってこれからの広瀬すずはもっともっと豊かな俳優になるだろう。パンフレットの取材では、当人もアスリートのように冷静にいまの自分の状況と課題を自覚している頼もしさを感じた。

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)