映画監督「北野武」はいかにして生まれたか

映画監督「北野武」はいかにして生まれたか

左から春日太一氏、奥山和由氏、鍋島壽夫氏

 映画監督・北野武の誕生。監督デビュー作となった『その男、凶暴につき』、そして傑作『ソナチネ』はどのようにして生まれたのか。

 去る10月26日、八重洲ブックセンターにて 『黙示録??映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』 の刊行を記念して、奥山和由氏、著者である映画史研究家の春日太一氏、奥山とともに邦画界を盛り上げ続けてきた鍋島壽夫氏をスペシャルゲストに迎えた鼎談イベントが開催された。『ハチ公物語』など15作品を共にプロデュースし、「運命共同体だった」と語る奥山と鍋島。イベントでは2人が製作に携わった北野武監督『その男、凶暴につき』について振り返る一幕も。

『その男、凶暴につき』はそもそも深作欣二が監督をする予定であった(この降板劇の詳細は『黙示録』に詳しく書かれている)。深作が降板した後、主演である北野武はなぜ監督を務めることになったのか??。

■「映画監督・北野武」誕生

奥山 和由(以下、奥山) 深作さんはとにかく降りるっていう決心をしちゃっているなかで、「武さんが監督ってのはあるかなぁ」と思いながら「とにかく一発勝負で訊いてみるしかない」と。だけど、もし「やる」ってことになったときにFRIDAY事件の直後ですから、謹慎が解けて、じゃあ武さん監督でいこうってなったときにテレビの収録が山ほど積もっていたんです。撮影を1週間おきにしかやれないよと。でも、とにかくそれでしか前に進めないのであったら進むしかないよねっていうことで。

鍋島 壽夫(以下、鍋島) 奥山さんはそういうところの決断は早いんですよ。深作さんがないっていうときは、武さん監督しかないだろうという。今でも忘れない四ツ谷の寿司屋の2階に呼んで、当時森さんもいて。奥山さんが「鍋ちゃん、どうする?」と言うから、こっちはもう腹も決まっていて「いきましょう」と。それで、奥山さんが「武さん、どうですか?」と訊いたら、武さん、躊躇なく「はい」って言ってました。

奥山 本人(北野武)がやるつもりだという確認をした上で、じゃあ実際にやれるのかどうかというところの話し合いになったんですよ。それでも俺は武さんが1回やると言った後に何回か翻ると思っていたんですよ。そうしたら、全然翻らない。で、どんどんもう待ってましたみたいな感じで、コンテから何から全部できてる。それから、もともと決まっていたキャスティングが全部変わってくるわけですよね。だから現場が本当に無事に済むのかなぁというふうな危機感を持ちながら、あのときは「やっちゃうしかない」って(笑)。

春日 太一(以下、春日) 最初、奥山さんから武さんを監督でいくって訊いたときは鍋島さんとしてはどういうふうに思いましたか。

鍋島 大賛成でした。それはもう反対するより、面白いと思いましたね。さすがそういうとこに目をつけるかと思いましたよ。

『その男、凶暴につき』では、タイトルやあの印象深いポスターも奥山が考案したものだという。

奥山 予感も記憶も全部ビジュアルが先に自分の中で浮かんじゃうんで。で、この武さんの映画のときも、武さんがちょっと首を傾げるような感じで、ボソッと立ってるだけっていうポスターのビジュアルが最初にポンと浮かんだ。それで、武さんの体に「凶暴」って入っているのが一番いいと思ったってとこから、『その男、凶暴につき』ってタイトルに決めたんです。

 混乱の中クランク・インした一方で北野武の現場は、各スタッフの守備範囲がしっかり決まった効率の良いもので、彼の知性を垣間見せるものであったという。奥山と鍋島は『その男』以降も、北野武監督作品『3-4x10月』『ソナチネ』と仕事をともにすることになる。

■なぜ『ソナチネ』というタイトルになったのか

奥山 武さんが大事なことを相談する時って、みんながいるところでは絶対に話さない。サシじゃないと話さない。で、これはカンヌで勝負しましょうっていう話が途中から出たんですよね。もともとは娯楽アクション映画にしようってところから、ラッシュみると全然違うアートムービーになっている。時代劇以外で日本映画が海外に出たことってないから、海外に行こうよと。

 この映画をカンヌに行かせたい。だけどそのときに実は題名が決まっていなかったんですよね。カンヌにもうプレゼンテーションしなきゃいけない、だから題名つけなきゃいけない。その時に沖縄でロケ中だったんですけど、もう題名だけとにかく決めて書類を送らないと(いけなかった)。だから「武さん、決めましょうよ」と。「うーん」ってリアクションが微妙なんですよね。じゃあ「こっちに任してくんない?」「いやー、うーん、ちょっと考えがある」「考えがあるなら教えてください」と。そうしたらロケバスからちょっとみんな出てくれないかと。で、まずロケバスを空にして。「奥山さん、2人だけで話したい」。で、2人でロケバス入ったら「どんな題名ですか早く言ってくださいよ」と。武さん、「ソナチネ」ってぼそっと言ったんですよ。

 暴力団の話で『ソナチネ』ってなんですかと訊いたんですよ。「いや、ピアノを最近俺やってるんだけど、ソナチネあたりでみんな辞めたくなるんだよ。それでヤクザもいいなぁと思って入ったけど辞めたくなったって話だし、ソナチネ、どう?」って言って。「いいじゃないですか」って言ったら、相好崩してすごい喜んだんですよ。それで「だけどなんでこれを2人っきりで話さなきゃいけないんですか」って言ったら、「いや、みんなの前でさ、題名言ってさ、なにそれって顔されるのがすごく怖かったから」って(笑)。そういうデリケートなところのある人だった。

鍋島 その後に『あの夏、いちばん静かな海。』っていうのやったんですけど、これは東宝でやったんですけどね。そのときも題名がね、色々と揉めたんですよ。で、武さんが僕に言ったのは??あれ、サーフィンの話でしょう??『水蜘蛛』って言ったんですよ。それは流石にあきまへんと。そして最後に武さんが出してきたのが『あの夏、いちばん静かな海。』だった。だから非常に題名に対するこだわり、センスがある方だと思います。

春日 奥山さんの『その男、凶暴につき』と、武さんの『あの夏、いちばん静かな海』って、センスも雰囲気も似てるところっていうのがあったんですかね。

奥山 まぁ、いろんなところでぶつかるところはありましたけど、内容についての話とか、作るっていうことについての話、2人っきりで話すときはすごく紳士な方だったし、話もしてて楽しかったですよね。最後は事務所とギクシャクしたときもありましたけども、本当に何やったって怒られなかったですよ。『その男、凶暴につき』のときだって、執行猶予期間が終わったときで、その日が完成披露試写の日だった。だからくす玉と一緒に「執行猶予期間終了」っていう垂れ幕をかけた。そういうことをいきなりやっても笑ってくれたし、それから、ヒットのパーティーやりましょうって、プレゼントに武さんの奥さんの銅像作ってプレゼントしても許されてたし(笑)。

 しかし、金銭面でプロデューサーとしての苦労はあった。

鍋島 ?『ソナチネ』の制作費がかなり高かったんですよ。それで見たら「どこに金使ってんの」って怒られましたよね。沖縄の家って独特じゃないですか。あれを何棟も建てたんですよ。でも撮ったのは入口だけ。で、奥山さんも松竹から怒られて。後で沖縄の家の建築中の証拠写真を見せたりしたんですよ。それから松竹、奥山さんのところ、オフィス北野とバトルが始まったんですよ。

奥山 松竹の役員会で報告する時に、この金額、この予算に対してどうなんだって報告するっていう立場と、現場でいいものを作りたいっていう「つんのめり方」というのは、つねに二律背反なんですよね。そこで現実的にどこをどの程度選んでいくかという判断というのは、自分でせざるを得ない。まぁそれは武さんの映画に限らず全部の映画に関わってくることでしたね。

■松竹追放??映画界に激震が走った日

 話は、ついに松竹追放の「あの日」におよぶ。当時、専務だった奥山和由の松竹解任劇の詳細については『黙示録』に詳しいが、同時代を併走していた鍋島壽夫の目にはどう映っていたのか。

春日 この話は触れざるをえないと思うんですけど、奥山さんが松竹を追放されてしまったということについて、言える範囲でかまわないので、鍋島さんのなかではどのようにそのときは受け止められたんでしょうか。

鍋島 日本の映画界は東宝・東映・松竹という3大があって、どちらかというと松竹は山田監督を中心に『寅さん』(シリーズ)など伝統ある映画を作っていた。奥山さんの存在は、当時、角川春樹という人が出て世の中を席捲していたのと同じように、映画界全体を見れば今振り返ってみてもすごくいいことだったと思います。

 ただ、一言でいえば当時の奥山さんは松竹の路線よりも飛び出てしまった。そういうところで、ああいう解任劇になってしまったのかなと。でも、これは松竹にとって大変な損失だったと思います。もし、奥山さんが今でも松竹にいたら、また違った展開になり、映画界全体も(変わったものに)なってると外で見て思いますね。

■奥山和由が死ぬまでに作りたい映画

春日 会場からの質問ですが、奥山さんが今後撮りたいと考えている作品を教えてくれませんか。

奥山 『黙示録』では重すぎて語れなかったんですが、金子正次さんの書いた『盆踊り』っていう作品の映画化だけは見届けないと自分は死ねないなっていうことがあるんです。11月6日って金子正次の命日なんですけど、11月になるといつも彼を思い出します。金子さんは『凶弾』っていう映画に出演したときに??僕としてはまったく納得いかない作品になっちゃったんですけど??現場で声をかけてきてくれたんです。『凶弾』は瀬戸内シージャックが題材になってて、日本ではじめてアメリカでいうSWATみたいな特別狙撃隊が動員された事件なんですね。第二狙撃手を演じる役で金子さんは「重要な役になる」と思って出てきたんですが、まったく出所がなかった??その現場で声をかけてきてくれたんです。

 それで、「自分はどうしても映画を作りたい。どうしても主演で演じたい。でも、自分には主演なんて回ってこない。だから自分で脚本を書いてお金を集めて撮るしかない。協力してくれないですか」と。それが『竜二』という作品になったんです。でも、僕はまったく協力できなかったんです。会社にも働きかけたんだけども、じつは(自分のなかの)自信もなかったんです。ヒット作にできるのか、踏み切るのは難しかったんです。

 で、彼には「(松田)優作さんと会ってくれないか」「優作さんと映画をやってください」と何度も言われて。それで何回も彼(金子正次)と一緒に優作さんの家で飲んでいました。そのときに松田美由紀さんがお酒を持ってきてくれたりして。松田(美由紀)さんがいつも言ってたのは「奥山さん、一人なんか違うわよね」って。優作さんも「こいつ妙に明るいよなあ。きっとあんまり物を考えないんだよ」って言うわけです(笑)。

 11月になると思い出すんです。11月6日に金子さんが亡くなったとき、何日か経った後、優作さんが「金子は映画を作りたいって思っている皆を呼ぶよ、きっと」って言ったんです。優作さんは6年後の11月6日、同じ日に亡くなったんです。優作さんとは「『ブラック・レイン』っていうのを撮るんだよ」と言っていたときに会ったのが最後でした。同時に深作監督とも優作さんが主演でヒットマンを演じる話もあったんです。結局、優作さんとも1回も仕事ができなかった。

 なによりも金子正次の『竜二』っていう映画は大傑作だったんです。本当に彼の自力で集めたお金で作ったものですけど、ぜひ今からでも観てほしい。彼が亡くなった後、奥さんが俺がいつも「そのジャンパーいいね」って言ってた赤いジャンパーを遺品としてくれたんです。映画化された『獅子王たちの夏』『チ・ン・ピ・ラ』『ちょうちん』、彼が遺したもう一本が『盆踊り』なんです。それをなんとか映画にしたい。だけど、いまだに映画化されていないんだよね。

 だから11月6日、俺は公私ともに大事な人を亡くしていて。11月になると、いつも『盆踊り』のことがとても気になるんです。

写真=鈴木七絵/文藝春秋

プロフィール

 奥山和由(おくやま・かずよし)

 …1954年生まれ。映画プロデューサーとして『ハチ公物語』『遠き落日』『226』などで記録的大ヒットを収める。一方、北野武、竹中直人、坂東玉三郎それぞれを新人監督としてデビューさせる。また今村昌平監督で製作した『うなぎ』は、第50回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。94年には『RAMPO』を初監督、99年『地雷を踏んだらサヨウナラ』はロングラン記録を樹立。日本アカデミー賞優秀監督賞・優秀脚本賞、日本映画テレビプロデューサー協会賞、藤本賞、他多数受賞

春日太一(かすが・たいち)

 …1977年生まれ。時代劇・映画史研究家。『天才 勝新太郎』『仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版』『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』『鬼才 五社英雄の生涯』『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』など著書多数。

鍋島壽夫(なべしま・ひさお)

 …1953年生まれ。『四十七人の刺客』『バトル・ロワイアル』『日本のいちばん長い日』など90作品を超える映画をプロデュース。日本を代表する映画プロデューサーの1人。三船プロダクション、ライトヴィジョンなどで重役を歴任。東映にてプロデューサーとして従事。奥山和由とは『ハチ公物語』『その男、凶暴につき』などを共に手掛けた。

(「ノンフィクション」出版部)

関連記事(外部サイト)