クイズ王たちのサークル「ホノルルクラブ」の秘密 “女王”石野まゆみインタビュー#2 

クイズ王たちのサークル「ホノルルクラブ」の秘密 “女王”石野まゆみインタビュー#2 

(c)榎本麻美/文藝春秋

90年代、クイズ王ブームのなか現れた“女王”石野まゆみさん。なぜ日本中がクイズに沸いたのか、なぜ「クイズ王」という人たちが話題をさらったのか? ブームの中心にいた石野さんが、貴重な時代の証言を語ってくださいました。

■「クイズ王ブーム」は『当ってくだけろ!』が作った

――振り返ってみて、あの「クイズ王ブーム」は何がきっかけで始まったと思いますか?

石野 たぶん『当たってくだけろ!』(TBS、1991〜93年)じゃないですかね。89年の夏、似たようなクイズ番組が放映されたときに、こんなバラエティー番組をやろうと思うという話があって。たぶん仕掛け人は制作会社にいて、クイズ番組でも活躍されていた道蔦(岳史)さんじゃなかったかと思います。それでクイズ研究会の人などに声がかかって、ミニクイズ大会みたいなことがあって……私の出来はたいしてよくなかったんですが、何があったのか声をかけていただいたんですよね。

――『当たってくだけろ!』は芸能人回答者とクイズ王が対決する番組でしたが、この番組が「クイズ王」というキャラクターを際立たせたところが大きいんでしょうか?

石野 私にとってもですが、西村(顕治)くんが世に出たことが大きかったのではないかと。クイズに強い西村くんという存在は知る人ぞ知るでしたけど、それまで彼はテレビにほとんど出たことがなかったと思いますから。西村くんがクイズ王として有名になったことがおそらくTBSの看板クイズ番組『史上最強のクイズ王決定戦』につながっていった。

■高田純次さんの司会、収録関係なしに楽しんでました

――石野さんは当時、たしか「クイズ姫」とも呼ばれてましたね。

石野 『当ってくだけろ!』ですよね。結婚式のお色直しみたいなドレスを着て、司会の高田純次さんには「嫁にいけないキャラ」でいじっていただいたり(笑)。高田さんの司会、めちゃめちゃ面白かったんですよ。収録関係なしに楽しんでました。「優勝した方にはTBSを差し上げます」とか、最高ですよね(笑)。

――ファンレターもかなり多かったのではないですか。手紙でプロポーズされたりとか。

石野 ないないないない。全くない。もう全然ないです。NHKに出たときに4通だけお手紙いただいただけ。しかもテレビを観ていた高校3年生の男の子からの素朴なファンレター(笑)。

■“西の女王”奥畑薫の関係、そして“ポロロッカ”西村顕治のこと

――『当たってくだけろ!』でのクイズ王は、芸能人回答者に対するヒールの役回りもあったと思いますが、やりにくくありませんでしたか。

石野 クイズもヒール役は西村くんに全部お任せでした。私と同じように非日常体験として、本人は喜んでやっていたと思いますけどね。私は野郎だけのクイズ王に紅一点、添え物のようにいただけですから……。ただ、考えてみると、クイズって男社会だったんだなあって思いますね。女性でクイズをやっていた人、ほとんどいませんでしたから。“西の女王”と呼ばれる奥畑薫さんが注目を集めるようになったのは、たしか『FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦!』の頃の92〜93年だったと思いますが、私が初めて奥畑さんとお話ししたのが96年のことです。

――奥畑さんとは今もご親交はあるんですか。

石野 仲いいですよ。フィギュアスケートとか一緒に観に行ったりします(笑)。結弦くんと昌磨くんが好きです。

――『ウルトラクイズ』の能勢一幸さんにお話を聞いたら、問題読み上げ0.9秒で「ポロロッカ」と正解した西村顕治さん、あのクイズ王は本当に伝説的だ、ということを仰っていました。石野さんにとって西村さんという人はどんな存在なんですか?

石野 西村くんとは当時仲がとてもよかったんですが、本当にどんなことでも知っていて、知識の幅が広かったです。自分が苦手だと思ったこと、たとえば女性向けの問題がいまいち得意じゃないなと自覚したら、家庭科の教科書みたいなものをドサッと買いこんできてマスターしてしまうみたいな。そういうことをしていたはずです。弱点をなくそうという、強い意志をもっていましたね。ほんとに伝説のクイズ王ですよ、絶頂期に退いて。山口百恵みたい(笑)。

■母と『ドレミファドン!』に出たのが最初です

――そもそも石野さんは、なにがきっかけでクイズの道を歩まれることになったんですか?

石野 母ですね。物心ついたときには母親がクイズ番組ばかり観ていた。チャンネル権は母にありまして選択の余地なし(笑)。

――クイズ好きの女性というのはちょっと珍しい気がしますが。

石野 考えてみたらそうですね。私の母はちょっと変わっているかも。クイズ番組を観るのが好きで、スポーツ観戦も好きで。特に野球が好きなので、冬は何を観ればいいのって泣いてます。

――ちなみに石野さんも野球観戦されますか。

石野 野球観戦大好きです。中日ドラゴンズのファンなので、ここ数年の体たらくが情けないんですが。

――最初のクイズ番組挑戦はおいくつのときでしたか。

石野 小学6年生のときに、母と『クイズ・ドレミファドン!』に出たのが最初です。いくつかコーナーがあって、そのうちの一つでトップをとりました。次が中学1年、『タイムショック』中学生親子大会で初優勝。中学3年生のときに『アップダウンクイズ』中学生大会で優勝しました。

■クイズ番組優勝は15回という快挙

――比較的オーソドックスな番組を中心にご活躍されていますが、『ウルトラクイズ』には挑戦されたんですか?

石野 もちろん。テレビでは第1回から全部観てましたし、実際に後楽園球場ですとか東京ドームの予選にも行ったんですけれども〇×が突破できなくて、ちょっとご縁がなかった。

――結局、クイズ番組では何回優勝されているんですか。

石野 数え方はいろいろですけど、盛って15回ということにしてます(笑)。『アップダウンクイズ』で3週連続10問正解だったので、それで3回といったような盛り方ですけど。

――あの番組で3週連続10問正解はすごいことですね。

石野 それが、つくば科学万博が開催された1985年の1月のことなんですが、『アップダウンクイズ』をご覧になったというNHKの方からお声がかかって、万博を紹介する総合テレビの番組に、半年ぐらい出演したことがあるんですよ。つくば博のマスコット・コスモ星丸くんと一緒に(笑)。大学時代のいい思い出です。

■歴代クイズ王が集うサークル「ホノルルクラブ」の秘密

――現在もクイズ活動を続けてらっしゃいますけど、クイズ王が集う「ホノルルクラブ」というサークルに所属されていますよね? 能勢一幸さんが「ホノルルクラブ」については、石野さんがお詳しいとおっしゃっていましたが。

石野 発足が1972年、設立45年になるサークルです。私が入会したのは20数年前なんですが、テレビのクイズ番組がなくなり、顔を出していた別のサークルも活動がなくなったりして、さぁどうしようというところで、知人の伝手で紹介してもらい、お世話になることになりました。

――会長さんはどんな方なんですか。

石野 村田栄子さんという、もうすぐ87歳になられる超ベテランの女性です。『タイムショック』でパーフェクトをとられたこともある方です。昭和5年のお生まれで、歩く昭和史みたいな方です。月に1回の「ホノルルクラブ」例会は、あまりクイズを真剣にやる感じでもないんですが、クイズの合間合間に村田さんが話してくださる昔話が面白いんです。「同じ町内会にいた太宰治は、よく町会費を滞納した」とか、「子どもの頃に住んでいた北海道で、東条英機に頭をなでられた」とか(笑)。

――石野さんは今でも現役ですが、クイズを続けてきてよかったと思うことはありますか。

石野 やっぱり他の人ではできない非日常的なことをさせていただけたこと。それから『当たってくだけろ!』が終わった20代後半頃って毎週のように合コンに行ってたんですけど、周りの人が「この人、クイズ女王なんだよ」って話を振ってくれるので、目立っていたような気がします(笑)。

――最近はテレビへのご出演がないようですが。

石野 ちょっと出にくいんですよ、今。もう6年ぐらい前になるかな。TBSさんのとある番組で準優勝したときに、いまだにチャラチャラあそんでいるのかと、会社に苦情がきたんですって。別に私がおとがめを受けたわけではないですが、表に出る気持ちがちょっと萎えちゃったというのがありますね。

――もし、今クイズ番組に出るとしたら何に出たいですか。

石野 『東大王』出たいです。出たい、出たい。とっても出たいです(笑)。

取材・構成=皆川秀
写真=榎本麻美/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)