「人を見下したような笑いに……」 ヒロイン抜てき、菜々緒が抱える“ある悩み”

「人を見下したような笑いに……」 ヒロイン抜てき、菜々緒が抱える“ある悩み”

菜々緒

「菜々緒さんは画家の役ですが、書道が得意なだけあって絵筆を持つ姿勢が美しく、周囲は惚れ惚れしています」(現場スタッフ)

 福士蒼汰(26)主演の連ドラ「4分間のマリーゴールド」(TBS系)。ヒロイン役の菜々緒(31)が、イメージチェンジを狙っている。

◆◆◆

 原作は、小学館の新人コミック大賞を受賞したキリエ氏の同名漫画。手を重ねた人の“死の運命”が見える救急救命士・花巻みこと役の福士と、菜々緒演じる義姉・沙羅との“禁断の恋”を描くラブストーリーだ。

「第3話の視聴率が7.6%と苦戦中ですが、現場は和やかな雰囲気で撮影中です。福士は、クールな見た目と違い天然キャラで、お墓参りのシーンの撮影の際、いきなり『どんぐりころころ』を歌い始めて周囲は爆笑。菜々緒も一緒に歌い始めるなど、仲が良い」(テレビ誌記者)

 みことの義兄役を務める桐谷健太(39)や、義弟役の横浜流星(23)など、共演陣も多彩だ。

「auのCMでおなじみの桐谷は、元ヤンキーの熱血漢で総合格闘技が好きな役どころ。個人的にもハマッたようでジムに通い続けているそうです。人気沸騰中の横浜流星は料理男子という設定ですが、実は経験がほとんどなく、撮影で出される品をつまみ食いしながら、悪戦苦闘しています」(スポーツ紙記者)

 個性的な俳優陣が、役作りを進める一方で、ヒロインの菜々緒は“ある悩み”を抱えていたという。

■菜々緒の悩みは笑顔!?

「撮影当初、菜々緒さんは『笑っても悪女っぽく見えてしまう』と悩んでいました。今まで悪女や気の強いセクシーな女性ばかり演じて来たので、正統派ヒロインの経験がない。切ない表情で微笑んだとしても、『人を見下したような笑いになってしまう』と納得のいく演技ができなかったみたいです。足が見えるような衣装だと『色っぽくならないかしら』と色気が出ないように気遣っていますね」(TBS関係者)

 確かに菜々緒といえば、悪女役のイメージが定着している。危害を加える男性社員に回し蹴りを放つ無表情な人事コンサルタント役が話題となった「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(2018年・日本テレビ系)、米倉涼子主演の「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊(たかなし)翔子〜」(18年・テレビ朝日系)では、クールな女性弁護士を演じた。

 また、タバコ嫌いや美容意識の高さから周囲との人間関係がうまくいかず、約8年間で現場マネージャーが13人交代するなど(週刊文春17年10月12日号)、気難しい一面もある。

「菜々緒さんは、ひたむきに役作りをしています。前髪を自分で切って、柔らかい女性の印象になるようにしていました。メイクも優しい表情に見えるように変化をつけている。撮影の合間には、鏡の前で優しく微笑む練習をしていて、普段着る洋服も花柄とか癒されるものを選んでいるそうです」(前出・現場スタッフ)

 なぜ今回、儚(はかな)い恋に悩むヒロイン役を選んだのか。

「本人も当初はヒロイン役のオファーに驚いていましたが、女優として、悪女もヒロインも演じられるようになれば、仕事の幅が広がるいい機会だと思って受けることにしたようです」(前出・TBS関係者)

 西川貴教との熱愛スキャンダルで名を上げた菜々緒。悪女イメージを変えられるか。演技力が問われる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年11月7日号)

関連記事(外部サイト)