沢尻エリカは「みんなで回しながら吸うのが好き」大麻を共に吸った“インストラクター”の証言

沢尻エリカは「みんなで回しながら吸うのが好き」大麻を共に吸った“インストラクター”の証言

沢尻エリカ(左)と“大麻インストラクター”のセルジオ氏(中央)。沢尻はそれらしきものを指に挟み、視線を向けている  ©文藝春秋

ドタキャン、突然のハイテンション、現場での奇行……沢尻エリカは大麻中毒だった から続く

 11月16日、警視庁は女優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。当時の記事(2012年5月31日号)を再編集のうえ、公開する(全2回/ 1回目 はこちら)。

  前編 では、当時の所属事務所だったスターダストが、沢尻エリカの薬物検査を行い、大麻の陽性反応が出たことや、契約解除の経緯を報じた。後編では、沢尻とともに大麻を使用した“大麻インストラクター”の証言や、沢尻の大麻使用の実態を詳報する。

◆ ◆ ◆

 この契約解除で、沢尻は内定していた映画「SPACE BATTLESHIPヤマト」(木村拓哉主演)のヒロイン役の降板を余儀なくされている。

 沢尻をキャスティングした同映画のプロデューサーが振り返る。

「スターダストからは『解雇する』という話を聞いただけで、僕はそれ(大麻)については聞いていない。噂はあったし、大手を辞めるということは、『やっぱり何かあったのかな』とは思ったけど、直接説明があったわけじゃない。ただ、事務所からは『辞めるけど映画は続けてくれ』とも言われました。

 降板が決まって彼女から『ガッカリした』ってメールが来ました。この映画で(芸能界に)戻って、これからという時だったから」

 沢尻の薬物検査が行なわれたことや、その結果は、スターダスト内部でも一部の幹部にしか知らされていなかったという。

 事務所関係者が絶対匿名条件に内情を明かす。

「沢尻が所属していた(スターダストの)芸能3部の担当者は、大麻のことは知らなかったはずです。しかし、事態を重く見たスターダスト幹部は、後々のトラブルを避けるために映画を企画したTBSサイドには事実を伝えています」

 つまり、TBSは沢尻の薬物使用の事実を知っていたことになる。ならば今回、ドラマ「悪女について」で再び沢尻を起用した際に、薬物使用についてのコンプライアンス問題をどうクリアしたのか。

 TBSテレビ総務局広報部は「制作過程についてのご質問には従来からお答えしておりません」と答えた。

■大麻使用をエイベックスは知っていた?

 そして、実質的に業界を干された恰好の沢尻を採用したのが、現在の所属事務所エイベックスである。

 同事務所が、沢尻の獲得に動きはじめたのは、2010年。きっかけは同年四月に、同社の松浦勝人社長がツイッターでつぶやいたことだった。

「エリカ様がavexならなぁ...絶対売る自信があるんだけど」

 沢尻が高城氏との離婚を一方的に表明したのはその直後の4月27日の事だ。エイベックスとの契約は、水面下で交渉が進められ、同年9月10日付の日刊スポーツに同社の「(沢尻との)本契約に向けて、基本合意書の最終調整をしております」というコメントが掲載された。

 常識的に考えれば、当然スターダストとエイベックスの間で、相応の話し合いがあったはずである。

 小誌はエイベックスに、前事務所での薬物検査の結果を認識しているか、契約にあたって自社で薬物に関する調査を行ったか、といった質問をしたが、いずれについても「ご指摘の事実はない」との回答。

 沢尻の契約については「コンプライアンスに基づいてアーティスト契約をしております」と答えた。しかし、前事務所時代の“陽性反応”を把握していないとすれば、抜け穴だらけのコンプライアンスだと言わざるを得ない。

 というのも、沢尻の大麻問題は決して過去の話ではないからだ。

■自称“大麻インストラクター”と逢瀬を重ねていた

 実は、沢尻は昨年末も、プライベートでスペインのバルセロナを訪れている。小誌はそれを突き止め、現地在住のある人物から、沢尻が自称「大麻インストラクター」を名乗るセルジオという男と会っていた事実を掴んだ。小誌は急遽バルセロナに飛んだ。

「俺がエリカとはじめて会ったのは2年前(2010年)。スペイン人の女友達から『日本人の女の子でマリファナ(乾線大麻)がすごい好きな子がいるから、会ってあげてよ』と言われ、紹介されたのがエリカだった」

 深夜のバルセロナ。薄暗いバーで会ったセルジオ氏は、身長180センチを超える大男だった。口ひげを蓄え、小誌の取材に、沢尻が大麻を使用したことをあっさり認め、悪びれもせず、沢尻との思い出の日々を陽気な口ぶりで打ち明けた。

「一目惚れだったよ。エリカは、俺のタイプそのもの。外見はもちろんだけど、俺は元々日本の女性が大好きなんだよ。『ドラゴンボール』などのマンガを読んで育ったし、“ヘンタイポルノムービー”もたくさん観てきた。だから、エリカの日本人女性らしい口数が少ない保守的なところとか、相手を敬うところが、俺にとってはカンペキだった。

 そのとき俺は日系ブラジル人のモデルにフラれたばかりだったから、本当に空から天使が降ってきたような気分だったよ。

 もちろん最初からエリカを女として意識していた。友人が働いているバーで飲んだあと、近くの『サイド・カー』というディスコに行った。その店では、インディー・ミュージックのパーティーをやっていたんだ。できるだけ長く一緒にいたかったけど、その日は残念ながら軽くボディタッチをすることくらいしかできなかったんだ」

 だが、その翌日、セルジオ氏は沢尻と濃密な時間を過ごしたという。

■みんなで回しながら吸うのが好き

「そこで友達が、『明日セルジオの家で、マリファナ・パーティがあるから来ない?』とエリカを誘った。次の日、彼女は自分から俺の家に来たよ。

 エリカは、みんなでマリファナを回しながら吸うのが好きだった。エリカは”葉っば(マリファナ)”をよく人にあげていた。紙に巻いて、女の子らしい可愛い吸い方だったね。キマってくると目が少し赤くなって、にっこり笑顔になるんだ。

 大麻でトチ狂ったりはしなかった。彼女は最初からマリファナに関してよく知っていたし、色んな種類の葉っぱの話をしても、かなり詳しかったからね。もちろん前からやっていたと思う。例えば『アイソレート』っていうオランダのハシシ(大麻樹脂)。これは教会の中のラベンダーのお香みたいな強烈な匂いがする珍しいやつなんだけど、それも知ってた」

■セルジオ氏とはただならぬ関係に

 彼の話は具体的で、詳細だった。

 その後セルジオ氏は人妻である沢尻氏とただならぬ関係になったという。

「エリカと初めて寝たのは、マリファナ・ショップを経営している兄のバースデーパーティーの後。その時を含めて3回一緒に寝た。でも、セックスは一度もしていない。そこは彼女が堅くてね。そもそもセックスにはあまり興味がないって感じだった。

 下着姿の彼女を愛撫しても、なぜかいいところで身を引くんだ。普通の女の子なら、そこまでしたら楽しくセックスするだろ。日本の女の子特有のシャイな反応なのかな」

 沢尻は一昨年秋の“失踪”騒動の最中にも、セル ジオ氏と度々会っていた。 エイベックスとの契約交渉を進める一方で誰にも告げず単身スペインに向かい、 なぜかあれほど別れたがっていた高城氏と現地のアパ ートで同居生活を送る。

 だが、沢尻は高城氏が出張でスペインを離れている隙に、セルジオ氏を家に招き入れていたのだ。

 日本では高城氏との復縁説も報じられたが、彼女の真意は今もってわからない。帰国後の昨年1月、 沢尻は独断で「3カ月以上 に及ぶ協議で、高城さんとの離婚に合意することができた」と話したが、高城氏から「寝耳に水」と反論されている。スペインに行っていたのは、セルジオ氏と会うためではなかったのか。セルジオ氏の告白は続く。

「仲良くなってからは、エリカと週3、4日は会ってたし、会うときは毎回必ずマリファナを吸った。

 彼女はこっちで仲間が増えるにつれ、マリファナをみんなで共有するのが好きになっていったみたいだね。

 ホテルでパーティーをしたときは、中ではマリファナが吸えないので、みんなで外で吸ってから、中に戻ってドンチャン騒ぎさ。エ リカは上等なシャンパンを買って、みんなにおごってくれるんだ。マリファナとシャンパンが混じって、エリカがソファーの上でぶっ倒れてたのを覚えてるよ」

■スペイン再訪時には“新しい男”が

 そして昨年末、沢尻がスペインに来たときにも、セルジオ氏は彼女に会ったという。だが、彼女の隣には ”新しい男"がいた。

「二人は『1898』って いうホテルのスイート・ルームに泊まってた。一緒にいた男は高城じゃない。エリカと同い年くらいのラッパー風の日本人で、恋人同士にも見えた。

 そこに集まってた俺の友人から聞いて、俺もエリカがいるホテルに行ったんだ。エリカが俺の友人たちと会 った理由? マリファナが欲しかったからに決まっているだろう。

 彼女が俺と会う前に大麻で事務所をクビに? 大麻をやめられないって言ったの? それは初耳だけど、俺とは関係ない」

■取材に実母は「まさか......」と絶句

 沢尻の母に、娘の薬物使用について質したところ、「まさか......」と絶句。

「エリカがドラッグなんて絶対にありえない。私は70年代にパリにいたからよく分かる。娘だけは絶対にない。前の事務所を辞めたのは別の理由。でも、それは言えない。そんなのエリ力が可哀想だよ」

 また、現在も夫である高城氏からは、締め切り期日までに回答を得ることはできなかった。

 そして小誌は沢尻の携帯に複数回に渡って電話をかけた。一度だけ、ふとした拍子に沢尻が電話に出 た。

■意外なほど元気そうな声

――沢尻さんですか。

「はーい」

 だが、こちらが週刊文春と名乗ったとたんに、電話はプツリと切れてしまっ た。意外なほど元気そうな声だった。

 彼女はいま、女優人生の淵を彷徨っている。当然、社会常識、通念、価値観を逸脱した行為には手厳しい批判があってしかるべき だ。しかし、小学生の時から芸能界で生きてきた彼女を、管理・教育できなかった周囲の大人たちの責任も問われるべきである。

 高城氏が離婚の条件として、「事実を話すこと」を 挙げた際、沢尻は「私はすべてをオープンにできる」と応じたという。彼女は自らがはまった”闇"と訣別するためにも、今こそ真実を話すべきではないか。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年5月31日号)

関連記事(外部サイト)