韓国に勝って世界一 「プレミア12」で見えた国際大会で活躍できる選手とは

韓国に勝って世界一 「プレミア12」で見えた国際大会で活躍できる選手とは

韓国に勝って世界一 「プレミア12」で見えた国際大会で活躍できる選手とはの画像

 第2回プレミア12で日本が初優勝を果たした。15年の第1回前回大会の準決勝で9回に逆転で敗戦を喫し、優勝をさらわれた韓国を下し、09年WBC以来10年ぶりとなる世界一に輝いた。

 こうした国際大会で活躍できる選手やチームは一体どのようなものなのか。野球の構造や傾向、過去との比較からアナライジングしていく。

■投手に重視される能力とは?

 野球は投手がボールを投げなければ始まらない。どうしたって、投手が主体で、打者は受け身で投手のモーションやボールに合わせていくしか無い。データや映像、スカウトによる対戦相手のスカウティング情報は以前とは比べ物にならないほど多くなっているとは言え、国際大会では日頃ほとんど対戦がなく、また実際に見たこともない外国人選手が相手となる。こうした中で、投手はまずそのデータ通りに、また相手がどうやっても打てないボールを投げて、計算通り打ち取れる能力が何よりも重視される。短期決戦の国際大会では何が起こるかわからない。追い込んだら三振で打ち取り、打球が前に飛んでもゴロ、弱い打球やポップフライに打ち取ることができれば良い。代表クラスともなれば、野手の守備も一流揃いであり、計算できる。

■必要なのは「スラット・スプリット型投球」

 そのためには何が必要か。何よりも落ちるボール、スプリットやフォークに縦のカッターや速い縦スライダーとも言えるスラッターが必要である。これを私は「スラット・スプリット型投球」と呼んでいる。

 外国人はスプリットに慣れていないから打てないと言った言説がまことしやかに囁かれるが、半分正しく半分は正しくない。そもそも人間は落ちるボールに弱い。これは 拙著「セイバーメトリクスの落とし穴」(光文社新書) でも繰り返し強調しているのでそちらを参照していただきたい。

 そして、日本にはフォークを投げる文化が浸透しており、過去からフォークやスプリットを投げることに抵抗がなく、技術も継承されている。落ちるジャイロシンカー気味のチェンジアップやスラッターがメジャーリーグでも主流となっているとは言え、スプリットを国家クラスでこれだけ扱えるのは世界で日本しかない。落ちるボールを投げられる投手、野茂に始まり、上原、黒田、岩隈、田中将大、大谷翔平、平野佳寿らがメジャーでも代々活躍しているのはそのためである。

■山口俊と今永昇太の違いとは

 今大会でも、落ちるボール、スプリットやチェンジアップ、スラッターをメインとする投手の活躍が目立った。新人ながら全試合で無失点に抑えたソフトバンクの甲斐野央やセットアッパーとして大活躍したオリックスのエース山本由伸、クローザーの山崎康晃、先発では今永昇太が大活躍した。彼らはいずれも追い込んだら落として空振り三振を狙ってとることができた。まず、間違いを起こさなかった。

 先発の軸としてもう1人期待されたのが、決勝でも先発を任された山口俊である。ポスティングでのメジャー移籍が噂される山口も、また一流のフォークの使い手である。しかし、シーズン中から中5日を繰り返し、日本シリーズまで投げぬいた山口は、イメージに反して繊細なところがあり、それ程頑丈でもない。投げすぎて球威が落ちてしまっていた。

 腕を下げてシュート回転するストレートを減らし、ボールが先行して打者有利のカウントでも質が抜群のフォークを制球良く投げ分けて15勝をあげセ・リーグで投手3冠を達成し、不調のエース菅野を補ったのが今年の山口だった。スラット型のスライダーも織り交ぜるスラット・スプリット型投球はメジャーのスカウトがかねてから注目する程メジャーや外国人打者への適性が高いが、ストレートの質は悪かった。元々、よくはないストレートが走らず、この大会では苦戦した面があった。

 そうしたストレートの質が高いのが、今永である。回転数が多く、回転効率がおそらく良い(すなわちジャイロ成分が少なくホップ幅が大きい)、いわゆる伸びのある4シームは外国人打者がまた苦手とするボールである。上原らがかつて国際大会で強かったのは、スプリットに加えて、こうしたホップする質の高い4シームを持っていたからである。今永がメジャースカウトから高く評価されたのもこのような部分が大きい。制球力も重要で、これまた上原や岩隈が国際大会で活躍していた理由でもある。

 また、当然にメンタルや場数も重要となる。抑えの山崎康晃はボールの強度などでは甲斐野や山本由伸よりは劣るものの、メンタルが強く制球も良い。国際大会の、その9回ともなれば、プレッシャーも並大抵ではない。

■日本人投手の「タメ」は世界的に見て独特

 さらに、ポリバレント性も必要だ。代表というのはチームであり、ただエース級を揃えてオールスターチームを編成すれば良いというのではない。決勝の山口俊のように先発が不調の際にはすぐに第2先発として試合に入れる投手も必要となる。ソフトバンクのアンダースロー、高橋礼は中4日での登板もリリーフも、短期決戦も全てにおいて経験が豊富であり、低い角度から異次元のスピードの速球を投げることができる。山本由伸も今季から先発に転向したとは言え、セットアッパーの経験がある。日頃から先発の経験しかないエースクラスを、急にリリーフに回すにはリスクもある。また、大竹寛のようなベテランや嘉弥真のようなワンポイント、局面においてのみ仕事をできる人材も必要となる。

 日本人選手のモーションというのは、世界的に見れば独特である。投手は足を上げてから一旦止まり、いわゆる「タメ」を作る投手が多い。これは、海外の打者から見れば、日頃見慣れている速いモーションの投手達と比べれば打ちにくい。間のとり方が異なるわけである。日本人投手はレベルが高い上に、外国人選手からすればモーションや間が異なるため、自分の投球をしっかりして、ボールを落とすか、速球を浮かすことができれば抑えやすくなる。

 一方、野手はそうはいかない。日頃対戦している日本人投手とは異なるモーションの投手を相手に、データや情報も少ない中で初見で対応していかなければならないわけである。足を上げているから動くボールを打てないのではなく、一旦止まる日本人投手のモーション向けにゆっくりとタイミングをとっているから差し込まれやすい。差し込まれると、当然ゴロが増える。これが日本の打者が国際大会の動くボールに毎回のように苦戦する大きな理由である。

■山田哲人、坂本勇人はなぜ順応に時間がかかったのか

「動くボールは前で捌いては打てない。ボールをしっかりと見て引きつけなくては打てない」と言った言説はおそらく誤りである。日本人投手のクイックのような速いモーションの投手に対して、日頃のタイミングでさらに引きつけて打とうとすれば差し込まれるのは自明である。

 だから、足を大きく上げてタイミングをとる坂本勇人や山田哲人は順応するまでに少し時間がかかった。とは言え、彼らのような超一流は徐々に合わせていき最終的には結果を残す。丸佳浩は最後まで不調が続いてしまった。緊急招集の難しさのようなものもあったと思う。また、ダルビッシュや千賀も認める「ホンモノ」である楽天の浅村栄斗の活躍も目立った。浅村は長打を狙うことも、また逆らわずにヒットを狙うことも柔軟にできる理想的な「5番打者」である。

 そして大会MVPに輝いた鈴木誠也。最もメジャーに近い高打率と長打を両立できる最強打者は当然のように打ちまくった。

 ミートポイントの奥行きやコンタクト力、そして日頃データをあまり活用しない広島の打者はこうした大舞台でより計算できる。今季シーズンでは打撃不振だった菊池涼介も打撃で貢献したのはそうした野生児のような要素があったからでもある。

 また、代走の周東佑京のような圧倒的な一芸に秀でた存在も不可欠となる。ただ足が速いレベルではなく、桁違いの走力や守備力があれば、試合終盤に1点を奪いに行くレバレッジの高い局面で貢献できる。ユーティリティタイプの選手は不可欠だが、より登録人数が少なくなるオリンピックでは周東のような一芸型はメンバーに入れるか難しい面も出てくる。高いレベルでのユーティリティ性を持つ外崎のような存在も不可欠だが、外崎はイメージに反して打撃だけは柔らかさはあまりなく、局面を打開するタイプではない。

 松田宣浩のような守備に優れ、経験豊富なベテラン、そしてベンチを盛り上げる存在も必要不可欠である。

■キャッチャーは誰が適任か

 スプリットやスラッターと言った落ちるボールをしっかり扱えて、短期決戦や国際大会の経験が豊富、制球力がありメンタルも強く、長身で高速のボールを操ることができ、様々な局面に慣れている投手達。すなわち、ソフトバンクの投手陣をメインに据え、さらに今永や山本と言った優れた投手や局面で仕事をできる選手を加えていくことが重要である。

 逆に野手は、広島や山賊打線の西武と言った野生児を中心とした、対応力に優れた存在を中心に据えると良い。また、大阪桐蔭高校出身者は、短期決戦向けのスイングやプレーができる選手が多く信頼できる。日本の外野守備や走塁はやはり超一流で、韓国と比べると細かな部分で大きな差があったのも確かで、その部分も強みとなる。

 そして、最後にキャッチャー。

 落ちるボールをしっかり止めることができて、短期決戦慣れしており、育成から一流選手まで上り詰めた精神力も兼ね備え、ソフトバンク投手陣のボールを受け続けている甲斐拓也は必要不可欠な存在だ。甲斐キャノンでおなじみの肩も当然素晴らしい。

 そして、国際大会の経験が豊富で守備力に優れた小林誠司もほぼ当確となる。

 3人目は、今大会打撃で活躍した広島の會澤翼か、西武の森友哉が選ばれることだろう。

 こうした一流選手を束ねるには、やはりこの人のために頑張りたいと思わせるような人物、稲葉監督のようなリーダーが必要だ。

 監督経験はないため、最初は手探りでのスタートだったが、ノウハウの蓄積もあり、以前の小久保監督を上回るペースで采配面での進化も見せている。

■千賀、菅野、石川柊太……このチームに加わる選手たちは?

 このチームをベースに、さらにスラット・スプリット型投球の総本山である最強ソフトバンク投手陣のエース、千賀滉大や抑えの森唯斗、巨人のエース菅野も黙ってはいないだろう。阪神の投手陣も素晴らしい。メジャー適性の高い有原航平や則本昂大らを先発に加えて、今大会は出場を辞退した松井裕樹や森原康平(共に東北楽天)に種市篤暉(千葉ロッテ)、高橋純平(福岡ソフトバンク)らスラット・スプリット型の若手速球派も何人か台頭してメンバー入りすることだろう。

 そして、ポストシーズン16試合登板で7勝、防御率1.40を記録しているソフトバンクの石川柊太も状態が良ければぜひ選出したい存在だ。究極の「立て直し屋」である石川は、制球とテンポよく150キロ以上の速球と代名詞のパワーカーブ、スラット・スプリットを投げ込むことができ、第2先発としてうってつけの存在である。日本ハム宮西の選出も期待したい。

 野手では怪我がなければソフトバンクの柳田悠岐が加わってきたら面白い。また、ポジションがファーストなので難しいとは思うが、経験豊富でここぞの場面に強い大阪桐蔭出身の中田翔の選出も期待したい。

 こうした陣容がミックスされる来年の東京五輪が今から楽しみである。

(お股ニキ)

関連記事(外部サイト)