ついに参戦した動画配信サービス「ディズニー+」は何がすごい? ネットフリックスの生き残り戦略は?

ついに参戦した動画配信サービス「ディズニー+」は何がすごい? ネットフリックスの生き残り戦略は?

©AP/AFLO

 11月12日に北米でサービスが開始された、ウォルト・ディズニー社が手掛ける新しい動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の加入者が早くも1000万人を突破した。 ブルームバーグ によれば、「ディズニー+」の登場によりネットフリックスの株価は一時3.7%下落し、ネットフリックスが牽引してきた動画配信サービス業界に大きな影響を与えている。ユーザーの「ディズニー+」視聴時間は計130万時間と、アマゾン・ドット・コムが提供する「プライムビデオ」をさっそく上回る好調ぶりだという。

 日本上陸時期は未定ではあるが、「ディズニー+」の強みと北米で起きている動画配信サービス業界再編に注目し、これから変化していくであろう一般ユーザーとテレビの関係を考えていきたい。

■「ディズニープラス」の強いコンテンツ力

 今年8月23日に公開された「ディズニー+」のCMでは約2分間で、ざっと数えただけでも60以上のお馴染みのキャラクターが登場する。「ディズニー+」では『アラジン』『ライオン・キング』だけではなく、『トイ・ストーリー』などのピクサー作品、今年『アベンジャーズ/エンドゲーム』が大ヒットを記録したマーベル・シネマティック・ユニバース作品(『アイアンマン』『キャプテン・アメリカ』等)、そして言わずと知れた『スター・ウォーズ』まで網羅している。

 ディズニー作品をよく知らないという人でも、どこかで見たことのあるキャラクターが必ずいるのではないだろうか。加えて世界中の自然や芸術、科学などを特集する『ナショナルジオグラフィック』も観ることができ、「ディズニー+」だけで十分楽しめる仕様だ。動画配信サービスをこれから始めようとする一般ユーザーにとっては、馴染みのコンテンツが多いので安心して加入できることも魅力の一つだろう。 日本経済新聞 によれば、500本の映画や7500話のドラマを見られる同サービスの加入者1000万人という規模は、ネットフリックスの全世界の有料会員(1億5833万人、9月末時点)の約6%、米国の有料会員(同6062万人)の約6分の1にあたるという。開始数日としては異例のスピードで増えている。

■ネットフリックスが生き残るためには?

 一方で、一般ユーザーとしては、業界再編という大きな動きよりも、サービスに加入して継続するに値するかが大きな興味でもある。動画配信サービスはサブスクリプション方式なので、ネットフリックスにしろ、「ディズニー+」にしろ、1カ月だけ加入するユーザーももちろん大事だがサービスをいかに継続利用してもらうかが鍵となる。

 つまりユーザーが月額として支払う利用料金に対し、どれだけ作品を視聴したか、またその作品に対する満足度が高いかどうかである。「ディズニー+」は視聴時間で言えば「プライムビデオ」を早くも超えたとのことだが、ネットフリックスの600万時間にはまだ遠く及ばない状況もある。1日24時間の中で、どれだけ自社コンテンツにユーザーが時間を割いてくれるか、コンテンツ力でユーザーを掴んで離さないことが生き残りとして不可欠だ。

 そんな今だからこそ、業界を黎明期から牽引してきたネットフリックスは一番の稼ぎ頭である『ストレンジャー・シングス』に次ぐヒット作を作り出すことが急務だといえるだろう。『ストレンジャー・シングス』は2016年に配信を開始したネットフリックスオリジナルのSFドラマシリーズで、現在シーズン3まで発表されている。

 80年代の架空の街ホーキンスで起こる超常現象にオタク少年たちと超能力を持った謎の少女が立ち向かうストーリーで、その人気は留まるところを知らない。2017年のシーズン2配信時には作中に登場するケロッグ社の冷凍ワッフルEggoの売上が前年比14%増という社会現象を巻き起こし、今年のシーズン3配信時には、配信後4日間でネットフリックスの史上最高の全世界約4000万アカウントが視聴した人気ぶり。

 配信開始当初ほぼ無名だったクリエーターのダファー兄弟は本作の成功もあり、ネットフリックスと新たなテレビドラマや映画の製作契約を結んでいる。依然として視聴時間では業界トップを走るネットフリックスが、ヒット作を生み出したクリエーターと共に、オリジナル作品の創出で生き残れるか期待がかかる。

■定番作品のバリエーションに「テレビ」も

  The Hollywood Reporter は、ポッドキャストで再三にわたり、定番作品(library contents)のバリエーションが動画配信サービスとして重要だと報じている。定番作品とは、認知度の高い人気作品のことだ。直近では、アメリカで強い人気のあるシットコム『フレンズ』(1994年放送開始、2004年放送終了)がネットフリックスでの配信終了とともに、ワーナーメディアが発表した「HBO Max」にて配信されることが決定。「HBO Max」ではスタジオジブリ作品も配信されることが発表されている。

 各動画配信サービスが、オリジナルの新しい作品を作り続けていく一方で、従来型のテレビで愛されてきた定番作品を動画配信に移行する権利の奪い合いが起きている。ユーザーとしては、自分の見たい作品がどれだけ多く配信されているかが満足度の高さにもつながるため、定番作品のバリエーションとボリュームは加入前にできるだけ確認したいところではある。その意味でも「ディズニー+」は、そもそもウォルト・ディズニーが抱えるコンテンツの殆どが定番作品であり、今後は定番作品に関連した新作も多く配信を控えているため、ユーザーのサービス継続を誘引しやすいのではないだろうか。その点でも、「ディズニー+」が業界に与えるインパクトは非常に大きなものであると言える。

■日本でのネットフリックスの躍進が意味するもの

 日本では「ディズニー+」の上陸そのものが未定である。しかし、ディズニーの海外ドラマや映画、アニメなどを楽しめるBSチャンネル「Dlife」の放送を「ディズニーが国内で展開する放送局の方針を検討した結果」、2020年3月に終了することが発表され、「ディズニー+」日本上陸への期待が高まっているようだ。

  東洋経済オンライン によると、日本でのネットフリックスの視聴者数は約300万人と増加傾向にあり、WOWOW、Huluなどの他社を抜いて前年度比伸び率77%と好調だという。今は、動画配信サービスが浸透する過渡期だ。アニメやドラマなどネットフリックスの質の高いコンテンツが視聴者数増加に大いに貢献している。日本でのネットフリックスの躍進は、従来型のテレビから動画配信サービスへとユーザーの視聴スタイルを大きく変える転換期を示しているともいえる。

 これまでは、ケーブルテレビや地上波のテレビで楽しんできたユーザーが、低価格の動画配信サービスで、テレビだけでなくパソコンやスマートフォン、タブレットなどでいつでもどこでも作品を楽しめる時代になった。加えて、動画配信サービスでは基本的に放送時刻という概念がないことが多く、ユーザーが放送時刻に合わせる必要がない。自分が好きな時間に好きなように作品を楽しむことができ、その上CMもないためより作品に集中できる。

■エミー賞に「プライムビデオ」作品

  Vanity Fair では、動画配信サービス中心となる世の中では、ユーザーが加入しているサービスによって視聴作品が異なるため、自分と周囲が見ている番組の共通点がなくなることが、今後の10年、20年にどのような影響を与えるか考慮する必要があると報じている。

 今年のテレビ部門のアカデミー賞であるエミー賞でも、コメディ部門作品賞は『フリーバッグ』だったが、これは「プライムビデオ」作品である。「プライムビデオ」加入者しか視聴できない。近年、アメリカでは動画配信サービスの人気が高まり、賞レースもネットフリックスやプライムビデオが席巻している。加入者だからこそ楽しめる作品が話題になることで、加入者は増える一方、視聴者同士の話題は「どの動画配信サービスに属しているか」で全く変わってくる。日本でも「ディズニー+」が上陸すればよりその動きは加速するだろう。

 CMがなく、自分の見たい作品を、好きな時に好きなように楽しめるスタイルで、視聴作品が動画配信サービスによって大きく変わってくることが予想される今後。友人との会話は「昨日の○○チャンネルでやってたドラマ観た?」ではなく、「○○ってドラマ知ってる? ディズニー+で観れるんだけど」という会話が中心になってくるのかもしれないし、地上波テレビから流れてくる番組をただ享受する時代から、ユーザーが視聴番組の選択をより自発的に行う時代になるのかもしれない。今後、日本でのネットフリックスや「ディズニー+」の動きから目が離せない。

(キャサリン/Catherine)

関連記事(外部サイト)