愛知、ウィーンに続いて「またプロパガンダ」の声 離島アートイベント炎上で街宣車、警察官が上陸

愛知、ウィーンに続いて「またプロパガンダ」の声 離島アートイベント炎上で街宣車、警察官が上陸

百島の町並み。夜は明かりが少なく、真っ暗になる。

 あいちトリエンナーレで話題になった、あの「昭和天皇の写真を燃やす作品」が広島県尾道市の百島(ももしま)で展示されているらしい――。10月上旬、そんな情報がネットを駆け巡った。

 ある者は、これに「天皇ヘイト」「プロパガンダ」といきり立ち、さっそく広島県庁や尾道市役所などに電凸を敢行。別の者は、この動きに「愛知、伊勢、川崎、ウィーンに並ぶ危機」と警鐘を乱打。瀬戸内海の離島は、にわかに「表現の自由」をめぐる“主戦場”のひとつとなった。

 そんなさなかの11月17日、同作の作家である大浦信行が参加するトークイベントが百島で開かれた。右翼が大挙上陸して抗議するとの情報も飛び交ったその日、いったい何が起こったのか。

 前日に同島で行われた関連トークイベントのスピーカーのひとりでもある筆者が、緊迫した当日の様子をレポートする。

■過疎化した離島がアートの拠点に

 そもそも百島は、尾道市街から程近い、広さ約3平方キロメートルの小さな島である。尾道港より高速船に乗っておよそ30分。周囲の島々が橋で結ばれるなか、交通手段はいまだ海路しかない。

 穏やかな島ではあるけれども、離島の例に漏れず、百島も過疎化と高齢化に悩まされている。いまや人口は500を下回り、野生のイノシシ、ネコ、タヌキのほうが多いほどだという。

 近年、このような地域を現代アートで活性化させるプロジェクトが各地で盛り上がっている。展覧会を開けば観光客がやってくるし、若手アーティストが移住すれば地域が若返るからだ。

 百島は、現代美術作家の柳幸典が旧百島中学校の校舎を改修し、2012年に「 ART BASE百島 」を設立してから、本格的にアートの拠点となった。それ以来、展覧会、レクチャー、ワークショップなど多種多様な文化イベントが同島で毎年開かれている。

■ネット右翼界隈で「またプロパガンダをやっている」

 今年開催の「 百代の過客 」も、そうしたイベントのひとつである。これは、10月5日から12月15日までの土日祝日に開かれる企画展と、10月6日、11月16・17日に開かれる連続対話企画のふたつからなっている。

 例年どおりであれば、ここまで炎上することはなかっただろう。ところが、今回は企画展に、「昭和天皇の写真を燃やす作品」と批判されたばかりの、大浦信行の映像作品「遠近を抱えてPartII」と、そのもととなった版画「遠近を抱えて」が含まれていた。

 しかも、折り悪く、その企画展のスタートが、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」の再開時期と偶然ほぼ重なってしまった。来年開催の国際芸術祭「ひろしまトリエンナーレ」のプレイベントと位置づけられていたことも、現代美術に明るくない人々に「またトリエンナーレか」との印象を与えただろう。

 このような要素が重なり、百島は、ネット右翼界隈で「またプロパガンダをやっている」「天皇ヘイトだ」と問題視されるにいたったのである。

 すでに10月末には、ウィーンで開かれた展覧会「ジャパン・アンリミテッド」について、在オーストリア日本大使館が両国友好事業の認定を取り消す騒ぎがあった。これもネット右翼の活動が発端のひとつになったともいわれている。

 また前後して、川崎市の映画祭では、慰安婦問題に関係する作品の上映が一時中止され、伊勢市の展覧会では、やはり慰安婦問題に関係する作品の展示が不許可とされた。

「百代の過客」も、状況次第で以上のような動きに巻き込まれる恐れがあった。

■おそらく前代未聞の厳戒態勢

 では、当の百島では、一体どのような事態になっているのだろうか。筆者は、11月16日、一足早く同島に上陸した。

 ART BASEのスタッフに事情を聞くと、やはり電凸があちこちにきているという。右翼がトークイベントにあわせて大挙上陸し、抗議活動を展開するという剣呑な情報も囁かれていた。

 百島には、常駐の警察官がいない。そのため、暴力沙汰になったら大変だ。離島だけに逃げ場所がなく、対立する人物同士が狭い船内に乗り合わせることもありうる。

 そこで、さまざまな安全策が取られた。スタッフは、無線機で常時情報を共有。トーク会場には、屈強な警備員も複数配置された。翌17日には、さらに警備員が増強され、警察官も派遣され、トーク会場には金属探知機が設置されることになった。

 百島でここまでの厳戒態勢は前代未聞だったのではないか。ネットの炎上は、思った以上に現実に大きな影響を与えていた。

■「問題作」を落ち着いて見られる好機

「百代の過客」の展示会場は、旧中学校に限らない。古民家や旧映画館、旧支所など島内各所に点在している。観光客はそれゆえ、見知らぬ土地を歩き回る。それが街なか展示の楽しさでもある。

 問題の大浦作品は、版画「遠近を抱えて」が旧中学校の建物に、映像作品「遠近を抱えてPartII」が旧支所に、それぞれ展示されている。

 とくに「遠近を抱えて」は14点すべてが揃っており、特筆に値する。これはめったにない機会だからである。あの「不自由展」でも、一部しか展示されていなかった。

 しかも、離島ゆえ、あまり人混みに巻き込まれず、落ち着いて鑑賞することができる。

 このような環境でゆっくり鑑賞すると、その全体の意味に思いを馳せざるをえない。これにくらべると、ネット上の情報は「燃えやすい」「攻撃しやすい」部分を恣意的に切り出しているように思われた。

 もとより、展示作は大浦のそれだけではない。日章館と改称された旧映画館に展示されている、柳幸典の「ヒノマル・イルミネーション」を一例にあげてみよう。

 これは、白と赤のネオンが明滅して、日の丸や旭日旗の形を映し出す作品だ。とくに批判的なメッセージは直接記されていない。ピカピカと光る作品を見ながら、いわゆる保守派の人々は、これをどう解釈するのだろうと興味を抱いた。

 それはともかく、この日のトークイベント「芸術とプロパガンダ」は、旧支所で14時30分より開かれた。名前こそ公共施設の名残を残すものの、この戦前に作られた建物は、ART BASEが買い取り、現在では民間の施設となっている。

 スピーカーは、社会学者で東京藝大教授の毛利嘉孝、美術史学者で日本女子大教授の河本真理、そして筆者。会場は予約の約80人で満席だった。それぞれのプレゼンと相互の意見交換が行われたのち、16時すぎより約1時間、会場より質問を受け付けた。

 一体どんな質問がくるのやら。たしかに緊張感はあった。会場には、保守系雑誌の『WiLL』や『Hanada』の常連執筆者の姿も見られた。ただ、批判的な意見こそあったものの、目立った混乱は起きなかった。

 むしろ、あいちトリエンナーレ芸術監督の津田大介が質問に立ったことが最大の目玉だったのではないかと思われる。津田は観客のひとりとして、百島に足を運び、トークイベントにも出席していたのである(翌日は出席せず)。炎上騒ぎの当事者でもあるので、その質問にはほかにない迫真性があった。

■百島に街宣車がやってきた

 こうして、ついに緊迫の17日がやってきた。この日はやはり、朝から大きな動きが見られた。

 まず、尾道市駅前では、政治団体が、大浦作品の展示に反対する街宣活動を行った。メンバーは10人ほどだが、私服警官らしき男性たちが周りで厳しい視線を送っており、物々しい雰囲気を醸し出していた。

 そのいっぽうで、百島では別の激震が走った。なんと、街宣車がフェリーに乗ってやってきたのである。

 小さなフェリーなので、搭載の車が遠目からも確認できる。見慣れない、黒い車があるぞ――。あっ、街宣車だ。それがだんだんと島に近づいてくる。スタッフの無線も急を告げたにちがいない。

 街宣車は上陸するや、旧中学校の校舎に向かった。すわ、一大事。軍歌を流すのか、大音響で演説するのか。

 ところが、中から出てきたのは、親子連れだった。小さなこどもも、特攻服のようなものを身に着けている。その可愛らしい姿は、警戒するスタッフの心をほっこりさせた。

 結局、街宣車は騒ぐこともなく、日が暮れる前に、またフェリーに乗って帰っていった。とんだ前菜のお出ましだった。

■トークイベント「表現の不自由を越えて」は満席

 午後になり、いよいよメインディッシュであるトークの時間が迫ってきた。

 尾道港では、13時15分、街宣活動を行っていた政治団体のメンバーが、高速船に乗り込んで百島に向かった。目撃者によれば、見送りの人々がいて、盛んにエールを送っていたという。

 メンバーは島に着くや、トークイベントの会場である旧支所にまっすぐ向かった。せっかく問題の作品が別の会場にも展示されているのに、そちらには関心がないようだった。?

 この日のトーク「表現の不自由を越えて」は、大浦と、美術史学者で大阪大教授の北原恵、そして美術家で映画監督の小泉明郎によって行われた。

 もちろん会場は満席。四隅には、明らかにそれとわかる警備員が立ち、「PRESS」の札を下げたメディア関係者の姿も目立った。やはり前日より空気はピリピリしていた。

■質疑応答で「ネットの情報によると」

 やがて16時30分になり、質疑応答の時間に入った。ここでは予想どおり、批判的な質問が飛んだ。徐々にボルテージが上がり、やや声を荒げるものも現れた。

 ただ、論点は相変わらず「天皇ヘイト」「プロパガンダ」などで、とくに目新しいものはなかった。むしろ筆者は、件の政治団体メンバーらしきひとりが「ネットの情報によると」と口走ったことが気にかかった。

 16、17日のスピーカーは少なからず、作品を直接見て、全体や文脈を考えることが重要だと述べていた。にもかかわらず、抗議する人々は、目と鼻の先にある作品を見ずして、ネットの断片的な情報を信じ、激しい批判を展開してしまったのである。この分断はきわめて深刻だと感じられた。

 では、光明がなかったかといえば、そうではない。

 トークの終了後、スピーカーの小泉と、批判的な質問者のひとりが握手する場面があったのである。十数分の立ち話で、「同意はしないが、あなたの意見はわかった」と納得した末での行動だった。その人は「さっきは言いすぎた」と詫びさえもした。

 会場で声を荒げる人というと、強面なイメージがある。しかし、かれらはときおり過剰なほど礼儀正しかった。会場の外でも、テレビ局の取材に丁寧に答えていた。このことも念のため記しておきたい。

 この手のイベントにやってくる批判者は、大別してふたつにわけられる。ひとつは、会場では冷静なのに、あとからメディア上で激しく声を上げるタイプ。もうひとつは、会場では大声を上げるのに、直に話してみると案外会話が通じるタイプ。

 どちらがいいというわけではないが、16日は前者が多く、17日は後者が多かった印象である。

 いずれにせよ、百島のトークイベントは、大きなトラブルもなく無事に終わった。

 もちろん、今後メディア上に攻撃を煽る記事などが出て、再び炎上するかもしれない。しかしだからこそ、わずかながらでも、作家と批判者との間でコミュニケーションが成立していたことを明記しておきたい。というのも、これは表現の自由を考える上で、明るい兆しのようにも思われたからである。

写真=辻田真佐憲

(辻田 真佐憲)

関連記事(外部サイト)