矢口蘭堂と巨災対が“根城”にした首相官邸6つの謎

矢口蘭堂と巨災対が“根城”にした首相官邸6つの謎

©文藝春秋

 邦画のゴジラシリーズとして12年ぶりに製作され、大ヒット作となった『シン・ゴジラ』で注目されたのは、これまでのゴジラ映画に多く見られた子供向け要素や、空想科学的なガジェットを排して、現実の日本とゴジラとの戦いを描いた点だ。劇中には実在する日本政府・官庁の組織や役職が多数登場し、危機管理のスキームも忠実に再現されている。

 多くの人にとって、災害で活動する組織といったら、テレビで見かける被災地で活動する自衛隊や消防、救急、警察を思い浮かべるだろう。真っ先にイメージされるのはこのような組織であって、永田町や霞が関の住人たちではないはずだ。『シン・ゴジラ』では実働部隊の苦闘も描いているが、物語の焦点が政府中枢に当てられていることが、逆に新鮮に映ったのかもしれない。

 が、実際に劇場で観た方の多くは、セリフやら字幕で出てくる大量の役職に理解が追いつかなかったのではないか(筆者も初見ではとても追いきれなかった)。例えば、長谷川博己演じる主人公の矢口蘭堂官房副長官の初登場シーンで、志村秘書官のセリフにある「キンサンチーム」が、「緊急参集チーム」の略称だと気づけた方はそう多くないだろう。

 本記事では、『シン・ゴジラ』の地上波初放映を前に、劇中の主な舞台となった首相官邸、立川の災害対策本部予備施設について、危機管理上の役割を中心に解説したい。

■日本の行政機構の中枢

 『シン・ゴジラ』前半の舞台となるのが首相官邸だ。最上階の5階に主人公の矢口官房副長官ら、首相や官房長官といった政府要人の執務室が置かれている日本の行政機構の中枢だ。

 現在の首相官邸は2002年に完成したもので、旧官邸と比べて危機管理機能が大幅に強化されていることが特徴の一つとなっている。

 1929年に完成した旧官邸はスタッフの執務スペースが狭く、老朽化が進んでいた上、電子情報機器の設置が考慮されていないなど、オフィス機能に問題を抱えていた。災害や事件が発生しても、対策本部用のスペースが存在しないため、1978年に発生したダッカ事件、1995年の全日空ハイジャック事件等では、小食堂・喫煙室に対策本部が置かれていた。1996年以降は官邸別館に危機管理センターが置かれることになったが、元は記者会見等に用いる施設を流用したもので、手狭な状態が続いていたという。

 また、ヘリポートもなかったため、緊急で首相がヘリで移動する場合、赤坂の在日米軍施設を利用することになっていた。

 現在の首相官邸は地階を危機管理専用フロアとし、危機管理センターを設置している。危機管理センターにはオペレーションセンターや各会議室があり、緊急事態発生の際には、事態の規模に応じて、対策室や対策本部が設置される。また、屋上にはヘリポートが設けられたため、わざわざ移動せずとも緊急時にヘリに搭乗することが可能になった。

■(1)「5階からのお達し」とは?

 では、この官邸細部を『シン・ゴジラ』に絡めて見ていこう。首相官邸と一言で言っても、敷地内には様々な施設が含まれている。

 まず最も大きな建物は官邸本館。首相や官房長官、官房副長官といった政府要人の執務室が最上階の5階に置かれている。劇中、マスコミ記者達が政府の対ゴジラ防衛計画について会話をしているシーンで、「5階からのお達し」というセリフがあるが、これは計画が総理・官房長官といった政権中枢の意向だと示唆している。

 官邸4階には、閣議室や劇中でアクアトンネル浸水事故の対策会議が開かれた大会議室といった内閣の意思決定を行う施設、首脳会談で使われる特別応接室、総理補佐官や内閣官房参与といった役職の執務室がある。

■(2)?なぜエントランスホールが3階に?

 3階には国会議事堂側に正面玄関ホールや事務室が設置されている。劇中でも「首相官邸3階 エントランスホール」と字幕が出てくるので、なぜ3階にエントランスが置かれているか気になった方もいるかもしれない。首相官邸は斜面に建設されているため、正面にあたる国会議事堂側は3階に正面玄関がある構造になっているためだ。

 このため1階、2階は半地下となっており、赤坂側1階には職員や業者が出入りする西門がある。

 3階以上に事務機能が集約されているのに対し、2階はロビー(ホワイエ)や大ホールといったスペースがおかれている。劇中で巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)が置かれた会議室があるのは2階と設定されている。1階は劇中でもたびたび登場し、ニュースで見かける機会の多い記者会見室や官邸記者クラブといった広報機能が置かれている。

■(3)?危機管理センター内部の様子は?

 地下1階は、『シン・ゴジラ』前半での主な舞台となる危機管理センターが置かれている。各省庁からの要員が参集するオペレーションルームや各会議室等から構成され、緊急事態への対処が行われる。

 安全保障上の問題から、危機管理センター内部の様子はほとんど伝わっていない。劇中で登場した会議室は撮影のために作られたセットだ。また、巨大なモニタが置かれ各省庁からの要員が参集したオペレーションルームは、首都直下地震が発生した際に現地対策本部が設置される、有明にある東京湾臨海部基幹的広域防災拠点のオペレーションルームを撮影に使っている。

 災害対策本部には国家としての対応を調整するものと、現地での対応を調整する災害現地対策本部がある。首相官邸の危機管理センターに置かれるのは前者で、有明の防災拠点に置かれるのは後者だ。首都直下地震の際でも、官邸の危機管理センターに地方自治体職員が入ることはまずないが、有明に置かれる災害現地対策本部では、中央省庁の職員とともに周辺県庁や自治体職員が調整にあたるようになっている。

 通常、現地対策本部は道府県庁に置かれるが、東京についてはあらかじめ専用施設として用意されている。また、この施設は防災体験学習施設『そなエリア東京』としても公開されており、一部は見学可能だ。

■(4)冒頭で志村が口にした「情報集約センター」って?

 劇中冒頭、東京湾アクアラインでの浸水事故が首相官邸に伝わり(この情報収集を行うのが志村のセリフにもある情報集約センターで、常時4名の職員が5交代制で24時間情報収集にあたっている)、オペレーションルームに各省庁の職員が次々集まってくるシーンがある。『シン・ゴジラ』の設定資料によれば、この日は11月3日。文化の日で国民の祝日で、多くの省庁も休みになっているのに、彼らはどこから来たのだろうか?

 彼らは緊急時に政府の初動対処を行う危機管理参集要員で、千代田区など都心にある危機管理用宿舎に居住しているのだ。公共交通機関が壊滅しても徒歩で参集できる位置に宿舎はあり、持ち回りで参集当番が決まっている。勤務先の近く、それも都心に住めると羨ましく思えるが、参集当番は休日でも自宅で待機していなければならないなど制約も大きい。

■(5)冒頭で志村が口にした「キンサンチーム」って?

 劇中冒頭に登場した「キンサンチーム」こと緊急参集チームは、緊急事態が発生した際、内閣危機管理監の指示のもと、関係省庁の局長級職員が30分以内に危機管理センターに参集し、初動対処の協議にあたるものだ。実際に東日本大震災では、発災から14分で協議が始まっている。

 参集するメンバーは緊急事態によってあらかじめ決まっていて、緊急事態発生時にメンバーの携帯電話に参集指示のメッセージが飛ぶ仕組みになっている。東京23区内に震度5強、23区外に震度6弱の地震が発生した場合や、大津波警報、東海地震注意情報が発令された際は、指示を待たずに参集する。

■(6)実際の使い勝手はどうなの?

 このように危機管理面での強化が図られた新官邸だが、実際の所の使い勝手はどうなのだろうか。実のところ、不満も多く聞かれる。

 実際に官邸で危機管理対応にあたった複数の経験者から使い勝手を聞く機会があったが、「隣の部屋に行くだけで4回ロックを解除しなければならなかった」「地下の危機管理センターは携帯電話持ち込み禁止のため、政治家が行こうとしない」「ミーティング用の小部屋が少ない」「各省庁に割り当てられているスペースが小さい」といった、厳しいセキュリティからくる運用の不便性や施設的な制約があるという。

 新官邸が出来て早15年。旧官邸より改善はされたとはいえ、まだまだ課題は多いようだ。しかし、日本の行政・危機管理の中枢であることは間違いない。

 もし万が一、災害等で官邸が使用不能になったら? 想像するだけで恐ろしい事態だが、『シン・ゴジラ』ではその万が一に備えた施設が後半の舞台になる。実在するその施設については、次の回で紹介しよう。

(「 矢口蘭堂が35キロ歩いてたどりついた、臨時政府・立川防災合同庁舎9つの秘密 」に続く)

(石動 竜仁)

関連記事(外部サイト)