感動ポルノについて「ええ、知ってます」――『24時間テレビ』生みの親にネットでの批判について聞いてみた

感動ポルノについて「ええ、知ってます」――『24時間テレビ』生みの親にネットでの批判について聞いてみた

都築忠彦氏。背景にあるのは1980年の『24時間テレビ』のポスター。コピーは糸井重里氏によるもの

「タモリさんも僕も偉そうなのが嫌いだった」『24時間テレビ』生みの親が語る、番組が始まった頃 から続く

 毎年億単位の寄付金を集めているにもかかわらず、厳しい批判にさらされている番組がある。チャリティー番組の『24時間テレビ』(日本テレビ)だ。以前から存在した、出演者に出演謝礼が支払われることに疑問を呈する言説に加え、近年では番組が、健常者を感動させたり、やる気を出させるために障害者を利用する「感動ポルノ」にあたるとする言説も増えている。

 私、ダブル手帳は1993年生まれの脳性麻痺・発達障害当事者だ。アニメファンであることや、就活における自身の経験から、メディアにおける障害者の描かれ方について興味を持ってきた。

 この番組を生み出した人は、一体どういった考えを持って、番組を企画したのか。今の『24時間テレビ』をどう見ているのか。そして、番組に寄せられている批判に、どう答えるのか。そういったことが気になり、『24時間テレビ』発案者の都築忠彦氏(84)に取材のお願いをしたところ、快く引き受けていただいた。

 都築氏は1935年生まれ、愛知県出身。東京大学経済学部卒業後、1961年に日本テレビに入社した。中編では、『24時間テレビ』に寄せられている批判について、どう考えているかを聞いた。(全3回中2回目/ 1回目 から読む)

◆◆◆

■「出演者はノーギャラでやるべきだ」について思うこと

――近年、『24時間テレビ』を批判する声が高まってきていることはご存知ですか。

都築 ええ、ネットも見ますので知っています。

――『24時間テレビ』の発案者として、そのような批判についてどうお考えか、ぜひ伺いたいと考えています。まず「出演者はノーギャラでやるべきだ」という批判については、どうお考えですか。

都築 もしギャラを払わないということであれば、今の番組の形式そのものが成立しなくなってしまいます。別に、大スターだけがこの番組に出ているわけではないんです。『24時間テレビ』での収入が大きな足しになる人だっていますし、出演者だけでなく、スタッフもいますからね。そこのところは、もっと現実的に考えてもらいたい。

 現在のビジネスモデルを、まず成立させて、放送することが重要だと思います。そのうえで、出演者が寄付をするのが、合理的でしょう。森光子さんは、そうしていました。

――「番組自体をやめて、全額寄付に回せ」という、極論を唱える人もいます。

都築 それでは、『24時間テレビ』の原点であるコンシャスニス・レイジング、つまり問題をまず知ってもらうという、大事な機能が失われてしまいます。世の中には暴力や格差、差別といった問題がたくさんあるわけなんだけれども、そうした問題を解決するには、まず知ってもらわなければならないでしょう? そのためにコンシャスニス・レイジングは必要です。

 もし日本テレビがやらずに、『24時間テレビ』がやっていることを新しくやるとなると、人にも施設にも莫大な費用がかかって、それこそ寄付どころではなくなると思いますよ。スポンサーを集めるためのテレビ番組なしで、しかもノウハウや信用もなしで、出来ると思いますか? コンサル会社みたいなのが出てきて、多額のお金を取られ、別の偽善がはびこり大赤字になると思いますよ。

■バラエティー路線は「素晴らしいこと」

――一般にはあまり知られていませんが、都築さんが番組を降り、ダウンタウンが司会を務めた92年に、『24時間テレビ』は“バラエティー路線”に大きく方針転換していますよね。今や名物となったマラソンが始まったのも、この改革がきっかけでした。生みの親としては、この改革はどう見ていたんでしょう。

都築 素晴らしいことだと思いますよ。今、『24時間テレビ』って、みんなグーグー寝ているような時間も含めて、通して平均18%、19%とっているでしょう。ゴールデンの番組でも、10%あるかないか、という時代に。一種の怪物ですよね。

「今の『24時間テレビ』はバラエティー色が強すぎる」という声もあると聞きますが、視聴率があるということは、それだけの社会的なインパクトがあるということですから。そこの基盤を失ってしまってはいけないと思うんです。

■“感動スイッチ”の、何が悪いの?

――これは、バラエティー路線と無関係ではないと思うのですが、近年は『24時間テレビ』が「感動ポルノ」と批判されることも増えています。

都築 銭儲けのために、障害者を見世物にして、視聴者が見そうな話や、シーンをわざと選んでいる、という話でしょう? でも、「これ儲かるんとちゃうか」といって企画を考えるプロデューサーなんていませんよ。伝える意義があると思うのが出発点ですよ。

 そもそも、マイノリティが努力して障害を克服する姿を、子どもたちが見て感動することを僕は“感動スイッチ”と呼んでいます。感動スイッチによって、世の中が動き、差別撤廃のきっかけになることもあります。

――なるほど……。しかし、現在は障害は個人が持つ属性であり、それを乗り越えるのは個人の責務とする「医療モデル」から、社会が障害者にとっての障害(障壁)を作っており、その障害を取り除く責務は社会の側にあるという「社会モデル」 が主流になってきています。

『24時間テレビ』を批判する人たちは、頑張っている障害者たちは素晴らしいとしても、そういう障害者の姿ばかりを放送することによって、障害は個人の努力で克服していくべきものという「医療モデル」的な見方を強化してしまうのではないか、と懸念しているのでは?

都築 それは、おっしゃるとおりですね。ただ、医療モデルから社会モデルに変換したのも、割と最近のことじゃないかと思います。表現にも、段階があるんじゃないか。

――段階がある。

都築 ええ。『24時間テレビ』が始まった当初は、プロデューサーたちにも偏見があって、「障害者を映すなんてとんでもない、視聴率が下がる」「スポンサーが逃げるからやめろ」なんて言われていたんですよ。そんな時代に視聴者が関心を持つ形で障害者を画面に出せたら、それが必ずしも社会モデルと合致する表現でなかったとしても、「前進」と言って良かったはずです。

■主演の俳優目当てでも、関心を持ってもらいたかった

――当時は、医療モデルや社会モデルを論じる以前の状態であった、と。

都築 そう思います。当時、マイノリティを題材にした問題提起のドラマもいくつも制作しましたけど、今よりもマイノリティへの関心が低い時代ですから、視聴率が良いと新聞が「こんなものが視聴率取れるなんて」と驚きの記事を載せるくらいだったんですよ。

 たとえば、韓国人徴用工と日本人の夫婦が、サハリンで終戦を迎えて無国籍状態になってしまう理不尽を描いた『愛と哀しみのサハリン』。いわゆる「サハリン残留邦人」を取り上げたドラマなんですけれども、視聴率16.8%を記録したんです。

 最初は主演の斉藤由貴や加勢大周目当てだったかもしれないけれども、こんなマイナーな問題を取り上げたドラマに、若者が関心を持ってチャンネルを合わせてくれた。そして、心を動かされた。それって、いいことじゃないですか。むしろ、「感動ポルノ」と揶揄されて取り上げる機会を失い、社会問題や、差別されていたり、疎外されていたりする人たちが覆い隠されることのほうを、僕は懸念しています。

――都築さんのおっしゃることも一理あると思います。ただ、私は障害者当事者ですが、福祉番組であるとか、特別な理由がつけられてようやく障害者が取り上げられるようでは、まだまだ障害者の存在が可視化されていると言えないと思っています。

 たとえば、私は特別な理由なく、身体障害者がテレビ局の”顔”であるアナウンサーを務めるような世の中になってほしい、と願っているんです。

都築 それは当然、そうなるべきです。マイノリティーの人が表に出てくること自体が視聴者の意識を変えることになりますから。そういった、医学的じゃない、社会的なバリアがあるんじゃないかという問題意識は、映画や小説、ブログやテレビ番組でいろいろなきっかけを与えていけば、どんどん広がっていくと思いますよ。

 正直、「あまりトラブルを招きたくない」という後ろ向きの心理が、映画でもテレビでも、プロデューサーの中に働いているところはあります。でも、あちこちで成功例が出てくれば、「あ、あいつがやったなら俺もやろう」というふうに付和雷同してくる。

■第2回でさっそく起きた“変化”

――横並び状態が破られれば、状況は変わる、と。

都築 そうそう。先ほど、「障害者が出たら視聴率が下がる」などとプロデューサーたちが偏見を持っていた話をしたでしょう?

 始まる前はそんな感じだったけれども、『24時間テレビ』の2回目では、ある大スポンサーが「銀座にショールームを持っているので、そこで障害者のバンドに演奏してもらってはどうか」とオファーしてきたんです。案外、ほんのちょっとしたことで、ドーンと変わってしまうものなんですよ。きっかけの問題じゃないか、と思ってます。

( #3「『“出口”が見つからないがために、形にならない善意がある』『24時間テレビ』生みの親が語る、番組の原点」 へつづく)

写真=平松市聖/文藝春秋

「“出口”が見つからないがために、形にならない善意がある」『24時間テレビ』生みの親が語る、番組の原点 へ続く

(ダブル手帳)

関連記事(外部サイト)