藤井聡太七段は「信玄餅を美味しくいただきました」――その日、トップ棋士が甲府に大集結した

藤井聡太七段は「信玄餅を美味しくいただきました」――その日、トップ棋士が甲府に大集結した

「第45回将棋の日in甲府」の公開収録より。タイトルホルダーを始め、人気棋士が勢揃い

「将棋の日」と呼ばれる日付がある。11月17日がそれで、その由来は、江戸時代に行われていた御城将棋が、八代将軍の徳川吉宗(将棋好きとして後世に伝わる)によって、その対局日を11月17日に定められたことにある。

■今年は「第45回将棋の日in甲府」を開催

 日本将棋連盟は1975年に11月17日を「将棋の日」として定め、それ以降毎年、将棋の日にちなむイベントを行ってきた。

 1975年の第1回は当時の蔵前国技館を借り切って行われ、7800人のファンが詰めかけた。当初は国技館では会場が埋まらないだろうという心配もあったというが、その不安を見事に払しょくし、以降は定番のイベントとなった。

 さすがに色々な都合もあるため、すべての年で11月17日に将棋の日イベントを行うわけにはいかなくなったが、11月に行われるのは恒例となっている。

 今年は11月23、24日に「第45回将棋の日in甲府」として甲府市で行われた。11月21、22日に同市の常磐ホテルで行われた第32期竜王戦七番勝負第4局と合わせて「こうふ将棋ウィーク」と題されている。今年で開府500周年を迎える甲府市の記念イベントだ。

■竜王戦第4局「ようやく初日が出ました」

 まずは竜王戦第4局から。挑戦者の豊島将之名人が3勝0敗と奪取に王手をかけて迎えた本局だったが、ここでは広瀬章人竜王が意地を見せて1勝を返した。

「ようやく初日が出ました。なかなか厳しい戦いでしたけど、ひとつ勝ててホッとしています。まだまだ苦しい星なので、ひとつずつ返していけたらと思います」と広瀬は語る。昨年同様にフルセットまでもつれ込む激闘を将棋ファンは待ち望んでいるだろう。

 控室には翌日からのイベントに参加する棋士が続々と姿を現した。渡辺明三冠や永瀬拓矢二冠といったタイトルホルダーを筆頭に検討の継ぎ盤が囲まれる。その中には藤井聡太七段の姿もあった。藤井が継ぎ盤の前に座ると、一斉に報道のカメラが向く(筆者もその一人だが)。つい先日に自身のタイトル初挑戦を逃したばかりだが、その痛みを感じさせる雰囲気はなく、先輩棋士らとの検討中には時折笑みも浮かべていた。

 続いて「第45回将棋の日in甲府」。こちらは甲府市の総合市民会館で行われた。1日目の11月23日、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段が開会式であいさつし、スタート。

■人気の揮毫は「百折不撓」「冬夏青青」

 午前中はいくつかのブースに分かれて多くの催しがあった。まずは渡辺三冠、永瀬二冠、木村一基王位によるサイン会。タイトルホルダー3名がそろう姿は壮観である。サイン後の記念撮影もOKで、多くのファンが棋士の横で笑顔を見せていた。木村王位に話を聞くと、もっとも求められた揮毫は「百折不撓」だったそうだが、新しく作った扇子に揮毫した「冬夏青青」を希望するファンも多かったという。

 ちなみに「冬夏青青」は中国の戦国時代に著された「荘子」の一節「命を地に受くるもの、ただ松柏のみ独り冬夏に有りて青青たり」という言葉が語源とされており、その意味は「信念が固く、どんなときも変わらない」である。

■爆笑の「杉本八段と山田女流四段トークショー」

 別のブースでは、杉本昌隆八段と山田久美女流四段によるトークショーが行われた。詰将棋が話題になると、杉本八段は「私は詰将棋を作らないことにプライドを持っています」と語り、観客席からは「おおーっ」という喚声があがる。

 続けて「でも、作る必要が出てきたのでやむなく。作った図面を見た藤井君が『作品を提供しましょうか』とね。プライドにかけても貰うわけにはいかなかったです」と語り、一同は大爆笑。

 杉本八段は弟子の藤井七段について「実戦、詰将棋を解く、詰将棋を作るという3つでは、実戦が一番不得意なんじゃないかと思う。あれだけ勝っているのに、こう言うのも変ですが」と語った。

 また山田女流四段は前日の控室で、ある棋士が出題した詰将棋を他の棋士が集中して考え込んでいる姿について「詰将棋を解く棋士は、カニを食べる時のようなものです」と語った。

 確かに詰将棋の図面を見ると、ピタッと黙り込んで微動だにしなくなる棋士は多い。そうして最初に解けた棋士が正解を言いたくてウズウズ……何度も繰り返された光景ではある。

■藤井七段ら棋士による指導対局も

 他には佐藤九段とカロリーナ・ステチェンスカ女流1級(甲府大使を務めている)による記念撮影や、藤井七段をはじめとする多数の棋士による指導対局も行われた。

 指導対局を終えた藤井七段を報道陣が取り囲んで取材が行われる。「甲府は初めて訪れたのですが、信玄餅を美味しくいただきました。竜王戦第4局は熱戦で、控室での検討も難しいとされましたが、楽しかったです。指導対局は、子供の参加者がぱっぱと指すことが多かったのですが、一手一手じっくり考える子供もいて、感心しました。このようなイベントを通して将棋の魅力を感じてもらえたのがよかったです」と語った。

 午後にはNHKによる公開収録が行われた。第1部は「若手棋士10秒将棋勝ち抜き戦」で、まずは中村太地七段と藤井七段による10秒将棋が行われ、その勝者が戸辺誠七段と戦う。こちらでは広瀬竜王と豊島名人の特別出演もあった。

 第2部は、渡辺三冠と永瀬二冠による「次の一手名人戦」。対局のところどころで次の一手が出題され、三択問題を会場の参加者が解答していく。勝ち残った方には豪華賞品が贈られる。

「若手棋士10秒将棋勝ち抜き戦」と「次の一手名人戦」の勝者については、12月29日午前10時よりNHKEテレで放送予定の「第45回将棋の日」をご視聴ください。

■これまで、そしてこれからの「将棋の日」

 今年(2019年)の11月17日はJT杯将棋日本シリーズの決勝戦が幕張メッセにて公開対局で行われ、渡辺三冠が広瀬竜王を下して自身初のJT杯連覇を果たしたが、過去の将棋の日にはどのようなことがあったのかを見ていきたい。

 1975年の第1回将棋の日が蔵前国技館で行われたのは前述したとおりだが、この時は第14期十段戦七番勝負第2局、中原誠十段対大山康晴永世王将(段位は当時・以下同)が土俵上で公開された。タイトル戦が大観衆の前で指されたのはこれが初めてだった。

 また、1989年11月17日は第2期竜王戦第4局で羽生善治六段が島朗竜王を破った日である。羽生にとってはこれが自身初となるタイトル戦における勝利だった。平成初の将棋の日でタイトル戦初勝利を挙げた羽生が、そのまま平成時代の第一人者となっていったのは、話としてはできすぎている。

 令和初となる将棋の日は、渡辺三冠が現役最強を証明した日になったともいえるが、果たして来年の将棋の日には、どのようなことが起こるだろうか。「将棋の日イベント」と合わせて、楽しみに待ちたいと思う。

写真=相崎修司

(相崎 修司)

関連記事(外部サイト)