渋野日向子が明かす「服のセンスがなかった私がゴルフウェアにハマった理由」

渋野日向子が明かす「服のセンスがなかった私がゴルフウェアにハマった理由」

©getty

発売とともに、業界内外を騒がしている異色の コラボ増刊「ビームス×週刊文春」 。そのなかから、女子ゴルフ・渋野日向子選手のインタビューをご紹介します。

◆ ◆ ◆

全英女子オープンでの優勝で一夜にして世界的ゴルファーとなった渋野日向子選手。そんな彼女を見る楽しみの一つが、カラフルなウェア。渋野選手が語るビームス ゴルフとの幸運な関係――。

 私にとってビームスのイメージはゴルフというより私服でした。私が着ることのない(笑)おしゃれな服。なので、ビームスゴルフから契約の話をいただいて、有楽町店に見に行ったときは、今まで行っていたゴルフショップとは全然違って、びっくりしました。おしゃれなウェアばかり。着るのも選ぶのもめっちゃ楽しかったです。

 私は服のセンスがなくて、それまでは柄物と柄物を合わせるなんてことも平気でやっていたのですが(笑)、ビームス ゴルフの方にコーディネートの基本を教えていただいて、服の組み合わせ方がだんだんわかってきました。

 好きなウェアを着ると気分は上がりますよ。青系のウェアは気持ちが落ち着きますし、赤は燃えます。八百屋さん柄(笑)じゃなかった、マーケット柄のシャツも好きですよ。これからの季節は長袖やニットを着るのが楽しみです。チェックのスカートがめっちゃかわいいんですよ。

?

Photographs by Takuya Sugiyama Getty Images

渋野日向子 Hinako Shibuno

1998年岡山県生まれ。2018年2度目の挑戦でプロテスト合格。プロ1年目の今年、国内メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」でツアー初優勝。8月の「全英AIG女子オープン」では日本人史上2人目の海外メジャー制覇。賞金女王にも期待がかかる。

■BEAMS GOLF 秋冬の着こなし提案

渋野日向子選手が契約するビームス ゴルフはメンズもレディースもアイテムがいっぱい!ゴルフのプレー中はもちろん、オフタイムも着られるウェアをとくとご覧あれ!

■【Mens】ハンド刺繍ニットと千鳥格子のパンツでシックな大人の装いを。

 50代になったらゴルフの時にも成熟した大人の着こなしをしたいもの。ハンド刺繍のニットに千鳥格子のパンツを合わせ、頭にはグレーのハンチング、足元は黒のフットジョイで締めたい。首元から見えるネイビーのストライプをアクセントにチラ見せ。

■【Mens】アメカジテイストを取り入れたストリートスタイルが楽しい。

 ゴルフは襟付きシャツにスラックスなんてスタイルは過去のもの。ビッグロゴのタートルネックにカモフラージュ柄パンツのスタイルを。キャップはニューエラとのコラボ、シューズはナイキのホワイトにすればカジュアルゴルフを気取れる。

■【Ladies】冬だからこそ派手目の色で優雅に貴婦人ゴルフを決める。

 秋冬のゴルフは防寒が大切と言っても、黒や茶色づくしでは味気ないもの。ビビッドなピンクのカシミアのニットに裏が起毛のネイビーのパンツを合わせれば、人目を引きながら防寒もバッチリ。ネイビーのハットで小粋に貴婦人ゴルフを気取るのはいかが。

■【Ladies】ガーリーな着こなしで冬でもフルスイングしたい。

 渋野選手も着たい!と話す起毛のチェックのスカートに防風ラグランスリーブを合わせればガーリーなゴルフスタイルに。オレンジのキャップとブラックのフットジョイなら甘すぎない。冬でも生足で思いっきりフルスイングしたいもの。

Photographs by Ichisei Hiramatsu

(「週刊文春ムック」編集部/文春ムック 週刊文春が迫る、BEAMSの世界。)

関連記事(外部サイト)