伝説の特撮番組「ウルトラファイト」は何がスゴイのか

伝説の特撮番組「ウルトラファイト」は何がスゴイのか

唐沢なをきさん(中央)、唐沢よしこさん(左)、岩佐陽一さん(右)。© 文藝春秋

 1970年〜71年にかけて放送された「ウルトラファイト」。過去作品のバトルシーンを切り出して再編集し、当時のTBSアナ・山田二郎氏の実況解説をつけて仕上げた、円谷プロ制作の特撮番組だ。尺も約2分30秒と異常に短い。そんな“異色作”に、ギャグ漫画家・唐沢なをきが愛を注いだコミック『ウルトラファイト番外地』が電子書籍として復刻される。

 なぜ「ウルトラファイト」は一部の人々を惹きつけてやまないのか? 唐沢なをきさん、唐沢よしこさん、特撮・アニメライター・岩佐陽一さんに、「ウルトラファイト」愛を存分に語ってもらった。

■少年時代、病院のベッドの上で衝撃を受けた

――「ウルトラファイト」との出会いを教えてください。

唐沢なをき(以下、唐沢) 小学生のとき、盲腸で入院・手術することになって。学校を休んでベッドでテレビを観てたら、突然流れてきた。北海道(唐沢さんの出身地)は平日のお昼に放送してたみたいで、普段は学校に行ってたから知らなかったんです。観た瞬間、「こんなにウルトラにハマっている俺が知らない番組があったなんて……」と驚いた(笑)。

岩佐陽一(以下、岩佐) 私はキングジョオ※の回を初めて観ました。あれで「乱暴」って言葉を覚えたんですよね。船を持ち上げて投げることを「乱暴」だと思って、船のオモチャを大人に投げつけて「らんぼう、らんぼう」って言ってたみたいです(笑)。

※ウルトラファイト版の名称。他のウルトラ作品では「キングジョー」と表記される

唐沢 ファイトに夢中になると、色々面白い言葉を覚えるよね。山田二郎さんの、子供に語りかけるのではない、アナウンサー特有の語彙がどんどん出てくる。乱暴な怪獣のセリフが、べらんめえ口調というか、あまりお上品ではない言葉が次々に出てくる。子供心にフィットしたなあ。

――お気に入りの怪獣はいますか?

唐沢 この世界全体が好きなので、誰ってことはないですね。「ウルトラファイト」には「このキャラでないといけない」という話が一切ない。例えばエレキングの役をイカルス※に変更しても、ストーリー的には全く関係がないんです。みんな同じでみんないい、の世界だね。

※ウルトラファイト版の名称。他のウルトラ作品では「イカルス星人」と表記される

岩佐 衝撃なのは、性別も変わっちゃうところですよね。怪獣が女性になったりするんです。今までとは違うイカルスなのか、いつものイカルスが性転換したのか、そのあたりが全く分からない。その自由さが良い。

■性転換、寸劇、アングラ、なんでもアリの自由さ

唐沢よしこ(以下、よしこ) イカルスが女、エレキングが男役だった回もありました。イカルスが「あーら、待ってたのよ、エレちゃん」とか言って。で、エレキングがお花を渡すと、イカルスが「食えねーよこんなもん!」って怒って喧嘩になる。結局、女の方が強くてエレキングが負けちゃう。翌日にエレキングがお魚を持ってきて、ナレーションで「怪獣島も、女性上位のようであります」ってオチ。

岩佐 子供ほったらかしですよね。一切無視。

唐沢 あの話は子供ながらに「いやー……すごいものを観ちゃった」と思いました。それまでは一応、怪獣同士の血なまぐさい戦いを表現していたけど、徐々に寸劇のようなコントの世界に変わっていったので、「見事だなあ」と子供心に思いました。

岩佐 この番組に関わられていたプロデューサーの故・熊谷健氏いわく、新撮編※は、朝5~6時に、ワゴン車一台で出発していたとか。前日まで撮ってるわけですから、ぬいぐるみは汗が乾いたものから使う。「どの怪獣にしようか」ではなく、「湿ってる/湿ってない」で決めていたそうです(笑)。
台本も当然ないです。女性週刊誌とスポーツ新聞を道すがら読んで、「今はウーマン・リブがすごいらしい」「よし、じゃあそれでやろう」という話になる。コンセプトだけノートに書き出して、なんとなく動きを撮って、帰ってくる。その後、山田さんにテーマだけ伝えて、喋ってもらう。だから「女性上位」なんて言葉が出てくるんです。そんな作りだから、子供向けになるわけがないですよね(笑)。

※「ウルトラファイト」は、過去作のバトルシーンを切り出して再編集した「抜き焼き編」と、ウルトラセブンと怪獣たちのバトルシーンを新たに撮り下ろした「新撮編」がある。

よしこ 妙にシュールな回もありますよね。キーラー※がリンゴ食べ続けていきなり泣き出す、みたいな。

※ウルトラファイト版の名称。他のウルトラ作品では「キーラ」と表記される

唐沢 後半はアングラ演劇っぽくなりますよね。そういうのが好きな人の意見が入ってきたんじゃないかなあ。

岩佐 熊谷さんが当時ATG(日本アート・シアター・ギルド)にハマってて「ああいうの、うちでも撮りたいね」って。リンゴの回なんかまさにそうですよ、熊谷さん自身の想いが詰まってる。熊谷さんが「あのキーラーは僕なんです」とおっしゃって、「怪獣に託されても……」と思ったんですけど、アリだな、と(笑)。

唐沢 (笑)。別にそれが嫌だったわけではなく、番組の雰囲気が変わっていく様子も「いいぞ、もっとやれ」と思いながら観てました。

■再現は不可能。あの時代だから生み出せた

岩佐 不満だったのは、ウルトラ側はセブンしか登場しないところ。あれだけ怪獣は出てくるのに……。後に、熊谷氏に訊いたら、2説あったんです。1つは、アトラク用ウルトラマンのぬいぐるみがなかった。もう1つは、当時は「戦え!ウルトラセブン」という続編の企画があって、この前哨戦としてセブンだけがフィーチャーされていた。真相は分からないですが……。

唐沢 どっちも面白いですね!……ちなみに、ずーっと後で、「ウルトラスーパーファイト」というビデオ作品が出たんですよ。新撮編を意識した、怪獣たちが戦うコント集なんですけど、これがちょっとしっかり作りすぎてて笑えなかった。「頑張りすぎだよー」って。

唐沢 「ウルトラファイト」は「そこまで計算していない」から、良い意味でヘンテコな味わいが出たんだろうなあ。あの時代特有のテキトーさ、ゆるさ、ぶっつけ本番の乱暴な感じ、色々混ざって偶然できたのがこの番組。

岩佐 意図的なものではないんですよね。天然というか。

唐沢 色々笑わせ方はあると思うんですけど、「ウルトラファイト」の再現はやめたほうがいいですね。この天然さは再現不可能。

■子供の夢と願望がつまったウルトラ作品

唐沢 放送当時は毎回、次はいつ観れるんだろう……と思いながら観てました。そんな環境だったから、マニアが育つわけだよね(笑)。

よしこ 今はプライムビデオとかあるから、昔のようなテレビっ子は育たないですね。実は、息子が3~4歳の頃は「ウルトラファイト」を観てたんです。

唐沢 息子はちょっとビビりで、普通の特撮番組でビルが倒れたり、人が苦しんだりする場面を嫌がるんです。でも、「ウルトラファイト」はそれがない。怪獣が出てくるまでの“ため”もないし(笑)。

岩佐 子供の夢の具現化ですよね。当時「ウルトラファイト」を初めて観た印象としては、「ムダがない」。子供は単純だから、人間のおじさんとか正直どうでもよくて、「怪獣とウルトラマンがいればそれでいいんだよ!」という気持ちです。その本音を形にしてくれた。

唐沢 当時の子供はマジで熱狂したと思う。「みんな仲良く喧嘩しな」の世界で、馬鹿にしたものじゃないな、と年を経るごとに考えています。

よしこ 「ウルトラファイト」は、嫌われてるってことはないけど、あくまで特撮番組の「オマケ」「色物」的な扱いをされがちで。特撮番組として語られない時期が長かったですね。

唐沢? 「ウルトラマン」も「ウルトラセブン」も終わった、空白の時期に放送してましたから。一番大事なウルトラ作品は「ウルトラファイト」だって人は結構いると思いますよ。

――マンガ、描き込みがすごいですよね。電子だと良く伝わってきます。

唐沢 マンガ、大変でしたね。結構頑張りました。

よしこ 番組の再現度は高いと思います。新しく映像でファイトを作ろうとすると、他の方がナレーションをやったりするからイメージが変わってしまう。でもマンガだと、観ていた人はあの声と口調に脳内変換して読んでくれるから、より近くなる。

唐沢 戦いのシーンも、マンガ的な表現でカメラを動かすことをしないで、ずっとアングルを固定するなど、工夫していました。効果線も入れてないですね。さすがに怪獣たちがくるくる回ってるところは少し線を描いたけど……。放送当時の雰囲気を含めて、番組を再現したくて、1コマ1コマを切り取った表現を意識しました。

よしこ たしかに週刊誌からネタ拾うこともありましたね。セブンがニートになる回とか。

唐沢 実は編集さんから「単行本2巻、3巻分も描いてください」といわれたら描くつもりだったんです。新作も描きたいなあ、なんて。

唐沢なをき(からさわ・なをき)
1961年北海道生まれ。ギャグ漫画家。1985年『無敵刑事(デカ)』でデビュー。 主な代表作に『電脳なをさん』『まんが極道』『俺とねこにゃん』『カスミ伝』『ヌイグルメン!』など。 2012年10月より、読売新聞夕刊にて4コママンガ『オフィス ケン太』を連載開始。

唐沢よしこ(からさわ・よしこ)
1968年東京都生まれ。フリーライター。現在は夫のなをきのブレーンも務める。著書に『オトナでよかった!』『けんこう仮面』(唐沢なをき共著)、『快描教室プラス』(菅野博士共著)など。

岩佐陽一(いわさ・よういち)
1967年東京都生まれ。フリーライター、編集者、プロデューサー。株式会社バッドテイスト代表取締役。懐かしもの系全般のライターとして活動する傍らテレビ番組や映画等を企画・プロデュース。著書に『70年代カルトTV図鑑』(文藝春秋)他多数。企画・製作テレビドラマは『帰ってきた 行け! あひるお姉さん』(TeNY)など。

(「文藝春秋電子書籍」編集部)

関連記事(外部サイト)