《嫌いな夫婦》タピオカ騒動夫婦、政界の新婚夫婦、芸能界のトップスター夫婦のデッドヒート

《嫌いな夫婦》タピオカ騒動夫婦、政界の新婚夫婦、芸能界のトップスター夫婦のデッドヒート

「桜を見る会」への批判の的となっている安倍夫妻 ©文藝春秋

令和初「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」アンケート結果発表!《総得票数9462票》 から続く

 2年ぶり、4回目となる「好きな夫婦」「嫌いな夫婦」アンケート。今年は夫婦ともども逆風にさらされるニュースが話題になりました。桜を見る会で安倍夫妻が批判の的になり、木下優樹菜のタピオカ店店長恫喝騒動では、夫であるFUJIWARA・藤本敏史も謝罪に駆り出される 事態 に。寄せられたコメントからみえてくる夫婦が“嫌われる理由”とは?

 アンケートは、8月26日から11月8日の約10週間にわたって、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施されました。19歳から88歳までの男女(男女比は男性45:女性55)から集まったは総得票数9462票! 9000票以上の声から見えてきた「嫌いな夫婦」ワースト20を見ていきましょう。

■元トップアイドルが“嫌われ夫婦総選挙”にランクイン

「嫌い」20位 小栗旬(36)・山田優(35)

「夫婦としてのまとまりがない。お互いがバラバラの活動を行っているように見える」(59・男)

「全然仲が良さそうに見えない。ギスギスした印象」(41・女)

「嫌い」20位 渡部建(47)・佐々木希(31)

「渡部さんの食へのうんちくもそろそろいい加減にしてと思う」(72・男)

「両者ともに違うベクトルでめんどくさそう」(47・男)

「嫌い」19位 浜田雅功(56)・小川菜摘(56)

「浜田雅功のヤンチャぶりが大嫌い」(71・男)

「夫婦ごっこにハマちゃんが付き合わされている感じがする」(55・女)

「嫌い」18位 DAIGO(41)・北川景子(33)

「さらっとしていて生活感がない」(40・女)

「わけのわからないことをいう夫にさぞ大変だろうと奥さんに同情する」(77・男)

「嫌い」16位 勝地涼(33)・前田敦子(28)

「交際期間が短かったのと、お互い過去の男性遍歴・女性遍歴が豊かで、離婚しそうだから」(38・男)

「結婚当初、2人でやたらラブラブ感出していて嫌い」(49・女)

「嫌い」16位 ヒロミ(54)・松本伊代(54)

「ヒロミさんのトークをきいていて、もう少し思いやりを持ってあげたらいいのにと思った」(55・女)

「ヒロミが鬱屈してそう」(52・男)

■離婚騒動が長期化するあのカップルにキツいコメントが……

「嫌い」15位 岡田准一(39)・宮アあおい(33)

「不倫略奪だから」(43・女)

「ドロドロでイメージが悪い」(40・女)

「嫌い」14位 中尾彬(77)・池波志乃(64)

「テレビ出演で見る夫妻としての態度が悪い」(77・男)

「中尾彬の押し付けがましさ。俺たち夫婦は模範的だとベタベタ押し付けるようで嫌い」(61・男)

「嫌い」13位 山里亮太(42)・蒼井優(34)

「正直、お似合いでは無いと思う。会見での奥さんを庇う発言もカッコいいというより幸せな自分に酔っている感じがした。5年後どうなっているか気になるご夫婦」(49・女)

「山里亮太が女優と結婚してから感じ悪いから嫌い」(29・男)

「嫌い」12位 アレクサンダー(36)・川崎希(32)

「とにかくアレクサンダーのヒモ感が有り得ない。それを甘やかしている川崎希もおかしい」(24・女)

「飛んでる夫婦としてマスコミに取り上げられているが、実態は違うように感じます」(58・男)

「嫌い」11位 川崎麻世(56)・カイヤ(57)

「グダグダ言ってないで別れればいいのに。世間をもてあそんでいそう」(69・男)

「もはや夫婦と言えないような関係性なのにこだわる意味が分からない」(24・女)

■お騒がせ年齢差夫婦や、“炎上ブログ”でお馴染みの夫婦も

「嫌い」10位 佐々木健介(53)・北斗昌(52)

「かかあ天下をテレビでみるとウケ狙いの大袈裟さが鼻につく」(72・男)

「鬼嫁キャラは営業用だとは思うが、あまりにガサツ過ぎて好感がもてない」(70・女)

「嫌い」9位 りゅうちぇる(24)・ぺこ(24)

「ちぇるちぇるランドから来たというりゅうちぇるとカリスマモデルであったぺこですが、ままごと遊びの夫婦という印象」(37・男)

「ほかのご夫婦と比較にならない。明るくて好きだが、学びたい内容やスキルがない」(33・女)

「『こう見えて実は賢くてしっかり者で子育てもきっちりやってます!』っていうのが売りみたいだけど、だったら日頃の態度もきちんとして欲しい」(51・女)

「嫌い」8位 小林麻耶(40)・國光吟(36)

「もともと小林麻耶大嫌いだけど、國光吟も整体師と言いながら仕事している感がない」(49・女)

「夫が妻を利用しているだけの夫婦。仮面夫婦にしか見えない」(50・女)

「まるで幼い夫婦のようで見ていられない。いつまでもつか不安」(64・女)

「嫌い」7位 石田純一(65)・東尾理子(44)

「結婚も出産もすべて芸能活動という2人にうんざり」(66・男)

「私生活を切り売りしている感じがみっともない」(61・男)

「お父様の東尾修さんも含め、お三方で番組に沢山出すぎで、何でかあまり羨ましいご夫妻とは思えない」(72・女)

「嫌い」6位 杉浦太陽(38)・辻希美(32)

「イクメンや育児という言葉を外したら、どんな人かが見えない夫婦。子供が大きくなって消えないよう仕事でも前に出てきたほうが、と心配になる」(54・女)

「やたらSNSに登場するのがなんとなく嫌」(39・女)

「テレビでやたら幸せをアピール。子沢山でちゃんと育児をしているのだと思いますが、逆にちょっと過剰で営業上の姿と感じられるから」(37・男)

■政界の美男美女夫婦を抑えて、芸能界の“嫌われ夫婦”がワーストに

「嫌い」5位 片岡愛之助(47)・藤原紀香(48)

「元カノの熊切あさ美の話がどこまで本当かわからないが、あんなに揉めて交際を否定していたのなら、せめてもっと地味に結婚すれば良かったと思う」(35・女)

「愛之助は女性と遊ぶだけ遊んで簡単に捨てるところが大嫌い! 紀香は、ブログを読んでみると、自分のやり方を押し付け過ぎで白々しいことが多い」(57・女)

「2人とも爽やかさがない」(28・女)

「割れ鍋に綴じ蓋系で、夫婦としてはお似合いなんでしょう。でも、爽やかさを感じないし、どよんと淀んだ空気が漂ってる気がします」(67・男)

「嫌い」4位 藤本敏史(48)・木下優樹菜(31)

「木下優樹菜がタピオカ店経営者へ送ったDMがまるでヤクザの脅しのような内容だったから」(47・男)

「夫婦でバラエティに出て妻が夫をけなして笑いをとるのは見てて不愉快、年下妻に対し頭が上がらない夫も情けない」(46・女)

「フジモンはともかく、子供の前でパートナーをこいつ呼ばわりする下品な人をテレビに出さないでほしい。嫁の汚い言葉づかいを放任している夫婦関係も異常」(45・女)

「恫喝とかいじめとか、テレビに出ちゃいけない人だと思う」(32・女)

「木下優樹菜のタピオカ騒動でやっぱりヤンキー夫婦だったんだなと思った」(27・男)

「嫌い」3位 安倍晋三(65)・安倍昭恵(57)

「勘違いする馬鹿さ加減が情けない」(63・男)

「昭恵さんの『勘違い感』が、日本人として恥ずかしいです。国のトップの妻があれでは……」(42・女)

「どうなっているのか、昭恵夫人は。誰も注意しないのか、皇室行事への参加衣装はひどいし、やっていることも非常識」(63・男)

「日本のトップとファーストレディーにしては今回の即位の礼はお粗末で、日本人として恥ずかしかった」(40・女)

「もう馬鹿夫婦の典型。昭恵を抑えられないちっちゃな男が、よくも総理大臣だと。森友問題は何も終わっていないですから、しっかり落とし前は付けてもらいたい」(57・男)

「嫌い」2位 小泉進次郎(38)・滝川クリステル(42)

「できちゃった婚を平然としている厚顔無恥ぶりが嫌、元々インテリ性が全くない2人のハリボテぶりも嫌い」(71・男)

「親父の小泉元首相と比較して、発言を聞いても、思ったより頭が切れていない。更に政治家の奥さんという立場では、滝川クリステルは難しいと感じる。特に政治に対する勉強が足りない感じがする」(75・男)

「突然の結婚発表が官邸!? なんだかなぁって思ったしその後の小泉さんのずれた数々のコメントで完全にメッキが剥がれてしまった」(66・女)

「命を授かったことはとても素晴らしいですが、議員という立場にありながら順序を守らず先に子供をつくり、首相官邸でドヤ顔した滝クリにイラッとさせられました。インテリぶってるけれど2人とも中身がない夫婦だなって」(46・女)

「嫌い」1位 木村拓哉(47)・工藤静香(49)

「そもそも結婚しなかったらSMAPは解散にならなくて済んだ」(43・男)

「20年以上木村さんのファンでしたが、解散後の奥さんの言動で幻滅。すっかり尻に敷かれた木村拓哉に呆れています」(51・女)

「木村のナルっぽさと、工藤静香の自慢インスタは、ウンザリする」(49・女)

「工藤静香さんのイメージがよくないのでは?と思います。娘のKoki, さんの猛プッシュも凄まじい気がする」(34・女)

「キムタクブームの時は人気のために結婚生活を隠し、取材にも嫌悪感を強く出していたのに、娘の売り込みのためなら夫婦生活を表面化させる。一般人視聴者やファンは金儲けの道具でしかないように見える」(49・女)

「どっちもファンだったけど、夫婦になったら嫌いになった」(53・男)

「夫婦も子供も才能があり、凄すぎて腹がたつ」(44・女)

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)