わずか1票差の大激戦! 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』スタッフが選んだ“推しおにぎり”第1位は?

わずか1票差の大激戦! 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』スタッフが選んだ“推しおにぎり”第1位は?

作戦の模様(カラー提供)

 コンビニといえば、おにぎり。平日にも行楽にも、これがなくては始まらない。まして、戦いの最前線で発揮されるおにぎりのパワーは他を圧するものがある。今こそ『シン・エヴァ』制作現場におにぎりパワーを届けるのだ!

◆◆◆

 今号の「エヴァンゲリオン大特集」の編集作業を進める中で、編集部には密かな野望があった。

「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作に、『週刊文春エンタ!』として何か爪痕を残すことはできないだろうか?」

 ふと思いついたのは、来年の6月公開から逆算して、まさに今、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作は佳境を迎えているのではないだろうか、ということだ。

 次々と新しい情報が公表され、『シン・エヴァ』への期待は高まりつつある。しかし公開は刻々と近づく。我々の期待とともに、スタッフの仕事量もまた、増大しているに違いない(想像です)。 

 昼夜問わぬ激務に、パソコンの前に縛り付けられたまま、買出しに行く間も食事を取る余裕もなく、次々と倒れていくスタッフたち(もちろん想像です)。

 そんなときに外野ができることは、古今東西決まっている。

 差し入れだ。

 補給線こそ戦いのかなめ、兵站の軽視が先の敗戦の大きな要因だった。

 ここで差し入れをすれば、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の何百万分の一かは、「週刊文春エンタ!の差し入れによって出来た」と言えるような気がする。これだ!

 では何を差し入れるか? これも決まっている。おにぎりだ。戦う者にとって、世界に冠たる日本の行動食・おにぎりに勝るものはないだろう。そうだついでにおにぎりベストテンを選んでもらおう!

 そんな感じで、「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』スタッフが選ぶLAWSONおにぎりダービー」の企画は始動したのであった。

■意外と深かったローソンと『エヴァ』の縁

 実のところローソンと『エヴァンゲリオン』シリーズの縁は深い。

 シリーズ初期からコラボレーション企画を何度となく実現し、箱根には店ごとエヴァ仕様の「第3新東京市店」が出現したこともある。ローソンはノリがいいコンビニなのだ。

『エヴァンゲリオン』シリーズは、実在する商品などが登場することでも知られているが、次ページの画像にもあるように、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では、ローソンの店舗がそのまま登場しているのが確認できる。

『エヴァ』のスタッフに差し入れるなら、「ローソンのおにぎり」しかあるまい。

 ローソンにとっておにぎりは、その数多のアイテムの中でも最重要商品の一つに位置づけられる。看板ブランド「おにぎり屋」を擁し、何度も果敢なリニューアルを繰り返し、改革を打ち出してきた。

 徹底的に味と品質にこだわり、おにぎりに高級路線を持ち込む先鞭をつけたのもローソンであったし、2018年大ヒットを飛ばした「悪魔のおにぎり」が記憶に新しいように、常識に囚われない挑戦もまた、その特徴である。

 早速ローソンに、『シン・エヴァ』スタッフに差し入れるおにぎりを選定してもらった。いずれも売れ行きのよい、基本でありベストでもあるおにぎりたちだ。

 エントリーしたのは、次の10種類。

・金しゃりおにぎり 焼さけハラミ
・金しゃりおにぎり いくら?油漬
・手巻おにぎり シーチキンマヨネーズ
・手巻おにぎり 焼鮭ほぐし
・手巻おにぎり 紀州南高梅
・手巻おにぎり 日高昆布
・悪魔のおにぎり
・和風シーチキンマヨネーズおにぎり
・もち麦入りおにぎり 枝豆と塩昆布
・わかめごはんおにぎり

 それぞれのおにぎりの特徴は、下の表をご覧いただきたい。

 さて、当初考えていた「おにぎりダービー」のルールはシンプルだった。

 スタッフには、差し入れたおにぎりを一つ手にとってもらうごとに、シール1枚を投票用ポスターの「そのおにぎりの欄」に貼ってもらう。つまり食べたものに投票してもらう方式だ。

 だが、ここに落とし穴があった。

 哲学科院卒の編集部員Sが指摘した。

「10種類のおにぎりを同じ数そろえて差し入れるんですから、『手にしたおにぎり』に投票したのでは、結局、みんな同数になってしまうんじゃないですか?」

 なんてこった!

 鳩首協議の結果、ルールは次のようにあらためられた。

 ――投票は今まさに手にしたおにぎりでもよいし、昨日食べたおにぎりでもよい。「今この瞬間、自分がもっとも推したいおにぎり」、つまり「推しおにぎり」に1票を投じてもらうのだ。

 こうすれば、『シン・エヴァ』スタッフがいちばん推すおにぎり、いわば「シン・オニギリ」が決定できるはずである。

■庵野秀明総監督が投票したおにぎりとは?

 いよいよ10月中旬、準備は整った。

『シン・エヴァ』スタッフが働く潟Jラーへのおにぎり差し入れ作戦が始まった。

 近隣のローソンの協力で、店長が毎日おにぎりを50個、100個と配達してくれたのだ。

 折しも、巨大な台風19号が襲ってくる中、困難な作戦が繰り広げられた。

 現場からは続々と反応が伝わってきた。

「スタジオ内に並べられたおにぎりの山を前に、当初は戸惑いもありましたが、すぐに『そろそろですかね』と、おにぎりの配達時間を楽しみに待つようになりました」(スタッフ)

 特に夜遅くまで仕事で残っていたり、風雨の激しいときなどに好評だったという。

 おにぎりの味についての感想も寄せられた。

「味がしっかりついていて、脂がのっていておいしい」(焼さけハラミ)
「やっぱりいくらはおいしい。まちがいない」(いくら?油漬)
「梅は王道」(紀州南高梅)
「シーチキンのおにぎりは苦手だったけどこれは好き」(和風シーチキンマヨネーズ)
「いつもは高価格のものは選ばないから嬉しい」(焼さけハラミ・いくら?油漬)
「ごはんがおいしい」(全て)

 なんと庵野秀明総監督もおにぎりを手に取り、投票に参加してくれたという。

 選んだのは「日高昆布」と「わかめごはん」。

 渋い選択! と思いきや、庵野総監督はよく知られているように肉・魚を一切口にしないのだった。

「これしか食べられないんだよ」

 と言いつつ投票に参加してくれた庵野総監督、ありがとうございます!

■結末はわずか1票差の大激戦

 さて、実施期間15日間、おにぎり総数750個、『シン・エヴァ』スタッフ約80名が参加した、「おにぎりダービー」は無事終了した。

 結果は右図の通り!

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』スタッフが選ぶLAWSONおにぎりダービー、栄えある第1位は「金しゃりおにぎりいくら?油漬」。

 2位の「焼さけハラミ」とは1票差の大激戦であった。

 3位には「和風シーチキンマヨネーズおにぎり」が入選。

「1位に選ばれた『金しゃりおにぎり いくら?油漬』に使用している、ローソンのいくら?油漬は、水揚げ後に鮮度のよいまま漬け込んだ、食感のよいいくらです。疲れているときでも元気なときでもおいしく感じられるよう?油風味のよいシンプルな味付けに仕上げています。

 2位の『金しゃりおにぎり 焼さけハラミ』は、ローソン『おにぎり屋』看板商品で15年以上続くロングセラーです」(ローソンのおにぎり担当者)

 こうして、「シン・オニギリ」は「金しゃりおにぎり いくら?油漬」と決定した。

 これからますます佳境となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の制作に、ローソンのおにぎりと「週刊文春エンタ!」はわずかでも寄与できたような気がする。

 もし『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でおにぎりが登場するシーンがあるなら、きっとそこにはローソンの「金しゃりおにぎりいくら?油漬」が描かれるだろう。

 最後にあらためて『シン・エヴァ』スタッフに今回のおにぎりダービーの感想を聞いた。

「とてもありがたい企画でした。次回はぜひLAWSONのパンでお願いします」

◆◆◆ 

『 週刊文春エンタ! アニメの力。 』では、2020年に公開予定の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を総力特集。高橋洋子さん、緒方恵美さん、林原めぐみさんへのインタビューをはじめ、26ページにわたってファン必見の記事が満載です。

(「週刊文春エンタ!」編集部/文春ムック 週刊文春エンタ!)

関連記事(外部サイト)