【日中アニメ産業最前線】『けものフレンズ』プロデューサーが語る「中国の若者が日本アニメから離れ始めた」

【日中アニメ産業最前線】『けものフレンズ』プロデューサーが語る「中国の若者が日本アニメから離れ始めた」

福原慶匡氏

 2017年、『けものフレンズ』を大ヒットさせ、一躍その名を知られるようになったプロデューサー、福原慶匡。現在も株式会社ヤオヨロズの取締役を務める傍ら、アニメ・音楽プロデューサー、芸能事務所の運営など多彩な活躍を続けている。また、コンテンツ研究のために慶應大大学院の博士課程に在籍し、研究者としての一面も持つ。

 そんな福原プロデューサーがかねてより様々な場所で発言して来たのが「中国のアニメ産業の興隆・日本のアニメ産業のピンチ」についてである。制作本数も大きく伸び市場規模を急速に拡大させる中国のアニメ産業、そしてその一方で様々な構造的問題を抱える日本のアニメ産業について、福原氏は警鐘を鳴らし続けてきた。

 そんな福原氏から見て、日中のアニメ産業の最前線では今何が起こっているのか。現在発売中の『 週刊文春エンタ! アニメの力。 』と連動して、変わり続ける中国のアニメビジネスについて語ってもらった。(全2回の1回目/ #2 に続く)

◆◆◆

■中国で『進撃の巨人』が敬遠される理由とは?

――まず基礎的な質問なんですが、そもそも今でも中国では日本のアニメは見られているのでしょうか?

福原 今、中国でアニメを見る場合はビリビリ動画が一番認知度が高くて、そこではまだ日本のアニメがたくさん見られてます。ただ、ビリビリ動画のメインターゲットってほぼ10代なんですね。中国でも30代くらいの世代は日本のアニメや漫画で育った世代なんで、日本のことがすごく好きです。でも10代の人たちは日本のコンテンツが最高ってあんまり思ってない。

――やはり中国国内の作品の方が、中国の若者にも受け入れられやすいということですか。

福原 日本ってアニメの歴史自体が100周年とか迎えちゃってる状態で、お客さんと作り手がどんどん深いものを作って超ハイコンテクストになってるんですよね。だから、その前提を知らない中国の若い子が見てもついていけない。もっとシンプルな表現のコンテンツの方が、中国の国内向けにはいいんです。あともう一個の壁が、やっぱり表現規制ですね。エロもグロもダメだし、体制批判もできない。赤い血がダメだから血を黒く描き直したりとか、体がちぎれちゃうのもダメ。『進撃の巨人』みたいな、弱い立場の人たちが団結して強いものに立ち向かうという表現が
国民に影響を及ぼして政府に歯向かってきたりしたら嫌ですもんね。

――表現自体の自由度が全然違うんですね。以前福原さんは「中国には大人向けのアニメがあまりない」とツイッターに書いていましたが、現状でもそれは変わらないんですか?

福原 そもそも中国って、アニメの放送時間自体は日本より長いんですよ。ただその大半が子供向けで、深夜に放送されるアニメという市場がなかったんです。で、そこに関してはネットでの配信で日本のアニメを見るっていう形で市場を作ってたんです。ただ、今は昔より大人向けの作品は増えていますね。

■「日本のアニメを高額でまとめ買い」の時代は終わった

――そもそも、中国でアニメを見る場合は全部ネット配信なんですか?

福原 基本は配信ですね。中国の動画配信サイトで放送する作品を日本で買い付けしてるんです。ただ、その買い付けの金額も下がりましたね。

――中国はそういった買い付けの金額が相当高くてたくさんお金を払ってくれる……という話もネットなどでよく見られたのですが。

福原 3〜4年前であれば、ものすごく高く買ってたんです。その背景として、当時ちょうど動画配信サイトが大量にできたことがあります。それで各サイトが個性を出すために、「日本の作品に多めにお金を払うから、うちで独占させてほしい」っていう形でビジネスしてたんですよ。でもここしばらく配信サイトがどんどんなくなっていって、最終的にビリビリとYOUKUとIQIYIはじめ大手数サイトで落ち着きましたね。

――過当競争が落ち着いて、買い付けの値段が下がっちゃったんですね。

福原 そうですね。昔はある配信サイトが1000万円って値段をつけたら、ライバルは1100万円って言い出す……という競りみたいな状況になってたんですけど。今は競合がないから、600万って言われて僕らとしては「安い……」と思っても、文句を言うと「じゃあいりません」ってなっちゃう。そうなると600万失うだけになっちゃうから、じゃあそれでっていう感じになりますよね。向こうも「こいつらいくらでも売るな」ってバレちゃってるんですよ。あともう一個中国独自の事情として、総量規制というか、海外製コンテンツを全配信作品の中で30%以下にしないといけないっていう規制があるんです。

――割合が決まってるんですか。

福原 そうです。その30%の海外作品の中で、ハリウッドの映画とかに混ざって日本のアニメを流すんです。例えば日本の作品でA〜Cランクの作品があって、Aだったら1000万、Bなら500万、Cなら100万円で買ってくれるとします。でもCの作品を100万円で買ったとしても、例えばビリビリからすれば日本のアニメを流すために中国のコンテンツをあと2本流さないといけない。日本のアニメの値段だけじゃなくて、中国のコンテンツのコストも乗っかってくるんですよね。だったらもうAランクのタイトルだけ買えばいいや、ということになるんです。

――海外コンテンツを流すたびに、中国産コンテンツ2本を同時配信しないといけないのはキツいですね……。

福原 あとは事前検閲もあって、検閲のために3ヶ月前に納品しろって言われるんですよ。日本のアニメスタジオって大体放送1週間前に納品するのが普通なんで、そんなタイミングでは作り終わってないんですよね。表現がまずかったら内容を変えなきゃいけないし、買い付けの金額も下がってるしで、雑に言うと中国に向かってものを作るのが割に合わなくなっちゃった感じです。少し前みたいな、中国が大金で日本のアニメを買い付けてスタジオも買って……という状況からは変化していますね。

――では、日本が中国向けにアニメを作ったりビジネスをする利点は薄れているのでしょうか。

福原 今言ったようなガバメントリスクとかもあるんですけど、その上で欧米の市場と比べると、中国は同じアジア人だけあって感性が近いんですよね。僕らが面白いと思うものを面白がってくれるし、ローカライズがそれほど必要ないのはありがたいところです。国民性でいうと、やっぱりアメリカよりは中国のほうが近いので、そこは利点ですね。

■「中国のビジネスの仕方って100か0かなんです」

――福原さんは現在中国にもスタジオを作って作品作りをしていますが、実際に現地で仕事をしてみて日中の差を感じることってありますか?

福原 向こうのスタジオを仕切ってくれてる人はずっと中国で暮らしてる人なんですけど、その人が日本人のビジネスの仕方って堅実だけどとにかくスピードが遅いって言うんですよ。中国のビジネスの仕方って100か0かなんです。めっちゃバットを長く持ってるんですね。僕らがビジネスしようと思うと、バットを短く持ってどんな球が来るかをよく見て、塁を進めるにもバントとかで手堅く行く感じじゃないですか。でも中国の人はフルスイングでいって、負けたら次の仕事をしようぜっていう感じ。

――もう全部大振りで当てようとするんですね。

福原 だから僕らから見て目につく事業をやった人っていうのは場外ホームランを当てた人だけで、そのほかの人たちはいなくなってるんです。日本では電子マネーにしてもPayPayとか色々あって、それぞれ「交通系はウチね」みたいな感じで細かく棲み分けてるじゃないですか。日本人が1億人以上いるとして、そこに一個しか電子マネーがなかったとしたら、そこが抱えているキャッシュって莫大なものになるから、海外と向き合って東南アジアくらい取りに行く予算も出ると思うんですよ。でも今の分割されてる状態だとけっこうきつい。だけど中国はもうアリペイかWeChatペイだけなんです。そこは本当に国民性だと思います。

■いい人がいたら即とらないと逃げちゃう

――江戸時代の幕藩制と、中央集権の王朝との差みたいな感じですね。

福原 本当にそうですね。日本だと起業してこけた時に「アイツ失敗したらしいよ」って言われちゃいますけど、中国では言われないし気にしないんですよね。勝った時にでかいのは事実なんですけど、そもそもあれだけ人が多いからちょこちょこやっててもダメで、突き抜けないと勝てないんです。イノベーションに向いてる国だなと思います。大体の奴らが事業計画なしでスタートしてるんで、実際には事業を起こした人間のほとんどは消えてますよ。

――福原さんが今中国でやっているスタジオも、事業計画はないんですか?

福原 僕らの仕事だと、今主要メンバーの4人中3人が日本人なんで、ほんとだったら人事計画を立ててここで何人とろうとかやるんですけど、でも中国のルールで仕事をすると、まずいい人がいたらもう即とらないと逃げちゃう。人件費が月50万円って言われると高いなって思うけど、人件費50万の人が月に100万円稼いだら利益は50万なんだから、コストパフォーマンスとしてはいいよなという感じになりますね。

( #2 に続く)

◆◆◆

 福原慶匡プロデューサーが“中国産アニメ”や『ULTRAMAN』についても語ったオリジナル記事「もはや中国は日本と組むメリットはない」は『 週刊文春エンタ! アニメの力。 』に掲載されています。

福原慶匡(ふくはら・よしただ)

1980年生まれ。アニメ・音楽プロデューサー。実業家。川嶋あいのマネージャーからキャリアをスタートさせ、アニメ制作に携わり、2013年より株式会社ヤオヨロズの取締役。ヒット作『けものフレンズ』のプロデューサーとしても知られ、現在も多数の企業の取締役を務める。コンテンツ研究者として慶應大大学院博士課程にも在籍。

【日中アニメ産業最前線】“製作委員会システム”では中国に勝てない! 『ケムリクサ』プロデューサーが鳴らす警鐘 へ続く

(しげる/文春ムック 週刊文春エンタ!)

関連記事(外部サイト)