テレビっ子新王座 棋士・中村太地インタビュー#1「国仲涼子さんがずっと好きです」

テレビっ子新王座 棋士・中村太地インタビュー#1「国仲涼子さんがずっと好きです」

(c)杉山拓也/文藝春秋

あの羽生善治さんを破り、新王座に就いたばかりの将棋棋士・中村太地さんは“テレビっ子”だった! てれびのスキマさんによるインタビューに中村王座が登場です。まずは“テレビ好きのお母さん”のお話からお聞きしました。(全3回  #2 、 #3 につづく)

■母親がテレビ好きで、常にテレビがついている家庭だったんです

―― 王座獲得、初の栄冠、おめでとうございます!

中村 ありがとうございます。今までタイトル戦では、羽生さんに2回挑戦して負けていたので、今回こそ何とか結果を出したいと思っていました。僕も29歳ですし、そろそろタイトルを取らないと、なかなかチャンスも巡って来ないと思うので……。

―― 29歳はまだまだ若いと思いますが。

中村 いえ、羽生世代のみなさんは分厚い壁ですし、23〜24歳くらいの下の世代もどんどん台頭してきています。加えて、15歳の藤井聡太さんの出現は社会現象になった通りです。彼もあと何年かしたらタイトル挑戦でしょうから、今回は一層、気合いを入れて臨みました。

―― 気迫がみなぎっていましたね。

中村 盤に向かうとちょっと性格が変わるんです(笑)。

―― このシリーズはいろんなジャンルの人にテレビとのかかわり方をお伺いするものなのですが、まずは幼いころのテレビの記憶から聞かせてください。

中村 うちは母親がテレビ好きで、常にテレビがついている家庭だったんです。朝はワイドショーを見てるし、昼も『笑っていいとも!』を見て『ごきげんよう』を見て、その後の昼ドラを見て。で、映画の再放送とかやってるとそれも見て、夕方になったらニュース見て。で、7時になったらバラエティ見て、9時になったらドラマが始まりますよね。月9とかそういうのが好きだったし。母親はSMAPがすごい好きで、『スマスマ(SMAP×SMAP)』とかSMAPの番組をすごいよく見てました。ほんとずっとテレビがついてましたね。

■集中力がついたのはテレビをつけながら勉強したおかげ?

―― お母さんの影響でテレビを見てる感じ。

中村 そうですね。僕は小さい頃だと、『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー』が好きでした。

―― イライラ棒とか?

中村 そうです。学校でも流行って、おもちゃも出てたんで、それを買ってやったりしてましたね。それが小学校低学年ぐらいの時だったと思うんですけど。僕は中学受験したんですが、リビングで勉強してても母親は普通にテレビつけてました。

―― 集中できるんですか?

中村 ちょっとうるさいなって思う時もありましたけど、集中すると聞こえなくなったりするんですよ。集中力はここでついたのかな(笑)。あと、ニュースとかもテレビからやっぱり収集するような感じだったですし。中学受験直前の頃は、アニメも結構見てて、塾帰りの時間が、ちょうど『ポケモン』が始まるかどうかぐらいの時間帯なんです。急いで家に帰って『ポケモン』を見るみたいなことをやっていました。

■国仲涼子さんがずっと好きです

―― ドラマは見てました? 

中村 『銀狼怪奇ファイル』とか……。(堂本)光一さんですよね。あと、香取(慎吾)さんがやってた『透明人間』。

―― 土曜9時系。

中村 ああ、そうですね。

―― その頃、好きな俳優さん、女優さんっていましたか?

中村 僕は『ちゅらさん』を見てた時から国仲涼子さんがずっと好きです。

―― 朝ドラは見るほうなんですか?

中村 小学校の頃は見てました。ちょうど小学生が起きて学校に行くギリギリぐらいですもんね。『ちゅらさん』が一番好きで。あと将棋が出てくる『ふたりっ子』も印象に残ってます。小学1〜2年頃だったと思いますが、もうその頃は将棋をやっていて、「ああ、将棋の題材のやつなんだ。これは見なきゃ」みたいな感じでしたね。

―― 将棋を始められたのは?

中村 4歳頃です。当時札幌に住んでまして、冬は雪が積もるとほとんど外で遊べないので、室内ゲームを色々やっていたんです。ダイヤモンドゲームとかオセロとかを親とやってたんですけど、将棋もその中の1つで。父親がアマチュア初段ぐらいでちょっとできたので、教えてもらいながら覚えていきました。いろんなゲームをやってたんですけど、将棋に一番ハマって、カルチャーセンターに通い始めました。

―― なぜ数あるゲームの中で将棋に夢中になったんですか? 

中村 なんでだったんですかね……? ちょっと自分でも分からないんですけど、やっぱり奥が深いというのがやっていて何となく分かったのかもしれないです。上達してる感覚も自分であったんでしょうね。父親がまた、うまく勝たせてくれたんですよね。5回やったら3回ぐらい勝たせてくれるみたいな感じで、うまく僕を乗せてくれたんです。

―― 勝たせてくれているというのは後々分かったんですか?

中村 もちろん当時は分からなかったんですけど、今、子どもに指導対局で教える立場になって分かりました。うまく力を出させて勝たせてあげるって、こういう感じだったんだろうなあと。将棋は負けると悔しいので、熱が冷めてやめちゃう子が多いんですよ。そういう子供心を理解して、父はうまく教えてくれたんだと思います。

■羽生さんみたいになりたい

―― 北海道から東京に来られたのはいつ頃なんですか? 

中村 札幌のあと、一回仙台をはさむんですけど、小学校2年生の時に東京に越してきて、本格的に将棋道場に通い始めました。そこは羽生さんも通っていた八王子にある将棋道場で、同年代の小学生がいっぱいいたので、楽しくやりながらどんどん上達していきましたね。

―― もう羽生さんは憧れの人だったんですか? 

中村 スーパースターでした。96年2月に全タイトル(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)制覇して七冠王になられた頃です。将棋をやっている子どもたちはみんな羽生さんみたいになりたいと思ってやってましたね。それが将棋フィーバーの1回目だと思います。今回の「藤井くんフィーバー」もすごかったですけど、同じくらいすごかったですね。

―― では羽生さんに憧れて、八王子まで道場通いをしていたんですね。

中村 そうですね。家の近くの道場にも行ってたりはしたんですけど、やっぱりそこに行ってみたいというのがあって。あと、他の道場に比べて子供が圧倒的に多かったのと、禁煙道場だったんですよ。今は禁煙のところがほとんどですけど、当時はまだ喫煙の道場が大多数だったんです。親としても安心して行かせられたんだろうなと。

―― タバコを吸いながら指すという人もいたんですね。

中村 それがかっこいいみたいな感じはありましたね。NHK杯の将棋中継でも昔はタバコを吸いながらの映像があったはずです。

―― へえ、そうなんですか。タバコをよく吸う棋士ってどんな人がいたんでしょう?

中村 昔だと升田幸三先生。灰皿が何回も取り替えられるぐらいの超ヘビースモーカーで。対局の場には最近まで灰皿があったんですけど、ここ1年ぐらいで対局室が禁煙になったんじゃないでしょうか。

■渡辺竜王が企画した、棋士だけのフットサル

――小学生の頃もテレビで将棋は見ていたんですか?

中村 NHK杯の時は見てました。今はインターネット放送で頻繁に中継がされていますけど、当時は珍しかったのでNHK杯とかは毎週楽しみで見てましたね。

―― 当時羽生さんのブームで、小学校の友達はやっていたんですか?

中村 確かに男の子で何人かいましたけど、道場で習っている自分とは、どうしても勝負にならないんです。だから、休み時間にちょっと遊びでやって、「強いね」って言われている感じでしたかね。

―― 小学生から将棋一筋だったんですか? 

中村 いえ、わりと活発だったですね。学級委員みたいなのにも自ら手を挙げてやるような。今じゃ想像できないと思いますけど(笑)。学芸会も低学年の時は主役もやったなあ……。

―― 何をやったんですか? 

中村 狼の役です。狼が主人公の劇だったんですよ。運動も好きで、サッカー少年でした。リレーでも選手に選ばれたり。でも、思春期になる小6ぐらいから、学芸会でも「音響をやりたいです」みたいな感じで積極的に手を挙げて裏方の方に行くスタイルになりました(笑)。

―― ははは。今もサッカーはお好きなんですか? 

中村 棋士仲間とフットサルを月イチぐらいでやってます。運動不足になりがちなので、体力作りも兼ねて。

―― フットサルはどんな方とやられているんですか? 

中村 渡辺(明)竜王、佐藤天彦名人、深浦(康市)九段……。藤井さんの連勝を29で止めた佐々木勇気さん、若手だと斎藤(明日斗)くんっていう19歳の子もいます。そもそも渡辺竜王が企画したんですよ、みんなでフットサルやろうって。

―― 錚々たるメンバーですが、みんなうまいんですか?

中村 ヘタだと思います(笑)。棋士の仲間内だけで、楽しくやってます。一番大事なことは、手を怪我しないように遊ぶことなので。一度だけ、関東と関西の棋士によるフットサル対決がニコニコ生放送で企画されたことがありましたけど。

■サッカー中継を観ていると、盤面に見えてくる

――棋士のみなさんの動き方は、それぞれ戦略に満ちていそうですね。

中村 確かにちょっとトリッキーな桂馬タイプとか(笑)。桂馬は終盤戦で効いてきますからね。実際の対局でも、僕は一番桂馬が好きですね。使うのが難しい駒なんですけど、使いようによっては相当威力を発揮するので。

―― 中村さんはテレビでサッカー中継もご覧になるんですか?

中村 はい。日本代表の試合を見ながら、選手がどんな戦略で動いているのかを考えるのも好きです。

―― やはり、試合展開が盤面みたいに見える感じなんですか?

中村 サッカーと将棋は共通点が多い気がしますね。監督やコーチから見ると選手は駒みたいに見えるでしょうし、相手との兼ね合いがあってポジショニングが変化していくとか、展開の仕方が似てる部分はあると思います。サッカー選手でも、将棋が好きっていう人も多いんですよ。元日本代表の波戸(康広)さんは、将棋の親善大使になってくださっています。しかも結構お強い。

■夜更かしして『COUNT DOWN TV』を頑張って見てました

―― 小学生時代に戻るんですけれども、学校ではテレビとかの話ってされてました?

中村 してましたね。女子とかは「嵐の誰々がドラマでかっこいいよね」みたいな話。でも、モーニング娘。の話は男子も女子もしてました。

―― ちなみに中村さんはアイドルで誰が好きだったんですか?

中村 詳しくはなかったけど、普通にモーニング娘。は好きでした。あと、『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』ってありましたよね。そこでデビューした、ポケットビスケッツとブラックビスケッツのことはよく覚えてます。

―― ブラビに負けたポケビに、新曲で復活してもらおうとファンの署名運動が起こったりもしましたけど、署名はされました? 

中村 ありましたねー。署名まではしてないですけど、僕はビビアン・スーが好きでした。それで、CD買ってました。学校の運動会では応援歌がブラックビスケッツで、それに合わせてダンスを踊った思い出があります。歌番組が好きで、流行ってる歌、けっこう好きだったんですよ。初めて買ったアルバムが、小学生の時に買った宇多田ヒカルのファーストアルバム『First Love』でした。リリースが99年ですか? ということは小学5年生の頃かな。夜更かしして眠いのを我慢して『COUNT DOWN TV』を頑張って見てましたね。プロモーションビデオっていうのがあるんだって、あの番組で知る感じでした。

―― 子どもの頃の、土曜日の夜更かしというのはたまらない感じで。

中村 そんな感じで頑張って見るのがスタンダードというか、みんなやってましたよね。こう振り返ってみると、僕は確かに、ずっとテレビを見てるんだよな……(笑)。

◆テレビっ子新王座 棋士・中村太地インタビュー#2 “ドラマの手つき”と“ひふみん”のこと  http://bunshun.jp/articles/-/4879
◆テレビっ子新王座 棋士・中村太地インタビュー#3 「ロンハーの好きなところ、ですか?」  http://bunshun.jp/articles/-/4880

写真=杉山拓也/文藝春秋

なかむら・たいち/1988年東京生まれ。2000年に奨励会入りし、06年に四段となりプロ入り。2017年10月11日に王座戦で羽生善治を破り、初のタイトルを獲得した。早稲田大学政治経済学部卒業。テレビでは14年にNHK『NEWS WEB』でナビゲーターとしてレギュラー出演したほか、現在はEテレ『将棋フォーカス』の司会などでも活躍している。

(てれびのスキマ)

関連記事(外部サイト)