“ヒトガタ”で迫る「世界の秘密」とは?――美術家たちがアートで探求してきたこと

“ヒトガタ”で迫る「世界の秘密」とは?――美術家たちがアートで探求してきたこと

Photo: Yusuke SatoCourtesy of the artist and Hara Museum©?2019 Izumi Kato

 3つの展示空間が、数えきれぬほどのヒトガタの絵や彫刻で埋め尽くされている。不気味といえば不気味だけれど、彼らの姿に囲まれていると、どこか懐かしさも感じられてくる……。

 群馬県渋川市の榛名山麓にあるハラ ミュージアム アークでのこと。「加藤泉−LIKE A ROLLING SNOWBALL」展が開催されているのだ。

■「世界の秘密」に迫るために描き続けている

 加藤泉は1990年代からこうしたヒトガタの絵を描くようになり、のちに木、石、ソフトビニールなどを用いた彫刻もつくるようになった。四半世紀にわたって生み出され続けた加藤作品が、同展にはじつに145点も並んだ。壮観のひとことである。

 制作された時代ごとに多少の特徴はあるけれど、ヒトガタがバストアップや全身像でドンと画面の中央に描かれる基本形は変わらない。同じモチーフを飽きることなくずっと造形していく原動力は、いったいどこからくるのかと不思議になる。

 アーティスト自身がその理由を明言することはないけれど、ヒントは本人がかつて発したこんな言葉にあるかもしれない。いわく、

 自分は世界の秘密に興味がある。そこに向けて迫っていけるのが、造形という仕事のおもしろさだ−−。

 と。なるほど加藤泉は日々、繰り返しヒトガタをつくり出すことで、世界の秘密に一歩、また一歩とにじり寄っているのだ。

 たしかに作品を観る側も、これらヒトガタと対面して、深くて澄んだ色の眼を覗き込んでいると、ああ生命って何だろう、そして人とはどんな存在か。わたしたちはどこから来て、どちらに進んでいくのか? そんな考えが頭の中を巡って止まらなくなってしまうのである。

■狩野永徳、円山応挙らとの共演も

 ハラミュージアムアークには「觀海庵」と名付けられた特別展示室もある。所蔵する東洋古美術のコレクションを観せるための場だ。いまならこちらで、「加藤泉と古美術の名品たち」と題した展示も観られる。狩野永徳《虎図》や円山応挙《淀川両岸図巻》といった日本美術史上に残る名品らとともに、加藤泉作品が並べられているのだ。

 時代を超えて人を虜にしてきた作品と比べてしまえば、さすがに現在進行形のアートは分が悪いかと思いきや、そんなことはない。狩野永徳や円山応挙とともにあることで、加藤泉の作品も貫禄が増して、いっそうの普遍性を帯びたように感じられる。古典作品と加藤作品は、明らかに触発し合っている。

 永徳も応挙も加藤泉も、何かを真剣につくる人たちはきっと、創作を通して世界の秘密を夢中で探してきたんだろう。そうした心持ちを同じくしているがゆえ、作品同士が共鳴しているのだ、きっと。

(山内 宏泰)

関連記事(外部サイト)