史上4人目の「竜王・名人」豊島将之は、今年度の最優秀棋士に選ばれるのか

史上4人目の「竜王・名人」豊島将之は、今年度の最優秀棋士に選ばれるのか

豊島将之竜王・名人 ©相崎修司

 第32期竜王戦七番勝負は、挑戦者の豊島将之名人が4勝1敗で広瀬章人竜王を下し、自身初の竜王を獲得した。この勝利で豊島は二大タイトルを同時に保持する「竜王・名人」となった。

 現在の将棋界には8つのタイトルがあるが、その中でも竜王と名人は別格の存在だ。どちらかを持つ限り、他のタイトルをいくつ持っていようが、自身の称号にプラスされることがないこともそれを裏付けている。一例を挙げれば、かつて七大タイトルをすべて獲得しブームを作った羽生善治九段の称号も「竜王・名人」だった。七冠王と騒がれはしたが、日本将棋連盟が認めるオフィシャルな呼称としての「七冠」はなかったのだ。

 このことから、「竜王・名人」は棋士として最高の肩書になることはお分かりいただけるだろう。

■過去のリストに並ぶのは偉大な棋士ばかり

 そして豊島以前の竜王・名人は3名しかいない。達成した順に挙げると羽生善治九段、谷川浩司九段、森内俊之九段となる。竜王戦の前身棋戦である九段戦・十段戦時代を含めても名人との同時保持を実現したのは大山康晴十五世名人、升田幸三実力制第四代名人、中原誠十六世名人、加藤一二三九段が加わるだけだ。

 豊島が竜王を奪取した直後のインタビューで「竜王・名人になられた方は偉大な棋士ばかりですので、自分がここまでできるとは思いませんでした」と語ったのもうなずける、そうそうたるメンバーである。

 では、過去の竜王・名人誕生の経緯を追っていきたい。

 初めて大二冠を達成された舞台は1994年の第7期竜王戦。佐藤康光竜王(段位は当時、以下同)に羽生名人が挑戦し、4勝2敗で奪取。羽生にとっては前期奪われた竜王を取り返す形になった。

 棋史に残る舞台となったのは、竜王戦でおなじみの滝の湯ホテル(現・ほほえみの宿 滝の湯)である。改装間もない「竜王の間」で行われた初めての対局だった。

■羽生は「ここまで来たら七冠を狙いたい」

 また、この勝利で羽生は史上初の六冠王となった。「新しい記録を作れてうれしい。棋士冥利に尽きます。ここまで来たら(七冠を)狙いたい」と語っている。羽生が書いた第6局自戦記(将棋世界1995年2月号掲載)の末尾は、

〈これで“七冠”へのステップを一つクリアしたのですが、まだまだハードルはたくさんあります。

 どこまで行けるかこれからもチャレンジして行くつもりです。

 それとこの竜王戦のような将棋をこれからも指し続けられればいいなと思っています。確かに内容的には不満が残るのですが、今の自分ではこれぐらいが精一杯なのでしょう。

 しかし、一局の将棋で完全燃焼できたその充実感は確かに自分の胸の中に刻み込まれました〉

 と締められている。

■谷川の光速流復活を告げた「伝説の妙手」

 七冠ロードと同じくする羽生竜王・名人の推移を追うと以下のようになる。

 1994年6月名人獲得(五冠達成)→94年12月竜王獲得(六冠)→95年3月王将挑戦失敗(七冠ならず)→95年5月名人防衛(六冠維持)→95年12月竜王防衛(六冠維持)→96年2月王将奪取(七冠達成)→96年6月名人防衛(七冠維持)

 羽生の七冠は1996年7月の棋聖失冠で幕を閉じるが、それでも名実ともに棋界のトップに君臨していたことは間違いない。それに待ったをかけたのが谷川だ。自身が持っていたタイトルをことごとく羽生に奪われ七冠達成を間近で見せられた屈辱、それを払しょくしたのが1996年の第9期竜王戦である。

 羽生先勝で迎えた第2局。そこで谷川が指した「△7七桂」という一着は将棋史に刻まれる妙手であり、また光速流復活を告げる狼煙でもあった。

 竜王を4勝1敗で奪還し無冠を返上した谷川は、翌97年の第55期名人戦でも4勝2敗で羽生を破り、史上2人目の「竜王・名人」となった。この名人戦は谷川にとって「十七世名人」の資格も獲得することになる、記念すべきシリーズだった。

「半年前の無冠を思えば、夢のようです。(劣勢だった)5時間前を考えても、夢のようです」とは、第6局終局直後における谷川の談話である。

■竜王戦で羽生を4勝0敗で破って……

 谷川はその後、竜王を1期防衛したが、新名人に佐藤康光、新竜王に藤井猛が就いたこともあって、棋界はいよいよ羽生世代を中心に動いていくこととなる。その中でもやはり羽生は別格の存在だった。2001年に藤井から竜王を奪うと、2003年に森内俊之から名人も奪取し、再びの竜王・名人となった。この2003年5月の棋界勢力図はというと、羽生竜王・名人(王座・王将)、谷川王位、丸山忠久棋王、佐藤康光棋聖となっている。

 後輩をみると、渡辺明が同年の王座挑戦に向けて着実に前進はしていたが、まだ一介の若手五段に過ぎず、中学1年の豊島は奨励会初段、藤井聡太に至ってはまだ生まれてから1年も経っていない。

 同世代のライバルをたたいたこともあり、羽生の覇権が続くかに見えたが、それに待ったをかけたのが森内だ。自身初のタイトルだった名人を0勝4敗のストレートで奪われてから半年、2003年11月の第16期竜王戦で羽生を4勝0敗で破り、自身2期目のタイトルとなる竜王を獲得した。また羽生がタイトル戦でスイープを喫したのは、この竜王戦が初めてのことだった。

 勢いに乗る森内は翌04年3月、第53期王将戦で羽生を下し王将奪取、そして2004年6月には前年に奪われた名人を4勝2敗で取り返すことに成功。史上7人目の三冠王に輝くとともに、竜王・名人という至高の地位に就いた。

■名人戦では森内と羽生が常に極限の戦い

 将棋世界の2004年8月号で森内は、

〈大きな対局が次から次へと続き、一局一局に全力を尽くせたのが、良い結果となったようです。

 今まで三冠王を達成したのは歴史を作り上げてきた方ばかりですので、その先輩方に少しでも近づけるよう、これからも精進していきたいと思います。ありがとうございました〉

 と語っている。

 その後、竜王は森内から奪取した渡辺が9連覇を果たし、史上初めて永世竜王の資格を得た。名人戦では森内と羽生が常に極限の戦いを繰り広げ、森内十八世名人、羽生十九世名人という2名の永世名人が誕生することになった。

 渡辺竜王の10連覇を阻む形で、自身2度目の竜王・名人となったのが森内である。2013年11月、第26期竜王戦で渡辺を4勝1敗で下し、以前の雪辱を果たした。43歳での竜王は当時の最年長記録(のちに羽生が47歳で獲得)で、その感想を求められると「自分ではまだ若いつもりなのですが」と答えて、場の空気が和んだ。続けて「読めなくなっている分は判断力や大局観でカバーするしかない」と語った。

■「渡辺明三冠は非常に充実した内容で指されていますので」

 そして今回の豊島である。本人は以前に「竜王を獲っても二冠に復帰するだけで、いまの勢力図ではトップではない」と語ったことがある。竜王奪取後に改めて将棋界の勢力図について問われると「(自身は)内容的にも際どい将棋が多く、偶然勝てているのか実力で勝てているのか、自分でも分からないところがあります。渡辺明三冠は非常に充実した内容で指されていますので、より一層頑張っていかないと厳しいかなと思っています」と語った。

 現在の棋界勢力図は豊島竜王・名人、渡辺三冠(棋王・王将・棋聖)、永瀬拓矢二冠(叡王・王座)、木村一基王位となっているが、この4名はそのまま第32期竜王戦本戦トーナメントのベスト4である。また現時点(2019年12月15日)での年度勝率1位は渡辺の27勝4敗、0.871だが、その4敗はすべて豊島がつけたものだ。一方で渡辺が棋聖を奪った相手が豊島ということもあり、この両者の戦いはますます熱を帯びていくだろう。

 そうなると年度替わりの4月から始まる名人戦で、豊島―渡辺戦が実現するかという点に注目が集まるが、その前の段階として、2019年度の最優秀棋士賞がどうなるかも気になる。

 最近、渡辺を取材した時に「現在の目標は勝率8割を維持すること」と語っていた。それを実現させれば年明けから始まる王将戦、棋王戦のいずれも防衛することはまず確実である。これは2019年度末の時点で豊島竜王・名人、渡辺三冠という状況が変わらないことを意味するが、年度が変わってすぐに行われる将棋大賞の選考会で、最優秀棋士賞に選ばれるのはどちらだろうか。

■前例を見てみると……

 過去の選考会時点で竜王・名人を維持していたのは1995年、1996年の羽生、1998年の谷川、2014年の森内で、来年4月の豊島は5例目となるのだが、過去の4例はすべて竜王・名人が最優秀棋士となっている。

 1995、1996年の羽生は七冠ロードの真っ只中だったので、最優秀棋士賞を受賞するのが当然ともいえる状況だが、1998年は谷川竜王・名人に対して羽生四冠と、タイトル数では羽生が上回っていた。2014年も羽生三冠で、やはりタイトル数では羽生のほうが多い。

 だが、当時の選考会をみると、1998年は投票の結果、15票中14票を集める圧勝で谷川が最優秀棋士賞となり、また2014年も12票中10票を集めた森内が最優秀棋士賞となった。いずれも競争相手を直接対決で制したことが評価の決め手となった。

 では今年度の豊島―渡辺戦をみると、タイトル戦では棋聖戦五番勝負でぶつかり、これは渡辺が奪取。だが、銀河戦決勝では豊島が渡辺を下している。竜王戦の準決勝と王座戦の準々決勝でも豊島の勝ちで、トータルは豊島の4勝3敗だ。何とも判断が難しいといえよう。

■竜王・名人をともに防衛した唯一の棋士

 無論これは渡辺が年度末に三冠を維持して、初めて議論の俎上にあがるだろう話だ。年明けから始まる王将戦に挑戦するのは広瀬で、タイトル失冠の屈辱を晴らしにくることは間違いない。また棋王戦には佐々木大地五段あるいは本田奎四段と、未知の相手が登場することが確定している。同時進行形で2名の対策を練るのは、いかな渡辺といえども簡単ではない。

 それをクリアすれば年度最高勝率(中原十六世名人の記録した0.855)の更新も見えてくる。実現できれば最優秀棋士の判断材料に加算されるだろう。また豊島も年度内のタイトル戦はないが、年度替わりに始まる叡王戦での挑戦権を得る可能性が残っている。こちらも挑戦者決定戦で豊島―渡辺戦が実現する目があるが、その結果も当然ながら選考の材料となるに違いない。

 2019年は豊島竜王・名人の誕生で幕を閉じたが、豊島は至高の地位を維持できるのか。実は竜王・名人をともに防衛したのは七冠ロード時代の羽生しかいない。豊島が2人目となれば、大棋士への道がまた一歩開けるともいえる。2020年の将棋界も要注目である。

(相崎 修司)

関連記事(外部サイト)