『ONE PIECE』を抜いてコミック売上数トップに! 椿鬼奴が語る『鬼滅の刃』の魅力とは?

『ONE PIECE』を抜いてコミック売上数トップに! 椿鬼奴が語る『鬼滅の刃』の魅力とは?

炭治郎ルックで登場してくれた椿鬼奴さん。耳元に炭治郎のイヤリング、そして炭治郎風の緑の豹柄シャツは、夫のグランジ・大さんから借りてきたもの。 ©平松市聖/文藝春秋

 数々の伝説を打ち立て爆走中の『鬼滅の刃』。アニメが話題になったのはもちろん、原作コミックは年間売り上げで11年連続首位だった『ONE PIECE』を超え、また主題歌『紅蓮華』を歌うLiSAは紅白出場が決定。舞台は大正時代。夜の街にはびこる鬼を狩る少年たちを描いたこの作品の魅力を、原作連載開始当初よりのファンだと語る椿鬼奴さんに解説していただいた。

『鬼滅の刃』とは?
『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)が「週刊少年ジャンプ」で2016年より連載中の漫画。主人公の少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼と化してしまった妹・禰豆子(ねずこ)を人間の姿に戻すべく、「鬼殺隊」と呼ばれる鬼の殲滅部隊の仲間とともに激しい戦闘を繰り広げる。2019年4〜9月にテレビ放映されるや、大ブームが到来。さらに2020年にはテレビシリーズに続く物語として、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開が決定している。

◆◆◆

■少年漫画らしくない主人公の優しさ

──『鬼滅の刃』との出会いは?

「『鬼滅』の連載前……5年前に『週刊少年ジャンプ』をまた改めて買うようになったんです。それまではいつも地方でのテレビ番組のお仕事のときに、次長課長の井上(聡)さんが『新幹線の中で読んじゃったから』ってジャンプをくれてたんです。でも番組が隔週収録だったから、どの漫画もお話が飛び飛びになっちゃうんですよ。それで毎週自分で買うようになったんです」

──そしてほどなく『鬼滅の刃』の連載がスタートした、と。

「もう第1話からめちゃくちゃ素敵だと思っていました。『竈門炭治郎』って、私が読んできた少年漫画の中で、一番優しい主人公だと思うんです。強さを求める少年漫画の主役って、どこかワガママになるじゃないですか」

──図抜けた強さや才能って、それ自体が傲慢に映ったりしますもんね。

「敵である鬼すらも供養する炭治郎にはそういう傲慢さがないし、だから私みたいな女性にもウケるんじゃないかなあ。それでいてバトルはちゃんと“少年漫画”なんですよね」

■出し惜しみがまったくないストーリー

「作者の吾峠呼世晴先生って、お話の進め方が本当に上手なんですよ。『柱(鬼を討伐する剣士の最高位集団)』が登場したときも、いったん柱全員に、鬼である妹の『禰豆子』を連れている炭治郎を否定させるんですよね。柱とは鬼と戦う存在だから。だけど、そのあと柱1人1人と炭治郎とのエピソードを追いかけることで、各キャラの人間味を見せるようにしたりしているんです。でもお話の進行は遅くない。むしろ出し惜しみしないし」

──連載3年で、すでに物語が最終局面を迎えてますもんね。

「アニメの最終盤でも敵のボス・鬼舞辻無惨が12鬼月(無惨直属の鬼の上位12体)のうち下弦(12鬼月の下位6体)を一気に切り捨てたじゃないですか。普通の漫画なら、まずは下弦6体それぞれとのバトルがあって、そのあと上弦(12鬼月の上位6体)と戦わせると思うんですよ。なのに、中ボスの半分近くをナシにしたのには驚かされました」

──確かに主要キャラもモブキャラも命の重さは意外と同じ。誰もがあっさり死にますね。

「『ウォーキング・デッド』とかもそうだし、あれが今どきのアクション作品ならではのテンポなんでしょうね。ただそういう潔い漫画だから、もうすぐ終わっちゃいそうなのが心配で……」

 ──勢いそのままに大団円を迎えそう、と。

「このまま一気に無惨を倒してもらいたいし、鬼化した禰豆子にも人間に戻ってもらいたいんだけど、『鬼滅』が終わっちゃったら私はどうしよう……。炭治郎たちには幸せになってもらいたいけど、お話は続いてほしい。ジレンマに悩んでます(笑)」

■鬼滅グッズがめっちゃかわいい!

──鬼奴さんは、そうやって“鬼滅ロス”を心配するほど愛読するだけでなく、グッズも買っていらっしゃるとか。

「炭治郎と同じイヤリングと、禰豆子が人間に?み付かないように普段口にくわえている竹の筒の形になるエコバッグだけですけど、どっちもアニメ化発表前にJUMP SHOP(集英社グッズの販売店)で買いました。2〜3年前かな」

──このイヤリングは先日話題になっていましたね。

「前からちょいちょいイヤリングを付けてテレビに出ていたんですけど、買った当時はリアクションがなかったんですよ。でもアニメが始まったあとイヤリングをして『タモリ倶楽部』に出たら、テレビ画面を写真に撮ってツイッターに上げてる人がいっぱいいてびっくりしました。それで『鬼滅って今、こんなに大人気なんだ!』って思ったんです」

──そのアニメ版『鬼滅の刃』ですが、おっしゃる通り、今年の覇権アニメと言ってもいいほどの人気でした。原作ファンから見たアニメ版はいかがですか?

「正直に言っちゃうと、最初に声を聴いたときは『?』ってなりました(笑)。物語序盤の炭治郎は12歳だから、女性の声優さんが声を当てるのかなと思っていたので、こっちの予想をいい意味で裏切られた感じというか。実際、炭治郎役の花江夏樹さんご自身も『鬼滅ラヂヲ』で、『炭治郎の声は女性がやると思ってた』っておっしゃってましたし」

──『鬼滅ラヂヲ』ってアニメ宣伝用のWebラジオ番組ですよね。話が逸れるんですけど、鬼奴さんはもともとアニメグッズを買ったりアニラジを聴いたりする、いわゆるオタクですか?

「アニメに限らず、好きなものには自分なりに執着するんですけど、マニアの方に比べると中途半端ですよ。ラジオもたまに聴くだけだし、グッズも普段使いできるものしか買ってないですから。しかもイヤリングは1回壊しちゃったのを自分で修理して使ってますし(笑)」

■アニメの圧倒的な映像美!

──アニメ版『鬼滅』のお話に戻ります。映像化されて動くようになった鬼滅はどうでしたか?

「本当にすごいですね! 特に映像が本当にキレイで。第1話の雪のシーンとか実写かと思うじゃないですか。あれは制作スタッフさんが雪山ロケに行って遭難しかけた上で描いている……って、これも『鬼滅ラヂヲ』で聴きまして(笑)」

──(笑)。

「あとこれは吾峠先生の上手さでもあるんですけど、大正時代という設定も映像に活きてますよね。炭治郎の育った山は雪深いただの田舎なんだけど、炭治郎と無惨が最初に出会う浅草はすでに大都会になっていたりして。当時の風景を丁寧に丁寧に描写しているなあ、と思いながら観ています」

──確かに第8話の浅草の街並みはきらびやかでした。

「これも大正という設定が効いているところだと思うんですけど、でも街全体に電気が普及してはいないから、街外れのうどん屋や、無惨が入っていく路地はどこか暗くて。何時でも明るい今と違って、アニメで描かれる夜は本当に暗くて怖いから『鬼は夜に活動する』という設定も、より活きてきているんだと思います」

──一方、アクションについては?

「刀の動線を水や雷を交えて、浮世絵みたいに描く漫画版はすごく斬新で素敵な発明だと思うし、アニメではその水や雷を本当に動かしてくれるのがいいですよね。『水面斬りってこんな斬り方なのか』とか『ヒノカミ神楽は本当に回転して斬ってるのか』とか。私、漫画だと話の続きが気になり過ぎちゃって、アクションシーンは1つ1つのコマを細かく見ずに先へ先へと読んじゃうんで(笑)。だからあとから動きを確認できる意味でも、アニメ版はありがたいです」

■長女の私に突き刺さる炭治郎の言葉

──好きなキャラは誰ですか?

「私、いずれは保護猫、それも兄妹猫をお迎えしたいんですけど、もしそれが叶ったら名前を炭治郎と禰豆子にしようと思ってます(笑)。私は長女なので、しっかり者で優しい長男である炭治郎の気持ちに共感する部分が多いんですよね」

──炭治郎のシーンで印象深いのは?

「炭治郎が『オレは長男だからガマンできる』って言うところですね。この間の『世界の果てまでイッテQ!』のロケが死ぬほど辛かったんですけど、その言葉を胸にがんばりました(笑)」

──そんなに辛かったんですね。オンエアが楽しみです。

「ロケで一緒だったおかずクラブのオカリナも長女で『鬼滅』読者なので、2人で『長女だからガマンできる』って慰め合って、炭治郎がバトルで使う『水の呼吸』をマネして乗り切りました」

──実生活にも役立つ『鬼滅の刃』(笑)。

「本当に助けられてます。『タモリ倶楽部』の1件で私が『鬼滅』ファンだって知ってくれた人が、ネットに『椿鬼奴は“酒の呼吸”の使い手で、柱の一角を担う“酒柱”だ』って書いてくれたりもしましたし」

──ついに『鬼滅』キャラになりましたか!

「“酒の呼吸”ってただ酒臭いだけのような気もするんですけど(笑)、偶然にも私の名前もこんな名前ですし、これからも『鬼滅』とともに生きていくことになると思います」

文=成松哲 

椿鬼奴(つばき・おにやっこ)/
1972年生まれ、東京都出身のお笑い芸人。26歳でお笑いの世界に身を投じ、漫談「セクシー講座」や、桃井かおり、上沼恵美子らのモノマネ、くまだまさしやキートンらとのユニット「キュートン」でのパフォーマンスなどで人気に。また音楽の造詣も深く、藤井隆、レイザーラモンRGとともにレーベル「SLENDERIE RECORDS」で歌手活動も展開。アルバム「IVKI」発売中!

(椿 鬼奴/文春ムック 週刊文春エンタ!)

関連記事(外部サイト)