『アナ雪2』と『ナウシカ』の一致に見る、「フェミニズム以後の時代」が抱える問題点

『アナ雪2』と『ナウシカ』の一致に見る、「フェミニズム以後の時代」が抱える問題点

『アナ雪2』ではエルサの魔法の力の源が大きなテーマだ ©Getty Images

『アナと雪の女王』の社会現象的なヒットから早6年。続編の『アナと雪の女王2』が公開された。

 「全てを解き放て!(Let it go!)」という力強い、フェミニズム的でもあった呼びかけが私たちの心をつかんだ前作の続編は、何を見せてくれるのか、期待に胸をはずませて劇場に足を運んだ。

 しかし、私は何か釈然としない気持ちをかかえたまま劇場を後にしたことを告白せねばならない。エンターテインメントとしてつまらないということではない。『アナ雪2』は、『アナ雪』が積み残した問題から目をそらし、別の解決を提示していないか。悪く言えば真の問題をごまかしたのではないか、と感じられたのだ。


 どういうことか。結論からのべておこう。『アナ雪2』は、確かにもうひとつの「フェミニズム的物語」となっている。それは広い意味でのエコロジカル・フェミニズム(エコフェミニズム)の物語である。

 だが、それは白人中産階級的なフェミニズムの「疚(やま)しさ」を、エコロジーを利用することで解消するものにしかなっていない。前作の『アナ雪』が積み残した問題、つまり女性の「労働」の問題は、再び不問のままなのである。

 どういうことか、解きほぐしていこう。

 以下の議論では、物語の核心に触れるのでご注意いただきたい。映画を純粋に楽しみたい方は、先に映画館に足を運ぶことをお勧めする。

■『アナ雪2』が探求する2つの「原罪」

『アナ雪2』は、前作の『アナ雪』の舞台設定の根源を探究する物語である。ひとつにはエルサの魔法の力の源。そしてアレンデール王国という国の過去に横たわる一種の「原罪」の探究だ。

 アレンデール王国の秩序には2つの「原罪」がある。2つのものを抑圧し、忘却することで王国は今の姿を保っているのだ。ひとつは「先住民族」。もうひとつは「エコロジー」である。

 エルサとアナの祖父は、王国の上流の森で聖霊の力を借りて暮らす先住民族「ノーサルドラ」と友好関係を結ぶために、森を流れる川にダムを建設して贈る。しかし、ダムの贈呈式の最中に争いが起きてしまい、森の聖霊の怒りを買う。聖霊の呪いで森は不思議な霧におおわれ、出ることも入ることもできなくなってしまう。そして、聖霊の力はアレンデール王国にさまざまな「自然災害」をもたらし始める。

 細部は省くが、物語の解決は、アナによるダムの破壊である。エルサを失ったと思いこんだアナは、下流のアレンデール王国が濁流に呑まれてしまうことを分かっていながら、ダムを破壊する。それによって聖霊の呪いは解ける。

 私はこの一連の流れを見ながら、強い既視感を覚えていた。同じパターンの物語を、私たちはかなり前に目にしている。

■『風の谷のナウシカ』と一致する点が多数

 それは、『風の谷のナウシカ』である。それも、映画版ではなく、連載が1994年に完結した漫画版だ。

『風の谷のナウシカ』の映画版では、「腐海」と呼ばれる毒の森のほとりの小王国の王女ナウシカが、その森の真実、つまり、腐海とは核戦争を彷彿とさせるかつての災厄によって汚染された大地を浄化する生態系であることを発見する。

 しかし、漫画版では、その「真実」がさらなる真実によってくつがえされる。「腐海」は、1000年前の災厄にあたって、科学者たちが人工的に作り出した浄化装置だったのである。それだけではない。ナウシカたち人間も、汚染された大気に耐性を持つように操作された「人造人間」だったのだ。大地が浄化された際には、ナウシカたちは、胎児の状態で保存され、攻撃性を取りのぞかれた人類と取り替えられる計画と取り替えられる計画だったのである。

 この真実を知ったナウシカは、旧人類の技術と胎児が保存された「墓所」という施設を破壊する。自分たち人造人間も「生命」なのであり、旧人類の計画に従うことなく生きていくのだと宣言しながら。

■どちらも「偽りの秩序」を壊す結末

 いずれの作品においても、自然だと思われていたもの(『ナウシカ』の場合は腐海と人類、『アナ雪2』の場合は王国の秩序)は人工的なものだったと判明する。そして二人ともそのような人工物、現在の(偽りの)秩序の基礎となっている人間の技術の産物を否定する。それが大きな災厄(ナウシカの場合は人類の滅亡、アナの場合は王国の破壊)をもたらすかもしれないと分かっていながら。

 2人にとっては、そのような犠牲よりも、偽りの秩序を取りのぞいた自然状態を取り戻すことの方が重要なのである。それが2人のエコロジー思想だ。

 大きな違いがあるとすれば、『アナ雪2』にはエルサがいることだ。アレンデール王国と自然、王国と先住民族との間に存在する解決不可能な対立を、アナはダムを破壊し、王国を破壊することで解決、というより徹底しようとする。だが、王国と先住民族のハイブリッドであると明らかになるエルサが、最終的にその対立をモラルの上でも、(洪水を魔法の力でせきとめることによって)物理的にも解消してみせる。

■両作品に通じる、エコフェミニズムの系譜

 1980・90年代の作品と2019年の作品における同じモチーフの反復を見て感じるのは、「エコフェミニズム」の系譜の力強さである。エコフェミニズムというのは、具体的な運動としては、1970年代に反原発・反核運動が盛り上がった際にアメリカ、イギリスなどに広まったものである。理論的には、自然と女性が同じように「搾取」されており、解放されるべきだという思想を中心とする。

 運動や理論としてのエコフェミニズムに限定せずとも、より広くポピュラーな想像力の中でフェミニズム的なものとエコロジー的なものが案外と強く結びついてきたことを、ナウシカからアナの系譜は教えてくれるようだ。『アナ雪2』の場合にはさらに、搾取されているのは自然だけではなく先住民族でもある。新たな「戦う姫」たるアナは、その両者を同時に「解放」する。ここで先住民族が入ってくるのが、いかにもアメリカのリベラルな意識を反映している。

 それで大いに結構、だろうか? 『アナ雪2』は女性や性的マイノリティ(エルサの同性愛者説、オーケンが同性愛者であることの明示)にくわえて、先住民族や自然の搾取によって現在の秩序が成り立っていることを告発する映画だ、ということで?

 そうではないと私は考える。それどころか、先住民族やエコロジーへの意識は、『アナ雪2』のフェミニズムにある種の安全な政治的な正しさを付与しつつ、じつのところ前作『アナ雪』で積み残された問題をごまかすものでしかないのではないか。

■『アナ雪2』が排除したもの

 その問題とは何かについては、詳しくは拙著『 戦う姫、働く少女 』を参照していただきたいが、ここでは無理を承知で簡潔に議論をまとめてみる。

『アナと雪の女王』は、フェミニズム的な物語だった。アナとエルサは、それぞれ「主婦を夢見てしまう時代遅れな人」と、それを否定する、「グローバルに活躍するキャリアウーマン」に相当する。「運命の人」との結婚を夢見るという、ディズニー自身が『白雪姫』以来確立した物語(専業主婦の物語)は、エルサの拒絶とハンス王子というヴィランの存在によって否定される。一方のエルサの自由と孤独は、新自由主義の世界で勝ち抜いてガラスの天井を破った勝ち組女性の自由と孤独だ。

 だが、『アナ雪』を現代のフェミニズム作品として評価する際に無視できない限界がある。『アナ雪』は主婦とキャリアウーマンを対立的に示し、その対立こそがフェミニズムの問題のすべてであるかのようにふるまったが、この二人の対立は、重要な第三項を排除しているのだ。その第三項とは、女性労働者たちである。

■「家族の85年体制」と女性の貧困の関係

 女性労働者たちとは、1980年代以降、労働が流動化していく中で、非正規労働者として労働市場にかり出されてきた女性たちだ。

 このことは、1985年に日本で起きたことを考えると分かりやすい。1985年といえば男女雇用機会均等法が制定された年である。それは、女性の「社会進出」への道を、少なくとも形式的には開いた。

 だが、1985年は、国民年金に第3号被保険者制度が設けられた年でもあった。第3号被保険者とは実質的にはサラリーマンの被扶養者であり、主婦のことである。これは、主婦のいる核家族の優遇制度であった。女性の「社会進出」を推奨しつつ押し止めようとする一見矛盾するこの2つの動きを補完するのが、同年の労働者派遣法である。

 落合恵美子は、これによって女性たちがキャリアウーマン、主婦、そして非正規労働者へと分断されたと述べ、それを「家族の85年体制」と呼んでいる(※1)。

 雇均法は名目であり、実際は、女性たちは当時の経済が要請した流動的な労働力、言ってみれば雇用の調整弁として労働市場に送り出された。この状況は基本的に変わっていないどころか、正規労働者と非正規労働者の格差が大きくなるにしたがって、女性の貧困はより深刻になって現在にいたっているのだ。

■『ナウシカ』『魔女の宅急便』も「85年体制」の物語だ

 私たちが新自由主義と呼び、ポストフェミニズム(文字どおりには「フェミニズム以後」の時代、もしくは「フェミニズム以後のフェミニズム」というべきか──専門的には、新自由主義的フェミニズム、企業フェミニズムといった呼称もある)と呼んでいるものの内実は、これなのだ。それは確かに女性を「活躍」させ、活躍する女性の理想像を示してみせる。だがその理想的な「活躍」の裏側で何が消去されているか、それを私たちは考えなくてはならないのだ。

『風の谷のナウシカ』(映画版1984年)または『魔女の宅急便』(1989年)のような作品は、基本的に「85年体制」の物語だといえる。主婦とキャリアウーマンという偽の対立を提示した『アナ雪』もまたその延長線上にある。これらの作品からは、「社会進出」の名の下に非正規労働者として働くあまたのふつうの女性の経験は排除されている。

『アナ雪2』は確かに、二人の連帯と王国の秩序が排除してきた要素に目を向ける。原住民族とエコロジーという、いかにもアメリカ的な原罪の物語の要素に。だがそれが、二人の連帯から排除される女たちに向かわない限りは、白人中産階級フェミニズムの政治的な「疚(やま)しさ」の解消以外のなにかにはならないだろう。

■アナによるダム破壊が反官僚主義的である理由

 そして最後にして最大の問題は、アナとエルサが先住民族と自然を解放する主体になる瞬間に、女性とフェミニズムの問題が解決されたことになっているということだ。これは、ナウシカが救済をもたらす「母」的な属性を与えられたことにも通底する問題だ。簡単に言えば、彼女たちは男たちに責任のあるはずの問題を解決する理想的な、強い主体を与えられている。

 そのような主体は、「新自由主義」の想像領域の中で組み上げられる。その点が、二つの作品のもっとも本質的な共通点だ。上記の理想的な女性主体は、非効率的な官僚制度に独力で対抗するような、英雄的──そして新自由主義的──女性主体なのである(※2)。

 ナウシカの「墓所」破壊は、旧人類による「計画」を官僚主義的で社会主義的なものとして退け、それを破壊したところに現れる「自然状態」(それは国家の計画・統制を取り払った「市場」に似ている)を礼賛する、新自由主義的な感情に基づいている。『アナ雪2』に目を向ければ、ダムへの反対は、一方ではリベラル左翼的なエコロジー運動でありつつ、もう一方では官僚主義/福祉国家に反対する新自由主義的な運動でもあることを、アナの行為は彷彿とさせる。

 この二人には、制度や権力の破壊をよしとするカウンターカルチャー的左翼思想と、新自由主義的な反官僚主義思想とのあいだの切れ目ない連続が見て取れる。「フェミニズム以後のフェミニズム」たるポストフェミニズムは、そのような、リベラル左翼思想と新自由主義の合流からこそ力を得ているのだ。

■『アナ雪2』が環境問題について示唆すること

 地球温暖化問題を訴える16歳の少女グレタ・トゥーンベリが、好悪両方の強い感情を引き寄せている現在、『アナ雪2』が示唆するものは大きいかもしれない。もちろん、真剣に議論されているエコフェミニズムと、フェミニズム的なものとエコロジー風のものの新自由主義的想像領域におけるゆるやかな結合とは、区別されるべきではある。エコロジーは、単に制度を破壊したところに自然が現れるといった素朴な思想ではないから。それは、資本主義そのものを考える思想であるべきだから。

 しかしそれらの運動がポピュラーな想像力に訴えなければならない以上、『アナ雪2』の限界を見定めることは不可欠な作業でもあるだろう。その限りにおいて『アナ雪2』は「有用な」作品である。

?

脚注

※1……「 つまずきの石としての1980年代 」より

※2……ちなみに、そういった主体の典型には、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の主人公、大門未知子がいる。彼女は圧倒的なスキルを持ち、象牙の塔としての病院の官僚制度をなぎ倒していく。ただし、彼女は同時に「フリーター」でもある。キャリアウーマンと非正規労働者の両方の側面が共存しているのだ。

※一部不正確な記述があり、修正いたしました。12/22. 19:30

(河野 真太郎)

関連記事(外部サイト)