『グラップラー刃牙』はBL漫画か!? 「範馬刃牙=ジルベール説」を真剣に考えてみた

『グラップラー刃牙』はBL漫画か!? 「範馬刃牙=ジルベール説」を真剣に考えてみた

©iStock.com

 社会学研究者であり、ボーイズラブ研究家でもある金田淳子氏の著書『 「グラップラー刃牙」はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ 』が発売された。格闘漫画の金字塔『グラップラー刃牙』をBLとして読み解く衝撃の同書より「その1 範馬刃牙の生い立ちがジルベールすぎる」を特別公開!

◆◆◆

 人生で初めて、「刃牙(バキ)」シリーズを9冊(※1)読んだ私は、「濃厚なB L(ボーイズラブ)なのでは?」「乙女の必読書なのでは?」という想念が止まらなくなり、生活に支障をきたし、ついに直接対決を決心して全巻をポチった。そんなわけで、濃厚なおじや(※2)にまみれているはずの私だったが、電子でなく紙の本を選んだので、あいにく、ブツがまだ手元に届いていない。

 そんなザコ状態で、まだ何か語ることがあるのか?と言われそうだが、ご安心あれ。9冊読んで、ちょっとWikipediaで概要を調べただけで、私の脳内はおじやでパンパンなのだ。

「刃牙」シリーズの表紙(通常版)を軽く眺めてもらうと分かるが、表紙を飾る主人公・範馬(はんま)刃牙は、『グラップラー刃牙』19巻ぐらいから美形度がめきめきと上がる。それまで少年らしい丸っこい目だったのが、大人っぽい切れ長の目になり、唇が紅く塗られるようになる。年齢相応の元気さや、持ち前の強さでなく、色っぽさが前面に出ている。何があったのか。目ざとい読者は、ここらあたりで刃牙が処男(しょじょ)ではなくなったのかもしれない、と気づくはずだ。(なお私はまだ読めていないが、その時が来たら、紙面を余すところなく注視する予定だ。)

 男が美形で色っぽく描かれてるからB L?と鼻でせせら笑った者がいると思う。まあそういうことだが、そういうことばかりでもない。

 ここで皆さんは手元のテキストを開き、この物語の冒頭、『グラップラー刃牙』1巻第1話を読んでほしい。刃牙が、空手道団体「神心会」館長・愚地独歩(おろち・どっぽ)から突然のパンチ攻撃を受けるくだりがある。このとき刃牙は、軽いバックステップでかわし、独歩の拳の先に「CHU?」とキスをするのだ(※3)。

 また金田さんの脳がおかしくなって幻を見てるな、と思った人がいるかもしれないが、これについては一切が事実なので、法廷で争ってもいい。このエピソード、B Lの第1話だとしても全く違和感がないし、むしろB Lの第1話であれ。

※1 現時点で、『グラップラー刃牙』1〜3巻、『バキ』1〜3巻、『範馬刃牙』1〜3巻を読んでいる。このような読み方になった理由は、ウェブコミックサイトで無料になっていたから。

※2 『グラップラー刃牙』1巻第1話で、範馬刃牙が試合前に食べていたものの1つで、特大タッパに詰めてある。個人的にあまりにも印象に残りすぎた。「刃牙」シリーズで今後、おじやの出番があるかどうかは知らない。出てきてほしい。

※3 出典:『グラップラー刃牙』1巻1話44―45頁。

 そもそも刃牙は最初から、他の男性キャラと比べて、黒目が大きく輪郭がすっきりした、かわいらしい顔立ちで描かれている。そのうえ、小悪魔。いくらマンガでも、出会い頭にパンチしてくる男の拳に、キスとかなかなか出来ねえから。身体能力的な問題じゃなくて気持ちの問題だから。刃牙さんは、自信を持って男を誘っていらっしゃる、ということが第1話の時点で明らかなのだ。B Lだという確信が持てる。できれば25年前にこのことを知りたかった。『少年ジャンプ』(乙女の必修科目)ばかりに気を取られて、完全に油断していた。

 さらに重要なことがある。第1話で分かるのは、B Lだということだけではない。わずか17歳の少年が、異常なほど戦い慣れていること、そして傷だらけの躰(カラダ)をしていることだ。いったいどんな少年時代を過ごしてきたのか……? テキストが届くのを待ちきれず、インターネットで調査を決行した私は、刃牙の驚くべき生い立ちを知ることになる。

 刃牙の生い立ちについて触れる前に、確認したいことがある。「グラップラー刃牙」読者のみなさんは、少女マンガの古典的傑作である『風と木の詩(※4)』をご存じだろうか。

 主人公のひとりジルベールは、類稀(たぐいまれ)なる美少年だ。不義の子として生まれたため、母に見放され、実父からはあらゆる虐待を受ける。極度に愛に飢えたジルベールは、全寮制の男子校で、実父の気まぐれな来訪を待ち焦がれつつ、周囲の少年たちを手当たり次第に誘惑し、性的放埒(ほうらつ)を重ねる。現在のB Lジャンルの源流をなす作品の1つであり、この界隈で「ジルベール」といえば、悪魔的な美少年の代名詞となっているぐらいだ。

 さて、そこで刃牙の生い立ちだ。父親は「地上最強生物」こと範馬勇次郎(はんま・ゆうじろう)、母親は朱沢コンツェルン総帥の朱沢江珠(あけざわ・えみ)。80年代に青春時代を過ごした私などは、もうここで「コンツェルン総帥ッッ!?(※5)」とクリティカルヒットを受けたが、要点はそこではない。

 略奪婚で結ばれた夫妻の息子・刃牙は、江珠によって幼少期から激しいトレーニングを強制され、父母の愛に飢えたまま育つ。勇次郎が(なんでか知らんけど)刃牙を殺そうとしたその時、江珠は刃牙を庇って死ぬ。それ以来、刃牙は勇次郎への復讐を誓い、勇次郎を倒すためだけに、さらに猛烈なトレーニングと、真剣勝負を重ねる……。

 あっ……これどこかで見たことあるな? 見たことありませんか?

運命のいたずら的な出生
→両親による苛烈な虐待
→父に対する激しい執着
→妄執的行動
→男同士の1対1のアレ

 これは法廷で決着をつけずとも、もう9割一致してるな、とおわかりいただけると思う。

※4 “詩“は“うた”と読む。竹宮恵子(現在は惠子)による少女マンガ作品で、『週刊少女コミック』(小学館)で1976〜80年、その後、『プチフラワー』(同)で81〜84年に連載された。70〜80年代に女性を中心的な担い手として人気を博した「少年愛」「耽美」といわれるジャンルの、金字塔的作品の1つ。略称は「風木」。

※5 「コンツェルン」、「総帥」はともに、実体はよく分からないながら、「超規格外の金持ち」「国家的な権力者」「有能すぎる経営者」を示唆する言葉として、マンガや小説のキャラクターの肩書に使われることがある。「かっこよすぎる肩書」として、80年代の私の胸に刻まれた。しかし今、「コンツェルン総帥」であるキャラクターの実例が全く思い出せないので、虚偽記憶かもしれない。なお、「刃牙」本編では「朱沢グループ」「朱沢財閥」という言い回ししかなく、「コンツェルン」表記はWikipediaのみである。Wikipedia記事作成者もまた、80年代にコンツェルンの呪いをかけられた者なのであろう。

 さらに、悪魔的美少年の2つ名を欲しいままにするジルベールは、破天荒な性生活を重ねているせいで、躰じゅうに小さな無数の傷があることも有名だ(※6)。この界隈では40年前から、「カラダじゅうに無数の傷」といえばジルベールなのだ。思い出してほしい、第1巻の初登場時、刃牙の、惜しげなくあらわにされた半身に、無数の傷が刻まれていたことを(※7)。「完全に一致」とはこのことではないか。

 逆にジルベールが、地下闘技場に出場していた説までありうる。性愛の格闘家(グラップラー)・ジルベールなら、出会い頭にパンチしてくる男に、普通にキスとかするしセックスも3発はキメる。考えれば考えるほどに、刃牙さんとジルベールさんぐらいしか、『グラップラー刃牙』第1話は演じきれない。

 われながらあまりにも説得的な弁論に気分がたかぶってきて、「さん」付けになってしまったが、そういった意味での期待を、刃牙さんにしているからこそ、自然と敬意も生まれる。供給が無さすぎて何もかもがB Lに見えていた、10代の頃の危険な心理状態に近くなっているかもしれないが、俺はこのB L飽食の時代に、せっかくだからこの「刃牙」を選んだのだ。悔いはない。

 とはいえ、ここまでの真剣勝負を挑んでいるのに、まだ9冊しか読めていないのもまた事実。このままでは信念ではなく、単なる無知のせいで、「公式と解釈違い」を起こしそうな気配もぐんぐんにしている。頼むから一刻も早く、ブツが届いてほしい。鼻から吸わせてくれ。「刃牙」の濃厚なおじやを。

※6 出典: 竹宮惠子、『風と木の詩』(フラワーコミックス版)12巻(小学館、1980)11 8頁。

※7 出典:『グラップラー刃牙』1巻1話21頁。
?

(金田 淳子)

関連記事(外部サイト)